絵を描きながら

<   2011年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

海洋天堂(ジェット・リーが)

 東京に転居後の私にとっての一番のメリットは、
マイナーな映画が簡単にみれることかな。
「海洋天堂」 先週に見たから、もう1週間たった。
1週間ぐらいたってから、シーンとかを思い浮かべて
いい映画だったかなと思う。
私、反応が遅いんだよ。
海洋天堂
クリックしてみてください

 ジェット・リーがアクションなしで、
いつのまにか、ちゃんと年もとって、親父の役。
しかも、末期がんで、子供は自閉症。
奥さんは子供の障害がわかったころに自殺してしまったらしい。

 どうみたって重苦しい映画になりそうな状況。

 なのに淡々としている。日常生活の描写がいいね。
自宅の部屋とか職場とか。自閉症の特徴を織り交ぜて。
卵をよく食べていた。影響されやすいから、見た後は朝食に目玉焼き。
特別ひどい意地悪な人間も登場しない。
となりのお店のおねえさんも、旅芸人のおねえさんも
淡々と、つらくても淡々と、運命をうけいれて生きている。
登場人物は、誰も泣かないと思う。(??)これってすごい。
自閉症の子はパニック起こして泣いていたっけ。それだけかな?
ちがっていたらごめん。でもそんな印象。

 
辛さの説明を「これでもか」みたいに押しつけてこない。
死ぬところなんてうつしていない。
いきなり葬式のシーン。

 淡々とがホントにいいなと思った。

 昔、高校生だったかなあ、見たのは、
アラン・ドロンの映画「サムライ」。
フランス映画だからわかりにくかったのだけど、
殺し屋のドロンが傷を負った手を
水で洗うシーンがあった。
うなりもせず、痛そうにもせず、(見た目は血だらけで、痛そう)
淡々と平然と傷を洗っていた。

 あの頃の私でも、日本映画だと「うー」とうなる演技だろうなあと思った。

 余分な説明なく、淡々と。この雰囲気は好きなんだけど。
情緒に強くうったえかけない、押しつけがましさのない脚本。

 言葉で押し付けない方が、後でじんわり効いてくる。
 
舞台は北京?絵に描きたいような坂のある町に住んでいた。
 
 魚と泳ぐ自閉症の息子の泳ぎがきれい。
 海洋天堂って、Ocean Heavenと英語の副題があった。

映画館から出て、銀座を歩いていると
映画が続いてるような感覚が。中国語が聞こえてくる。
後ろを中国人が歩いている。(中国語はわからないが)

追加
ちなみに見つけたブログより
『海洋天堂』は27日(土)より、シネマート六本木に移り、絶賛上映中~。
シネスイッチ銀座で見逃してしまった、そこのあなたは六本木に急いで!
中国にて行われた第14回中国電影華表奨にて
『海洋天堂』が「新人脚本賞」「新人男優賞」「合作賞」を受賞しました

 ファンはいるようだ。自閉症への理解にもいいよね。
日本の障害者の現状もけして良好ではないと思うよ。
by aamori | 2011-08-31 17:53 | 思うこと | Comments(0)

自然て怖いのに。

 最近、毎日のように水の事故がニュースで流れる。
痛ましいことです。

 少し前にナイアガラの滝に落ちて亡くなった日本人女性もニュースに。
ナイアガラなんて、高い所の怖い私には、柵に近寄るのでさえ怖い。
アメリカ側は(カナダ側には行ったことなくて)
滝の手前を流れる気持ちの良い川に沿って歩ける。
岸辺で遊びたくなる。手だけは水につけてみた。
だけど怖いから、それ以上は冗談じゃない。足を滑らせたら終わり。
  
 そのニュースの何日か前のCNNのニュースで、ヨセミテでのこと。
大学生3人(女性も含む)が滝の上の川(浅瀬)で遊んでいて、
流されて落ちて死んだ。若い命が消えた。
それが、友達の撮っていたビデオにしっかり写っていた。
流されかけた友達を助けようとして流されて死んだ子も。
d0193569_8444493.jpg


 ヨセミテは滝が多くて、どの滝から落ちたかはわからないけど、
下から見てもすごい滝。上の方は気持ちの良いきれいな川。
d0193569_8462890.jpg

F8号  私の描いたヨセミテ。滝ってわかる?

d0193569_8482198.jpg

 これもヨセミテ。カスケードだね。
流れが速くて落ちたら助からない。

 自然に対しては、怖がりでちょうどいいような。
うちの猫も犬も、臆病です。雷も怖がります。
自然に対する本能は人間より優れていそう。
by aamori | 2011-08-30 09:06 | | Comments(2)

夏休みの宿題

 夏の終わり、ちょっと涼しい風を感じたら、
いくつになっても、思いだすすのは「夏休みの宿題」のいやだったこと。

 絵日記は、今もブログで似たようなことをしているから、
好きな方だった。でも、この宿題、小学校の低学年のときだけ。

 自由研究はそこらの虫、ありやくもの観察、植物ですませたからok.
友達の息子が自由研究のテーマに、
「コップに牛乳をおいといたら、どうなるか毎日観察」とかいいだし、
友達は「お願いだからやめて」と必死に頼んでいた。

d0193569_6125166.jpg

10号 P   公園(夏の終わりのパリ)

 いやだったのは、美術でもテーマをあたえられたもの。
よくあるのは、ポスター。
自分が納得いかない標語で絵を描くよういわれても、
上手く出来ずに、苦手だった。
デザインとかの業界ではやっていけないと思った。
工作も不器用でだめ。

 もっといやは、家庭科。男子はないのだから不公平だ。
今は男子も家庭科をやらされているらしい。

 もっともっといやは、読書感想文。
読書はいいけど、本を指定されるのはいや。
読書感想文が上手いといわれ、賞をもらっていたような子は、
後になって、文筆家になるようなことあるのだろうか?
いつも賞には、決まったパターンがあるような???
何年たっても、学校は「良いこと」として、
このパターンを続けている。

 最悪の宿題は夏休みのドリル。
息子は最後まで残すタイプ。
私はいやなものは先にすませようとして、早くにやった。
早くにやると、夏休み明けにテストをやられたときに、
すっかり忘れていて、出来が悪い。
 
 息子のいたアメリカの公立学校(ハイスクール)で。
教科書は借り物(無料)で学期末には返すから、手元にない。
宿題はまったくなし。自分磨き(?)にはげむ。

 やりようによっては、バイト、ボランティア、いろいろ。
大学のやるサマースクールで大学の単位もとれる。

 いろいろちがうね。
 
by aamori | 2011-08-28 07:15 | | Comments(6)

ジョーク

 前回、ブラックジョークの話をちょっとしたので。
まず、本の紹介。講談社文庫「ユダヤ・ジョーク集」
d0193569_835977.jpg

目次より前に書いてある。
「どんな辛苦でも笑いで吹き飛ばせぬほど重くはない」
そして、神も死も国際関係もジョークに。
「ジョークは人生の機微に咲いた花である。」
「考えに行き詰まったら、まずジョーク的発想から再出発せよ。道は必ず開ける」
 なんだか救われる。
「がんばれ」とか言われたって、できないことあるもんね。
頭を柔らかくしよう。
d0193569_8195168.jpg

3号
d0193569_820515.jpg

3号
 やっぱり、人間笑わなくっちゃ。1日に何度も。
顔の絵は、始めは、絵の練習に良いと考えてはじめたけど、
面白くて、時々描かせてもらっている。
モデル様、ありがとう。感謝。

 良い表情をgetできたら、楽しく描ける。
by aamori | 2011-08-25 08:29 | | Comments(2)

密告

d0193569_10584769.jpg
 
 0号 スペインのお店。パン屋さん。

 今日は怖いタイトル。恐ろしいです。
スペインフランコ将軍時代って暗かったと感じたのは、
スペインの作家の小説、「風の影」を読んだ時。
学校の世界史では
2行ぐらいしか本になかったような。今はどうだか?
私の頃、近代史はほとんど教えなかった。
試験にもあまり出ない。
大事なのに、避けたのだろうね。

 フランコ将軍時代に興味をもったので、
「ペーパーバード」を見てきた。スペイン映画。
よくできた、悲しい映画。一律1000円の日で混んでいた。

 「ペーパーバード・幸せは翼に乗って」とか日本では、
余分な言葉がつくけど、原題は「ペーパーバード」のみ。

 何が怖いって、フランコ将軍に逆らっているとみなされたら、
消されてしまう。ふざけたジョークだって密告されたら、拷問。
密告者はあちこちにいる。
今でも、この影をスペインは背負っている。
密告者も密告された側も。

 ドイツも。ナチから東ドイツに時代も。
密告に関係したミステリーを読んだことがある。
密告のうらみがらみの現代の殺人事件。


 たぶん日本もそんな時代があって、
この影がまだまだ続いているような?

 私、ブラックジョークが好きで、つい口に出る。
今でも、ひんしゅくをかう。悪口も言うよ。

 反戦とか反核とか被害者の立場からの反戦は、
いまもよく繰り返されているが、
言論統制のなかで、憲兵もいて、
戦争反対でもしたら、えらい目にあった。
あの当時の日本の社会がどうして成立したかを
もっともっと検証して若い子に伝えるべきだと思う。
どうしてテーマにあまりならないの?
単純に軍隊が悪というわけではないだろうに。
その影がまだまだ逆にまだ大きいから話題にできない?こわいなあ?


 密告されて投獄。殺される。ちょっと前のことだよ。

 今だって、うっかり口をすべらす自分のブラックジョークにおびえる。

 口は災いのもと?でも、自由に言葉を発せないと社会は危ないんだ。

 変なこと言うとマスコミにいじめられるかな?それも怖い。
 
 日本人は、ブラックジョークにめくじらたてる人が多い。
不謹慎だって。もっと、おおらかに。ジョークはジョークだよ。
  
 センスは必要だけど、クールにジョークを受け止めないと。
言葉がつまらないきれいごとか(NHK風)、
逆に悪質な中傷になってしまう。ネットとかで。
生きていくにはユーモアがいる。
by aamori | 2011-08-22 11:36 | 思うこと | Comments(0)

Back to the school 続き

 昨日の続きを忘れないうちに。今日は涼しいしね。
インターナショナルな子供の教育登録。
どこかのセンターに書類を持って行った。
すごいんだよ、人種の多様性とその人数。
順番なんてなかなか来ないけど、
人間をみているだけで驚いて退屈はしなかった。
書類不備の人もたくさんいて、
それなりにていねいに説明しているから時間がかかる。
(いばった対応はしていない)
やっと書類を見せる順番。書類はOK.
学力テストをするけど、今日はもうおそいから明日来るように。
2日がかりか。やれやれ。

テストの当日、うちの子と
もう一人は、ターバン(?)をまいた色の黒い子と2人だった。
数学と英語。
数学は「えっ、こんなにひっかけ問題がないの?」と驚く子供。
英語はなんと6%しかできなかった。
それなのに、1年上の学年に?
d0193569_9251842.jpg


d0193569_938982.jpg

日本の学校と違って、塀や校門はない。オープンだ。

 健康診断と予防接種が必要といわれて、小児科へ。
母子手帳持って行ったけど、
あたふたしたのが、手帳の記載は、昭和。
いつ何の接種を受けたかと伝えなくては。
当時は平成に変わっているし、どこにも西暦の年号がない。

私、計算弱いんだよ。
ただでさえ、英語で話すの大変だったのに。
向こうの医者やナースにも、計算手伝ってもらった。

 日本の年号も個性的で、良いけど、
インターナショナルに使うことなんて、厚生省は考えなかったのか?
自分で計算ぐらいはやれと。まぁ、そうだが。ちょっといらっとした。
いや、ちょっとむかっときたのが正しい。
日本の行政は、インターナショナルな感覚が乏しいんだ。
今の母子手帳はどうなっている?
大事な記録は国際的にわかりやすい表示の方がよい。

 無事終わった。
住んでいたアパート。
d0193569_9475039.jpg
d0193569_9481119.jpg

 アパートの入口。
うっそうとした木の多いところがアトランタって好き。
by aamori | 2011-08-20 09:55 | 思うこと | Comments(4)

Back to the school

 アメリカで暮らしていたころ、今の時期には、
お店の宣伝は、"Back to the School"
新学年の準備。制服もないから、
服も文房具もバッグもいろいろ並べられていて楽しい。

 1996年夏、子供のパブリックスクールの登録があるからと言われて、
予定を早めて渡米した。まぁ、驚きの連続。
とりあえず、少しずつ話しましょうね。

 
d0193569_10142930.jpg


 Druid Hills High School
発音が難しいから、カタカナでの記載はやめた。
建物のかっこよさに感激。
d0193569_10164653.jpg

year book(卒業アルバムに近い)より写真を拝借。
スクールバスのバックミラーに。しゃれている。

 もう子供も、この学校を去ってからのことだったけど、
デンゼル・ワシントン主演映画の撮影場所に。
d0193569_1021558.jpg

「タイタンズを忘れない」
実話をもとにした感動的な映画。
うちで見ていたら、「あれっ!」
なんども、画面をとめて、year bookも持ち出して、比べちゃった。
エンディングのクレジットにちゃんと
Druid Hills High Schoolとあった。
 私の立っていた階段にデンゼル・ワシントンが立ったし、
私の触った手すりを触ってる。わーい、わーい。

 しかし、冗談でなく、学校生活は大変だったよ。
日本人はうちの子だけ。英語はろくにわからない。
おまけに、誕生日の関係で1年上の学年に。えっ!!
中学2年だったのに、ハイスクールの1年に。
この苦労はまたぼちぼちと書きます。
d0193569_10334644.jpg


 このころの暮らしを描いた絵。
ゴールデンリトリバーと暮らしていた。
この犬のおかげで海外生活が乗り切れた気がする。

 恥ずかしいし下手だなあと思うけど、
個展のときに、この絵で「いやされる」と言われた方が、
何人かおられて、(絵と特にかかわりのない人々です。)
絵を描く人や絵の評価をする人(絵の知識があるということかな)とは、
別の感覚で絵をみるのだなあと思いました。
犬と人との関係を描くと癒しになるようです。
それも、よいことではないかなあなんて思って。
by aamori | 2011-08-19 10:51 | | Comments(2)

モンタナ

 今年の夏は、引っ越しの後だし、
旅には行かず、おとなしくしている。

 でも、夏。夏休み気分にひたりたい。そこで思い出の夏を。

d0193569_793812.jpg

 6号 草原(たぶん牧場)

 モンタナより帰国した後に描いた。(1998年)
あの頃は形を追うのが面倒で(本当はできなかった)、
何もない景色を描きたかった。


 モンタナは空が広い。やたらに広い。
 グレーシャー・ウォータートン国立公園(以前にもブログで紹介)
d0193569_7133589.jpg
d0193569_713586.jpg

トレッキングすると、マーモットに出会う。
 
d0193569_7162560.jpg

だいぶ歩いた先の湖で。水が澄んでいる。
d0193569_7183969.jpg
d0193569_719296.jpg

 ランチタイム。シマリスがランチを狙う。
クッキーをラップの上からかじられた。
ラップも体に良くないし、
野生のリスが人の食べ物を狙うのはリスにもよくない。
かわいいのはまちがいなくて、そばにきてくれてうれしかったが。

 大自然をこんなに簡単に味わえて、
幸福、幸福。もう一度モンタナの夏を呼び起こしたくて、
ブログにアップ。
 
 モンタナ大学(州立)の売りの学部が
「Fishing and Hunting」 この学部では全米1位のランキング。
ちょっとびっくり。まじめに学ぶ価値があると思うが、
さすがにうちの息子も行こうとはしなかった。
彼は夫とは異なり、魚釣りは好きではない。


 日本の釣り好きな子。いかが?楽しそうだぞ。
 
by aamori | 2011-08-17 07:41 | | Comments(4)

リトアニア

 去年の夏に行ったリトアニア。バルト3国の一つ。
仕事がらみじゃないと、なかなか行かない国。
1990年にソ連より独立を回復。
ロシアとの関係は、人々のなかに「悪い」という印象を受けた。

d0193569_954654.jpg

6号 北欧の夏の昼下がり。トラカイ城。
欲張りな私の絵。城も人もヨットも描きたくて。湖の中の城。

 興味深かったのは、
昔、城の主が
十字軍と戦って城を守ったことが
「英雄の話」として、オペラになっていた。
夏の祭りの一部としてこの城で、演じられるとの事。
花火も使って派手そうな演出。
人気でチケットは売り切れらしい。観てみたいけど、言葉がわからないね。
d0193569_9153725.jpg

今は、住民の大多数がローマンカトリックだけど。
d0193569_917054.jpg

森でつんだベリーを道端で売っていた。
d0193569_9183275.jpg

琥珀がたくさんとれる。
屋台でも安いのが売られているが、
偽物でプラスチックが多いと注意された。
d0193569_9213016.jpg
d0193569_922064.jpg

 3Bが自慢。バスケットボール、ビール。
そしてBEAUTIFUL GIRLS(たしかに、そう思った)
また、絵がかけたら紹介したい国です。
by aamori | 2011-08-15 09:37 | | Comments(0)

トレド

 2008年、夫の仕事がスペインのトレドであった。
ずいぶんなところで、仕事だね。
ついて行かない手はない。

d0193569_551385.jpg

ほんと、エル・グレコの絵だよ。美しい町の遠景。
彼に先に描かれてしまったから、なんとなく描けずに。
彼の住んでいた家があったが、修復中で入れず。
よくあるんだこの運の悪さ。
d0193569_605491.jpg

 4号
やっと、トレドに挑戦。もっと乾燥した空気なのに。
湿気の強い日本で描くと。
まぁ、一応やっとの挑戦。自分で許す。

d0193569_623193.jpg

 描いた絵とはだいぶ雰囲気違うね。
d0193569_633595.jpg

 乾いた土地が広がり、日本と違う風景がどこまでも。
d0193569_652253.jpg

 道端の赤いケシの花が、妙にスペインのイメージ。
一度の訪れでは、つかみきれない不思議な国。
日本にある「わび」や「さび」の感覚とまったく逆に感じた。
by aamori | 2011-08-13 06:21 | | Comments(0)



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
ウィキペディアでお調べく..
by sacromonster at 10:12
liebekatzen..
by aamori at 08:04
remonさん、ヨーロ..
by aamori at 08:01
pikorin77jp..
by aamori at 07:59
ふふ、サンドイッチを食べ..
by liebekatzen at 16:55
花で飾られた橋! 素敵..
by remon at 16:27
写真のナイフとフォークは..
by pikorin77jp at 15:03
sacromonster..
by aamori at 12:51
東京の勝鬨橋は、 今も..
by sacromonster at 09:42
liebekatzen..
by aamori at 08:22
sacromonste..
by aamori at 08:21
おうちにいながら、美術鑑..
by liebekatzen at 17:35
確かにどの企業も利益を上..
by sacromonster at 10:04
鍵コメさん、副作用のない..
by aamori at 07:47
liebekatzen..
by aamori at 07:45
タグ
(502)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧