絵を描きながら

<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

テベレ川

ちょっと前のブログで ダン・ブラウンの小説の話になってから、
ローマを描きたくなりました。
d0193569_1034261.jpg

 F3号 小さな絵
ローマを流れるテベレ川沿いを歩きました。
川の流れる都市は好き、そしてローマはやはり、ほかにはないものを持った街。
歴史の重みがあるので、ずっとずっと描きにくかったけど、描いてみました。
 今後、時々、重みのある街も書いてみようと思いました。
川や橋が好き。

ソチのオリンピックももうすぐ終わります。けっこう楽しみました。アスリートはかっこいいです。

 めったに見ないアルペン競技。あんなに滑れないけど(あたりまえだ)、
またスキーに行きたくなりました。

 アルペン競技のおねえさんたちかっこいいですね。
彼女たち髪が長い人が多くて、ヘルメットから髪をなびかせてすべる姿、絵になります。

 髪が長いのは、ワールドカップを転々と移動して、決まった美容院に行く暇がないのだと思うのですが。
ちがうかな?テニスの選手も髪の長い人が多い。

私も、髪の短いときと長いときを繰り返してます。
ひきこもり(?)がちに面倒になると長くなります。
長いと、シャンプーはめんどうだけど、寝癖の心配はいらないし、、、、
そして、今また長いのですが、、、、、年不相応の声も、まぁいいじゃないですか

 
d0193569_10171048.jpg

猫の後ろ足はだいぶ回復しました。
このポーズ、昔の漫画思い出しました。そうです。こまわり君

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-02-23 10:21 | | Comments(6)

ブーゲンビリアの家

 植物がからみついた建物、大好きです。
d0193569_931346.jpg

4号、小さい絵だし、わりに早く描いてしまいました。

 ローマのバチカンのそばの裏通り。ローマ、ブーゲンビリアが育つなんて、暖かいのね。
d0193569_9332371.jpg

d0193569_9335277.jpg

遺跡や歴史的建造物もよいけど、裏通りに惹かれます。
絵を描くのには都合よい、名所だと、「あれ!違う」とばれてしまうもの。
d0193569_9353885.jpg

こんなものも売っていて、買って帰りたかった。照明器具のお店。

 だいぶ前の旅だけど、思い起こして、ローマを描いています。

ところで、毎日オリンピックの番組、楽しんでいます。
日本もメダル取れているしいいですね。

 放送では、苦労や努力の話を流しています。

 でもね、もともとオリンピックは天才たちの集まりです。
天才だから、努力もできるのです。

 もちろん、冬のスポーツだから環境もあります。雪と氷が環境になくては、、、、、。
運もあります。怪我やちょっとしたことや、、、、。

 でもね、何年もがんばった葛西さんも、天才です。
ジャンプやるだけでも、天才。

 もって生まれた才能はちゃんと使わなければね。天才だから、諦めなかったのです

 努力だけでもだめ、もちろん努力なしでは、ほかの天才たちに勝てません。

 なんとなく、日本は才能とか天才であることを二の次にした放送をしているような。

時々、「アメリカンアイドル」と言う番組を見るのだけど、
あの番組では才能の有無を大事にしています。厳しいくらいに。
talentedという言葉が多く使われてます。審査員の言葉は厳しい。

 オリンピックをみながら思っていることを。天才の技はすばらしいです。楽しいです。
選手のドラマもふくめて、、、。負けた人も、勝った人も、よいものを見せてくれます。


ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-02-19 09:57 | | Comments(6)

うちの猫、藤田の猫

 後ろ足に力の入らなかったうちの猫、だいぶ回復しました。
まだ、歩き方は変、笑うと傷つくようです。
d0193569_11343135.jpg

この高さまであがれます。いつもならぴょんといっきに飛び乗るのですが、前足の力をかりて上がります。
えさを床におくと食いしん坊の犬が食べるので犬の届かないところに置いてます。
調子悪いときは、ニャーと言う命令で下においてあげていたのですが、
しらないうちに自分で上ってました。

 
d0193569_11381490.jpg

床でのびのび

d0193569_1139540.jpg

気にいっている美術書です。
藤田の乳白色のヌードは有名ですが、私はヌードはそんなに興味ありません。女ですもの。

 彼の描いた猫はとってもいいです。
藤田 嗣治は従軍画家として戦争画を描いて、長い間批判にさらされ、
絵はフランスで絶賛を浴びたのに、当時日本では評価を得られなっかったのです。
d0193569_11495542.jpg

愉快な猫の絵。
d0193569_11502225.jpg

こんなお茶目な猫の絵も。
d0193569_1151239.jpg

藤田氏と猫。

 日本で、けなされ続けた藤田。
フランスでもてはやされていた藤田への嫉妬がにおいます。

 たしかに彼は変人で、優等生的な人ではありません。

 変人なこともてつだって、当時批判の的になっていたようです。

 嫉妬の処理はこれからも日本の課題です。

たしかにうらやましいと思う感情は仕方ありませんが、
こんな風に、才能ある人をいじめるような形は、みっともない見苦しいことです。

 藤田のことを思うと、日本人の言動は恥だったと思います。

 「女も猫も似たようなものだ」「女にひげをつければ猫」と藤田は言ったようです。

 私は女の絵より猫の絵のほうが好きよ。

こんなふうにうちの猫もかいてあげたいけど、、、、。



ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-02-14 12:01 | | Comments(4)

雪の中、六本木

 雪の中、出かけました。非日常的体験。
d0193569_803864.jpg

 まずは、銀座。人通りも少ない。ランチもすいていた。
d0193569_82834.jpg

 国立新美術館入り口(乃木坂より)
d0193569_881323.jpg

外はきれいな雪景色
d0193569_892100.jpg

 全日本アートサロン絵画大賞展、2点、展示されている私の絵。
d0193569_87498.jpg

 もうひとつ、3階に。はじめて応募した秋耕会。小さな絵でうけつけていたので、8号です。

美術館内のカフェ。いつも込んでいるのにガラガラ。アイスココアを飲みました。

d0193569_8165994.jpg
 
美術館。六本木側より。
d0193569_8184415.jpg

ミッドタウン。
d0193569_81975.jpg

うちからの風景も。非日常的。

 オリンピック、選手たち、プレッシャーのなかで、演技。大変だわ。
絵は楽チン。出してしまえばいいのですもの。

 わたしも、ピアノ演奏を控えてます。
小さなことですが、緊張が。ドラムにあわせられるか、、、
繰り返しをわすれそうとか、、、、。

 パフォーマンスしなければならないことは、大変です。

それに比べて、
 絵は、楽だわ!

 対戦するような試合は、相手があるのですが、また、気持ちの持ち方が違います。
相手にあわせて、集中すればいいのです。
モーグルやフィギュアースケートなど演技するものは大変よ。
集中の仕方が自分の中でです。

 ちょっと心境お察しします。おちついてがんばってほしいです。



ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-02-09 08:33 | | Comments(8)

大自然の中で、うちの猫のこと


d0193569_12381975.jpg

大自然の中で
P20 私にしては大きな絵
カナダ、キャッスルマウンテン
山だけでもよかったのですが、欲張ってしまいました。人はおまけ。
人はいらないと言う意見が出てきそうです。

 カルガリーにいる息子、最低気温がマイナス40度になることもあるらしく危険。
夜に、暖房が壊れ、その夜はマイナス25度。
生死にかかわる問題なので、業者が修理にすぐにきてくれて、
夜中の12時ごろに治ったとか。
業者は24時間体制でスタンバイしているようです。
住んでいる場所で、暮らしも人の感覚も違ってくるでしょうね。

 猫の話です。
何かにあわてて高いところに急に飛び乗ろうとして、失敗。
その後、右後ろ足に力が入らず、移動も大変。

腫れてはこないし、動くようなので、麻痺や骨折はなさそう。
人見知りの激しい猫なので、獣医さんの診察をうけるのもかわいそうなので、様子を見ることに。

 前足の力だけで、移動、あまり食欲はなさそうで、
それでも、トイレにいったので、えらい
その日の夕方には少し食べてくれて、一安心。
 今日は4日目。腰が下がっているけど、何とか歩いてます。良かった。軽い肉離れかな?

 猫はえらい。ショックもあったろうし、思うように体は動かないし、、、、。
でも、自分がどうすべきかわかっていたようで、
泣き言も言わず、とくに甘える様子もなく、じっとひたすら安静にしてました。

 母がそういう傾向強かったのですが、
ひたすら自分の体の不具合を愚痴って訴える人。
確かに、気の毒とは思うのですが、どうしてあげることもできない周りの人はうんざり。
同情がほしかったのかもしれないのですが、、、、。
 あんなに体のことを気にしていた母、「自分は虚弱」と言っていたのに、
長生き。弟や妹より長生き。、今も体は健康そうです。

 猫の品格。見習いたいと思いました。自分の体は責任もって受け止めていたようで。
d0193569_12592048.jpg

品があるように思えませんか?

 猫ばかりほめると問題なので、
d0193569_1323267.jpg

犬だって、不調なときは耐えています。
今年の夏は調子をくずして、ステロイドまで飲みました。
今は、元気。

 猫も犬も相手が不調そうだと、
いつものようにはちょっかいは出さずに、ほうっておいてあげてます。
 犬猫に、見習うべきことも多いですよ。

 やさしい私は、猫の嫌いな掃除機を使わず、ほうきとぞうきんの掃除をしています。
高いところに跳びのれないうちは、ほうきで。

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-02-07 13:21 | | Comments(2)

小林カツ代さん

 昔から、料理の本を買うのが好き。
家事のなかでは、料理は好きなほう。それに食べることが最優先。

 昔、新婚のころ、タイトルははっきりおぼえてませんが
「働く女性の急げや急げ料理集」だったかな(?) 小林カツ代さんの本を買いました。
 役に立ちましたよ。なにも、こった料理はいらない。
現実的で日々の生活に役に立った。

 調味料も、計ったことなどほとんど無い私にぴったりの表現、
ぱらぱらっと塩を、たらたらっとおしょうゆを。

 何も無いときのお弁当は、鰹節とのりのだんだんで。などなど。
お弁当はかざる必要はない。私のセンスにぴったり来た。

先日、お亡くなりになりました。くも膜下出血のあと闘病生活だったのでしょうか?

 お世話になりました。お礼をいいたくて。

d0193569_13425582.jpg


 いまも、彼女のレシピは手元にあります。

息子さんのケンタロウさんの料理本も持ってます。

 彼も、事故のあとのリハビリ生活でしょうか?

息子さんの方は、料理がよりインターナショナルでモダン。

 お二人とも、文章が読みやすくて、文才があります。

そして、何より、かんたんに、楽しく料理ができます。

 お二人には、お礼を言いたい。お世話になりました。
ありがとうございました。

 ケンタロウさんの回復を祈ります。

私がお世話になったということは、家族もお世話になったのです。



ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-02-01 13:54 | | Comments(11)



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
嫌なのよね。
at 2017-07-28 09:44
待つのも仕事
at 2017-07-27 10:43
ミス・サイゴン:25周年記念..
at 2017-07-26 16:18
箱入り娘
at 2017-07-25 10:33
テニスのグリップテープ
at 2017-07-24 09:20
最新のコメント
夕焼けのモニュメントバレ..
by o-rudohime at 15:29
showsun1203 ..
by aamori at 08:24
liebekatzen..
by aamori at 08:21
o-rudohime ..
by aamori at 08:17
こんばんわ~ 日本..
by showsun1203 at 19:55
運河沿いで寝そべっている..
by liebekatzen at 17:44
絵を見た途端にヴェニスが..
by o-rudohime at 17:15
liebekatzen..
by aamori at 07:53
o-rudohimeさ..
by aamori at 07:49
なんだかわかります。 ..
by liebekatzen at 19:05
今 ヨーロッパでもブラン..
by o-rudohime at 17:50
showsun1203..
by aamori at 08:10
febさん、昨日の名古屋..
by aamori at 08:06
liebekatzen..
by aamori at 07:59
o-rudohime ..
by aamori at 07:54
タグ
(487)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧