絵を描きながら

<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ターナーのバチカン

ターナーは好きな画家の一人です。時代の先を行ってましたね。
d0193569_10495420.jpg

 すごく大きい絵。バチカンから望むローマ
バチカンのこの場所、上の方にも行けるのかしら??
d0193569_10511279.jpg

 カメラの無い時代、スケッチブックでさっさとこんな写生をしてたとのこと。
今は、デジカメで、とれるから、写生しないけど、しないというより私にはできない。
ターナーの写生の才能はすごい。

 すごいと感動したものがみんな絵に描けたらいいのだけど、
バチカンなんておそれおおくて、私には無理、

 remonさんがコメントに「天使と悪魔」のバチカンのこと、書いてくださったので、
ちょっと刺激されてバチカンのことを。

 サン・ピエトロ広場、広い広い。
d0193569_110113.jpg

 
d0193569_1114933.jpg

d0193569_112248.jpg

広場の入り口から、こんな感じで写真撮りたくなる。

 サン・ピエトロ大聖堂の中、圧倒されます。
d0193569_115042.jpg

d0193569_1113170.jpg

 バチカンの中の郵便局。バチカンの切手と消印で絵葉書を送った。価値があると思って。
d0193569_1163945.jpg

 郵便局内部の写真を撮ろうとしたら、注意されてしまった。ダメ!

d0193569_117546.jpg

「天使と悪魔」に登場した広場にある風の神。

d0193569_1193016.jpg

バチカン博物館の中。有名な「ラオコーンの群像」
亡くなられた某政治家がさわったとかで問題に。

 私は、観光だけど、
多くの信者には巡礼の地。バチカンにいくことは特別なのでしょうね。

 ローマはやはり、特別な町で、
あんまりすごすぎて、絵に描くのを躊躇。(ちょっとは描いた)
時々、構図とかかんがえるのだけど、、、、。

 そのうち挑戦。でも、バチカンは無理だなあと思ってます。

ダン・ブラウンの小説、「天使と悪魔」でもそうなんだけど、人がいっぱい死にますね。

そのせいか、ローマはちょっと怖いと、感じてます。
歴史をかんがえても、いっぱい殺人だらけですが、、、、、。

そんな空気も描き込みたいと。無理無理!!

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-01-31 11:29 | | Comments(0)

夕日をあびて

 シチリア、パレルモのカテドラーレ
d0193569_13103355.jpg

F10 
d0193569_10205581.jpg

ガイドブックによると
1184年創建のシチリアノルマン様式。
以後600年にわたる外国支配で増改築のはてにできた折衷様式の建物
イスラム色の強い折衷様式。

 ちょうど通った時に、強い西日を浴びていたのが印象的だったので。
絵は細かい壁面の模様はかけなかった。イスラム色が建物に魅力をもたらしていると思う。

 シチリアはマフィアの印象が私の中にある。

けっしてきれいに整然としたところではない。
d0193569_10273850.jpg


 それが魅力というか。

 昔昔、小学生のころ、私は善悪、ルール違反、良い子悪い子、
悪人善人、正しいこと悪いこと。
 二分化しかできない発想を持っていた。優等生でないコンプレックスがあり。
小学校も、テレビも家庭も、なんだかそんな空気の教育だったような。
 
「風とともに去りぬ」を読んだ後で、優等生じゃなくていいんだと思った。
いや、単なる優等生はだめなんだって。中学生ころからやっとそんな考えになった。
でも、優等生は受けが良かったよね。今でも、、、、。

 完全な善人もいないし
 世の中のこと「正しい、悪い」なんて区分けは簡単にはできない。
 わからないことだらけ。

たぶん、良い悪いとかはっきり決めてもらった方が、居心地はいいかもしれないけど、とても危険。

 あいまいな、美醜、清濁あわせもつなかでやっていくのが成熟なんだろうと思う。
考えに自信なんてもてないもの。

 シチリアってそんなところ。


ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
クリックしてください!!
 にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-01-25 10:53 | | Comments(6)

インフェルノ

ベストセラーを避ける性格、(これってひねくれている?)

 でもKindleで読みました。ダン・ブラウンの「インフェルノ
シリーズで読んでいたし、映画でのラングドン教授役のトム・ハンクスのイメージも
自分のなかに確定していて、読んでいるとシーンが頭の中で映像化してしまう。

 本を読むときに良かったなぁと思うのは、フィレンツェの旅の体験があったこと。

 書いてあるほどていねいに町を鑑賞できたわけでもないし、
知識もそれほどなかったけど、
旅の体験がこんなに読書の楽しみを増すなんて、

 本やテレビでいろんなことをやっていて、わかった気になれるけど、体験の有無とは違う。

 たとえば、スキージャンプ。当たり前だけどやったこと無い。

でも、何度かスキージャンプ台の上からのぞいたことはある。
テレビで見ても、あの急斜面をすべることの怖さは伝わらない。ものすご~く恐ろしいことだと思う。
高梨沙羅ちゃんは本当にすごい子。

 体験してないことって、本当にはわからないことだと思う。

 
d0193569_12535755.jpg
 
本にも書かれているけど、この建築物はすごい!
私には絵にするのは無理!!

d0193569_12551744.jpg

 町の遠景も決まる。
d0193569_12562419.jpg

 威厳のある建物。
d0193569_1257815.jpg

 話のなかで、めだっていたベッキオ橋。そのうちに描こうとは思っている。

 その前のダン・ブラウンの作品。「ダ・ヴィンチ・コード
ルーブル美術館も行っていたから、本のほうが映画より怖かった。
夜のルーブルを歩くなんて想像すると怖くてたまらない。怖い絵が多い。

 「天使と悪魔
ローマも、本で改めて、知識を得たけど、バチカンの広さも荘厳さも旅体験があったのがよりよい読書に。

 ダン・ブラウンの小説、旅のお勧めになると思う。
 やはり、なるべくいろんな体験したい。好奇心とエネルギーがある限り。
もちろん、危険なことは絶対いや。 怖がりです。 

 
by aamori | 2014-01-20 13:17 | | Comments(4)

プラハ、シナゴーグめぐり

 プラハの旅、私どうしたっけ?
愛ちゃんママさんのプラハの旅のブログに刺激されて、思い出しました。
現地ツアーで市内のシナゴーグを案内してもらったっけ。
ツアーも結構な人で大きな団体になってました。迷子になってはぐれる人も出現。
d0193569_12474219.jpg

ユダヤ地区に。
 宗教で一番身近に個人的知り合いがいないのがユダヤ教。日本で会ったこと無い。

有名人とかが、ユダヤであることは知っていても、どうもよくわからない。

 といっても、仏教だってわかっていないのだけど。

d0193569_12424043.jpg

地味な建物、きかなければシナゴーグだとわからない。
ヨーロッパに残る最古のシナゴーグ
d0193569_1243451.jpg

時計の文字が。
d0193569_1344427.jpg

d0193569_1324231.jpg

d0193569_12495161.jpg

博物館。入る時に男性はこの帽子をかぶる。
d0193569_12515225.jpg

建物に星が、入り口の上に。それでわかるけど。キリスト教会と比べて地味。
d0193569_13385825.jpg

この地区にあった車。これがわかりやすい世界。
d0193569_12584713.jpg

d0193569_1259339.jpg


 ちょっとたずねて、説明を聴いてもわからない世界だけど、
少しは体感できたかもしれない。
墓場も歩いたのですよ。どんどん埋めていくらしい。こみあっていて地面が盛り上がっていた。

 つかれたツアーでした。シナゴーグはいくつもあって、偶像が無いから美術的な見ものもあまり無い。

ユダヤ教がわからないと、中東のもめごとはわからないと思って、
 
 マイナー(?)なツアーに参加してみました。
by aamori | 2014-01-15 13:21 | | Comments(5)

川の流れる都

川が流れている町は好きです。
川があることが、歴史上発展に優位ですから多くの都市は川が流れてますけど。

 
d0193569_11115035.jpg

P6 Pとかいう変わったサイズを使ってみました。
私にしては、白をたくさん使って、それなりに色のチャレンジ。

 プラハ、あのスメタナ作曲の音楽で有名なモルダウ川。
有名な音楽をもっている国っていいですね。国の誇りでしょうね。

 チェコは作家のカレル・チャペックが好き、子供のときあの挿絵が好きだった。
「長い長いお医者さんの話」小学生のときのお気に入りでした。
もっと大人の本を書いている方だったのですね。

ちょっと夢っぽい絵にしたかったのです。どうかなぁ?
最近、朝、明け方にもう一度眠ると、夢を見ていることが多くて、
ちょっと夢か現実か、うとうとしているかわからないうちに
寝過ごしてあわてています。

 
d0193569_11203050.jpg

川には白鳥がいて、それが楽しかったです。強い子、弱い子、けんか。食いしん坊です。
もぐって食事している姿が愉快。

 
d0193569_11224521.jpg

プラハ、人気で観光客の賑わいがすごいのには驚きました。
美しい広場なのに、人が多すぎて、今のところ絵には描けません。

 ソ連といろいろあった歴史のイメージより豊かな国。
緑が多いのが、町を美しく見せています。緑は大事。
 
by aamori | 2014-01-14 11:37 | | Comments(2)

Hungarian Rhapsody

d0193569_13431278.jpg

F3
ハンガリーの旅は天気に恵まれず、雨か曇り。絵には描きにくい。
d0193569_1348943.jpg

これは、鎖橋
d0193569_1349221.jpg

国会の建物。
こんな美しい国会議事堂なら、国会議員になってここで働くのも、悪くないと思ってしまいました。

日本では国会議員には絶対なりたくないです。(まぁ、なれませんが。)
日本の議事堂の建物も好きではないですが、
非難ばかりされて尊敬されて無い職業な気がします。
何か変なこというとたたかれてしまいます。


 昼間は天気が悪くってなんだか町のイメージが暗く感じてしまいましたが、
夜は光が道路にも映りこんで美しいイメージ。

 Hungarian Rhapsody 、ハンガリーうまれのリストの作品、
Hungarian Rhapsody をちょっとイメージしながら描いてみました。

 レストランでも、バイオリン演奏とかきかせてくれて、
今も、音楽が身近かにあるようで、

 哀愁のあるハンガリーのジプシー音楽、町に似合うと思いました。
音楽を感じながら、絵にしてみたかったのですが。

 詩曲ね。
by aamori | 2014-01-06 14:08 | | Comments(4)



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
嫌なのよね。
at 2017-07-28 09:44
待つのも仕事
at 2017-07-27 10:43
ミス・サイゴン:25周年記念..
at 2017-07-26 16:18
箱入り娘
at 2017-07-25 10:33
テニスのグリップテープ
at 2017-07-24 09:20
最新のコメント
夕焼けのモニュメントバレ..
by o-rudohime at 15:29
showsun1203 ..
by aamori at 08:24
liebekatzen..
by aamori at 08:21
o-rudohime ..
by aamori at 08:17
こんばんわ~ 日本..
by showsun1203 at 19:55
運河沿いで寝そべっている..
by liebekatzen at 17:44
絵を見た途端にヴェニスが..
by o-rudohime at 17:15
liebekatzen..
by aamori at 07:53
o-rudohimeさ..
by aamori at 07:49
なんだかわかります。 ..
by liebekatzen at 19:05
今 ヨーロッパでもブラン..
by o-rudohime at 17:50
showsun1203..
by aamori at 08:10
febさん、昨日の名古屋..
by aamori at 08:06
liebekatzen..
by aamori at 07:59
o-rudohime ..
by aamori at 07:54
タグ
(487)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧