ドームの見える通り

d0193569_11404483.jpg

F4(333×242mm)
絵手紙グッドタイミングさんのブログ
http://jetegami.exblog.jp/27653697/
遠目でも目立つドームのあるカーマライト教会 ~マルタ島~
に触発されて描いてみました。
私も行って、この通りの写真は何枚も撮っていたのですが、、絵にしていなくって。

太目の筆で、、ガサツに描いてみました。

絵手紙グッドタイミングさんは今は南太平洋かな?

d0193569_11121335.jpg

急な坂道、海が見えます。
d0193569_1113974.jpg

猫の多い島で、。ちゃんとお迎えしてくれました。
d0193569_1114061.jpg

d0193569_11174480.jpg


教育幻想 クールティーチャー宣言 (ちくまプリマー新書) 新書 菅野 仁 (著)

生徒を統御できない、あるいはあえてしない「友達先生」と呼べるような先生がいます。
友達先生は、しばしば「教室でおこっていることをないものとしよう」とすることがあります。
もちろん、「ことなかれ主義」の部分もあるのでしょうが、
厄介なのは、「生徒を傷つけたくない」という思いが強すぎて、
結果的に生徒をよい方向に共同できないケースです。
これは小学校4年生の学級の事例です。集金したお金が無くなって、みんなで探しましょうということになって、探したところ一人の机の中から出てきたのです。
しかしその先生はことが大きくなることを恐れてか、
そこで、「このことは誰にも言わないように」と子供たちに口止めをしました。
ですが、相手が子供ですから、当然何人かは親に言ってしまったわけです。

このことをおおっぴらの明るみに出していいかどうかは
生徒への指導上の観点もありまた別の議論になりますが、
この先生を見ていると、問題を自分の中に囲い込もうとするというか、起きたことをなかったことにしようとする傾向が感じ取られます。
クラス担任制が閉じた世界を作ってしまう。


ありそうな話です。先生の心理状態もわかる気がしますが、、、
優しい先生でいることがいいのか、、、表面的には優しさが、、、見えます。
先生一人で抱え込むのが悪いでしょうね。難しすぎます。
もう少し、相談検討する人たちがほしいです。学級という閉鎖空間で処理するには難しい、、、

先生たいへんです、大変だということを認識して支えあうシステムが必要です。
自分の力で、管理しないとだめだと思い込んでいるのかなと、、
もっと、助っ人を求めてもいいと思うのです。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-03-30 11:51 | | Comments(10)
Commented by feb at 2017-03-30 12:56 x
マルタ島はまだ行ったことないです。
いつか機会があれば行きたいですね。
旅行つながりですが、「てるみくらぶ」のお客さん大変ですね。
私はご縁がなく、ここの会社は利用したことありませんが、
旅行中にホテルから追い出されたり、帰れなくなったりしたら・・・
不安ですね。
Commented by pikorin77jp at 2017-03-30 13:22
ATSUKOさんの筆は こういった外国の景色とよくあいますね。太目の筆と色が すごく好きです。
Commented by showsun1203 at 2017-03-30 20:22
マルタ島♪~♪~♪~30年ほど前にNYCから無線仲間を訪ねて遊びに来ました♪~猫ちゃんは印象に乗っていますよ‼‼

こんばんわ~
昨日~Geneva本部へ行ってきました。。
体調が良かったからですが>>帰ったら背中が疼痛で眠れませんでした。。トホホホ。。。
☆Potiさせていただきました♪~♪~♪~
Commented by aamori at 2017-03-31 07:28
febさん、マルタは猫もいて、楽しいですが、、
どこのお店でもおいしいというわけでなくって、
パスタはゆですぎ、、だったり。
マルタの前にに立ち寄ったシチリアはどこでもおいしかったのに。
「てるみくらぶ」、、旅行業者、信用が大事というか、、、
こういうこともあるのですね。。。
febさんの旅行会社利用方法はすごいなと、、、偉いもんです。
この頃、現地ツアーはVELTRA利用してます。
Commented by aamori at 2017-03-31 07:31
pikorin77jp さんありがとうございます。
逆に、趣のある日本の町並みがうまく描けないのが悩み、、というか諦め。
安芸の宮島’とか行って、写真も撮ったのに、絵に描けてなくて、、、
鹿もいてよかったのに。悩んでます。
Commented by aamori at 2017-03-31 07:36
showsun1203さん、おはようございます。
痛みのほどは、、、いかがですか? お大事に。
お仕事は、、showsun1203さん難しいけど、ほどほどに。(笑)
マルタ、猫たちは、楽しいです。
用心深く逃げる子も、すり寄ってくる子もいて、
猫って1匹1匹性格が違いますね。
うちの猫も、あんまり甘えないです。(それなりにあまえますけど、、、)
Commented by art-4290 at 2017-04-01 12:04
がさつとは思いませんが、太めの筆で描けるところだけ、描くというのはいいですよね。
私も仕上げに、細かくなってしまったところを、太い筆で大きく描くというのをやったりします。
太いタッチは、油彩画の魅力だと思います。
それにしてもいい所ですね。
Commented by aamori at 2017-04-02 08:05
art-4290 さん、がさつと言われてきたので、何をするのも。
お絵かき教室の先生は、引っ越しで先生が変わっても、
筆跡を残さないタッチで繊細だったので、、、筆跡残すのは、、、
がさつかななんて。
改めて、マルタのとった写真を見ています。きれいよ。
Commented by o-rudohime at 2017-04-13 09:55
うわ~ぁ 懐かしき光景に感動です。
ATUKOさんの筆のタッチ好きです。
チマチマと花ばかり描いている自分が恥ずかしくなります。
Commented by aamori at 2017-04-14 07:21
o-rudohime さん、ありがとうございます。
チマチマとって感じは、 o-rudohime さんには全くないです。
大胆で豪快な花の絵に、見習いたいと思ってます。
マルタは、光と影がはっきりしていて、もっと描いてもいいなと思いました。
<< 銀座の桜 ミッドタウンの桜と、ドラムレッスン >>