優しいピンク

上野東照宮ぼたん苑
たぶん誰にでも好かれるやさしいピンク
d0193569_10393650.jpg

ちょっと涼しい青味のあるピンク
d0193569_10402524.jpg

かわいいピンク
d0193569_10412538.jpg

d0193569_104276.jpg

和服にぴったりな感じ
d0193569_10431114.jpg

優しいピンクも、少しずつ色味が違います。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応を生み出す社会
過剰反応を防ぐために


難しいことだと思います。簡単に世の中、変わらない。

過剰対応でお客様意識を増長させない

過剰反応を助長しているのが店や企業側の過剰反応である。
テレビでスーパーの店長にインタビューしているのを見ていたら、何の機械だか忘れたが、
「ここに、このように設置させていただいています」と答えていた。
相手はテレビ局のインタビューアーであり、設置した機械をくれた人というわけでない。
それなら「ここにこのように設置しています」でよいだろう。


「させていただいています」
このいただいてます
昔、中野翠さんの本で読んだけど、
(どの本かは忘れました)
昔々の宮沢りえと貴乃花の婚約記者会見。(あの後うまくいかなかった二人でした)
このたび婚約させていただきました。だったかな、、、
あれ以後、このいただきましたがやたら使われるようになったということで、
中野翠さんは、嫌がっていました。

誰かにやってもらったわけでもないのに、なんとなく丁寧、謙遜に聞こえて、
好感度がイイと思われているようで、
やたら多用されているって、、

私も、彼女の本を読んだ後、気になって、
正しい状況で使われていない場合、例えば政治家の街頭演説なんかで、
「本日この場でお話させていただき、、、」
だれも、あんたにお話をたのんでないぞ~~!なんて思って、
その人を馬鹿にしています。

中野翠さん、きちんと本にしていたのに、世の中、
「させていただいています」ばかりで、、、

職場のプレゼンテーションでも「プレゼンをさせていただきまして」
気になったけど、もちろん黙ってました。

またこの本にも書かれていて、、、うれしいのですが。

些細なことだけど、気にしているんです。私は絶対使ってやらない。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-20 11:09 | 植物 | Comments(0)
<< 捨てずになおす 風車 >>