絵を描きながら

区別したほうがイイみたい

d0193569_9181934.jpg

d0193569_9193612.jpg


この本ですが、モラハラについていろんなケースを挙げています。
思ったのですが、チョット区別したほうがイイかなと。

加害者になる人ですが、
自己愛性パーソナリティ障害( Narcissistic personality disorder )のタイプと、
もっと怖い、サイコパスと。

この本では、あんまり区別されていなくって。

自己愛性パーソナリティ障害(: Narcissistic personality disorder )は嫌ですが、
普通に誰もが持っているようなものが度を越したというか、ゆがんだというか
成長していないみたいな人です。
ちょっとわかりやすい。身近に何人も思い浮かびます。
自分もそうなりたくないと自制、見ては反面教師に。

問題はサイコパス。
ミステリーには頻繁に登場する連続殺人犯とか、とんでもない残虐な人のイメージすが、

そんなのあんまりいないだろうなんて思っていましたが、
犯罪者にはならないサイコパスはいるようです。けっこう多い。
そして、残虐な犯罪者との共通点もありなのです。

{良心を持たない人たち}です。
読み始めたのが、

良心をもたない人たち Kindle版
マーサ・スタウト (著), 木村 博江 (翻訳)
平然と嘘をつき、涙で同情を誘い、都合が悪くなると逆ギレをする ―本来、人間に備わるはずの良心をもたないがゆえに、他者への思いやりが絶対的に欠落し、手段を選ばずに自分の欲望を満たそうとする人たちがいる。 25人に1人いるとされる“良心をもたないサイコパス”の実態を心理セラピストが明かす。 彼らの被害者にならないための見分け方と対処法を教える一冊。



テレビで歴史番組を見ていたら、磯田 道史さん(歴史学者)が
「織田信長はサイコパスですから怖いですよ。」
といっていたのを思い出しました。

ならば、ヘンリー8世とかもたぶんサイコパス。
歴史上に才能のあるサイコパスはたくさんいそうです。

読み始めたばかり、なかなか面白そうです。それほど表面的な内容ではなさそうで。

本によるとサイコパスは人口の4%。(統合失調症は1%)
25人に1人。

だから、きれいごとを言っている標語だけでは、
いじめもなくならない。犯罪もなくならない。もちろん平和な世界も。


ミステリーファンとしては、もっと身近にいるサイコパスを見抜かないと、、、
でも、チョットわからない、、もしかしてと思い浮かぶ人はいますが。
d0193569_9414460.jpg

耳がカットされている(避妊手術済み)地域ネコ。

時々、猫を殺して楽しんでいる(?)みたいな人、サイコパスなんでしょうね、、、

今日も怖い話でした。。。。









にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2016-10-13 09:46 | | Comments(6)
Commented by makonaka-n at 2016-10-13 10:58
丁寧な記事がわかりやすいです。サイコパス意外と多い、友人が被害に遭いましたし。ATSUkOさんが星野道夫さんをお好きという記事あります。大好きです。彼は素晴らしい人生を生きた。
Commented by pikorin77jp at 2016-10-13 17:58
サイコパス、、、
そうですよね、、目に見える犯罪ではなくて
言葉の暴力 言葉の殺人というものも大きいと思います。
私は 加害者は 口にいつも刃物をくわえて歩いてる、、
そんな風に見えてしまいます。おお 怖い。。。
Commented at 2016-10-13 20:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aamori at 2016-10-14 07:30
makonakaさん、おはようございます。
本を読み始めたら、サイコパス、もっと何人も、思い当たりました。
星野道夫さん、そしてアラスカの写真が好きです。
アラスカ、行きたいです。
Commented by aamori at 2016-10-14 07:33
pikorin77jp さん、おはようございます。
{目に見える犯罪ではなくて}、
そうなんですって、実際に刑務所にいる、サイコパスはそれほど多くなくて、犯罪者は、もっと違うタイプですって。もうちょっと気の毒な弱い暴力的なタイプ?
もっと要領よく人を傷つけてます。
Commented by aamori at 2016-10-14 07:37
鍵コメさん、Bobディランにはびっくり。
中島みゆきさんなんかにもなんてちょっと頭に浮かんだけど、
(私としては、彼女の詩でギクッと)
Bobディランは、普遍的な内容の詩ですね。懐かしさを伴って。
<< 違いが書いてあった つかの間のこと >>



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
額縁って
at 2017-06-28 09:33
Castle Mountain
at 2017-06-27 10:27
朝鮮王朝宮殿
at 2017-06-26 09:18
ソウルみやげ
at 2017-06-25 11:20
猫の絵
at 2017-06-24 09:24
最新のコメント
o-rudohime さ..
by aamori at 18:59
キャッスルマウンテンの絵..
by o-rudohime at 13:39
o-rudohime ..
by aamori at 08:09
art-4290 さん..
by aamori at 08:05
この町中の猫、いいですね..
by art-4290 at 12:03
夫さん それなりに韓国観..
by o-rudohime at 09:55
remonさん、昨日が休..
by aamori at 07:35
o-rudohime ..
by aamori at 07:32
ご主人様 お大事に! ..
by remon at 19:52
夫さんかなり気疲れしたの..
by o-rudohime at 12:18
showsun1203..
by aamori at 07:55
liebekatzen..
by aamori at 07:51
remon さん、おは..
by aamori at 07:48
こんばんわ~ 猫ちゃん..
by showsun1203 at 22:24
おはようございます! ..
by liebekatzen at 18:13
タグ
(475)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧