別府地獄めぐり、その2

d0193569_8334677.jpg

この地獄が一番、盛りだくさんだったような。
写真のペア、台湾から来たのかな?
地獄めぐりのタイミングが一緒で、顔なじみになりました。
d0193569_8391564.jpg

d0193569_8404678.jpg

ボコボコ、粘土にまみれて、
d0193569_9123282.jpg

d0193569_8422870.jpg

隣にはきれいな水色のお湯
d0193569_8433082.jpg

トマトスープのよう
d0193569_8441963.jpg

隣で色が違う。
d0193569_845586.jpg

飲む温泉
d0193569_8453692.jpg

足湯のコーナー
盛りだくさんな地獄。

「良心を持たない人たち」マーサ・スタウト著

本の話ですが、どんどん地獄へ、

一般の普通の善人の良心の話です。
全員がサイコパスでないのに、虐殺が繰り返されているのが歴史。

チョット面倒ですが、

ミルグラム実験(Milgram experiment)とは、閉鎖的な状況における権威者の指示に従う人間の心理状況を実験したものである。アイヒマン実験(アイヒマンテスト)とも言う。

について、、、

概要
アメリカ、イェール大学の心理学者、スタンリー・ミルグラム(Stanley Milgram)が1963年にアメリカの社会心理学会誌『Journal of Abnormal and Social Psychology』に投稿した、権威者の指示に従う人間の心理状況を実験したものである。

東欧地域の数百万人のユダヤ人を絶滅収容所に輸送する責任者であったアドルフ・アイヒマンは、ドイツ敗戦後、南米アルゼンチンに逃亡して「リカルド・クレメント」の偽名を名乗り、自動車工場の主任としてひっそり暮らしていた。彼を追跡するイスラエルの諜報機関がクレメントは大物戦犯のアイヒマンであると判断した直接の証拠は、クレメントが妻の誕生日に花屋で彼女に贈る花束を購入したことであった。その日付はアイヒマンの妻の誕生日と一致した。またイスラエルにおけるアイヒマン裁判の過程で描き出されたアイヒマンの人間像は人格異常者などではなく、真摯に「職務」に励む一介の平凡で小心な公務員の姿だった。

このことから「アイヒマンはじめ多くの戦争犯罪を実行したナチス戦犯たちは、そもそも特殊な人物であったのか。それとも家族の誕生日に花束を贈るような平凡な愛情を持つ普通の市民であっても、一定の条件下では、誰でもあのような残虐行為を犯すものなのか」という疑問が提起された。この実験は、アイヒマン裁判(1961年)の翌年に、上記の疑問を検証しようと実施されたため、「アイヒマン実験」とも言う。

実験の結果は、普通の平凡な市民が一定の条件下では冷酷で非人道的な行為を行うことを証明するものであった。この実験から、かかる現象をミルグラム効果とも言う。
(ウィキペディア)

はい、地獄への道は、そこらにあるのですねぇ。

暫くそんな話を続けます。怖いですよ。








にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2016-11-21 08:59 | Comments(6)
Commented by pikorin77jp at 2016-11-21 09:02
隣同士で色が違う温泉湯 不思議ですよね。

私もATSUKOさんも  ある条件下では イスラム国のような残虐な人間になることもある、ということなのかな、、、
続きが怖いですね。
Commented by aamori at 2016-11-21 12:43
pikorinさん、こんにちは。
ほんと不思議です。結構面白くて、バカにできない地獄めぐりでした。
pikorinさん、鋭い、、、私も、残虐な人間になる可能性はあると思います。
家族が人質だったり、いろんな状況下で、
恐怖もあるだろうし、聖人になる自信はないです。
それにしても、スゴイ実験を考えたなと思います。
Commented by remon at 2016-11-21 14:04 x
地獄めぐり!
話では聞いていましたが
本当にこんなにも色が違うんですね。
不思議です。

アイヒマン実験
誰もがその時その状況に陥ったら
やっぱり同じようなことをすると思います。
戦争がまさしくそうですよね。
Commented by showsun1203 at 2016-11-21 16:11
こんにちわ~~こちら少し気力がUPしました♪~♪~♪~

愛犬がterrorismで殺された時∼撃ち殺したいと感じました。

☆Poti~~
Commented by aamori at 2016-11-21 17:46
remonさん、こんばんは。
地獄めぐり、思ったよりすごかったです。地球はすごい。
この本の著者、ベトナム戦争で心を病んだ兵士をたくさん見てきたようで、
ニクソンが嫌い。ベトナム戦争は、国民が騙されたと。
本を書くきっかけは、911のテロだったようです。
戦争は食い止めないとという著者の思いが伝わってきます。
Commented by aamori at 2016-11-21 17:48
showsun1203 さん、こんばんは。
気力が上がって、何よりです。よしよし!!
犬を殺すようなやつは、撃ち殺すより、棒なんかでいっぱい叩いてやりたいです。
傷に唐辛子、、、残虐な私ですよ。
<< 別府地獄めぐりその3 別府温泉、地獄めぐりその1 >>