藤の花、もっと

d0193569_8503551.jpg

今じゃ、もう昔、アトランタのフジ、野生のフジ
d0193569_851365.jpg

ゴールデンの良い子だったZIP、ビーバーの巣?ビーバーは住んでました。

d0193569_8561843.jpg

グラナダです。
d0193569_857416.jpg

d0193569_8594315.jpg

大きな藤棚、上から見て、、
d0193569_96392.jpg

d0193569_962319.jpg

お庭の維持は大変です。庭師が何人も働いてました。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応の心理構造
自己誇大感と自信のなさのせめぎあい

やはり、自己愛過剰タイプ。

「プライドが高いから扱いに注意しなければならない」というような相手は、
自尊心の高い人というよりも、うぬぼれの強い人なのである。
自尊心を高く持ちたいという気持ちは強いのだが、
本当の自信があるわけではないため、ちょっとしたことで自尊心がぐらつく。

心の中は、万能感や有能感と無力感や自信のなさが同居している。
自分はすごいんだという自己誇大感と自信のなさの間を揺れ動いている。
人から賞賛されれば有頂天になり、人から軽んじられれば大いに傷つく。
その傷つきが攻撃的な過剰反応を引き起こす。

わざわざ偉そうにふるまったり、自慢話を好んでしたり、持ち上げられないと切れたり、、
自信ありげに見えても、心の奥底には自信のなさが潜んでいる。
人と腹を割ったホンネの付き合いができず、じぶんを大きくみせようとし、
わざとらしさがあり人を操作的に扱おうとするのも、
自信のなさを見透かされないためである。


自己愛人格障害の範疇の人ですね。
「扱いに注意しなければならない人」って、みんなちょっと困っているでしょう。
本人は??と思うのですが、
傷つきやすいから、、、やっぱ、余計な気苦労をしているのでしょうね。
素直に同情できません、、、私は意地悪ですから。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-04-26 09:32 | 植物 | Comments(2)
Commented by showsun1203 at 2017-04-26 20:50
こんばんわ~藤の花世界各都市でさいていますね。

なぜか南仏やswiss・Lausanneでは見かけませんが❓

☆Pさせていただきました♪~
Commented by aamori at 2017-04-27 07:15
showsun1203 さん、おはようございます。
南仏やswiss・Lausanneでは見かけないですか?
グラナダが、フジがいっぱいで、、
普通の住宅でも、絡まっていて、、びっくりしました。
<< どの色が、、 藤の花 >>