絵を描きながら

別府地獄めぐり、その4

d0193569_8113772.jpg

車で移動して、血の池地獄、名前が怖いです。
d0193569_8123583.jpg

血の色よりは柔らかい色ですね。野菜ジュースの色
d0193569_8134240.jpg

すぐ隣の龍巻地獄、30分に1回ぐらい噴き出る間欠泉。
10分ほど待って、
d0193569_8164436.jpg

それなりに勢いよく、音も立てて、迫力はあるのですが、天井に蓋があるので、
なければもっと高くいくのかと、、、
でも、隣は家や駐車場、ふたがないと被害が、
d0193569_8192731.jpg

比べては、悪いね、イエローストーンの間欠泉。土地は広いですから。

地獄です、こんなニュースの記事を。2016年6月11日
イエローストーン国立公園で死亡事故 立ち入り禁止区域にて男性足を滑らす


このイエローストーン地区を大学の卒業旅行で訪れていた大学生コーリンさん。今月7日、設置されていた遊歩道から200メートルほど離れ、イエローストーンの中で最も温泉活動がさかんな地域とされる“ノリス間欠泉一帯”の沼地に姉と一緒に立ち入り、足を滑らせて転落した。一帯の温泉は酸性で非常に高温であるためコーリンさんの捜索は困難を極め、公園警備員は事故の翌日8日にコーリンさんの遺体の回収をあきらめ捜索を打ち切っている。これまでにコーリンさんが履いていたビーチサンダルなど数点が回収された。


体がとろけたということ、、、酸性と高熱で、、、地獄。

イエローストーン国立公園では1890年以来、少なくとも22人が温泉で火傷するなどして命を落としている。最近では2000年に、夜間に遊歩道を離れて公園内を散歩していた20歳の女性が沸騰する温泉に落ちて死亡するという事故が起きていた



「良心を持たない人たち」マーサ・スタウト著
ミルグラム実験(:Milgram experiment)の続き。

実験の内容
被験者たちはあらかじめ「体験」として45ボルトの電気ショックを受け、「生徒」の受ける痛みを体験させられる。次に「教師」と「生徒」は別の部屋に分けられ、インターフォンを通じてお互いの声のみが聞こえる状況下に置かれた。そしてこの実験の肝とも言うべき部分は、被験者には武器で脅されるといった物理的なプレッシャーや、家族が人質に取られているといった精神的なプレッシャーは全くないことである。

「教師」はまず二つの対になる単語リストを読み上げる。その後、単語の一方のみを読み上げ、対応する単語を4択で質問する。「生徒」は4つのボタンのうち、答えの番号のボタンを押す。「生徒」が正解すると、「教師」は次の単語リストに移る。「生徒」が間違えると、「教師」は「生徒」に電気ショックを流すよう指示を受けた。また電圧は最初は45ボルトで、「生徒」が一問間違えるごとに15ボルトずつ電圧の強さを上げていくよう指示された。

電気ショックを与えるスイッチには、電圧とともに、そのショックの程度を示す言葉が表示されている。記録映像の残るある実験では以下の表示がなされた。
15ボルト  “BLIGHT SHOCK” (軽い衝撃)
75ボルト  “MODERATE SHOCK” (中度の衝撃)
135ボルト “STRONG SHOCK” (強い衝撃)
195ボルト “VERY STRONG SHOCK” (かなり強い衝撃)
255ボルト “INTENSE SHOCK” (激しい衝撃)
315ボルト “EXTREME INTENSITY SHOCK” (はなはだしく激しい衝撃)
375ボルト “DANGER SEVERE SHOCK” (危険で苛烈な衝撃)
435ボルト
450ボルト (435ボルトともども但し書きはなく、“危険”をさらに超えた強さとして扱われる。450ボルトが最大。)

ここで、被験者は「生徒」に電圧が付加されていると信じ込まされるが、実際には電圧は付加されていない。しかし各電圧の強さに応じ、あらかじめ録音された「『生徒』が苦痛を訴える声」がインターフォンから流された。電圧をあげるにつれて段々苦痛のアクションが大きくなっていった。記録映像で確認できる生徒のアクションは、まるで拷問を受けているかの如くの大絶叫で、ショックを受けた途端大きくのけ反る等、一見してとても演技とは思えない迫力であった。
75ボルトになると、不快感をつぶやく。
120ボルトになると、大声で苦痛を訴える
135ボルトになると、うめき声をあげる
150ボルトになると、絶叫する。
180ボルトになると、「痛くてたまらない」と叫ぶ。
270ボルトになると、苦悶の金切声を上げる。
300ボルトになると、壁を叩いて実験中止を求める。
315ボルトになると、壁を叩いて実験を降りると叫ぶ。
330ボルトになると、無反応になる。

被験者が実験の続行を拒否しようとする意思を示した場合、白衣を着た権威のある博士らしき男が感情を全く乱さない超然とした態度で次のように通告した。
1.続行してください。
2.この実験は、あなたに続行していただかなくては。
3.あなたに続行していただく事が絶対に必要なのです。
4.迷うことはありません、あなたは続けるべきです。

四度目の通告がなされた後も、依然として被験者が実験の中止を希望した場合、その時点で実験は中止された。そうでなければ、設定されていた最大ボルト数の450ボルトが三度続けて流されるまで実験は続けられた 。

(ウィキペディア)

ちょっと長いですが、
教師役が生徒に、意地悪なことをするように、言われてます。

電気ショックの地獄。(生徒役の演技ですが)

結果は次回。









にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2016-11-23 08:35 | | Comments(6)
Commented by manekinntetti at 2016-11-23 09:34
ATSUKOさん おはようございます。

>食べ物は、大分もおいしかったですよ。
あ~!いいなぁ~♪ 食いしん坊には堪りません(笑)
ZIPの放送では温泉たまごも食べていて、それだけでも
よだれものの食いしん坊テッチだったよ(笑)
青の所も、赤の所も、泥のボコボコの所、吹き出る所のも
全て見てみたいわぁ~♪でも、写真でも伝わってきたよ。
ありがとうございます~(*´▽`*)
めっちゃ興味のある処です(^_-)-☆
Commented by feb at 2016-11-23 11:16 x
こんにちは
今日は良いお天気ですね。
温泉楽しんでるみたいですね。
美しさにますます磨きがかかりますね。
モクモク感がワクワクします。
Commented by showsun1203 at 2016-11-23 15:43
こんにちわ~~こちら体調は最悪ですがSwiss・Lausanneの我家に到着しました**感涙**

皆様のご支援応援のお陰です~感謝

☆Poti~~
Commented by aamori at 2016-11-23 16:27
manekinntetti さん、こんにちは。
各地獄で、それぞれ食べ物を売っていて、
誘惑に負けずに我慢するのが大変でした。昔なら食べていたけど、、、
それでも、よく食べたと思います。飲んだし。
家について、ジーンズが入った時は一安心。
Commented by aamori at 2016-11-23 16:31
febさん、こんにちは。
もう日曜日には家に帰ってきました。
お肌はすべすべになったのですが、しわは伸びず、シミも消えず。
痩せもせずでした。ソフトクリームがおいしそうでしたが、我慢。
febさんの1日5つはすごい。1回は食べたけど。
Commented by aamori at 2016-11-23 16:32
showsun1203 さん、こんにちは。
サンクスギビングは、Swiss・Lausanneでターキーが、、、
よかったですね。ゆっくりと、、、ワンコに囲まれて、、お大事に。
<< 地獄客寄せ 別府地獄めぐりその3 >>



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
運河で水泳大会
at 2017-09-19 10:45
異邦人
at 2017-09-18 09:25
夜警
at 2017-09-17 08:12
帆船
at 2017-09-16 09:20
Broek in Water..
at 2017-09-15 09:00
最新のコメント
スイスでもお金持ちは湖沿..
by liebekatzen at 18:44
せっかくの跳ね橋が 近..
by remon at 16:59
liebekatzen..
by aamori at 09:06
febさん、これ大好き..
by aamori at 09:05
pikorin77jp..
by aamori at 09:02
1枚目のお写真はもしかし..
by liebekatzen at 17:28
チーズのサラダ めっちゃ..
by feb at 12:04
お写真はATSUKOさん..
by pikorin77jp at 10:51
liebekatzen..
by aamori at 08:15
remonさん、面白い..
by aamori at 08:12
ホント!面白い!! レ..
by liebekatzen at 18:41
レンブラント広場の銅像 ..
by remon at 13:24
pikorin77jp..
by aamori at 19:15
remonさん、ハンモッ..
by aamori at 19:11
liebekatzenさ..
by aamori at 19:10
タグ
(499)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧