絵を描きながら

アムステルダム、国立ミュージアムその2

d0193569_08571177.jpg
ミュージアム前の橋、花がこのようの飾られた橋が町中にたくさん
d0193569_08572076.jpg
ミュージアム、建物が大きい、中も広い。

レンブラントとフェルメールの部屋以外は、すいていました。
絵の写真、きりがなくって、でも一部。
d0193569_08590953.jpg
風景画が好きです。なぜかなと思うのですが、、スケートしています。楽しそうで好き。
運河が凍ればこうなるのでしょうか?
オランダはスピードスケートが強いです。しかも長距離が。
作者は無視しています。ごめんなさい
d0193569_08593049.jpg
風車の絵は描こうと思って、マネするための参考に撮影。
d0193569_08595712.jpg
こういうよくある普通の絵(?)が結構好きなんです。
d0193569_09003007.jpg
これはモネの絵、この絵のところも人はいない。すいていました。

もう少し、国立ミュージアムについては、アップしていきます。



デタラメ健康科学---代替療法・製薬産業・メディアのウソ

2011/5/19


第9章 製薬業界のだましの手口

製薬会社の話を続けます。
まず、どのようにして薬が生まれるか、、、、

まずどういう薬にするか考える。アイデアの出発点になるものはいろいろある。
植物に含まれる分子、薬を相互作用してくれそうな体内のレセプター、改良できそうな既存薬。
動物で実験して期待通りの作用が現れるかどうか(もちろん動物を殺してしまわないかを)確かめる。

次に初めて人で試してみる。健康で度胸があってお金が欲しい少数の若者を対象にする。第1相試験。
調べるの内容は先ず第一に人が死なないかどうか。
それから、薬物がどれくらいの時間で体外に排出されるかどうかといった基本的な事項も確認する。

この段階では恐ろしい事態が起きる恐れがあり、
2006年TGN1412という薬の試験では若いボランティアが重篤な障害を負った。
うまくいったら第2相試験に。
該当する症状を持った患者数百名を対象にする。
理論が正しいかどうか確かめ、適切な容量を割り出し、薬に効果があるかないかを判断する。

多くの薬がこの時点で失敗とわかる。実に残念なことだ。
薬を市場に出すまでには合計5億ドル前後かかるからである。

次に第3相試験へ。この次にします。

製薬会社も大変で、お金が、、、経済面を考えて会社運営をしてしまうのもわかります。
苦労が無駄に、、、なることが多そうです。
しかし、、、、、です。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-09-21 09:36 | | Comments(4)
Commented by sacromonster at 2017-09-21 10:04
確かにどの企業も利益を上げることが最大の
目的であるということを
我々消費者も忘れてはいけませんね。
Commented by liebekatzen at 2017-09-21 17:35
おうちにいながら、美術鑑賞♪
旅レポありがとうございます!
Commented by aamori at 2017-09-22 08:21
sacromonsterさん、そうなんですよね、、
薬みたいなものも、、、
医療なんて、公的な感じがしますが、、、
Commented by aamori at 2017-09-22 08:22
liebekatzenさん、写真があんまりよくないですが、
もう少し行きます。
<< アムステルダム、国立ミュージア... 橋は飾りじゃぁない >>



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
> remonさん 絵..
by aamori at 07:41
> liebekatze..
by aamori at 07:38
> showsun120..
by aamori at 07:36
> pikorin77j..
by aamori at 07:33
水の中の景色! 構図が..
by remon at 16:22
えっ、もうご自宅に戻られ..
by liebekatzen at 15:55
素敵な絵ですね好きな感覚..
by showsun1203 at 13:13
久々のルッカちゃんだ! ..
by pikorin77jp at 09:18
> o-rudohime..
by aamori at 07:19
見るからに前回の街並みと..
by o-rudohime at 16:58
> febさん ネット..
by aamori at 08:30
> remonさん こ..
by aamori at 08:21
サンディエゴの思い出は、..
by feb at 20:46
ほんと まさにスペイン!..
by remon at 17:18
> o-rudohime..
by aamori at 16:47
タグ
(504)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧