絵を描きながら

aamori.exblog.jp
ブログトップ

ゴッホ、ゴーギャン

d0193569_14344314.jpg

ゴッホとゴーギャン展、東京都美術館。
朝早めに行ったのですが、人気で、混んでいて、
あんまり丁寧にはみないので(いつもさっさと)混んでいる渋滞を追い越して、
途中からはゆったりとみることができました。

私も、この画家さんたちの絵は好きですが、やっぱり人気。

初期のころの絵、ゴッホも、絵の練習をやっていたという感じ。
そういう時期を経てから、個性的な絵になるようで。基本の習得は必要なんだ。

私は、風景画が好きと改めて、感じて。
d0193569_14391884.jpg

ゴッホのこんな絵とか、
d0193569_14395692.jpg

ゴーギャンのこんな絵がお気に入りです。

それぞれ違うけど、色が好き。ゴーギャンのオレンジはまねしたい。
d0193569_14404890.jpg

2017年のカレンダーを買って、
d0193569_14412383.jpg

ついでにもう一つ。上野の森美術館。デトロイト美術館展。

東京都美術館の半券を見せて100円引き。
デトロイト美術館、けっこういい絵を持っているんだ。
デトロイトの空港は何回か利用していたけど、
デトロイトってエミネムの『8 Mile』のイメージがあってダウンタウンにはいかなかった。
危険そうな、、、


良心をもたない人たち Kindle版

マーサ・スタウト (著), 木村 博江 (翻訳)



はじめの言葉。

人の心はその顔以上に千差万別だ。
  ヴォルテール


この本はアメリカ発、ずっと紹介してきたフランス発の本より、
科学的というか教科書的というか、分類がわかりやすい。整理されている。

 アメリカって、文科系の学問が進歩していると思うのです。
日本の教科書は、文科系も暗記中心な気がします。。

 もっと哲学的だったり、実際に役に立つようだったり。
教え方がうまい。

この本の導入も、
想像してほしい。(もし想像がつくならの話だが)
貴方に良心というものがかけらもなく、どんなことをしても罪の意識や良心の呵責を感じず、他人、友人、あるいは家族の幸せのために、自制する気持ちがまるで働かないとしたら、、、

怠惰で、有害で不道徳な行為をしても、恥も感じず、

責任という概念は無縁で、自分以外の馬鹿なお人よしが文句を言わずに引き受けているものだ。

さらに、この風変わりな空想に、自分の精神構造が他の人と極端にちがうことを、
隠し通せる能力も付け加えてみよう。


 敵の立場にならないとね。








にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




Commented by makonaka-n at 2016-10-17 16:14
ATSUKOさん、さすが、東京ですね、ゴッホ!ゴーギャン!対加害者については感情的にはあくまで偏見なくしかも油断なく対処するしかないだろうね、とアドバイスしてくれた武道家がブロガーにおられます。通じますかね。
Commented by pikorin77jp at 2016-10-17 18:55
ゴッホ ゴーギャンのカレンダー素敵でしょうね!
私も 県立美術館にいってみようかな、、、売ってないかな。。。
Commented at 2016-10-17 21:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aamori at 2016-10-18 07:38
makonakaさん、そうね、東京のメリットです。
ずっと地方に住んでいて、戻ってきて改めて、、、そう思います。
武道家は、学ぶときに、そういった面も学ぶのでしょうね。奥が深そうです。
Commented by aamori at 2016-10-18 07:43
pikorin77jp さん、おはようございます。
日本の美術館のミュージアムショップショップ、ちょっと前と比べてよくなったと思います。通販もあるかも。図録は必ず買えます。
昔は、ニューヨークメトロポリタンのショップが好きで、
アクセサリーやインテリアとか
日本からも通販していたりしました。だんだん追い付いています。
Commented by aamori at 2016-10-18 07:45
鍵コメさん、おはようございます。
よい方向に動いているようで、よかったよかった。
ところで、デトロイトの件、その後は??
続きを教えてほしいな。
Commented by remon at 2016-10-18 09:56 x
ゴッホ、ゴーギャン展上野で開催されているんですね。

明日銀座に行きます。
時間があつたら見て見たいな!
Commented by aamori at 2016-10-18 10:40
remon さん、銀座ですか、時間があればぜひ。
美術館とかはJR上野駅が便利ですが、やっぱり銀座からだと銀座線かな。
そうだ、銀座線の上野駅のホームドアがパンダ模様でかわいかったんだ。
平日で、すいているといいね。
Commented by desire_san at 2016-12-20 03:44
こんにちは、
私も「ゴッホとゴーギャン展」を見てきましたので、詳しい鑑賞レポートを読ませていただき、ゴッホとゴーギャンの作品みたときの感動を追体験することができました。ゴッホとゴーギャンの共同生活の二カ月間の濃密な時間に、ゴッホは三十七点、ゴーギャンは二十一点の作品を描いたそうですが、この美術展で当時の二人の作品みることができ、色色新しい発見がありました。

私はゴッホとゴーギャンの共同生活が生み出した成果と共同生活の破たんの原因についてレポートしてみました。 そこからゴッホ絵画の凄さを改めて考察してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。


Commented by aamori at 2016-12-20 09:21
desire_san さん、コメント、トラックバック、ありがとうございます。
私の美術展見学は、深くなくって、感覚的に見て回って、あっさり。
ゴッホとゴーギャンは、きれいなので、、、、好きと。
この二人の性格というか人となりは興味深いです。
すごいなと思うのは、素早くて多作なこと。エネルギーと意欲が。
desire_san さんのブログはいつも勉強になってます。
by aamori | 2016-10-17 15:13 | 美術展 | Comments(10)

趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。


by ATSUKO