犬、猫、

d0193569_12511965.jpg

d0193569_12521992.jpg

13才です。イングリッシュ・コッカスパニエル。
頭はいいのですが、、、性格が。犬にも、人にも、フレンドリーでない。
空気を読む、見ていないと禁止されていることもする。飼い主が何が困るか知っています。
たれ耳で、耳のトラブルが。清潔を保つことが難しい。
体は元気で呆けもないので、、、今のところ。
d0193569_12562071.jpg

ネコ、もうちょっと世話が楽です。勝手にしています。
飼い主が起きると、ベッドは猫のもの。
時々、ライオンがヌーやシマウマとかを襲うように、後ろから自分より大きな犬を襲っています。
飼い主は笑います。気の毒なのは犬。逃げまどってます。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応の心理構造
他人に対して不寛容


このところの様々な過剰反応を見ていると、
他人に対する寛容さを持ち合わせない人が増えているような気がする。
何かにつけて自分の視点を絶対化し、自分と違う考え方や行動パターンをとる人を糾弾する。
相手の視点に対する想像力が欠けているのだ。

世の中には自分と全く価値観の違う人がいくらでもいる。
だからと言って相手の価値観を否定するのはおかしい。

生き方は人それぞれである。人にはそれぞれ事情があり、
人によって物事の優先順位が異なり、好む生き方が違う。
それがわからず自分の視点を絶対化する人が、他人に対して不寛容になり、
過剰反応的に批判の目を向けたがる。

身近な知人であれば、その人の事情もよく知っているだろうから、
意見したり、議論したりしてもよいだろうが、
メディア報道やネットでの反響によって知っただけの見ず知らずの相手の生き方を
否定する権利は誰にもないし、それは非常に不遜で失礼なことのはずだ。


ネットで、
野球部の女子マネージャーが、美談とされると、
女だからと言ってマネージャーに徹するのはおかしい、
性差別だなどなど、、批判が炎上したようです。(著者の本にあり)

ベッキーの時は、いい加減に、してほしかったですよ、偉そうな批判。

年配の方はネットとかはあんまりやらないから炎上もしないけど、
自分の生き方を押し付けてくるような、年配女性は(男性も)、、、いますよね。
反論はとくにしないけど、、、、、(やれるならやりたいです)
何々すべき、、と他人にはあんまり言わないほうがイイと思うようになりました。
(犯罪でもない限りは)







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-04-22 13:20 | ペット | Comments(4)
Commented by showsun1203 at 2017-04-22 17:43
こんばんわ~
高齢犬をお遊びでネコchan~笑ていられませんね。。
☆Poti~~させていただきました。
Commented by aamori at 2017-04-23 07:40
showsun1203 さん、昔からやっている、遊びのようで、
犬のボケ防止に、、、犬のほうから時々猫をかまって誘う時もあります。
いつも、勝敗は猫、高いところに上がって攻撃、豹のようです。
猫のほうがずるい感じ。
Commented by o-rudohime at 2017-04-24 11:12
バクちゃん13歳なんてまだまだ若いですよ。
利口過ぎるのも困りますね。
しかしネコちゃんにはかなわない気の弱さ 可愛いです。
Commented by aamori at 2017-04-25 07:45
o-rudohime さん、13才、若いですか?
最近、近い年齢のワンコたちが、弱ってきていて、次はバクかなと心配。
ずるがしこくて、弱虫、、バクです。
ネコは、落ち着いていて、犬のほうが子供っぽいです。
<< お台場夕暮れ またまたセドナ >>