絵を描きながら

aamori.exblog.jp
ブログトップ

やはりバラの花

d0193569_919579.jpg

いろいろ花はあるけれど、バラってやはり豪華できれいで目を引きます。
d0193569_921891.jpg

グラナダと同じ季節、グラナダではまだ咲いていなかったバラが、
セビリアでは咲いていました。標高差??のせい??
d0193569_9224040.jpg


d0193569_923519.jpg

初めてお絵かき教室で描いたのはバラの絵、
基礎も何にも知らなくって、
先生は、「龍三郎みたいだね」と言いながら、もっと写実的に直してしまって、、

バラはきれいで、時々高い切り花を買って、描こうと思うけど、
どうも、、、どうやっていいかわからない。

あまりにきれいで、写実に、、、でも下手。
最初のビギナーズラックで描いた、龍三郎風がイイのかななんて、、、
店先をちらっと横目で見て、、バラは日持ちがしないから、、、
結局買わない描かない。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応の心理構造
過剰に人に期待して、裏切られたと勝手に失望し怒る


自己愛の強い人物の特徴として、何かにつけて人に過剰に期待するという心理がある。
何でも人が自分のためによくしてくれるといった思い込みが強く、人に期待しすぎるのである。
だが、人はそれぞれ自分の視点から見える世界を生きているわけで、
目の前の相手が何を期待しているかなどわからない。要するに限度がある。
それに自分のことで精一杯ということもある。
期待していた何かにこちらが応えなかったため、
裏切られたような気持ちになったのだ。

結局、人に期待しすぎる人物は、甘えが強いのである。
甘えが拒絶されたということで相手に敵意を向けるのが「恨む」である。

もっと褒めてほしい、評価してほしい、もっと認めてほしい。
それならば、ほめられるようなこと、評価されるようなことをして、
しっかり認めてくれとアピールすればよいのだが、
自分からアピールせずに、
相手がこちらのひそかな要求にこたえてくれることをひたすら期待して待つ。
それが日本流のやり方なのだ。
だからこそ相手の出方が非常に気になる。
甘えに応じてくれないと、見捨てられたような被害感情が生じる。


私は意地悪??
期待されていることがわかっても、やってあげないことがあります。。
「自分でやればいい」なんて思って、、、
最初やってあげると、それが当たり前のようで、
なんだか利用されている気分になるのも嫌だし、、、

そう甘えないで、自分でやれることは自分で、、少なくとも努力しようぜぃ。
頼らないでくれ!!
そういいたくなる方がいるのです。。私は、めちゃ優しくはないですよ。
(本当に助けが必要な人とは別の話です。)






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





# by aamori | 2017-04-28 10:07 | 植物 | Comments(3)

どの色が、、

d0193569_932920.jpg

アルハンブラ宮殿を出たところの花壇。
色とりどりのラナンキュラス。
絵を描いていて聞かれる質問、「どの色が好き?」
服を買う時も「どの色が好き?」
服の場合は、TPOがあるから制約を受けるのですが、、、

実は、イデオロギーを考えても、自分の意見がわからないように、
好きな色も特に言えないんです。
どの色見ても、きれいです。
d0193569_97339.jpg

d0193569_975096.jpg

どっちの黄色も好き。
d0193569_982359.jpg

d0193569_983838.jpg

赤の系統もいろいろありますが、どの赤の雰囲気もいいです。
d0193569_994920.jpg

白も、、、

要するに、あんまりはっきりとした好みも意見もないのでしょうか、、、


「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応の心理構造
人から嫌われたくないという思いが強い


人からどう思われるかが非常に気になるため、人の目を過剰に気にするのである。
嫌われたくないという思いが強いため、自分を殺して相手の要求に必死に合わせようとする。
それでも相手の反応が思わしくないときなど、
もしかして嫌われたかもしれないと思い、ひどく落ち込む。

「嫌われる勇気」という本が大ヒットしたのも、
「嫌われるのが怖い」という思いをひそかに抱えている人が非常に多いことの表れといえる。

今の時代は、人からどう思われるかが自分の価値の保証となる。
人間の価値も、どんな能力がありどんな人格を備えているかということよりも、
周囲の人たちから気に入られるかどうか、受け入れられるかどうかによって決まってくる。

市場経済の発展で、
商品が売れるのは内容が充実しているかではなく、
みんながほしがるからだというのはもはや常識となっている。

そんな時代だから、個人の人間としての価値も、
パーソナリティ市場によって決まるかのように感じている人が多い。
誰もが人から気に入られたいと思い、人からどう思われるかをしきりに気にするようになった。

なるほど、、、

でも、私はあまのじゃくだから、みんなに好かれる人より、
ちょっと変わった人に興味持つのですよ。面白いと思って。
だから、、そんなに、よい人、優等生でなくても、ファンはいるのだから、、、
自分を殺さなくても、、、

例えば、、こういうと嫌われそうだけど、、オリンピックで、
人気者の浅田真央ちゃん(嫌いじゃないよ)より、あの強いキム・ヨナ選手に興味を持ちました。

女優さんも、優等生ヒロイン(例えば吉永小百合)より、
ちょっとずれた個性派の美女が好きです。

だから、自分を殺さなくても、きっとファンはいますよね。
と、十代のころ思ったのですが、、、万人に愛されなくても。

色の好みには意見がないけど、、、こういう場合は意見あり。へへへ。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





# by aamori | 2017-04-27 09:42 | 植物 | Comments(6)

趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。


by ATSUKO