絵を描きながら

カテゴリ:日常のこと( 208 )

ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン

映画館で見る映画は久しぶり、
ピアノの先生に勧められて見てきました。
東京劇場、割引は使えず2500円で高め。
d0193569_15393727.jpg
『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』は、ミュージカル「ミス・サイゴン」の音楽、舞台装置や衣装、壮大なドラマを、見事な撮影技術を使って大画面に映し出すことで、観客にとって全く新しく、ユニークな「ミス・サイゴン」をお届けいたします。

さらに25周年記念スペシャル・フィナーレには特別ゲストとして、オリジナル・キャストであるジョナサン・プライス(エンジニア役)、レア・サロンガ(キム役)、サイモン・ボウマン(クリス役)が登場!一度限りの新旧キャストの夢の共演が実現いたしました。

ストーリーは、あのベトナム戦争が絡むのですから、ハッピーなわけはないです。
ピアノの先生、推薦ですから、なんたってうまいのです。素晴らしい。
客席の拍手も入っていて、客席の人たちも、演じる人のうまさを分かっています。
音楽を、素晴らしくパフォーマンスできるって素晴らしい、、、
25周年記念スペシャル・フィナーレ、新旧キャストの夢の共演がとてもよかったです。


d0193569_15395862.jpg

d0193569_15401331.jpg
銀座ルイ・ヴィトン、巨匠にちなんだバッグを売り出し中で。
ゴッホの色は、きれいだなと思いますが、、、
ルイ・ヴィトンの製品は、一つも持っていません。
何故か、その手のブランドにはあんまり興味がないようです。高いもんねぇ。

言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか (祥伝社黄金文庫) Kindle版 井沢元彦 (著)
日本人の言動を支配するのは、宗教でも道徳でもない。“言霊(コトダマ)”というものが日本人を縛り、それゆえ日本人は独特なのだ。果たしてその正体は? 稀有な日本人論として貴重な一冊。

1995年刊行されたものを電子書籍化。
たぶん、以前に読んでいます。日本を考えるときに、こういう見方もあるということで。

いろいろな意見はあるでしょうが、、だからちょっとアップしにくいですが、、
やはりこういうのって、、問題だと思うので。

著者はコトダマの歴史的なことを繰り返し書いていますが、省きます。
万葉集とか、、、

とりあえずこんなことは、、、わかりやすいかなと。

「女中」は、もともと尊称だった。
今では、「お手伝いさん」を「女中」などと呼べば失礼だということになっている。
江戸時代において女中と言えば御殿勤めをする女性のことで、むしろ尊称だった。
それが明治から大正にかけて、一般家庭の家事を手伝う女性のことになり、
ついには仕事の内容は同じなのに、女中と呼ぶと失礼ということにまでなった。
かつての尊称も、差別語まで下落してしまったのである。
日本では、しばしばこういうことが起きる。

最近テレビに出演した際に確認したこと。
「片手落ち」は差別語で、「死人に口なし」はいいことになっている。
これは結局「片手落ち」には抗議が来て「口なし」にはまだ来ない、ということだろう。

微妙ですが、言われて嫌だと感じる方がいると、
使えなくなっていくということかな?




にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-07-26 16:18 | 日常のこと | Comments(4)

テニスのグリップテープ

昨日、テニスラケットのオーバーグリップを買いました。
私のはブルーです。あんまり考えずに色だけで選んだら、なんと穴あき+凸凹タイプ。
こんなの使ったことないですが、鈍感な私なのでたぶん抵抗感なくいけるでしょう。
昨日は雨で中止、しばらく試せません。

テープを巻いたのは夫、不器用でこういうの自信ないです。
d0193569_08492380.jpg
自信があるのは、はい、料理。
昨夜はレモンリゾットを作りました。レモンリゾットはナポリで初めて食べて、その味が忘れられず、
でも、日本のイタリアンレストランのメニューで見たことなくて、仕方なく夏には自分で作ります。
バターとレモンの組み合わせが好きです。

言霊
――なぜ、日本に本当の自由がないのか
(祥伝社黄金文庫) Kindle版 井沢元彦 (著)
日本人の言動を支配するのは、宗教でも道徳でもない。“言霊(コトダマ)”というものが日本人を縛り、それゆえ日本人は独特なのだ。果たしてその正体は? 稀有な日本人論として貴重な一冊。

1995年刊行されたものを電子書籍化。
たぶん、以前に読んでいます。日本を考えるときに、こういう見方もあるということで。

いろいろな意見はあるでしょうが、、だからちょっとアップしにくいですが、、
やはりこういうのって、、問題だと思うので。


ここでは文学論をするつもりはないので、「ピノキオ」が差別文学かどうかは読者個々の判断に任せよう。
ただ社会福祉が日本よりはるかに進んでいる欧米で、
「ピノキオ」が差別文学として糾弾されたという例は、私は寡聞にして知らない。
言葉刈りはコトダマ社会特有の現象であるから、言霊のない欧米には、言葉狩りもないはずである。

「めくら」というのは、語源的には「目暗」であり、「目の前が暗い」という事実を淡々と述べた言葉にすぎなかったろう。
前近代における障碍者に対する差別意識と結びついて、差別語にされるようになったのだと思う。

しかし、それが障碍者を差別し、一段低いものとみる前近代的の意識とあいまって、
差別的に扱われたことも事実である。
であるから、この際そのような前近代意識と訣別するために、
「目の不自由な人」のように言いかえると言うなら、とりあえず賛成する。

しかし、「めくら」とはもともと差別語ではなかったのだから、それから派生した言葉
「めくらじま」とか、「めくらめっぽう」まで差別語扱いにするのは
行きすぎだと思うのだがどうだろうか。

d0193569_09132417.jpg
言葉狩りはやりすぎると、いろんな価値のあるものまで、壊してしまうと思うのですが













にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-07-24 09:20 | 日常のこと | Comments(8)

朝の散歩

だいたい同じ時間に犬の散歩。
d0193569_8225015.jpg

d0193569_8233289.jpg

サルスベリ
d0193569_8235161.jpg

この白いムクゲは八重

犬の散歩がない人は、用事で目的を持って歩いているので、
近所の些細なつまらないことには気が付いていない。話していて、そう思う。
犬の散歩、実用的でないけれど、それなりに役に立ってます。
d0193569_8272643.jpg

d0193569_829471.jpg

毎朝出会う、「また来たな」と上から目線の野良猫。

言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか (祥伝社黄金文庫) Kindle版 井沢元彦 (著)
日本人の言動を支配するのは、宗教でも道徳でもない。“言霊(コトダマ)”というものが日本人を縛り、それゆえ日本人は独特なのだ。果たしてその正体は? 稀有な日本人論として貴重な一冊。

1995年刊行されたものを電子書籍化。
たぶん、以前に読んでいます。日本を考えるときに、こういう見方もあるということで。

いろいろな意見はあるでしょうが、、だからちょっとアップしにくいですが、、
やはりこういうのって、、問題だと思うので。

「ピノキオ」が差別文学か?
1976年11月に実際に起こった事件。
障害者団体などから「差別文学」として糾弾され、出版社に回収が求められた。

前回の続きです。

抗議者(「障害者」差別の出版物を許さない__まずピノキオを洗う会)は
本の回収と地元図書館での「ピノキオ」閲覧貸し出しの中止を要求した。

「図書館問題研究常任委員会」の抗議文書。

第2です。
「ピノキオ」は今日では評価の定まった古典であり、その中に、
「めくら」と「びっこ」という言葉があることを持って”障害者に対する差別を拡大する”
という主張をすることは、作品を故意にゆがめて解釈するか、
文学作品の読み方がわからないものの主張であるとしか思えない。
第3です。
差別図書として回収に成功したとしても、差別がなくなるわけではない。
まず「ピノキオ」を洗い出して次々に回収したとしても、
それは「言葉によって何かを変えよう」というやり方であり、
好ましくない現象がなくなるような幻想に取りつかれているのに過ぎない。

まだ反論は続くが、このくらいで論点は洗い出せたと思う。
要するに「ピノキオ」が、仮りに差別文学だとしても、それを人目に触れさせないというやり方は、
図書館問題研究会の言う通り、民主主義のルール違反である。

「好ましくない現象がなくなるような幻想」、これってあるなと思うのです。
ちらっと聞いたところによると、
「てんかん」の患者や家族会から、てんかんの名前を変えたがっていると、、、
まぁ、それで、認知症になり、統合失調症なりの病名が新たにできたのですが、、、
まぁ、イイかとも思うのですけれど、、、(実際に統合失調症の方は喜んでました)
やっぱり現実は変わらないし、しばらくすればイメージは固まって、、また、、変えようなんて。

偉大なマホメットも、ドストエフスキーもてんかんでした。よいイメージにはならないか??












にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-07-23 08:49 | 日常のこと | Comments(6)

好みは仕方ない

どうして好みができるのか?
よくわかりませんが、どうしても、、、ファッションでも、食器でも、インテリアでも。
額縁も、、、絵を描いていた亡くなった人の額縁、、、倉庫にあったのを出して、
はいる絵を入れていますが、、、絵に合うかどうかもありますが、好みってあります。
とりあえず、好みはおいておいて、、、
d0193569_1144992.jpg

金色の装飾的なのは苦手です。

そういえば、ネックレスチェーンも、金色は苦手。
でもでも、
金塊はほしいですよ。くださるなら喜んでいただきます。

d0193569_1181111.jpg

d0193569_1193083.jpg


言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか (祥伝社黄金文庫) Kindle版 井沢元彦 (著)
日本人の言動を支配するのは、宗教でも道徳でもない。“言霊(コトダマ)”というものが日本人を縛り、それゆえ日本人は独特なのだ。果たしてその正体は? 稀有な日本人論として貴重な一冊。

1995年刊行されたものを電子書籍化。


たぶん、以前に読んでいます。日本を考えるときに、こういう見方もあるということで。

言い換えて安心してしまう「悪癖」


「事変」という重大なごまかし
昭和初期から始まった日本の中国大陸侵略を「事変」と呼んだことは政府のやった重大なごまかし。
満州事変、支那事変、上海事変は、すべて日本軍が中国軍ないし中国人民に対して行った
明白な戦闘行為である。
にもかかわらず、軍部はこれを「事変」と呼び、政府もこれを追認した。

「事変」とは何か、最新の辞書を引くと、
1、天災、地異などの変わった出来事、
2、警察力で鎮圧できない騒乱
3、宣戦布告のない国家間の戦闘行為とある。

しかし大正期の事典をみると3の意味は「事変」にない。
これは軍部の造語だろう。滑稽なことに侵略をしたくてうずうずしていた軍部ですら、
「侵略」とか「戦争」とかいうダイレクトな言葉は使いたがらない。

しかし、これが実質的に戦争であるからと言って、
「支那事変」という言葉自体を歴史書から抹殺するのはいただけない。
当時の人間がこの戦争を「支那事変」と呼んだのは紛れもない事実だから、
事実は事実として教え、そのうえで実質はどうだったかもを詳しく教えるのが本当の歴史教育だろう。


社会科は怠け者だった私ですが、事実を事実としては教わっていないような気がします。
「事変」なんて言葉だと、戦争というよりいざこざみたいなもんかなと、、、
言葉だけ丸暗記の日本史でした。










にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-07-12 11:35 | 日常のこと | Comments(8)

疲労感が心地よい

昨日のテニスは暑かったです。年配の多いテニスサークルですが、みんな無事です。
ヘロヘロ、、、ビールも飲んで、たくさん寝て、、、
でも、まだ疲労感が、だるいです。
このだるさって意外に、心地よいんです。
今日は、だらだらと、、、過ごしてやるぞ。
d0193569_8454773.jpg

一時期終わっていたのですが、新しい花が咲き始めました。
d0193569_8465127.jpg

また少し、植えかわりました。
d0193569_848226.jpg


言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか (祥伝社黄金文庫) Kindle版 井沢元彦 (著)
日本人の言動を支配するのは、宗教でも道徳でもない。“言霊(コトダマ)”というものが日本人を縛り、それゆえ日本人は独特なのだ。果たしてその正体は? 稀有な日本人論として貴重な一冊。

1995年刊行されたものを電子書籍化。


たぶん、以前に読んでいます。日本を考えるときに、こういう見方もあるということで。

コトダマが猛威を振るうと、普通の何でもない言葉まで「言葉狩り」の対象になる。
そのもっとも愚かしい例は、戦時中の「敵性語追放」運動だろう。

野球用語の言い換え

ストライク___正球    ボール____悪球    フェア___正打  
ファウル____圏外   セーフ___安全  アウト___無為
タイム____停止   ホームチーム____迎戦組   ビジターチーム___挑戦組

審判の号令
フェア___よし   ファウル___だめ   セーフ___よし  
 アウト___ひけ  ボーク____反則

昭和18年から20年までの間、日本の野球界は陸軍の圧力に屈して、
こういう言葉で試合をしていたのである。

しかし陸軍は、どういう考えでこんなことを強制したのだろうか。
いくら「鬼畜米英」と戦争しているからと言って、その敵の言葉を使わせないようにして、
どんな効果が期待できるのだろうか。

これと対照的なのが、米英側で、特に米国は逆に日本語教育を強化した。
養成された日本語要因の中には、日本語の暗号を解読したものも出た。

戦後生まれの知らない「敵性語追放」運動。
こんな愚かしいことが行われたのはさすがに恥だと思ったのか、
最近は歴史の本でもまず記載されていない。
私はこういう愚行こそきちんと記録すべきだと思う。
私も、もちろん戦後生まれなので、こんなことがまさか行われたとは知らなかったのだが、
たまたまプロ野球の歴史を調べて知ったのである。


(青い文章も著者の文そのまんまではありません)

戦争、知らされていない歴史がいろいろありそうです。

今だって、新聞、テレビは国民に知らせていないことがたくさんあります。
何故かなぁと思うのですが、、、
報道すると都合悪いのかなぁ、、
国内のことも、ましてや海外のことも、、、
遠い国は日本に関係ないですか? 大国のことはニュースにしても、、、
気になるのですが、、、











にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-07-10 09:24 | 日常のこと | Comments(6)

鵜の朝ごはん

朝の犬の散歩、
d0193569_1037585.jpg

名前の知らない雑草、なすの花に似ているような。
d0193569_1039867.jpg

水面はあちこち波打っており(写真ではわかりにくい)
また何匹も稚魚が孵化したんだなと。
d0193569_1040508.jpg

写真の真ん中あたりに鵜が一羽、この子は一羽で単独行動、
潜っては浮かんでを繰り返し、、潜って出てくるのはどこか、、、待っていると。
長く潜って、大分離れたところにポンと浮き出ます。
d0193569_10433389.jpg

私のカメラではこの辺が限界です。
鵜は、浮いているときも、体の半分以上が水の中、、、
首だけ、、、昔ネス湖のネッシーとか騒がれた写真に似ています。
この子は、隅田川のスミッシー。
波だっているのは、鵜に追われた小魚。

わかりにくい写真で、申し訳ないので、
d0193569_10475612.jpg

地域ネコ、最初は警戒心が強く逃げていたけど、顔なじみになって朝の挨拶をしてくれます。
餌も何にも、私たちはあげてません。(世話をしている方は何人かいます。)
d0193569_10493223.jpg

犬のバクを馬鹿にしたように上から見ています。ルッカと同じ。

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition
by 為末 大 (Author)



今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

自分にとっての幸福とは何か


どうにかなることをどうにかする

どんな競技でも、スポーツをやっていれば「天才」に出会う。
頑張れば夢はかなうと信じて頑張っていた僕も、
どうにもならないような圧倒的な才能を目にして、自分の才能のなさを呪ったことがある。
しかし、僕はすぐに考えた。
「ああ、これはそもそも全然物が違う。じゃァ、僕にできることはいったい何だろうか」

スポーツをやっていると本物に出会ったとき、自分の限界をはっきりと知ることができる。
本物と自分とのどうにもならない「差」を認めたうえで、
今の自分に何ができるのかということを考えるきっかけをもらえる。

「才能じゃない努力が大事なんだ」

一見すると勇気づけられるこの言葉が、ある段階を過ぎると残酷な響きになってくる。
この言葉は「すべてのことが努力でどうにかなる」という意味合いを含んでいて、
諦めることを許さないところがある。



スポーツは、はっきり才能が見えやすい分野だと思います。

でも、どの分野でも、努力ではどうにもならない差があると思います。

恐ろしいなと思うのは、、、教育熱心な親、、
努力すれば、勉強ができると思っていないでしょうか?

勉強だと、天才と思わせる才能に巡り合い、認識するのが難しいのでは、、、

デモね、あるんだよ、、、
知能の問題もあるけれど、、、得意分野が、
知能がよくても、勉強(受験で勝つ)才能のない人もいるけれど、、、

テストをうまくこなしていく才能のある人もいます。

ここの分野こそ、、才能じゃない努力が大事なんだ
と、やたらに子供を頑張らせるのは、もっと残酷なのではないかと思うのですが、、、

反感を買うかなぁ??











にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-07-05 11:14 | 日常のこと | Comments(8)

ヴェラ~信念の女警部~

ヴェラ~信念の女警部~
日本の題名はやたらいろいろつくけれど、原題は、”VERA"
AXNミステリーで見ました。
英国で大人気のテレビシリーズ。
OBE(大英帝国勲章: Order of the British Empire)の称号を持ち、ゴールデン・グローブ賞ほかBAFTAなど輝かしい受賞歴を誇る英国の名優ブレンダ・ブレシンが演じる主人公ヴェラは、寝食を忘れるほどの仕事中毒。彼女の生活は、事件捜査を中心に回り、時折、反論もできないほど辛辣な言葉を部下に投げかけたり、部下のプライベートに影響を与えることも多い。しかしそれは、彼女が捜査に情熱を傾けるが故であり、それほどまでにヴェラが捜査にのめり込むのは、事件の裏に隠された哀しみや憎しみ、人間の心の機微を深く読み取ってのことだ、と署内の人間も理解しているため、チームの絆は強い。 

土曜日に3つ続けてみたら、疲れてやめたのですが、、
お気に入りのミステリーです。
あの土地、わびしい荒野が、、、
イギリスのあの殺風景なところに行ってみたいと思います。
死体発見は嫌ですが。

ミステリー物は、アメリカのものよりイギリス制作が好きです。
俳優さんたちが、アメリカドラマほど、イケメンや美女も出てこないのですが。。。
顔より演技重視?

d0193569_1021552.jpg

d0193569_1023934.jpg

マンションの花、世話されている方のセンスは好きです。

d0193569_1033437.jpg

公園は、、、誰かが折った??数が減っているような?
花火みたいで面白いのに。

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition
by 為末 大 (Author)


今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

自分にとっての幸福とは何か


世の中は平等でないから活力が生まれる

くの人が考える一番のセーフティゾーンが「みんなと一緒」というところになると、
社会に活力がなくなるのではないかと思う。
特に「ほどほどがいい」「そこそこであれば」という言い方がされることがあるが、
あくまでそれは結果論である。ほどほどを目指すというのは、ちょっと違う気がする。

みんな仲良く一緒に生きていこう、という世界観は美しい。
子供のころは、大人が守ってくれているから、それを信じることも可能である。
しかし、一歩社会に出れば、勝つか負けるか、出し抜くか出し抜かれるかという現実にさらされる。
その現実を受け止めて、なおかつみんな仲良く一緒に、を目指し続けるには強さがいる。

現実の世の中は汚い、厳しいと嘆いてばかりいて何もしないのは甘えだと思う。
「世の中」という誰かがいるわけではなく、私たち一人一人が世の中の一部なのだ。
リーダーがいない、景気が悪い、世の中はこんなにひどいと吠える人は、
自分の人生を放ったらかしにしていないだろうか。
僕にも思い当たる節がある。自分の人生と向き合わずに社会の問題なんて解決できるわけがない。
もっと言えば自分と向き合う勇気がないから、社会批判に走る。


よくぞ言ってくれた、、、なぁんて、、、
知っていますよそういう人たち。
権利ばっかり主張して、、、生活保護ももらって(頑張れば働く能力はあるんです)、、、
生活保護への感謝は全く見られずに、、、偉そうに社会批判をしている。
弱者(本当に救うべき弱者とは違うように思えます。)
であることを盾にして、偉そう。感謝なし、、、

年配から若い人まで、、、意外にいるんですよ。
働かないけど、デモには元気に参加しています。

まぁ、こういう人たちも、仕方ないし、、、(甘ったれの弱虫)
社会は救わなければならない存在なのかもしれませんが、
どうしても、かわいそうとも思えないし、ましてや好きになんかなれません。









にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-07-04 10:28 | 日常のこと | Comments(4)

マンゴーとワンピース

おかげさまで、よく休み、今朝は元気ですが、

まだお腹は、、腸内異常発酵??
お腹が張って、それがちょっと、、、問題。

こういう時の助っ人は、ワンピース。
楽ちんです。ゴムのスカートだって、きつく感じて、、
できればムームーみたいのがいいけど、、、

夫に、「ズボンでどうだった?」
苦しかったようです。

そして今朝食べたマンゴー。濃厚で甘くておいしかった。
失った、水分、ミネラル、そしてカロリーも取れて、、
フルーツ、ありがたい。

亡き父の話、これもよく聞かされたのですが、
戦争で南方に、幸いにも、戦闘体験は一度もなかったとのことですが、
マラリアに感染、その時、南のフルーツのおいしさで生き延びたんだと言います。
バナナ、パイナップル、、、マンゴスティンまで食べたそうです。

今朝のマンゴーで、。その話を思い出しました。
d0193569_11544322.jpg

たいてい前足をそろえてお座りします。
d0193569_11554026.jpg


ソウルから帰って翌週は、富山に向かっている夫。、、
でも大変、大雨で新幹線が止まっているようです。
彼は、トラベルでなくトラブルのひと、、になってます。

d0193569_11575838.jpg


諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition
by 為末 大 (Author)


今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

自分にとっての幸福とは何か


手に入れていくことの幸福、手放していくことの幸福


他人由来の幸福は、つまり移ろいやすい世の中の評価の中心に振り回され続けることになる。
そして未来にゆだねた幸福は、ずっと追い続けてつかんだと思えば慣れてしまい、
もっともっと加速する。
幸福は外や先になく、今ここにしかない。

何でもかんでも手当たりに手に入れることで、幸福が得られるわけではない。
むしろある段階が来たら「もうこれはいらない」と手放していくことで、
幸福が近づいてくるのではないだろうか。

「なにも諦めたくない」という姿勢で生きている人たちは、どこか悲壮である。

何か一つだけ諦めないことを決めて、残りのことはどっちでもいいやと割り切ったほうが、
幸福感が実感できるような気がする。

あれも、これも手に入れたいという発想の行きつく先は、
常に「できていない」「足りていない」という不満になってしまう。


そうそう、今思うと30代前半は、、とっても欲張りだった。
職場も、近所も、親戚の目も、、みんな気になった。
でも、どこにも、それほど良くは思われていなかった気がします。








にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-07-01 12:17 | 日常のこと | Comments(6)

気疲れのせいではなかった

d0193569_951178.jpg

ソウルでの仕事、体調を崩して、お腹も壊した夫。
帰国後もまだ症状があったのですが、、、
朝鮮半島情勢による気疲れではなかった。なぜって、私もうつったから、、、
感染症。何らかのウィルス。幼児がかかりやすいというロタウィルスかな?
感染力は強いらしい。

昨日の昼過ぎに、頭痛がひどく、ちょっと寒気、、
タイレノールを飲んだのに、一時期38度以上に。

インフルエンザみたいに、ちょっとしんどかった。

今朝になって、症状がお腹に、
それはそれで、嫌ですが、全身の症状は楽になりました。
お腹に来れば、体からウィルスが抜けるかな?

本日、網戸のリフォームやさんが来るのですが、、
まぁ、私が網戸を治すわけではないので、のんびり構えて、なるべく体を治したい。

今回、夫が体重減少、、、
私は、、、太ってやばいと思ったけど、、、ダイエットになりそうです。
ありがたくはないですが、、、

あんまり気疲れするタイプではないと思っていた夫、(図々しい)
やっぱりです。ソウルみやげはちょっとひどいお土産でした。。。。

まだキムチが食べれません。

まぁ、こういうことがあるから元気でいることのありがたさがわかるのですが。

d0193569_9161550.jpg

飛行機から富士山が見えると、写真を撮りたくなるようです。









にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-06-30 09:20 | 日常のこと | Comments(8)

夫、ソウルへ

昨日の風雨の中、夫は羽田からソウルへ。
仕事なんですが、、、
予定が入った時、行ったことないし私も行こうかと、、、

その後、北朝鮮の核実験、ミサイル、、トランプ政権、、、
朴槿恵大統領の問題、、、興奮したデモ隊、、

夫が仕事中、一人でソウルで遊ぶのも、、、なんだか、、、ちょっと嫌だなと。
夫の仕事も、キャンセルするということだって、一時期考えてました。

夫、旅レジ(外務省のいざという時、在外公館などから緊急事態情報提供を受けられるシステム)
に登録してから出発しました。
旅レジ登録は初めてです。
d0193569_8505887.jpg

ホテルの前にお寺があったと、、
狛犬でなくて象さん。
d0193569_8514596.jpg

d0193569_8522486.jpg

これは仁王様???

国が変われば、文化も変わる。
時差なく、同じ時間帯、、、なぜかあんまり仲良くできてない国ですねぇ、、、
何とかならないかと思うのですが、、、
あんまり興奮せずに、、、感情論ばっかりでなく、、、
日本も韓国も感情優位な国民に思えます。
まぁ、私にはなんとすることもできません。
夫には、無事帰国してもらわないと困るし、、、
おいしいキムチを待っています。

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition

by 為末 大 (Author)


今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

人は万能ではなく、世の中は平等ではない


「オンリーワン」の落とし穴
自分らしくあればいいといわれても、
自分らしさとはいったい何かということがわからないから人は苦悩しているのだ。
そんな人に「そのままでいい」といったところで、
むしろ「自分らしさを持たなければならない」とさらに追い詰めていることになりはしないか。

自分らしさと思い込んでいるものは、他人から聞いたこと、
どこかで見たもの、何かで読んだことの寄せ集めにすぎない。
その組み合わせが自分らしさと呼ばれているものになる。
それを「オンリーワン」という言葉でくくってしまうと、かえってハードルが高くなる。

「人は、人生で何か一つ、夢中になれるものを見つけなければならない」
僕は、これも勘違いだと思っている。
僕は400メートルハードルで人並み以上の結果を残したが、
出会うべくしてであったわけではない。
広島県の地元に陸上クラブがなければ、おそらく陸上をなどやっていなかっただろう。

陸上をやることが僕らしいことだったというよりも、
結果的に僕らしいことだったということでしかない。



世間で言われているようなきれいに聞こえる、正しく聞こえる、、
そんな言葉に惑わされがちだと思う。
一度、、うのみにせず、疑ってみることもいいかと思います。








にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-06-22 09:16 | 日常のこと | Comments(10)



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
ミス・サイゴン:25周年記念..
at 2017-07-26 16:18
箱入り娘
at 2017-07-25 10:33
テニスのグリップテープ
at 2017-07-24 09:20
朝の散歩
at 2017-07-23 08:49
尾瀬
at 2017-07-22 09:44
最新のコメント
liebekatzen..
by aamori at 07:53
o-rudohimeさ..
by aamori at 07:49
なんだかわかります。 ..
by liebekatzen at 19:05
今 ヨーロッパでもブラン..
by o-rudohime at 17:50
showsun1203..
by aamori at 08:10
febさん、昨日の名古屋..
by aamori at 08:06
liebekatzen..
by aamori at 07:59
o-rudohime ..
by aamori at 07:54
remonさん、ハイ、ル..
by aamori at 07:48
美味なビールの箱は格別な..
by showsun1203 at 19:36
まさに箱入り娘ですね。 ..
by feb at 18:59
黒い箱だから、ルッカちゃ..
by liebekatzen at 17:25
高級ビールの箱だからなお..
by o-rudohime at 14:15
るっかちゃん 可愛い! ..
by remon at 13:21
鍵コメさん、ありがとうご..
by aamori at 07:42
タグ
(485)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧