絵を描きながら

<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

街中の野生動物

 カルガリー市内。降雨量が少なめなのか、木が少ない。
たくさん、街中で暮らしていたのがウサギ。
d0193569_9505160.jpg

2匹います。(2羽とかぞえるのですか?)右はじに
d0193569_9532284.jpg

あっちこっちに、夕方になると出てくる。
d0193569_9542376.jpg

近寄ると、耳を立てる。
d0193569_9552131.jpg

食事に夢中な子。
d0193569_956152.jpg


white-tailed jackrabbit という種類だって。
これだけいるから、天敵もいる。コヨーテ。コヨーテは姿をみせない。
ウサギは人のそばにいるほうが、コヨーテからは安全だと知っているみたい。
コヨーテに飼い猫や飼い犬が被害にあったという話もあるらしい。

 自然界は厳しい。ウサギもコヨーテも好き。
どちらの味方もしない。ウサギがこんなに見られるのは、うれしかった。
コヨーテにもお会いしたかったけど。用心深いのかな。

不思議なことに、モールのペットショップではペットのウサギも売っていた。
さわったり、だいたりできるからね。

 
d0193569_1023487.jpg

これは地リスでなくて木のリス(Tree Squirrel)黒い。
by aamori | 2013-08-31 10:10 | 動物 | Comments(6)

OSPREY

 おっと、通り過ぎるところ。
d0193569_657344.jpg

 2人の人が何かを見ていた。さすが、息子は生き物を見つけるのが早い。
「上、上!!」と言われて気づく。
d0193569_659981.jpg

 橋の上に鳥の巣。立派な巣。
d0193569_705917.jpg

d0193569_713748.jpg

d0193569_721121.jpg

 見物の人も集まってきたところで、飛び去りました。

 後で、検討したところ、OSPREY, ミサゴではないかと。

 ミサゴは、ホバリングして、そこから急降下して、魚をとる。足で捕る。
すごい技術を持っている。

 沖縄の基地に配備するのに問題になっているV-22オスプレイは,この鳥にあやかってつけられた名前。

ホバリングして着陸できるのだから便利。災害のときなんてすごく役立つ。
滑走路がいらないのだから。便利な飛行機。

 安全性が疑問とかで、反対されているようだけど、うまく使えるものは、前向きにと思いますが。

 やっと、望遠で撮れた写真、もっとそばでお顔を見たい。
そして、その魚をとるところを見たいねぇ。
by aamori | 2013-08-28 07:18 | 動物 | Comments(4)

bighorn sheep

 またまた、道路沿い。
若いbighorn sheeps (大角羊)。大人のオスはもっとごっついぐるっと回った角を持ってます。
d0193569_1012548.jpg

もう1匹
d0193569_10133952.jpg

白いお尻がかわいい。
d0193569_1038247.jpg

お顔をアップで。
d0193569_10153833.jpg

目があった。
d0193569_1017631.jpg

 ウシ科ヒツジ属だって。

 エルクやムースには会えませんでした。残念。

 息子がエルクのステーキを食べたので、さけられたのかな??

 今回、ステーキをたっぷり食べました。おいしく焼いたアルバータ牛はおいしい。

 動物はもう少し続けます。
素敵な景色はなるべく作品にしてからアップしたい(いつになることやら)
by aamori | 2013-08-25 10:42 | 動物 | Comments(6)

あっ、クマ!

 一番、であって興奮したのはクマ
ドライブ中、道を横切った。急いでカメラ。
d0193569_1056567.jpg

さて、どこにクマがいるでしょうか?
わからないよね。
d0193569_10584782.jpg

 一部分拡大して。
フロントグラスに、国立公園のチケットが写りこんでいて、その隣の右の隅に。
車から出るわけにもいかないし、クマの写真は素人では難しい。
若いクロクマだと思う。
人間にはおいしくないけど、くまにはおいしいベリーがよく道端に生えているのだって。
だから、道端に出てくる。
私たちは車で移動していたからよいけど、
自転車で移動している人も多い。
こんな形でクマに出会ったら、ちょっと怖いね。

 その後、ちょっと悲しいことにも出くわした。
車が止まっていて、何かと思ったら、車にはねられたクロクマが、、、、。
道路のすみに血を出して横たわっていた。
 ゆっくり写真は取れたけど、とてもそんな気になれず。

 すこし走ったところで、レインジャーとおもわれるピックアップトラックとすれ違う。
車にはねられたクマを取りに行ったのではと思った。

 カナダはクマの多い国です。
d0193569_1175258.jpg

 お店のなかに張ってあったもの。注意事項。

 人とクマとの共存の仕方。
クマにストレスを与えるな。ゴミの処理はもちろんきちんとしておくことが大事。
d0193569_11113889.jpg


 トレイルにあった看板。
ここから先はクマに出会うことが多いから、一人では行くな。四人以上のグループで行くようにと。

 人の命も、まもらなければならないけど、クマの生活もまもらないと。

短い夏休みも終わり、帰国しています。
昨日、帰国の翌日、時差ぼけ、寝不足で仕事に。
おまけにこの暑さ。しんどかった。へろへろ。
 
by aamori | 2013-08-23 11:26 | 動物 | Comments(8)

 であった小さな野生動物

 カナダ、モレインレイクで。
d0193569_12513595.jpg


 何かくわえているよう。この辺のリスは黒い。
d0193569_125339100.jpg


d0193569_12544252.jpg
 
この子は妙に、人間になれていて、ポーズをとっている。
d0193569_12574952.jpg

ちよっと図々しい地リス

d0193569_12592422.jpg


チップマックににているけど、しっぽに縞模様のない地リス。
忙しく動いている。

d0193569_1313633.jpg


これは、はじめてであった。ナキウサギ(pika)
本当に小さい。手のひらにすっぽり収まるサイズ。
葉っぱをくわえて走って岩のあいだに入る。
冬の間のために食糧をためているらしい。

 小さいかわいい生き物たち。懸命にいきている。

 であうとすごくうれしい。

動物たちに会えるのが、北米大陸の旅の楽しみ。
by aamori | 2013-08-19 13:12 | 動物 | Comments(4)

パトリシア・コーンウェル

 旅行に持っていくものを考えるの、わりに難しい。
服だって、気温の差があるし、
頼りにしていたジーパンはここのところきついから、緩めの他のものに。(泣)
色を合わせやすくするために、白や、ベージュのものが多くなる。ちょっとつまらない。

 持っていく本。スマホの電子書籍。機械は信じられないから、1冊は持っていく。

 電子書籍なんだけど、最近読み直しというか買いなおしているのが、

パトリシア・コーンウェルの 検屍官ケイ・スカーペッタをヒロインとするシリーズ。
1992年、日本で刊行。何冊か読んでいるけど、抜けているものもあって、

 1990年代に読み始めた。当時は、おぞましくて、陰惨な殺人事件に気を取られて、
続けて読む気にもなれずに、たまにとびとびで。
ちょうど、アトランタに住み始めたころ、読んだ後で、怖かった。
公園の散歩も、怖い事件がちらついたっけ。

 今になると、背景の人間、人生がもっと複雑で重みがあって、
登場人物の苦悩が、実感となってやっとわかる。やっとこの年でだから、遅い。
私も、人生のグレイゾーンがやっとわかってきたようで。

 ヒロインは、理科系のまじめな同級生とイメージが重なる。
私は、もっと怠け者。彼女のようにはなれない。

 パトリシア・コーンウェルは1956年生まれ、
ずっと翻訳をされていた相原真理子さんが62歳で亡くなったことを知って、ショック。

 買った文庫本は処分したので、どれを読んだか読んでないのか分からなくなっている。

 手元にあるのは、この本。レシピつき。物語の中の食べ物。料理意欲がわく。
d0193569_10443942.jpg
 

 
d0193569_10451034.jpg


 
d0193569_10464034.jpg

ラザニアも手打ち。

 食べ物シーンが多いお話は好き。
酒とタバコばかりのハードボイルドの男性探偵より、料理をする主人公が好き。 


 おっと、絵のブログなので、
d0193569_10492810.jpg


 気楽に簡単にいい加減に描くので、マジックを持っていく。あんまり描かないけど。
 
by aamori | 2013-08-14 10:59 | | Comments(0)

ゆり

d0193569_11482980.jpg
 

 F4号

ユリは夏には便利な切り花、長持ち、つぼみの部分ま咲いてくれる。

 花粉がこぼれたり、付いたりして、あちこち汚す。
着ていたものにも、黄色くしみが、いそいで洗濯したら汚れは落ちた。

 よく、おしべの花粉のところをとってかざられていたりする。
ホテルやレストランでは、そのほうが無難。

 あたりが汚れないで済むけど、絵にそれはさびしい。

 うちでは、花粉の汚れは、気にしない。
とんでもないところに黄色く花粉のよごれがついてしまうけどね。
by aamori | 2013-08-10 11:58 | | Comments(4)

上野の森「日本の自然を描く展」

  今年も、今日から始まります。
 早いもので、私も、もう5回目。
 
d0193569_10162027.jpg

 会 場   上野の森美術館
   会 期   会 期   2013年8月6日(火) ~ 8月25日(日)
           1期:8月6日(火) ~ 8月10日(土)
           2期:8月11日(日) ~ 8月15日(木) 
           3期:8月16日(金) ~ 8月20日(火)
           4期:8月21日(水) ~ 8月25日(日)
   時 間    10:00 ~ 17:00 (各期、最終日は14:00閉館)
           ※入場は閉館30分前まで
    絵の展示は
    私は、3期に 、ブログ友達のEtsuさんは2期です
    私は入選、 Etsuさんは上位入選。
  盛りだくさんの絵。「こんなにたくさんの絵を描くことを楽しんでいる人がいるのねぇ」
  としみじみ思います。
  搬入のときも、年配のやさしそうなおじさまが「もう10回目だよ」と話しかけてくれました。


 自分の作品展示期間は旅行計画と重なり、見に行けませんが、
図録をもらいに、見に行って楽しみます。

 入賞作品は素晴らしいと思いますし、ユニークな発想で絵を描かれる方もたくさんいて、
観に行くと刺激と意欲がわいてくると思います。

 
 絵をたのしむための張り合いにもなるので、楽しい展覧会だと思います。
サイズも10号以下、気楽なサイズがうれしいです。

 出品の絵は写真撮っていないので、帰ってきてからに。

 はじめて出品したころの「どきどきわくわく」だんだん無くなって。
 ちょっとマンネリ化したかなぁ、気持の上で。

d0193569_1019443.jpg

 やはり  賞をねらって、がんばっていこうかな!!!
 意欲を大事にね。

 写真は上野の森。木が立派で、好きです。
by aamori | 2013-08-06 10:32 | お知らせ | Comments(4)

ウイーン、夜

 ドイツの旅の続き。
ドイツで、ノイシュヴァンシュタイン城見学。雨に降られて、ちょっと寒くて濡れた。
これが悪かったと思う。

 ドイツ、ミュンヘンからは、鉄道の旅。ザルツブルグではまだ元気だった。

 ザルツブルグから、ウィーンへ行くころより体調が悪くなり、
なんとウィーンでは、発熱、動けない。

 こういうときはタイレノールを飲んで、寝ているしかない。

 翌日は改善して軽く観光。体力を使わない馬車で。
d0193569_122437.jpg


d0193569_1213147.jpg


 御者はお顔にもピアスを何個もつけた若いお姉さん。説明は英語で、きちんとしてくれた。

夜には元気にモーツァルトのコンサートまで。(チケットは昼間通りで売っていたもの)
d0193569_1235555.jpg


 そんなことを思い出しながら描いてみた絵。
 p 15号
 
d0193569_12212136.jpg

 どうしても、建物はゆがむ。病みあがりのウィーンだから、、、、、、

 きちっと描いてる絵って、定規を使っているのかしら??

 悔やまれるのは、
古典的なチョコレートケーキの一種、あのザッハートルテを食べる気になれなかったこと。

 ウィーンは、そのためにもまた行きたい。
完璧にスケジュールをこなせる旅はない。
残したものがあるから、また行ってもよいと思う。
 ザッハートルテ、美味しいかなあ?
 
 おまけ。
帰国時のウィーンの空港でパスポートを落とした騒ぎも。
幸い見つかったけど、あせったよ。
by aamori | 2013-08-03 12:17 | | Comments(8)



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
ウィキペディアでお調べく..
by sacromonster at 10:12
liebekatzen..
by aamori at 08:04
remonさん、ヨーロ..
by aamori at 08:01
pikorin77jp..
by aamori at 07:59
ふふ、サンドイッチを食べ..
by liebekatzen at 16:55
花で飾られた橋! 素敵..
by remon at 16:27
写真のナイフとフォークは..
by pikorin77jp at 15:03
sacromonster..
by aamori at 12:51
東京の勝鬨橋は、 今も..
by sacromonster at 09:42
liebekatzen..
by aamori at 08:22
sacromonste..
by aamori at 08:21
おうちにいながら、美術鑑..
by liebekatzen at 17:35
確かにどの企業も利益を上..
by sacromonster at 10:04
鍵コメさん、副作用のない..
by aamori at 07:47
liebekatzen..
by aamori at 07:45
タグ
(502)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧