描き初め

d0193569_8581597.jpg

P8(455×333mm)
スペインの田舎、ラマンチャ地方のアルマグロ、ひっそりした夕暮れ。
d0193569_90545.jpg

d0193569_912061.jpg

d0193569_914687.jpg

d0193569_923140.jpg

古い建物は、いつからこの場所に?
古い建物は、描く意欲を刺激されます。何故かなぁ?
もっと描こうかな、、、、

満たされない自己愛 ――現代人の心理と対人葛藤 (ちくま新書) Kindle本
大渕憲一


自己愛性パーソナリティ障害(Narcissistic personality disorder ; NPD)を知るには要素から。
誰にでもある要素なのに、なぜか困った人になってしまう人がいて、、、

今回は、恋愛関係の話に。
自己愛者の恋愛関係について、


親密さの脅威


多くの人々が恋愛に期待するものは、プライドもさることながら、むしろ、好きな相手と特別に親しい関係になることであろう。
しかし、自己愛者にとって親密になることはそれほど魅力的なことではない。
理由の一つは、
親密になるにつれて一般に相手が以前ほど自分を賛美してくれなくなることである。
つまり、親密さは賛美と矛盾する傾向があるために、
自己愛者が求める恋愛の要素を弱めてしまうのである。

もう一つの理由、自己愛者の内的不安に由来する。
親密さが増し、相手の自己開示が深まり、お互いのことがわかるようになると、
自己愛者は、自分の本当の姿を知った相手が失望するのではないかと恐れる。

自己愛者は自分が特別な存在であるといった自尊心とプライドを持っているが、
しかし、それがゆがんだ自己認知であることに薄々気づいてもいる。

高い自己評価は、本当は根拠が薄弱なもので、容易に砕けちる危さを持つものであることを
本人自身が心のどこかで意識しているのである。
その不安を打ち消すために彼らは、ほかの人々からの賞賛や賛美を熱烈に求める。


ピンクの文章も著者の文章そのまんまではありません。

自己愛が強いと、リラックスした人間関係がなさそう。。。
辛そうに思えますが、、、、自分がそれほどのものでもないとうすうす気が付いているのね、、、
こういう人たちは、嫌いですけど、気の毒でもあります。

プライドは大事ですが、こだわりすぎると、つらくなります。

私も気をつけたいです。









にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-01-07 09:32 | | Comments(6)
Commented by o-rudohime at 2017-01-07 09:47
絵の夕暮の風景素晴らしいです。
空の色 夕暮れの雰囲気十分な石畳いいですね。
こんな街を歩いてみたいですね。
Commented by aamori at 2017-01-07 11:35
o-rudohime さん、ありがとうございます。
ヨーロッパの石畳は好きです。
チェコの旅のお写真、楽しませていただきました。また行きたいです、旅に。
Commented by remon at 2017-01-07 17:00 x
夕暮れ時の柔らかな色合い
素敵です。
早速 描き始めですね。
今年も素敵な絵を沢山描いて下さい。

我が家は二度目のおせち料理を
先ほど作り終えました。

今日からまた三連休ですね。
楽しいような しんどいような・・・!
Commented by showsun1203 at 2017-01-07 18:08
こちらLausanneは、異常気象で寒気団が居座っています。終日氷点下5℃以下で昨夜は最低気温氷点下ー19.5にもなりました。レマン湖周辺としては異常に超低温です。

愛犬たちの冬毛でcushionを作ります♪~♪~♪~

☆Poti~~~
Commented by aamori at 2017-01-08 07:37
remonさん、おはようございます。
ブログアップしてから、あれ、道がゆがんでる。
なんだか薄塗りで色鉛筆で書いたみたいだなと。
3連休、(うちは2連休)たくさんにぎやかに過ごされるのね。
自然豊かな場所だから、喜ばれるのでは、またのおせち作りはご苦労様。
Commented by aamori at 2017-01-08 07:40
showsun1203さん、おはようございます。
寒気団の居座り!!!寒そう!!!
ワンコの毛のクッション、イイですねぇ。
思っただけでも、チョット暖かくなります。
内も掃除をするたびに、掃除機の中は毛だらけですが、、、汚い。。。
ハウスダストがたっぷり混ざって。
<< スーパースポーツゼビオ 東京タワー、3年 >>