雪の中のホテル

d0193569_9225128.jpg

P4(333×220mm)
このホテル2作目、小さな絵で、前回はピンク紫系の色でしたが、変えてみました。
小さいサイズは楽です。すぐできちゃう、、、不完全?


裏切り Kindle版

カーリン・アルヴテーゲン (著), 柳沢由実子 (翻訳)


壊れかけた夫婦が憎悪に染まるサイコノベル。

スウェーデンの暗いくらい、小説。暗すぎて、途中、心が疲れた。
でも、惹かれてしまって最後まで。彼女の作品は読むのが三作目。暗さが好きなんだね。
「人生、状況がどうあれ、被害者、犠牲者として生きるのでなく、自分の責任で選んでいる。」
こんな感じのメッセージ?疲れた暗さと重さでした。北欧物は暗い、、、かな。悲劇。

満たされない自己愛 ――現代人の心理と対人葛藤 (ちくま新書) Kindle本
大渕憲一


自己愛性パーソナリティ障害(Narcissistic personality disorder ; NPD)を知るには要素から。
誰にでもある要素なのに、なぜか困った人になってしまう人がいて、、、

葛藤の潜在化

日本人についてです。

日本人の葛藤処理の仕方を見ると、ぎりぎりまで我慢して我慢して、
とうとう我慢できなくなると爆発して、一転して、
感情的に相手を攻撃するといった極端な行動パターンが見られる。
これでは、話し合って冷静に解決策を探るというわけにはいかず、
けんか別れになってしまうことが多い。

日本人は葛藤解決に自信がないために、一度、対立を公にしたら相手との関係はダメになると思いこむ傾向がある。
だからこそ、ぎりぎりまで我慢して、葛藤の潜在化を選ぶ。
しかしこれは問題の本質的解決にはならないので、
やがて我慢の限界にきて爆発してしまうから、当人が恐れていた通り、人間関係は悪化してしまうのである。


d0193569_943324.jpg

久しぶりに箱入り娘に。

d0193569_9441948.jpg

朝日でガラス窓がメキシカンオパールのよう、どこ??
豊洲市場(予定)の向こう?










にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-01-30 09:48 | | Comments(4)
Commented by ふぇぶ at 2017-01-30 13:49 x
かわいい箱入り娘ちゃんですね

あおドレスはもう着る機会もないでしょう
お蔵入りでしょう。
よろしかったら、お貸ししますよ!
海外でのパーティで、どーでしょう。
来年あれば、違うのを着ます!!

あこドレスみて、
「え?! 正装なの?」って言ってた。
ちがます!
皆さんが普通なんです!!
と、心で叫んだ
Commented by showsun1203 at 2017-01-30 20:20
日本人は「特に海外で」葛藤限界で喚き散らす方が多いですね。Geneva本部での私のteamには日本人がゼロですので問題はないのですが~私がヘッドだと新規のチーム編成をするとき内部auditionをやりますが~日本人のstaffが応募することがありますが、絶対に採用しません**大笑**

我慢している方はあなたのために我慢しているのだとよく主張しますが。無能な人間の言い訳にしか聞こえませね。

日本では恵方巻を恵方に向かってがぶりとやるそうですが太巻きの直径って~㎝ぐらいでしょうか??
Commented by aamori at 2017-01-31 08:08
ふぇぶさん、うちの箱入り娘は、べっぴんでしょ!
ドレスもすごいけど、あの髪のお花は?
ガルシアに勝ってる!!
ドレス、ショールとか、ほかのアクセサリーとか足せば、
場所が変われば、つかえるよ~~!
私が体格がよい(?)から残念ながら、きっと入りません。
ドレスアップも楽しそうだね。
Commented by aamori at 2017-01-31 08:14
showsun1203 さん、おはようございます。
そうか、、、、、海外で、葛藤限界はまずいですねぇ。
困ったことです。価値観を変えていかないと、、、
単に我慢するのが立派ではないんです。
恵方巻って最近全国的になってきて、
恵方巻は和歌山に住んだとき、初めて知ったのです。
最近は、直径5センチ以上あるような、、、
その日には買います。がぶりとはやらないけど、、、
デパ地下は、恵方巻だらけになります。
<< 何にもない メジロ >>