同じ場所2枚目

d0193569_8492037.jpg

P8(455×333mm)
スペインの田舎、ラマンチャのアルマグロ、
前回アップの絵と同じ場所。街路灯が好きなんです。

ということでスペインの旅の話に。
地球の歩き方は、便利なガイドブックで役に立ちます。
でも歩き方で、レンタカーでの走り方の情報は得られません。
d0193569_853533.jpg

センターラインのこの曲線矢印は何?
d0193569_8544788.jpg

d0193569_8561431.jpg

いろいろ推理した結果、
もうすぐ追い越し禁止になるから、自分の車線に戻れかな??
d0193569_8575691.jpg

d0193569_9118100.jpg

d0193569_933269.jpg

ピンボケですが、車が並んでいる標識、
これは追い越し禁止だと解釈。
果たしてあっているか??
d0193569_945245.jpg

牛注意の標識はもう、あちこちに、、、
楽しみに(?)していましたが、道に牛は現れませんでした。

満たされない自己愛 ――現代人の心理と対人葛藤 (ちくま新書) Kindle本
大渕憲一


自己愛性パーソナリティ障害(Narcissistic personality disorder ; NPD)を知るには要素から。
誰にでもある要素なのに、なぜか困った人になってしまう人がいて、、、

自己愛人格障害の特徴、優れていることを人から認められたいとか、周囲から特別扱いされることを期待する半面、人からの批判に非常に過敏である。

もしも自己愛者が高い自尊心を持っているのなら、なぜ、人の批判に対して過敏なのだろうか。
自分に自信があるのなら、人の批判に対して動揺する必要はないのではないか。

動揺するということは、彼らの自尊心が不安定であることを意味している。

この点も、社会心理学者の研究を紹介していきます。(次回)

自己愛性人格障害、彼らとの接触で、嫌な思いをしてきたし、嫌いだし、
そして、自分もそんな傾向がないかと、、、恐れていますが。。

彼らは、生きていくのが緊張に満ちていて、なかなか大変そうです。

自慢話が多いので、ちらっとうらやましいとも思いましたが、、
もう、全然、うらやましくないです。

自己愛傾向が少ない方が、生きていくのはずっと楽ちんです。









にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-01-13 09:23 | | Comments(0)
<< 銀座東急プラザ、ギリシャ料理 天真名井(あまのまない) >>