絵を描きながら

<   2012年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ナポリのニュース

 数日前の、BS NHKでのWorld News,フランスだったかな。
ヨーロッパの経済危機の話からナポリの様子。

 失業率が高くて、大変そう。
そして、街で働いているのが、賃金の安い少年少女のパートタイマー。

 14歳ぐらいの子供が、荷物運びとか、
女の子は美容院で下働き。よく見ると街のあちこち。

 パートタイマーだけど、学校には行かず、毎日働いている。
収入は週に1万円ぐらい。本人も、学校より働いている方がいいって
d0193569_7341227.jpg
d0193569_71323100.jpg

d0193569_7135848.jpg

 昔行った時のナポリの街角。ニュースでも、こんなところで子供のピザ宅配が映っていた。

 おもしろいなあと思ったのは、こどもが学校へ行かない状態も、
大人が苦にしていないと。(教育関係者は学校へ行くように説得していたが)

 
d0193569_716377.jpg


 年配のおじさんさん出てきて、一言。
「おれも、6才からこうやって働いてきて、学校に行っていない。こうやって学んできた人生に満足。」

 太めのおばあちゃんが出てきて、
「今、家の家計はあの子がいないとやっていけない。働いてくれるから助かるのよ。」
d0193569_7201860.jpg

 昔描いたナポリの街角。(2007年だったかな)

 大人たちの、こんなセリフに悲壮感はなくて、人生こんなもの。
美味しいものを食べるのが大事。みたいな。
学歴はどうでもよい。

 「ナポリ人は運命論者」というのを読んだことあるけど、なるほどね

ナポリの町に、魅かれたのって、
単に、食べ物がおいしいだけじゃなくて、
清濁併せ呑むというか、単におきれいごとを言わないというか、

そして、大らかで、明るく、淡々としている人たち。

ちょっと日本人から遠い気質かしら?
 そんな空気が好きだった。(多少身の危険は感じたよ)。
「スリやひったくりに用心しろ」て言われてたし。

 最後にもう1枚。丘の上に登ると、ナポリの高級住宅地。
d0193569_7385443.jpg


 最近絵の写真撮りしてなくて、みんな昔の絵。
by aamori | 2012-04-30 07:51 | 思うこと | Comments(8)

びっくり

 地下鉄の中で。
ベビーカーのなかに1歳を過ぎたぐらいの子供。おしゃれなかっこ良いお母さん2人。

 会話を聞くともなしに聞いてしまった。
子供の教育のことを話していた。「何かしてる?」

 誰それさんの子は、2歳半で掛け算の九九を覚えて言うらしい。
さすがに意味はわからないらしいけど、
3歳で漢字もおぼえているとか。。。。。。

 自分の子供も「何かしないといけないのでは」とあせっている話しぶり。

保育園も、学校に行く前に、おべんきょう。英語も教えているんだって。
まぁ、コミュニケーションの手段としての英語ならいいけど、、、、
もちろん文字、計算。
はやく習ったって 日本は飛び級制度ないんだよ。

d0193569_8574747.jpg


 たぶん、お母さんたちの漠然とした目標は受験。
できるだけ聞こえの良い大学、高校に子供を入れること。

 まわりの雰囲気がそうだと、一人ひとりが巻き込まれるよ。
ペースをキープするのは困難かしら。

塾の玄関前を通ると、有名な学校名と合格した人数をかいたものが、
大きくはりだされて飾られている。

 この雰囲気にまきこまれて、子育てするのって、落ち着かないと思う。

 受験のための勉強と、、人間として身に付けたほうがよい知恵とはかけ離れる。

 自分の体験から言うけど、
受験勉強のドリル的な練習(不必要ではないけど)に時間を割いて、

 その分、物知りじゃなくなったと思う。知ってて良いことを知らなかった。

受験は手段で、目的じゃあないのに。いまだに、それに以前より幼い時からそんな。

2歳で掛け算99やったって、そんなフライング的な発想で、
本当に学問で、優秀な人になれるかって!!

 そんなことにわずらわされない楽しい子育てしてよね。
d0193569_9171763.jpg



 私も、無知で、東京のこんなお受験事情知らなかったの。びっくりした。
何となく白い花を添えたくなった。
by aamori | 2012-04-27 09:27 | 思うこと | Comments(6)

こんな風にしちゃった

 トスカーナをドライブ。レンタカーがオートマじゃなかったから、運転は夫にお任せ。
慣れるまでガックン、ガックン。エンスト数回。
オートマが少ないのね。注意して予約しないと。

 立ち寄る予定ではなかったけど、遠くの丘に奇妙な塔が乱立。行ってみよう!
サン・ジミ二ャーノ。金持ちがきそいあって塔の高さで、財力を示したとか。

 高さばっかりあって、絵の画面に入らない。
d0193569_9254597.jpg


色は違うよ、つまらないから遊んだの。
d0193569_9263380.jpg

観光客がたくさん。
d0193569_9274680.jpg

d0193569_9282192.jpg

街の外はブドウ畑が広がっていた。景色は中世だ!

 ヨーロッパのいなかって、指輪物語とかドラゴンクエストを思ってしまう。
連想が子供っぽいけど、楽しい。

 絵はこんな風にしちゃったけど、またこんなことしてもいいかな。
グレーの塔を並べて描くには、もっと写実力が必要そう。
私なりのチャレンジ。
by aamori | 2012-04-24 09:39 | | Comments(8)

大きな木、前回の続き。

 OAKの木の立派さ、私の絵では、説明不十分。
写真を探しました。St.Simons Islandの教会の庭です。

 
d0193569_835689.jpg


歴史的な古い木造の教会。
アメリカは歴史に古いものがない分、ちょっとでも歴史的なものは大事にしてます。
歴史へのあこがれでしょうか。東側には、そんな場所がよくあります。

私も、無知でたまたま道路の看板をみて立ち寄ったので、
ここではじめて歴史を知りました。戦い(戦争)の歴史。
植民地確保にはまず、教会からみたいな部分があったようで。

d0193569_841184.jpg


木からぶら下がっているスパニッシュモス。
思っているほどふわふわではなくかたかった。
by aamori | 2012-04-23 08:45 | | Comments(2)

ちょっと先を見る。

 ちょっとしたコツって聞かないとわからない。凡人だからかなあ。

これって、ピアノなんだけど、この前先生に教わったコツが、楽譜を見ながら弾く時に、
弾いている場所のちょっと先の楽譜を見るのだって。
やってみたら、いい感じ。自分じゃ気がつかないコツってあるのだよ。

 先を見るって、スキーもそうだったし、(これも自分では気がつかなかった)
ゲームのテトリス。次の形を見る。これはバカと思えるほど、才能なかったけど。

 絵も、道具や画材でちょっとしたコツがあるのだろうね。教わってきたけど。


 アメリカからの帰国当初はカルチャーショックで、日本に違和感。
当時アメリカの絵をよく描いていたようだ。
d0193569_1022040.jpg

 
 ジョージア州、東海岸、St.Simons Island
デジカメ以前の頃で写真が少ない。すごく好きな場所。もっとゆっくりしたかった。
アメリカの土地や島をとりあって、イギリスとスペインが争っていたころの史跡がたくさん残っている。
 
d0193569_106222.jpg

木からぶらさがっているのは、スパニッシュモスといわれる植物。
空中から養分をとっていて木から栄養を盗んでいるのではない。
木はすごーく大きなオークの木。大好き。

 アメリカ東南部ならではの風景だと思う。
絵はコツを教わりながら、苦労して描いた。昔の絵だけどちょっと前のことにも思う。
場所への思い入れが強いのだけど。また、行くことあるといいけど。

 また、ここの場所の絵を描こうか。やっぱ、絵描くより、デジカメもっていきたいよ~ん。
by aamori | 2012-04-21 10:20 | | Comments(4)

追憶、むずかしいよ。

 ピアノの話。今、練習中の曲。{追憶}(The way we were)
いやぁ、和音が綺麗でかっこいいけど、ちょっと、できるかしら?
もりあがるところなんか、、、、、、きれいな曲。無理そうな感じ。
とりあえず、練習がんばろうか。
先生に弾いてもらうと、すごーく、素敵。弾きたい弾きたい!!


 映画を観たのは、若いころ。精神的に、子供だった。
でも、なんとも言葉にできない感覚を持った印象に残った恋愛映画。

1973年の映画。バーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォード。
第二次大戦とその後。政治的なことがからんだ話だったけど。
d0193569_1252624.jpg


 もちろん主題歌はバーブラが。

 映画の感想だけど、夫の感想が面白くて。

「学歴も高く、スポーツもできて、おまけにハンサムだった(ロバート・レッドフォード)みたいな
どうみても完璧ないい男でも、女は振るんだ。どうみても、振られたのは彼。」

 完璧ならぜったいに女にもてるという発想が、
違うんだとわかりカルチャーショックだったとか。

 そういう意味でよい映画だよ。

 私は、なんとなく、「せつなさ」みたいなものを味わった映画だった。

 そんな気分を思って弾ければいいけど、全く余裕なし。
d0193569_12591575.jpg


 写真は全く関係ないけど、2004年のガソリンスタンド。ニューヨーク州
ガソリンの値段くらべてみていかがですか?

 写真をとったのは、ホッパーみたいな絵が描きたくて。アメリカのもつわびしさを。


 
by aamori | 2012-04-18 13:09 | 日常のこと | Comments(7)

Jhon Carter

 日曜日に見てきた。久しぶりの映画館。ポップコーンとコーラ。

中学生だった。この映画の原作本をわくわくしながら読んでいた。
E.R.バローズのSFファンタジー{火星のプリンセス}じゃない。

 3D、映像はスターウォーズとかアバターとかいろんなものみたいだけど、
当時の創元文庫にあった挿絵みたい。
撮影はユタ州、あそこは火星みたいだね。

 この{火星のプリンセス}、シリーズだったけど、
おとなになって、読書好きの人と話しても、女の子で読んだという友達は、
まだ2人しか会っていない。
まぁ、「赤毛のアン」をシリーズでよんだ男の子もあまりいないよね。

 本は、バカにできないと思う。
考えや感じ方に影響あったもん。直接は役に立たないし、
ましてや学校の成績とは関係ない。親には文句言われていた記憶がある。
マンガやゲームで文句言われるように。かえって成績低下?

d0193569_8515525.jpg


 よく、探偵小説やミステリーとか読む。
好きなのは、女性作家のかいた主人公も女性の話。
ライフスタイルのモデルとして読んでいたと思う。

 主人公って、とってもhappyというより、トラウマもあるし、
不運だったり、孤独だったり、でも、クールで元気。

 そうじゃないと、小説って深くなくなるのだろうね。
恵まれた主人公はつまらないもの。
「いやな奴」もたくさん登場、こんな人いるとも思うし、反面教師にもいい。
主人公を見習おうと思ったりする。

 探偵だったりすると何しろタフ。
シャンプーがなければ、食器洗いの洗剤で、髪も体も洗ったり。
嫌な奴にも会いに行くのが仕事。
d0193569_857539.jpg

(タイムの花)
 たいして内容は覚えていなかったりするので、時々もう読んだ本もまた買ってしまう。
 本を読んでいると、こうでなくちゃいけないみたいなものがとれていくから、
ステレオタイプな発想からは遠のく。単に、気晴らしと暇つぶし以上かな。

東京はありがたいことに、車の運転で移動しないから、電車の中で読める。
本を読んでいる人多いよ。

d0193569_901819.jpg

うっかり夢中になりすぎて乗り越してしまわないようにしないと。
危なかったこと数回。
by aamori | 2012-04-17 09:17 | 日常のこと | Comments(6)

やはりこの街が、たくさん描けた。

 そうだ、個展するのだから、それも、新しい場所で、東京で。
計画しなけりゃ。それなりのテーマがほしい。

 前回も書いたけど、旅の記憶を描くのが楽しい。最近気がついた。そうだったようだ。
旅を振り返ると、その旅はちょっと前に思う。時は早い。すごく早い。

 「自分らしく」がわからないといったけど、
自分が好きと感じるものをこだわればいいのかな。

 すぐに、他の人の考えが刷り込まれちゃう。
つまらないことだけど、「これが素敵」とか誰かが言うと、そうかなと。
たとえば、よく感じるのは、ファッショングッズ。

 
d0193569_6513846.jpg

 以前かいたものと同じテーマで。
大きくした。30号、ベニスの大運河沿いのカフェ。
d0193569_6551559.jpg

 これは、手元になくて、和歌山の、レストランに。以前のもの。サイズ不明。20はないと思う。
こうしてみると、結構違ったね。

d0193569_6574155.jpg
 
このオレンジ色(?)の建物のところ。
d0193569_658171.jpg

 これなら、個人識別しにくいから、ふふふ。サンマルコ広場で。

 自分の好きなものだけど、「食べたいもの」はわかる。
結構なんでも好きだから、それと同じで、いろんなものが好きだから
絞り込めず、「これが自分」も絞り込めない。まぁ、いいんだ。
それほど、identityは悩まないよ。
by aamori | 2012-04-15 07:12 | | Comments(8)

思いだすのは楽しい。

 「絵ってどうして描くの?」ってあらたまって哲学的な質問を受けたことがあるけど、
今でも、よくわからない。Good Memoryを描くのは楽しいから、まぁそれでいいか。。。
 
 そして、またGlacier Natinal Parkの続き。
d0193569_9125559.jpg

 もっと描きこもうと思っていたら、その頃通っていたお絵かき教室の先生が、
「ここで、やめるように」~~30分ぐらいしか描いてないのに。
これ以上描きこむとよいところを壊しそうだからと。
d0193569_915966.jpg

もとの風景。また、思い出を反芻しながら描こうか。
この絵も10年以上前だし。
d0193569_9165134.jpg

 いまは、この湖を絵に描いている。写真とは違う構図で。そのうちに、、、
4月6日、アップの湖と同じ湖。Waterton Lake
d0193569_9185635.jpg

見えている湖のほとりのホテル。泊まってみたいね。
d0193569_9195379.jpg

4月3日にアップした絵の湖。

 この一貫性のない画風、というか絵の描き方。
よく「自分らしく」みたいな言葉が雑誌とかにあるけど、
この年になっても、「自分らしく」はわからない。
ファッションもライフスタイルも。自分はわからない。

その場その場の気分次第で。「自分らしい」の言葉も忘れて。
そんなに「らしさ」にこだわらずに。Let's enjoyi!
by aamori | 2012-04-13 09:34 | | Comments(6)

桜が咲いたら

 桜の季節に、子供が巣立って家を離れた家庭は、多いだろうね。
ちょっと寂しい思いもしているのでは、、、
 
 私のところでは、散歩道の隅田川で冬を越していたカモたちがいなくなっちゃった。
彼ら、どこにとんで行くのだろう。興味ある。
誰か知っていたら教えてほしい。

 昨日は川にカモの代わりに、ぴちゃぴちゃと水面が。
ボラとおもわれる魚の大群がいた。
こんな都会でも、生き物で季節の変化を。楽しい。

 メジロが桜を食べているのも見た。小さくてかわいい。
d0193569_7504344.jpg

d0193569_7512791.jpg

 古い写真で、もう新しい高層マンションがもう一軒建ってしまいました。
d0193569_7523716.jpg

この水面にたくさん泳いでいたカモ。
d0193569_811950.jpg
 
ほんと、飛び立ってしまった。無事を祈ってるよ。
d0193569_81535.jpg

夜。シュールな絵が描けそうね。
by aamori | 2012-04-10 08:05 | 日常のこと | Comments(6)



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
ウィキペディアでお調べく..
by sacromonster at 10:12
liebekatzen..
by aamori at 08:04
remonさん、ヨーロ..
by aamori at 08:01
pikorin77jp..
by aamori at 07:59
ふふ、サンドイッチを食べ..
by liebekatzen at 16:55
花で飾られた橋! 素敵..
by remon at 16:27
写真のナイフとフォークは..
by pikorin77jp at 15:03
sacromonster..
by aamori at 12:51
東京の勝鬨橋は、 今も..
by sacromonster at 09:42
liebekatzen..
by aamori at 08:22
sacromonste..
by aamori at 08:21
おうちにいながら、美術鑑..
by liebekatzen at 17:35
確かにどの企業も利益を上..
by sacromonster at 10:04
鍵コメさん、副作用のない..
by aamori at 07:47
liebekatzen..
by aamori at 07:45
タグ
(502)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧