カテゴリ:旅( 257 )

MISSION COMPLETE

d0193569_08265182.jpg
サンアントニオ ミッション、一番奥にあったのは、SAN JUAN
発音間違うといけないので、、そのまま、、、

ここは一番何にも残って居ません。遺跡という感じ。
d0193569_08281487.jpg
かつての様子
d0193569_08272540.jpg
市場に
d0193569_08274662.jpg
入るには許可が必要だったようです。

d0193569_08282948.jpg
建物は屋根がない
d0193569_08294624.jpg
d0193569_08300119.jpg
d0193569_08301729.jpg
窓の上の石を支えている木の板、いつまでもつかなと、、、崩れそうで怖い。
d0193569_08305020.jpg
d0193569_08302737.jpg
d0193569_08285489.jpg
d0193569_08291967.jpg
d0193569_08290420.jpg
教会、白くてかわいらしいけれど、中には入れませんでした。
d0193569_08305997.jpg
40番のバスに乗って、ダウンタウンに戻りました。
サンアントニオ、40番のバスに乗れば、missions、楽に回れます。

今回のBGMミュージックはMission: Impossible ,

はい、MISSION COMPLETE!!

昨日は、午後から、ピアノレッスンとドラムレッスン。
やばかったです。午前中は、元気だったのに、お昼ご飯を食べたら、急に眠気が、、、
時差には弱い、15時間の時差。たぶん時間としては睡眠時間は足りていると思うのですが。

ピアノ、、新しい練習は、まったくうまくいかず、、ドラムもめちゃくちゃ、、
もともとの才能のなさかなとも思うのですが、、
まったく音に注意が散漫となって、手足がうまく動かない、、、

それでも、“キャッツアイ ジャズバージョン”
弾き込んだだけあって、意識が散漫でも、、なんとかやれて、、(完璧ではなかったですが)
卒業、、、先生にも、「おめでとうございます」といわれてしまいました。
すごく苦労したんです。先生も無理かなと思ったようでしたが、、、
しょっちゅう弾いていないと、スグに弾けなくなると注意を受けて、、
レパートリーの一つにしたい。こういう曲が好きなんです。

とっても眠かったのですが、卒業祝いにボジョレで祝杯をあげました。

先生の言葉、、楽譜上シンプルなほど、難しいですから(初心者の曲は別)
覚えておきます。簡単そうに見えたのに、、、とっても時間がかかりました。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2017-11-22 08:55 | | Comments(10)

ミッション 途中

昨日の記事の続きです。
d0193569_08450690.jpg
サンアントニオのミッションは世界遺産です。
バスから次ぎに降りたのは、ミッション サン ホセ
スペインの名前です、、、
スペイン入植時のキリスト教伝道の施設です。
d0193569_08503704.jpg
こんな絵を見ると、その当時のことが想像しやすいです。
d0193569_08505113.jpg
暑い、広い、真夏に訪れるのはちょっと嫌です。
d0193569_08532885.jpg
塀に囲まれた、こんな構造、
ここはミッションの中で一番建物が残っています。
d0193569_08511189.jpg
d0193569_08550231.jpg
インド系の人たちも訪れていました。
d0193569_08555083.jpg
広いです。
d0193569_08565239.jpg
塀をかねて住居、
d0193569_08592930.jpg
窯?住居、何軒かにひとつ、窯が。
いつもこういうときに気になるのはトイレやお風呂、、見当たりません。
d0193569_09013288.jpg
やはり中心は教会、ここのほうが、アラモより勝てるチャンスがあるような、、、

d0193569_09024023.jpg
d0193569_09030825.jpg
昔は、壁面にタイルが張られて、美しく豪華だったようです。
d0193569_09042507.jpg
教会内部。
d0193569_09050563.jpg
かなりがっちりした建物、、、アラモでなくてここならば、、、やっぱりだめか。
d0193569_09060667.jpg
屋根のてっぺん
d0193569_09063577.jpg
アーチの重なりが、いいなと思うのです。
d0193569_09072350.jpg
井戸を見ると、イタリア製の西部劇のシーンが浮かびます。井戸で悪者が果てる、、のは
夕陽のガンマン?
BGMの音楽はなぜかエンニオ・モリコーネ、、(アラモとは異なり)
d0193569_09082307.jpg
11月も半ば、ここは夏でした。

ミッションはまだあと一つ残っています。
それほど訪れる人が多いわけではない、ミッショントレイルですが、、
面白いなと思うのです。来てよかったと思います。
ぽつぽつと人は来ていて、特に私が物好きなわけでもないようです。。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2017-11-21 09:15 | | Comments(6)

ミッション

短い旅で、昨夜帰国。今朝、カメラを、機内の座席ポケットに忘れたことに気が付いて、
ANAの忘れもの取り扱いセンターに電話、良かった、ありました。
眠いし、座席は狭いし、、、言い訳するも、こういうドジは多いんです。

一度は、Kindleをホテルのロビーに忘れ、フロントに届けられていました。
届けてくれた黒人のおじさん、読めないよって、だって、開いていたのは日本語だったもん。

d0193569_08355988.jpg
さてミッション、要するにスペインが入植当時、キリスト教の伝道したということかな。
アラモもその伝道のセンター、、一応攻められた場合の防御としても作られたのでしょうが、、
伝道もして、教育もしていたようです。
d0193569_08372719.jpg
アラモも含めて、4か所、ほぼ3マイルほどの距離にはなれていて。

ホテルにあったサンアントニオの観光案内(300年目の記念とかで)にあったので、行くことに、
予習不足ですから、ホテルのコンシェルジェに聞いて、
アラモのバス停で、自信なさそうだったのか、
観光案内のボランティアのおじさんがやってきて、
いろいろ教えていただき(テキサス訛り、聞き取りにくかったですが)
日本に来た外国人にも、こういう人必要なんだなと、、、ありがたかったです。
d0193569_08421770.jpg
1日券のバスチケット、これを買えば、乗り降り自由。バスの中で買えるけどおつりは出ない、
水を持っていくことを忘れるな、、などアドバイス。

d0193569_08380602.jpg
最初にバスを降りたのが、ミッション コンセプシオン
d0193569_08384672.jpg
d0193569_08430940.jpg
d0193569_08422674.jpg
住居も、、
d0193569_08424220.jpg
d0193569_08391503.jpg
d0193569_08392358.jpg
教会の中は、、敬虔な方が、お祈りしていて、、、
ちょっと遊び訪問が悪いかななんて、、、
d0193569_08385575.jpg
d0193569_08390592.jpg
d0193569_08425944.jpg
趣のある、石造り、、、こういうの割に好きです。

敷地はかなり広い、暑い、ボランティアのおじさまの言うように水は必要でした。

d0193569_08435125.jpg
庭にあった、注意書き、日本で騒がれた『ヒアリ』、ちょっと探してみたけど、、わからなかったです。

息子はアラバマで何回かヒアリに刺されたといってましたが、
痛いけど、平気だよって、、日本は危険の煽り方が、、ちょっと疑問だと、、、
冷静でなくて、大げさ、、、だと思います。
知識として知っていることは重要であるけれども
危険はどこにでもあるし、どうやったって危険度0にはならないですから。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-11-20 10:45 | | Comments(8)

アラモ

d0193569_08523905.jpg
たいていの、ここを訪れた日本人はがっかりしてしまうアラモ。
小さい、あまりに町中にあるので、興ざめしてしまうのかも。
d0193569_08561014.jpg
ダウンタウンのホテルに移動したので、ホテルの窓からです。
左にある小さいのがアラモ、立て籠った教会、グリーンの木の部分が塀で囲まれたアラモ全体です。
d0193569_08535960.jpg
建物のなかは撮影禁止。
d0193569_08553479.jpg
人気のスポットで、観光客は跡をたたずに訪れています。
d0193569_08544106.jpg
1836年の戦いの時の絵です。
右上の小さな建物が、砦となった教会です。
これが残ってます。
d0193569_08565243.jpg
全滅しましたが、オーク(樫)の木が生き残り、巨大な木になってます。

アラモの映画は1960年公開、
ジョンウェインが製作、監督、主演。
映画は子供過ぎてちゃんとは見ていません。
私にとってのアラモのイメージは、
テーマ曲で、家にあった映画主題曲集のレコードで
聞き惚れていました。かっこよい曲‼
"The Green Leaves of Summer"

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-11-18 21:28 | | Comments(10)

リバーウォーク

d0193569_02331253.jpg
サンアントニオの観光の中心、川沿いに歩く、
リバーウォーク、歩くのにちょうどよい距離。
川沿いに多くのお店。
d0193569_02282555.jpg
クルーズも、説明を聞きながら、今回はのってません。
d0193569_02334413.jpg
のんびり過ごすには気持ちよい。気温は、30度少しした。
服をみるとわかりますね。心地よい。
d0193569_02323801.jpg
橋のしたの日陰が気持ちよい。
d0193569_02275034.jpg
建国当時の?歴史が浅い、少ない分、
かえって歴史的な建物は大事にしています。
d0193569_02300654.jpg
暑かった。カーディガンは余分でした。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-11-18 02:40 | | Comments(8)

サンアントニオ、夜

d0193569_02112565.jpg

d0193569_02121337.jpg

d0193569_02125562.jpg
テキサス州の観光都市、夜もなかなか面白い。
d0193569_02145326.jpg
はい、アラモ砦
d0193569_02133094.jpg
人間が一緒だと、大きさ、いやその小さいことがわかります。

改めて、昼間に訪問、中庭でビデオをみて、
歴史のドラマは、
この建物を歴史的な大事なものとしてとっておく理由ありと、
壮絶な全滅。アメリカ史上珍しいことなのでは。
これは砦というより、教会だったし、、

また、改めて、アップしますね🎵
この日はテキサスのステーキで、お腹いっぱい、苦しくて。

テキサスの印象。黒人が少ない。メキシコ系が多い。
太った白人が多い。おしゃれな感じではない。

南部ジョージアとは違った訛り?
聞き取りにくいようなこと数回。ジョージアより早口。

スマホからアップ、2回目。少しなれました。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-11-17 07:17 | | Comments(8)

24時間営業メキシカンレストラン

d0193569_23442210.jpg
サンアントニオ、メキシカンレストラン、「ミ ティエラ」
地元人気で、なんと24時間営業。
d0193569_23435804.jpg
店内、いきなりこの装飾、かなり広い店です。
d0193569_23431642.jpg
案内された席は、このみのすみっこ
d0193569_23445076.jpg
私は、マルガリータ、ここのは塩味が効いていて。。
おかわりもしました。
後ろはビール、グラスが大きくて、面白い。
d0193569_23470501.jpg
もりだくさん、シェアしましたよ。とってもおいしくて。お値段も高くない。
d0193569_23452012.jpg
トルティリアが柔らかくておいしくて、なぜかつつみやすい
d0193569_23463249.jpg
マリアッチも、じょうずです。さすがに、演奏はすばらしい、こういうところでも。
真ん中のおじさん、無表情で。ちょっとすごみがあるのか、
よちよち歩きのベビーのテーブルに、近づいたら、ベビーが怖がって泣き出して、、、
なんだかおかしかった。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-11-16 00:08 | | Comments(8)

サンディエゴ・お土産

サンディエゴ、私の買い物です。
d0193569_08474789.jpg
長袖、綿のブラウス(?)袖口がジャージになっているので便利かな、、と、お店のお兄さんがこの服は人気だと言っていたし、、、
でも、日本の秋にはちょっと合わないので、来年の春から初夏にですねぇ、、
d0193569_08475742.jpg
ペンダントと石鹼。
ペンダントは”animal lover”だったかな、そんな名前の店で、
私がつけるより、家でつるしています。ペリカン、タツノオトシゴ、エイ、そして犬。
石鹼は””soap opera”の名前の店で、
誕生祝のプレゼントに(もう差し上げたので)に買ったついでに私の分です。

買わないと思っても、つい、買ってしまいます。
サンディエゴだと、デザインが、海にちなんだものになってしまいます。

悪の製薬: 製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていること

ベン・ゴールドエイカー (), 忠平美幸 (翻訳)

1章、行方不明のデータ

タミフルの物語です。
まずコクランという組織(ウィキペディアで)

コクラン共同計画は、治療と予防に関する医療情報を定期的に吟味し人々に伝えるために、世界展開している計画である。1992年にイギリスの国民保健サービス による根拠に基づく医療政策と実践、またその定量的な評価の一環として始まった。


はじまりは、日本の小児科医、林敬次がコクランウェブサイトのタミフルのレビューの下に投稿されたコメントから、、
(日本のドクターだったのです、びっくり)誇れます。。

あなたがたはすべての臨床試験のデータを要約なさいましたが、その肯定的な結論は、
実はあなた方の引用した論文のたった1本のデータによって動かされています。
それは業界の資金援助を受けカイザーという著者が中心となって行ったメタアナリシスです。
このカイザー論文は、10件の初期の臨床実験の結果を要約したものですが、
これらの10件のうち2件しか科学雑誌に公表されていません。
残り8件は2次的な業界がらみの出所から得たものです。それは信頼に足るとは言えません。

コクランの急性呼吸器感染症班の編集者は、カイザーのデータを頭から信じた点で、自分がミスをした点に気づいた。
そして保身に走らず、それを認めた後、ひたすら職人気質なやり方で情報の入手に取り掛かった。

保身に走らない人の存在って重要ですね。以後ややこしいのですが、、ロシュ社との、、、戦いが、、、
できればうまく説明したいのですけど、、、、

おまけです。
コクラン共同計画の日本支部が設立されたことが、2014530日に発表された。日本の臨床研究環境の改善につなげたいとコメントされた。2014年は、『ネイチャー』におけるSTAP細胞の論文不正や、『ランセット』におけるディオバン事件といった、一流論文誌における科学における不正行為への疑惑解明が相次いだ。

d0193569_08480780.jpg

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-11-08 09:28 | | Comments(6)

モンゴル土産

d0193569_09124077.jpg

モンゴルの旅、夫の私へのお土産
箱2つはチョコ、
キャビア、安かったらしいです。もう食べてしまって、キャビアの瓶は、油絵の油入れにちょうどよさそうです。
やった~~!  カシミアのカーディガン、ポケットがついているのが便利です。
カシミアの産地なんですね。
d0193569_09125265.jpg
このかわいらしいのは、一緒に仕事をしていた女性が買ったお土産、
いれものがほしかったと、、中に入っていた手前にあるのは、羊のかかとの骨4つ。
d0193569_09131275.jpg
さいころのようにふって遊ぶ、占いになる?
4面あるから組み合わせが、、、何通りにも、
買った本人も、知らなかったようです。
d0193569_09134179.jpg
耳の慢性炎症で、獣医さん通いが頻繁になりそうな、
d0193569_09132807.jpg
猫は手がかからず、元気です。

悪の製薬: 製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていること

ベン・ゴールドエイカー (), 忠平美幸 (翻訳)

1章、行方不明のデータ

タミフルの話です。
一時、インフルエンザでタミフルを飲んだ子が異常行動、、日本で問題になっていましたが、
日本の厚生省は、タミフルのせいではないと結論を出したようです。

この本は、違う観点から、、、

世界各地の政府が、タミフルという薬の備蓄に何十億ポンドものお金を費やしてきた。
イギリスだけでも数億ポンドを費やしている(総額はまだ明らかになっていない)ので、
これまでに我が国(著者はイギリス人)は、もし鳥インフルエンザが大発生しても人口の80%を治療できるだけの錠剤を買ったことになる。
病気になるのはひどくつらいことだが、この大金を費やしてきたのは、
あなたの症状の持続時間を何時間か減らす(これについてはタミフルは効く)ためではない。
これだけのお金を費やしてきたのは、合併症(肺炎や死を意味する医療上の婉曲表現)の発生率を下げるためだ。

多くの人はタミフルがその役目を果たすと思っているようだ。
アメリカ保健福祉省、欧州医薬品庁、オーストラリアの医薬品規制機関も、、そういった。
ロッシュ社のウェブサイトには、この薬が合併症を67%減らすと書いてあった。
だが何を証拠にそう言えるのだろうか?

ロッシュ社の問題点がここから、、、
あのタミフルは期限切れで、捨てた?
少なくとも大きなお金はロッシュに行ったのね。

あの大騒ぎした鳥インフルエンザは??
あの頃は、鳥が恐ろしく見えたものです。

d0193569_09374008.jpg

今年もこの子たちが、うちのそばに来てくれました。彼らで楽しみが増えます。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-11-07 09:45 | | Comments(10)

広州市

この秋、夫はあわただしく移動、
もういつだったか忘れましたが、広州市。
仕事でホテルに缶詰め状態、公共の乗り物も、便が良くなくて、、観光せず帰国。
d0193569_09011275.jpg
d0193569_09010509.jpg
ホテルの前に川、
d0193569_09011981.jpg
d0193569_09012784.jpg
夜、
d0193569_09013549.jpg
なかなかゴージャスなホテル
d0193569_09014375.jpg
ですが、ですが、、
ネット環境が悪く、Facebookはつながらず、Google系はほとんどダメ、Mapは見れず。
私との連絡は、Skypeで、、、

食事はすごかったと、、、次回に。

医療ビジネスの闇

崎谷 博征 (著)

映画「ナイロビの蜂」に触れましたが、、、
実際の話、
2010年12月、ロイター通信は、ビッグファーマーのファイザーが
ナイジェリアで行った子供を使った臨床実験に対する賠償金不払いのため、
汚い戦略を働かせた事実をウィキリークスが暴露したと伝えました。

この臨床実験でファイザーの犯した罪は次に2点です。
危険な薬と知りながら、貧しくて文字も読めない幼い子供を使って人体実験をしたこと、
(抗生剤でヨーロッパでは肝障害をひきおこすため1999年に使用許可が取り消された薬)
そして、危険な薬の実験であるという説明と同意を得ないまま強引に実験したことです。

ファイザーが、訴訟を統括している司法長官の不正を裏調査した資料をマスコミに渡した。
わいろをもらった高官たちが追加暴露調査を憂慮し、司法長官に、ファイザーに対する訴訟を取り下げるように圧力をかけた。
ファイザーがナイジェリア前大統領のヤコブ・ゴヴォンを動員し、賠償金要求金額の1億5000万ドルから半分に下げるよう、
実験をしたカンノ州の知事に圧力をかけた。

かなり卑怯。

グラクソ・スミソクライン社がアルゼンチンの貧困地区でのワクチン臨床実験で、12人の乳幼児が死亡。
子供が臨床実験を受けるよう強制的にサインさせた。

インドではメルク社、子宮頸がん予防ワクチン、、4人の子供が死亡、
120人の女子に、けいれん、胃腸障害などの副作用出現で試験続行をやめました。
インドは近年、臨床実験が行われる最も人気のある国の一つ、臨床試験中の死亡も増加。

怖い話、、金持ちのビッグファーマーが貧困地区を狙って、、
映画よりテレビのミステリーより、恐ろしいです。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-11-04 09:37 | | Comments(8)