カテゴリ:動物( 37 )

モンゴル、

夫の旅なんですが、写真が、とっても別世界なんで、、、
d0193569_08172767.jpg
ウランバートル、
街を外れると、、、違う世界に

d0193569_08181509.jpg
鷹狩をするようです。
d0193569_08175123.jpg
遊牧民ですね。
d0193569_08180105.jpg
d0193569_08241925.jpg
毛がもこもこ、
d0193569_08204598.jpg
雪の中に猫
d0193569_08182867.jpg
d0193569_08183816.jpg
夫、猫になつかれています。猫さん、どこにでもいます。


オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン Kindle版


女性教師の話(主人公ではないですが、大事な役割)
教師になったばかりのころ、同僚の先輩教師から助言を受けた。
「覚えておきなさい。自分の生活を大事にすること、仕事は家に持ち帰らないこと、生徒たちと仲良くなりすぎないこと」

彼女は、親に虐待、ネグレクトされている少年に気が付く、
こういうことを見て見ぬふりをする教師もいる。面倒を嫌ったり、家庭のことには立ち入らないと決めていたり。
彼女は、そういう教師でなかった。

難しい話で、日本も同じ。妙にかかわってスタンドプレイをして、面倒になると切り捨てたりする教師もいそうですが、、
だから、生徒との距離感は大切だとは思うのですが、
いざとなったとき正義感を発揮してほしいものだと、、、
小説の中の女性教師は頑張りました。
あんまり書くとネタバレになるので、この辺で終わり。
遠い国でも、人の抱える問題は似ていますね。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-10-26 08:40 | 動物 | Comments(4)

子犬はかわいいね

d0193569_10033697.jpg
今朝の散歩、朝のうちは涼しいです。鳩がいっぱい暮らしています。
食べるものがあるのだろうなぁ、潮が引いた岩場でよく何かつまんでいます。何食べてるのかな?

d0193569_10035148.jpg

ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア ( West Highland White Terrier)
まだ、ワクチンが終了していないので、抱っこで登場。
ごめんなさい、誤解を生みますね!近所の犬友の新しいワンコです。付け加えました。
d0193569_10035997.jpg
お目目が、飴玉みたいで、かわいい。カメラの正面は向いてくれず、次回に。
子犬のかわいらしさは特別、、6か月でもう、大人びてしまいますが。

バタフライ・エフェクト Kindle版



by aamori | 2017-08-22 10:35 | 動物 | Comments(6)

ビーバーの仕事

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



 






カナダの息子よりの写真付きメール。
d0193569_12213992.jpg

近くの池に、ビーバーが巣を作ったとのこと。
最近作ったらしくて、10日前にはなかった。数日間で作ったようです。
入口は水面下、池に氷もはり出して、
d0193569_12252253.jpg

木をかじったあと。
d0193569_12264369.jpg

d0193569_12273514.jpg

ビーバー、よく働き、仕事の能力もすごいです。
でも、公園の管理者にすればたまったものでなくって、
ビーバーの保護と自然の保護は難しい問題です。
d0193569_122114.jpg

ダムがあるのに、作らないと気が済まないのか、木を足しています。可笑しい。
ビーバーは木を食べる、とか池の底に切った木を刺しておいて冬の間はそれを食べるから池の外に出る必要ない、とか。 でも狼の食べてる獲物で意外と大きな部分をビーバーが占めていて、 コヨーテにはちょっと大きい獲物だけど、コヨーテでさえ鹿を捕まえたりするからビーバーも。

ということらしいです。

d0193569_12321190.jpg

以前に送られてきた写真です。遠くにロッキーの雪山。
それこそ殺風景ね。Empty.

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



 





by aamori | 2015-11-09 12:39 | 動物 | Comments(0)

WILDLIFE

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



 

d0193569_11552742.jpg
 

まだまだ続く、旅の話。エルクのアップから、
もしかしてエルクは、人のそばのほうが、クマやオオカミの脅威から安全だと思っているのかしら??

d0193569_1201564.jpg

Wildlifeと人間は距離を取るべき、ずかずか入り込まないように。

d0193569_123034.jpg

d0193569_1233478.jpg


次はバイソン、彼ら草食系を侮ってはいけません。

d0193569_1251920.jpg


看板によると、イエローストーンでは人々がバイソンに殺されてると
彼らは鈍くさくてのどかに見えても、時速35マイルで走り、フェンスを飛び越えられる。
彼らは危険で予測不可能。

23メートル以上は離れていろ!
逃げ道は確保しておけ。
道路で出会ったら、車から出るな。

尻尾を持ち上げたら、逃げろ!!

面白い看板です。そうなんだろうなぁと。

Please respect them.


コロラドのHismerceisさんのいうとおりですね。

こんな看板も、

d0193569_1215043.jpg


見た人は情報を教えてほしいとのこと。残念ながらながら、私は遭遇できませんでした。

看板とかが興味深かったので、、、ちょっとご紹介。


 もうすぐ、個展ですが、、、
やっぱり私は抜けています。

搬入は土曜日と思いこんでいましたが、
「ちょっと待てよ」

調べてみたら、日曜日。逆に思い違いをしているよりましだけど、 抜けていてあぶないです。

この旅行だって、国際運転免許が切れているのに気が付いたのは出発1週間前。

 子供のころ、夏休みの終わり、大きな宿題のやり忘れ、、、そんなこともあったかも。

母が、よく「ドジ、ドジ」と私に言っていたっけ。




ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



 


 
by aamori | 2015-08-28 12:24 | 動物 | Comments(2)

やっぱりイエローストーンは

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



 イエローストーンに行きたかった理由は、なんたって
野生動物との遭遇

d0193569_8235450.jpg

こんな子もかわいいけれど
d0193569_8243763.jpg

大きいほうがイイ。エルクです。
d0193569_8254057.jpg

d0193569_82713.jpg

1頭が川を渡って道路際に。
d0193569_8281017.jpg

今度は角のあるオス。このお姉さんの行動危ないです。
うちの息子に言わせると、
肉食動物のクマなんかのほうが利口だから、人間との行動をわきまえている。
エルクとかは、お利口でないから逆に何するかわからない。
本当かなぁと思うけど、奈良の鹿じゃァないんだからこの近づき方は危険。
d0193569_833311.jpg

車の中から撮影。興奮します。重そうな角。

昔、イエローストーンに行ったときは、もっとたくさんのエルクが
草原に群れていたのですが、、、

 息子の話ですが、(一応このようなのこと、自然環境を大学で学んだのだと思う)
イエローストーンにオオカミが回復してきたから、エルクものんびりできなくなったとのこと。
そして、植物の生態に変化が出てきたと。
そういえば、若いきれいな緑の針葉樹の森が目立っていました。

 自然のバランス、いろいろ影響しあっています。

d0193569_838258.jpg

今度はバイソン
d0193569_97969.jpg

d0193569_8385712.jpg

子供もいます。
d0193569_8392916.jpg

いっぱいいて、そのうちバイソンがいても、写真は撮らなくなりました。

バイソン、のんびりしていて幸福そうです。私には癒し系。

d0193569_8431231.jpg

d0193569_84432.jpg


草原、何か発見。初めて見た。これは何??
息子に写真を送りました。たぶん、プロングホーン
との答え

走るのが速く最高時速は88kmに達し、さらに時速70km以上の速度を維持しつつ長距離を走ることができるとされ

足が速い!!かっこいい動物だったのです。

うれしいなぁ、初めての遭遇。
どうして野生動物がすきなのかしら???


ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by aamori | 2015-08-24 08:55 | 動物 | Comments(4)

コヨーテはどこ?

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

 やっと春かなぁという感じになりました。
でも、息子のところはまた雪が降ったようです。

 写真が送られてきました。
d0193569_1021444.jpg

いつも変わらず、広い草原、カルガリー。
この中にコヨーテがいます。わからないですよ~!
愛ちゃんママのマネをして、「コヨーテ、どこでしょうか?」
d0193569_10234821.jpg

これならわかりますか?

もう少しわかりやすい写真を。
d0193569_1025294.jpg

わかりますか?「どこでしょうか?」
d0193569_1026165.jpg

こんな感じです。
コヨーテは頭が良いイヌ科の動物。
頭のよさが、なぜか人間の作る童話などでは「ずるい」のイメージ。
野ネズミのような小動物が主食のようです。

 オオカミみたいに大きくなくて、柴犬ぐらいの大きさだと思います。
姿かたちはオオカミのようでハンサムです。

 私は、2回ぐらい野生のコヨーテに出会ったことがあります。

 動物への親和性ってなんなのだろうと思います。
DNAに組み込まれた生まれつきのもの? ときにそう思います。

動物はみんな嫌い、あるいは関心をもたない人って結構います。

犬、猫嫌いだって。いますいます。
犬猫をかわいがっていると、ちょっとばかにしたように、、、
「無駄なことを。」という風に、、、視線を感じます。
きっと、「ばかだ」と思うのでしょうね。

 私も、虫や蛇とかはそれほど好きにはなれません。それと同じ?

そうそう、野生動物って一生懸命に生きてます。そこがいとおしい。


ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2015-04-18 10:40 | 動物 | Comments(2)

ペットのお留守番

 旅行の時は、ちょっとペットには悪いなぁと思いつつ。

昔、保育園に子供を預けたような気分。
でも、仕事中は、わすれて、仕事してました。

 
d0193569_853498.jpg


猫は、キャットシッターさんにお願いします。
いままで、用心深いうちのねこは姿をくらまして、
キャットシッターさんのお姉さんになつかなかったのですが、

 以前ごはんを用意してもらったりしていたのを陰から見て、
においとかを覚えていたのでしょう。
今回はでてきて、とっても甘えたようです。
 よかったと、ほっとしてます。
シッターさんが写真を撮ってくれました。

それでも、帰った時の甘え方はすごくて、
ニャーニャー言いながらしばらく付きまとってました。う~んかわいい。
いつもはクールで、呼んだって知らんぷりなのに。

d0193569_8574438.jpg


猫の話だけでは、不公平?
犬は、ペットホテル。さいわい、ホテルのお姉さんたちにはなついていて、
帰った時の反応は、猫ほど派手ではないのですが、

 そろそろ犬は高齢なので、健康状態が一番の心配です。

旅の時は、いつも、ペットの手配を。一仕事です。

 とにかく、お留守番ご苦労様です。



ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-10-18 09:05 | 動物 | Comments(4)

食物連鎖

 野生動物のドキュメンタリー番組が好きです。
「かわいい」に重きを置いた甘い番組より、クールなものが好きです。
BBCとか、よい番組を作るなぁと思ってます。

 この前の日曜日のNHKスペシャルのヒグマの番組はよかったです。
子熊って本当にかわいい。でも、自然は過酷です。人間との共存はもっと過酷。

 息子からの写真。コヨーテの調査研究をしているようですが、
d0193569_8414284.jpg

イネ科(?)の植物が生い茂った草原。何もない。
d0193569_8423368.jpg

コヨーテが生きていくためには、草原に暮らすこの子たちが必要。
かわいい野ネズミ。童話の挿絵に描かれるような風貌ですね。
この子たちのウィルスや寄生虫がコヨーテに影響するとか、、、。

 コヨーテもかわいいイヌ科の野生動物。野ネズミもかわいい。
かわいいだけではすまない自然の掟。
私も、ベジタリアンではないし、お肉は大好物。

 要するに、甘くはないのです。食物連鎖、お互いにいないと困るのです。


  今回絵はおまけなんです。
d0193569_8572936.jpg
 
初夏の風(アガパンサス)
SM(227×158mm)どうもお花は、、、難しい。
SMサイズで小さいから、似合う額にいれれば行けるかもと期待して。


ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-08-06 08:58 | 動物 | Comments(0)

犬のこと

今の犬は結婚してから3匹目。
最初の子は、捨て犬、柴犬系の雑種。丈夫で、長生きして、
17歳の時には認知症に。
めまい発作のあと、耳が遠くなって、後ろ足に力がはいらなくなって、
最後はかわいそうだった。愛想の良いよいこだった。

 その子がまだいたときに、知り合いのところで9匹も生まれたゴールデン。
1匹もらった。
ゴールデンレトリバーは、まじめで、怒るということを知らない。天使のような性格。
12歳で、悪性リンパ腫で、亡くなってしまった。

 あまりに寂しくて、見に行ったところで今の子、
イングリッシュコッカスパニエルを買ってしまった。
その時、子供も家から離れてしまい、なんだかEmpty Nest状態だったのかも。

 3匹の犬に教えられたことは個性。
どんなに訓練したって、個性は変えられない。3匹3様。
人間だって、個性はもっとそれぞれ違う。

 
d0193569_188291.jpg

あごをのせて、愉快な写真。
d0193569_18101876.jpg

 
d0193569_18114032.jpg


何年か前までは、猫とくっついていたけど、今は離れて過ごしている。

 なぜ、犬の話かって、
ちょっと獣医さんがよいが続いて、

 まずは耳、コッカスパニエルは耳のトラブルの多い犬種。
耳がくさくなって、茶色のやにがたくさん。
一種の酵母菌マラセチアが外耳道で増殖。
年をとったせいか、耳掃除を素直にやらせてくれない。
これってボケの始まりかなと怖い。
飲み薬ももらってきた。

 そして、次の問題は、あの食いしん坊が食べることにむらが、、、、。

 どうして?認知症?
スムージーならよく食べる。

 見たら下唇に丸いできものが!それが当たって痛い?

 というわけで、またまた獣医さんに。
触っても痛くなさそうで、たぶん痛いのは歯垢が多いから、歯肉炎!

 できものは、針を刺して細胞をとって検査に。
結果待ち。たぶん悪いものではないと思う。

 犬って針には強くってチクッという痛みは感じてなさそう。

家ではあんなに逆らう耳掃除も、よいこにおとなしく耐える。
先生も看護師さんも若い女性なのもいいみたい。誰に似た!

 というわけで、犬の医者通い。

ふと、子供が幼いころ、小児科に通ったことを思い出して、

なんだか同じような気分です。

ゴールデンの病気の時はとても悲しかったので、今の子は元気にぼけずにいてほしい。
私も、元気にぼけずにいたいよ。
おまけの写真は
d0193569_18442624.jpg


 何年か前の明治神宮。今頃の季節かしら?


ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-05-31 18:55 | 動物 | Comments(6)

街中の野生動物

 カルガリー市内。降雨量が少なめなのか、木が少ない。
たくさん、街中で暮らしていたのがウサギ。
d0193569_9505160.jpg

2匹います。(2羽とかぞえるのですか?)右はじに
d0193569_9532284.jpg

あっちこっちに、夕方になると出てくる。
d0193569_9542376.jpg

近寄ると、耳を立てる。
d0193569_9552131.jpg

食事に夢中な子。
d0193569_956152.jpg


white-tailed jackrabbit という種類だって。
これだけいるから、天敵もいる。コヨーテ。コヨーテは姿をみせない。
ウサギは人のそばにいるほうが、コヨーテからは安全だと知っているみたい。
コヨーテに飼い猫や飼い犬が被害にあったという話もあるらしい。

 自然界は厳しい。ウサギもコヨーテも好き。
どちらの味方もしない。ウサギがこんなに見られるのは、うれしかった。
コヨーテにもお会いしたかったけど。用心深いのかな。

不思議なことに、モールのペットショップではペットのウサギも売っていた。
さわったり、だいたりできるからね。

 
d0193569_1023487.jpg

これは地リスでなくて木のリス(Tree Squirrel)黒い。
by aamori | 2013-08-31 10:10 | 動物 | Comments(6)