絵を描きながら

新丸ビル、タイ料理

桜田門駅から東京駅まで歩いて、夕ご飯の時間になりました。。
新丸ビルに入って、行き当たりばったりで入ったお店は、サイアムヘリテイジ東京です。
d0193569_9302649.jpg

窓の外に見えるのは、東京駅。
d0193569_9311670.jpg

頼んだドリンクはモヒート。
d0193569_933967.jpg

サイアムヘリテイジ東京ではディナータイムにドリンクをオーダーして下さったお客様へタイの伝統的前菜ミャンカムをサービス♪バイチャップルという葉にハーブやココナッツをくるんでオリジナルの甘いソースをかけて召し上がって頂く大好評サービスです♫

ということで、葉っぱに包んで、葉っぱ1枚分のおつまみですが、、、
う~~もっと食べたかった。おいしい。
d0193569_9354332.jpg

エビとアボガドのサラダ、美味しいけど、、から~~い!
d0193569_9392267.jpg

カサゴのから揚げに、マンゴーのソース。
白い野菜がマンゴー、こうなるとお野菜です。
d0193569_9405773.jpg

カニの包み揚げ(?)さつま揚げ風?
d0193569_941549.jpg

パイナップルのチャーハン、
上にかかっているのは豚肉、でんぷみたいなもの。

モヒートも2杯飲んで、お腹いっぱいで苦しい。
東京駅から、有楽町まで歩いて、、腹ごなしが必要で。


教育幻想 クールティーチャー宣言 (ちくまプリマー新書) 新書 菅野 仁 (著)

いろいろ教育についての本、また別の、菅野 仁さんの本です。

いろいろ教育理論が揺れ動いてきて、私たち、子供たち、それに振り回されたと思うのです。
そして、菅野 仁さんの本からです。

「管理」も「自由」も極端になってはいけない_____「間を行く教育論」


「今の教育はあまりにもルーズだから」「ゆとり教育が失敗したから」という理由で、
いわゆる「管理教育」というものを復権・強化させて、
もっと厳しく制御したほうがいいという意見が聞かれます。
これ怖いです。
70年代から80年代にかけての管理教育が盛んだった一時期を除いて、日本の教育の基調は、
「子供中心主義」という意味での自由主義教育の傾向が比較的強かったと言えるのです。
そしてその自由主義教育の傾向というものが、
やはり多少行き過ぎだったのではないかという疑いは、
共通意識として持っておくべきだろうと思います。
例えば、私が「これは行きすぎではないかな」と思う象徴的な例として、
「教室から教壇を取り払う」というようなことがあります。
「先生と生徒は平等なんだから、立つ高さも同じにしよう」ということですね。
これはちょいあほみたいと言ったら怒られるかな

ここに象徴されるように、「先生の持っている権力性をいかに除去するか」ということを、
中心的課題にするような教育論があります。これは少し違うんじゃないかと思っています。
管理教育の復権でもなく、自由主義教育を無批判に展開するということでもない、
間を行くような教育論
というものが、いま必要になっていると考えます。


賛成ですが、むずかしいことかも、、、
人は白黒はっきりさせたガリ、
思い込み、決め付けていたほうがストレスがなくて気持ちが楽なようです。
それって幼稚だと思うのですが、、、悩みたくないからか。

例えば些細なことでは、、、今よく日本人が言う、
「中国人は」と行動パターンをすべて決め付ける。(銀座に多い、マナーが疑問の)。
「〇○県の人はナントカだ。」「なんとかの女は何とかだ」
もっともっと、決め付けた台詞をききます。
多少は、仕方ないけど、、、ほめるより、けなす決め付けのほうが多いと感じます。

きめつけてかかると、簡単な見方、考え方だから楽ちんなんでしょうけど、、、
いつも、正しさなんてあいまいなものなんだと思います。

でも、いつもながら、決め付けられた言葉、思い込みの強い言葉に、
その場では反論できない私です。面倒だしね。
思い込んでいる人は強くって。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-03-11 10:32 | 食べ物 | Comments(0)
<< 東京中央郵便局 大手町駅周辺 >>



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
> remonさん 絵..
by aamori at 07:41
> liebekatze..
by aamori at 07:38
> showsun120..
by aamori at 07:36
> pikorin77j..
by aamori at 07:33
水の中の景色! 構図が..
by remon at 16:22
えっ、もうご自宅に戻られ..
by liebekatzen at 15:55
素敵な絵ですね好きな感覚..
by showsun1203 at 13:13
久々のルッカちゃんだ! ..
by pikorin77jp at 09:18
> o-rudohime..
by aamori at 07:19
見るからに前回の街並みと..
by o-rudohime at 16:58
> febさん ネット..
by aamori at 08:30
> remonさん こ..
by aamori at 08:21
サンディエゴの思い出は、..
by feb at 20:46
ほんと まさにスペイン!..
by remon at 17:18
> o-rudohime..
by aamori at 16:47
タグ
(504)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧