カテゴリ:未分類( 19 )

ヒューストン空港まで来ました

d0193569_00030022.jpg
初めてのスマホからの投稿。写真もスマホではあんまり撮らないので、うまくいかないみたい。
d0193569_00034058.jpg
ヒューストン空港で、乗り継ぎ待ちです。
キャップ屋さんが、アメリカ。テキサスです。
ここまで来ると、日本人はほとんど見当たりません。
人々は、みんなデカイです。横にもたてにも。
気温は、今、、朝で十八度。二六度まで上がるらしい。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

by aamori | 2017-11-15 00:01 | Comments(8)

アムステルダム郊外犬歩き

アムステルダム郊外、出会った犬たちです。
d0193569_08171391.jpg
d0193569_08164977.jpg
d0193569_08162105.jpg
d0193569_08164240.jpg
d0193569_08162706.jpg
d0193569_08161366.jpg
d0193569_08162105.jpg
d0193569_08163450.jpg
d0193569_08165796.jpg
日本で見ないような犬も、、
いま日本、というかうちの近所は、チワワ、トイプードル、ミニチュアダックスが多いです。
そうそう、柴犬も。

d0193569_08501378.jpg

悪の製薬: 製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていること

ベン・ゴールドエイカー (), 忠平美幸 (翻訳)

1章、行方不明のデータ
タミフルに関して、、コクランとロシュの戦い続きです。
まずコクランという組織(ウィキペディアで)

コクラン共同計画は、治療と予防に関する医療情報を定期的に吟味し人々に伝えるために、世界展開している計画である。1992年にイギリスの国民保健サービス による根拠に基づく医療政策と実践、またその定量的な評価の一環として始まった。

コクラン研究者たちは、異なるデータベースにおける有害事象の頻度に奇妙な食い違いがあることに気づき始めた。
ロシュ社の世界規模の安全性データベースには、2466件の精神神経系の有害事象があり、
うち562件は重篤に分類。
FDAの同じ期間のデータベースには、合計1805件の有害事象しかなかった。これは変。

コクラン社の追跡は続き、2009年12月、、
ロシュ社は「数日のうちに、研究報告書の全文を、パスワードで保護されたウェブサイト上で、
正規の分析を手掛けている医師と科学者用に供されるようになります」と約束。
これはついぞ実現されなかった。
2010年7月、患者の秘密保持に懸念があると知らせてきた。
(これらの文書の重要な部分はプライバシーなど全然問題にならない)
ひたすらそれを隠し続けていた。

要するに、隠しているのです。
2466件の精神神経系の有害事象があり、うち562件は重篤に分類。
これって、日本での、飲んだ子供の異常行動??

わかりにくいですが、何か真実が、隠されているか、ごまかされている雰囲気が、、、

製薬会社も、利益追求しなくてはいけない企業ですが、
ファッション業界や家電とは違って、人の健康に影響する企業なので、だめなことは厳しくだめです。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-11-11 08:46 | Comments(8)

d0193569_08145272.jpg
10月3日の、息子からのメール、カナダはもう雪,
カルガリー
d0193569_08150101.jpg
紅葉と雪の組み合わせ、、

d0193569_08150719.jpg
これは、モンゴル、夫の旅です。私は、留守番、
何かとこの年になってから、海外の仕事の多い夫です。
空港に着いたときマイナス3度、朝はマイナス16度、10月初め。
d0193569_08152456.jpg
モンゴルの馬は小さいです。馬にここで乗ってみたいと思うのですが、、、
d0193569_08153229.jpg
ゲル、、、

私の旅ではないですが、夫のモンゴルを続けます。


旅では、待ち時間も多く、普段よりずっと本を読みます。

オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン Kindle版


暗い北欧ミステリー、、(好きですね、暗いのが)
内容は、盛りだくさんで、主人公も優等生ではなく、魅力的ですが、悩みが深い。
親の介護、子供の虐待ネグレクトの親、その割に子供はたくましいいい子、
カルト教団、仕事と家族、離婚、、どこの国も同じような。
そして怖い殺人。

ノルウェーで、ムンク、あの有名な画家の出た村のことがちらっと、、、
今は自慢してムンクの村だと誇っているが、ムンクの生きていたころは、彼を馬鹿にしてさげすみ、、、と、、、
さもありなん、、あの変わった絵、名作だってそんなに簡単に理解はされない、、、
数行ですが、、、気にとまりました。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-10-25 08:31 | Comments(8)

ホップオンホップオフその6

トロリーはリトルイタリーへ
d0193569_10031228.jpg
バスストップのところ
d0193569_10034069.jpg
d0193569_10033281.jpg
d0193569_10034814.jpg
d0193569_10040196.jpg
おいしそうな店が、、いろいろ。
旅先、色々食べてみたくなって、胃袋2つ、食事は日に6回ぐらい、、、だったらいいなぁ、、
食べに来たかったけれど、、ホテルから遠いし、、また機会があれば??難しいですね。
d0193569_10042832.jpg
この周辺、前回ブログの家と比べると、金持ちではなさそう。
リトルイタリー、以前ニューヨークのに行ってみましたが、どうしても「God Father」を思い浮かべてしまいます。

トロリーはオールドタウンに。もう少し続けます。


「正義」と「憎しみ」の構造―オサマ・ビンラディンは十六歳の少年だった!? 加藤 諦三著
軍艦をいっぱい見たせいかな?などと思ってこの本で、
テロリストは何を考えているのか??
世界情勢、政治とかからでなく、心理面から書かれた本です。

第5章へ、2価値判断しかできない人のパーソナリティ
テロリストは2価値判断しかしない人たちですが、、、
さて、多くの人も、、、

一人の人間を描写するのにいろいろの描写の仕方がある。
女性である。男性である。劣等感が強い。友人である。
他人に対しては批判的。働き者。詩人。不幸な人。学生、困難を避けたがる。
いくらでもある。
人はそれぞれ人生や世界の解釈の仕方が違う。

解釈の基準は一般的に年をとると増えるといわれる。
人は成長するにしたがって、一般的に視野が広がる。他人をいろいろな視点から見ることができるようになり、
その結果、他人との関係がうまくいくようになる。
そして自分もいろいろな視点から見ることができるようになり、自分に自信がつく。
つまり、人をこうだと「決め込む」ことがなくなる。

自分の周囲にいる人を解釈するときに細かい点まで目が行く人とそうでない人がいる。
「あいつはくだらない」と決め込む人がいる。「お前は幸せだ」と決め込む人がいる。
「あいつは小物だ」と決め込む人がいる。「あなたは先生に向いている」と決め込む人がいる。
そのように決め込む人は、その人のそれ以外の面は見ていない。
自分に自信がない人は。自分の価値が脅かされないように他人を解釈して、
それをその人のすべてと決め込む。

おせっかいというか、、決めつけて、アドバイスをする方がいますよね。悪意はないと思うのですが、、
価値基準の解釈が狭い方なのかなと、、、
あんまり、人に、アドバイスするのはやめておこうと思うのです。自分の価値観が正しいわけではないもの。

d0193569_10362734.jpg
この木、アフリカから持ってきた(?)違うかも(英語のきき間違い)、、、形が面白いです。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-10-19 10:39 | Comments(2)

ZOOその4

サンディエゴ動物園、
d0193569_06251312.jpg
キリンに餌をあげる、、、やってみたかったですが、長い列が、
並んで待つのはやめました。
d0193569_06252167.jpg
フラミンゴ、並んで寝ています。
d0193569_06252997.jpg
足が、、、面白い。
d0193569_06254668.jpg
カワウソ、、楽しそうに、、
d0193569_06255326.jpg
動きが速いので、、、2匹でじゃれあって、、、
d0193569_06260477.jpg
d0193569_06261254.jpg
d0193569_06311305.jpg
園内の植物は南国、
d0193569_06262574.jpg
全部回ることはできず、、ランチ、コーラを入れてもらったボトル、お土産です。
帰国したら、これに飲み物を入れて、テニスにでも行こうかな、、、
d0193569_06263297.jpg
足元、ポテトチップスに雀、口元、、ポテトだらけ
d0193569_06264576.jpg
猛禽類、これは野生です。動物園の見学に来た?種類は?

ランチ(ホットドッグ)を食べてホテルへ、夫は仕事、私はしっかり昼寝でした。

ライオンや象や白熊も見たかったですが、時間も体力も残っていませんでした。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-10-09 06:37 | Comments(4)

数珠玉

d0193569_11130068.jpg
d0193569_11132105.jpg
数珠玉、子供のころ、茶色くなったのを糸でつないで、首飾りに、
たぶん、作ってくれたのは祖母だと思います。
昔の子供ですね。それが宝だったんです。

d0193569_08434760.jpg

今度の本はこれです。
スカパーで海外ドラマをよく見ているのですが、途中のCMは少ないのですが、終わって次の番組との間のCM,
長いんです。健康食品、美容、サプリだなんだバッカリ、絶対怪しいと思っているし、うるさいので音を消したり、

第三章  高級な化粧品の正体

こうした商品の根底には「体はだませる」という安易な考え方がある。
ところが実際の人体には「ホメオスタシス」という精緻で大掛かりなメカニズムがあって、
体内の環境を調節している。いろいろな化学物質の量を絶えず測り、
その結果をもとに物質をどこに送るかを決めている。
このシステムを妨げたら、むしろうたい文句とは正反対の結果に終わりかねない。

恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスタシスとは、生物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことである。

例えば、肌に直に酸素を補給するとうたったクリーム(やその他の化粧品)がたくさん売られている。
多くは過酸化水素水を含んでいる。過酸化水素水、化学式 H2O2 。いかにも水に「酸素が余分についている」と考えたくなるけど、化学式とはそういうものではない。
もしも、鉄橋に「余分な酸素がついた」ら錆の塊になってしまうわけで、
それで肌に酸素が補給されるとは思わないだろう。

この手の商品が本当に細胞内に浸透すると仮定したら、
その酸素のおかげでどんないいことがあるだろうか?
私たちの体は常に目を光らせている。
血液の量はもちろんのこと、血液が組織に運ぶ栄養分の量にも、
特定の場所に向かう毛細血管の数にも。
酸素濃度が低い場所があれば毛細血管の数を増やす。血液がもっと必要かを判断するには酸素濃度が絶好の目安になるからだ。仮に酸素補給クリームの効き目が本物だとしたら、体はその部分への血液供給を減らしてしまうだろう。
ホメオスタシスが働いていわば自分で自分の首を絞めてしまうわけだ。
過酸化水素水は、腐食性のある化学物質にすぎず、低濃度でも軽いやけどを起こす。
皮膚がすーっとするようなほてるような感じがするのはこのせいかもしれない。

此処まで読むと、お金を使って、騙されたくないです。
逆に、百害あって一利なしかもしれません。

最近こんなことになったら大変だと思ったのが、
「茶のしずく石鹸」による小麦アレルギー。
何が起こるかわからないので、期待して新しい商品に飛びつくのも怖い、
高いものが、効能書きのようによいかも疑問です。

美容、、美しさで生計を立てているわけでないし、、諦めています。安全第一。
まぁ、きれいなほうが嬉しいですが、、

体は、思っているより、特別なお世話をしなくても、いろいろちゃんとやってくれるということで。
下手な細工はしないほうがよい。
d0193569_11134358.jpg
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-08-28 11:58 | Comments(10)

松屋銀座アスター

中村征夫さんの、写真展「永遠の海」の奥にレストラン街、、
アスターに入りました。
d0193569_09570967.jpg
紹興酒、
d0193569_09511364.jpg
くるみの飴だきと焼き豚
d0193569_09521005.jpg
エビのワンタン、黒酢で??プリプリ
d0193569_09513698.jpg
肉団子を揚げたもの、
d0193569_09514800.jpg
中身、
d0193569_09531713.jpg
どうしても餃子を食べたい夫、
d0193569_09523716.jpg
ビーフン、
そして、
d0193569_09522338.jpg
海鮮あんかけご飯、

多かった、目が食べたくて、頼んでしまって、苦しい。
たぶん紹興酒の影響も、、苦しいと言いながら、帰りました。
ダイエットとは口ばかりです。
アスターは、おいしいです。裏切られることはめったにないです。

バタフライ・エフェクト Kindle版

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-08-21 10:24 | Comments(8)

掃除

家事はいろいろあるけれど、掃除は嫌いです。
まだ単に片付けるのは、いいけれど、掃除機、拭き掃除、、嫌いです。
やってもやっても、汚れる。でも、やらないと大変なことになるので、、、

でも、世の中には掃除が好きな方も、いて、、そう割にいて、、尊敬するのですが、、
どうして?「気持ちよい」とのことですが、、、
そりゃぁきれいなほうがいいけれど、、、

どうしても、一番嫌い。食器を洗う方がまだ好き。
d0193569_11051101.jpg
d0193569_10455845.jpg
この本は今日でおしまいに、、
今日もジョークではないです。「笑い」について

各民族の言語を調べていくと、泣き方を表すときはみな違う。
日本語の「オイオイ」とか「シクシク」とは言わずに、
たとえば英語、「ソップソップ」
犬の泣き方、英語は「バウバウ」牛は「ムー」、
ニワトリは「コッカドゥードゥルドゥー」猫は「ミュー」、
足音は「クロンプクロンプ」、水道から水滴が「ポタポタ落ちるのではなく、「タップタップ」。

しかし私が知っている限りの言語を考えてみるとき、ただ一つ共通なのは、笑い声である。
「ハッハッハッ」という。だから、笑いは世界を結ぶ唯一の共通語なのかもしれない。

大笑いは「ハッハッハッ」

楽しいことはいいことだと思います。
生真面目が多い日本人、パスポートも免許証の写真も歯を見せた笑顔はダメですよね、
真面目が好きなようで、、、

アトランタで知り合った日本人、コメディ映画にお金を払う気がしないと言ってました。
笑うのって、ばかばかしくて、ためにならないという発想かな?
確かにひどくばかばかしかったけれど、映画館で、大笑いできました。
それに、コメディはアメリカでも、俳優も作品自体も、アカデミー賞はもらえていないかも、、、

d0193569_11264407.jpg
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-08-12 11:29 | Comments(6)

水のある風景

d0193569_09240691.jpg
2009年に描いた絵、少し直したら、、
あんまり気にいってなかったけれど、、まぁいいかのレベルになり、(水面が好き)
やはり処分せず、パネルなので裏にも描こうと思ったけど、辞めておきます
たぶん10号(530×455mm)かと。

スロベニアの首都リュブリャナです。

d0193569_09291603.jpg



d0193569_09295523.jpg
当時、スロベニアはあんまり金持ちそうでなく、
素朴で、物価も安く、美しい国だと思いました。
川と柳の木がイイなと思いました。
水のある風景が好き、
今住んでいるところも水のある風景、そこはとっても嬉しい。

世界一、軍事知識に無知な国民
軍事無知であるということは、実は同時に平和無知になってしまうということに、気が付いていない。
例えば健康というものに対して病気というものがある。
健康を維持するためには、病気を防ぐことでそのために策を講ずることである。
ただ、健康健康と言っていれば、健康になると錯覚しているようなものである。
病気を知らないと健康にはなれない。

戦争について無知だと平和になれません。

軍隊、あるいは軍服を着た軍人はなぜいるか、
国が税金をかけて保持しているのはなぜか、
日本にもそうした軍人がいる。もっともそれは自衛隊という名前で呼ばれている。


こういう軍人に対して、日教組や一部の進歩的文化人たちは、
軍隊とは人を殺すものであると教える。
つまり、軍人は人殺しだというのだ。
確かにこれは全くの嘘ではない。戦争が起これば、人を殺傷することが現実にある。
しかし、軍人イコール人殺しというのは、きわめて誇張した言い方である。
近代国家において、軍人がなぜあるかということが、彼らには全くわかっていない。

文章は著者の文そのまんまではありません

私も、「軍隊は人殺し」が正義の言葉として通ってる環境にずっといました。
これって、平安貴族の発想、、武士を馬鹿にして、自分たちは身分が高く、
そして歌を読んだり、祈禱で政治を行っていたという。
危険な人を殺すような仕事は、身分の下のものがやる、穢れたこと

日本の軍事的なことを、言うのも、もちろん考えるのもタブーのような、、、
そんなインテリが、ちょっと上の方にいて、、、言ったら、白い目でにらまれる。

デモ、旅も含めて、いろんな国際情勢に触れると、、
こういう考え方は、違うんじゃないかと思うのです。

言っておきますけど、私は、軍国主義者でも右翼でもないですよ。

自由が好き、軍隊の規律には耐えられないと思います。わがままです。

(やっぱり文字が思うようにいかないなぁ。。。)


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-07-29 10:17 | Comments(6)

TEPPANYAKI 10 GINZA

そろそろ空いて来たかなと、平日の夕刻。GSIXへ行ってみました。
TEPPANYAKI 10 GINZAです。
外食は好きです。だって、後片付けがいらないもの。
d0193569_8351414.jpg

飾りはフライ返し。
d0193569_836894.jpg

d0193569_8363041.jpg

光で色が変わります。
d0193569_837146.jpg

コースです。ズワイガニのサラダ
d0193569_837333.jpg

これが食べたかった、やきうに。
d0193569_8383013.jpg

アワビ、タケノコ付き、バターが香ばしい。
d0193569_8393554.jpg

カジキマグロ、、、厚い、この厚みの魚、、、、ちょっと簡単にスーパーでは見ない。
d0193569_8414513.jpg

牛ステーキ、ほおずきトマトがついて、このトマト甘いね。
もっと数品あったのですが、写真撮り忘れました。
d0193569_8425077.jpg

d0193569_843889.jpg

デザート2皿、、、ゴルゴンゾーラのチーズケーキがおいしかったです。
たくさん食べて、飲んで、
お腹が苦しくて、余り店も見ずに、帰りました。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応を生み出す社会
過剰反応を防ぐために


難しいことだと思います。簡単に世の中、変わらない。

企業も学校も軸を持つ


日本はもともとすぐに謝る文化的伝統を持っている。
自分に非はないと思う時でも、場の雰囲気を良好に保つため、気まずくなるのを避けるため、
何かにつけて、「すみません」「申し訳ありません」と口にする。

こちらが誤れば向こうも譲る。こちらが譲歩すれば、向こうも譲歩する。
それが日本式だった。だが、今やそうした相互のバランスが崩れつつある。

譲歩をして謝ると、態度を軟化させるどころか、
さらに強硬な要求をしてきたリ、それに味をしめたかのように別のクレームをつけてくる。
これでは商売も教育もまともにできない。


う~~、なかなか大変ですが、、、頑張らないと、勇気をもって、、、
モンスターなクレーマーに負けるな。
大げさですけど、日本社会の危機。
この話は続けます。・







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-22 09:01 | Comments(4)