中庭(アルマグロのパラドール)

d0193569_814501.jpg

F6(410×318mm)
パラドールはスペイン語で休息所の意味があり、
古城などを改装したり、景勝地に新しく建てた半官半民の宿泊施設
アルマグロのは修道院の後。

絵の中の猫さんは、 showsun1203 さんのブログにあった猫ちゃんを借りてしまいました。
d0193569_8254036.jpg

パラドールの入り口です。
d0193569_8284844.jpg

壁の絵
d0193569_8291653.jpg

調度品

本の話を続けます。
友だち幻想―人と人の“つながり”を考える (ちくまプリマー新書) 新書 –
菅野 仁 (著)


著者の菅野 仁 さん、社会学の学者で、教育大の先生。
だった。
こんな先生が、将来学校の先生になる方を教育しているのなら、
日本の教育に希望があるなぁなんて思っていたら、2016年に亡くなっていて、
まだ若かったのです。とっても残念です。

まず、学校、それも小学校の先生にぜひ読んでもらいたいと思うのです。

目上の人との距離感

大学の先生の話です。
距離感を近くしてフレンドリーにすると、寄ってくる。
ノックもしないで「先生!」と言って入ってくるようになる。
そんな時に「ノックぐらいしなさい」とか「今少し忙しいから」というようなことを言うと、
とたんに距離を感じて、来なくなったり話さなくなったり。

福祉系の専門学校で
「高校時代は先生にもため口だったけど、今は敬語に変わった」

先生のほうも、人気取り(?)というか、友達化している先生が多いのか、、

「目上の人に対する話し方や振る舞い方を少し学びました。」という学生が結構います。
高校時代までは、ほとんど何か野放図にほうっておかれるようで、
社会に出たときに必要な作法を、家でも学校でもきちんと伝えていないのかなぁと、
子供たちにやや同情したい気持ちになりました。


ふうん、そうなの??
時々職場に、そういう子が出現して戸惑ったことはありますが、、、

うちは、中学2年生から、アメリカのハイスクールだったので、
そこのところがわかっていませんけど。

フレンドリーなアメリカでも、先生には、敬意を払って、距離はとっていたと思います。
友達とは違う。

ピンクの文章も著者の文章そのまんまではありません。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ






by aamori | 2017-03-05 08:47 | | Comments(2)
Commented at 2017-03-05 21:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aamori at 2017-03-06 08:36
鍵コメさん、私も、確定申告が絡んで、寝不足です。
お昼頃、睡魔に襲われそう。
<< 桜田門駅周辺 ミモザとセール >>