絵を描きながら

aamori.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

31日

 特に大掃除もしないし、おせちも作らない。
お正月用のかまぼこなどは、もう食べちゃった。
つまんでいたら、終わってしまって
また買ってこようっと。
けじめのない生活。明日は夫の誕生日。でも、とくには、、、
イベントをしないうちです。
子供のころは、大家族的なことしてたけど、、、(若い頃も少しは)

 ロンドンでのミュージアム、せっかく写真を撮ったので、at randomに
d0193569_871619.jpg

 V&A Museum
装飾のすごいピアノ、どんな音がするのか確かめたくなるけど、そこまでは許されてません。
d0193569_8111334.jpg

National Gallery London   ルノアールはどこの国でも人気。人が集まる。
d0193569_8124953.jpg

ルノアールの花。写真がピンボケというよりなんとなくフワフワとする縁取り。好き。
d0193569_8161454.jpg

Tate Britain  本で見ていたターナーのバチカン。本物を見た!!
d0193569_8175065.jpg

d0193569_840202.jpg

ターナーの靄のかかったような風景画。
この靄をまねしたいのです。
d0193569_841422.jpg

d0193569_8193663.jpg

d0193569_8414244.jpg
 
d0193569_8511949.jpg

ターナーを見て、例えば夕焼けとか自然の空を描いてみたくなって、
ちょっとチャレンジ初めました。全然真似はできないけど、影響だけは受けちゃうのです。

 影響の話。
寝る前に読んでいた本。「ロスチャイルド」お金持ちに興味を持って。新書。
城のような館について書いてあるところで、眠ってしまい。

 ゆめで、ロスチャイルドの屋敷の食堂に。
ろうそくのある長いテーブル。

 でもですよ。でてきたのはあんドーナツ
ちゃんと好きなこしあん。食べようとしたら目が覚めて。

 ロスチャイルドの館までいって、あんドーナツ。
でも、おいしいあんドーナツを食べたいのは事実。
他に、発想はできなかった。お里が知れます。
せめて、アフタヌーンティーの3段のお皿とか、、、出てくれば決まったのに。

 影響されても、そこまででした。夢は自分をごまかせない。

 初夢はどうなるかしら??


ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-12-31 08:34 | 日常のこと | Comments(0)

水鳥

 毎日出会う水鳥たちです。
d0193569_92077.jpg


 これはカモ。近づくと、慌てて逃げます。
「とって食わないよ!」と言い聞かせるのですが、、、
(鴨鍋は大好き、カモ肉は好きです)
この子たちを取って食べるのはとんでもない、結構かわいい。

d0193569_9221485.jpg

d0193569_9224164.jpg


いろんな種類の水鳥が、共存しています。
時々、よその池(この前行った六義園とか)では、いじめっ子の鳥がいて、
人間社会のようでした。

ここ、家のそばの鳥たちははなんだかのどかで、イイ感じです。

d0193569_9261640.jpg

d0193569_9264040.jpg

 この黒い鳥はくちばしがとがっていて、カモよりは肉食系のバンではないかと、、、

 カモも、バンも、水に潜って、上手に素早く泳ぎます。
潜って、しばらくたつと浮いてきて、
彼らの食事時間を見てるのって、意外に面白くて飽きないです。

 
d0193569_9304398.jpg

M6(410×242mm) 6号の Mサイズ初めて使ってみました。
何の絵だかわかりにくいかなぁ?鳥もいるのだけど?わかる?

 カルガリーの息子のところの秋の池。
d0193569_9332841.jpg

d0193569_9335636.jpg


 今は、雪に埋もれていることでしょう。
広々とした雪原、
d0193569_9372847.jpg

 ないものねだり??海と温泉が恋しいようです。

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-12-29 09:44 | | Comments(2)
 もっと撮っていたナショナルギャラリーの絵
d0193569_11564591.jpg

 コンスタブル 1833から6年ころ
d0193569_1159115.jpg

 水面の絵、いいなと思いました。
AKSELI GALLEN-KALLELA 1905年
d0193569_1221768.jpg

雪景色を描きたいと思って、まねしようかと
CASPER DAVID FRIEDRICH 1811年
d0193569_1234036.jpg

PAUL SHGNAC 1866年
d0193569_1261854.jpg

雪景色、まねっこのために、
PISSARO 1870年

 風景画が好きなんだ!! と改めて思いました。

朝の犬の散歩
d0193569_1294071.jpg

d0193569_1210739.jpg

その時に見る風景だって、うまくすれば、絵になりそうですが、、、、
d0193569_1211672.jpg

冬は水鳥がいっぱい。去年より多いように思えます。

 先日、汐留ミュージアムにキリコを見に行きました。

友達曰く、意外な混み方、図録は売り切れてました。
日本で、そんなには受けないと思ったって。

 はじめ、キリコはまねされ、古典派に筆のタッチとかを
それこそマネしながら、研究したようです。
ティツィアーノが特にお気に入りだったように記憶してます。

 アイデアだけだと絵のマネはされてしまうようです。

古典を学んだあと、また元のキリコを味を変えて(?)
やっぱりシュールな世界に。不思議な感覚。

 私はキリコのマネはできないし、やらないと思う。
アッ!それでも、古代の遺跡は何となく真似して絵に描きたいと思いました。

壊れた神殿とか、、、 
 

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-12-26 12:24 | | Comments(4)

ターナーその2と銀座。

 もう少しターナー作品を追加。
d0193569_17371641.jpg

 こんなあっさり作品が好きです。
d0193569_17375531.jpg

 静かな作品。まねしたいけど、、、、
d0193569_17385279.jpg

 勢いがターナーらしい。ハンニバルのアルプス越えの絵だったかしら?
d0193569_17401663.jpg

 今日はこのくらいにして、クリスマスイブなので、
昨日の銀座

d0193569_17424275.jpg

 ミキモト
d0193569_17435750.jpg

 ブルガリ、これはクリスマスでなくても光っています、結構好き。
d0193569_17451795.jpg

 ダンヒルにブルガリの蛇が映ってます。
d0193569_17463320.jpg

 ティファニー、ちょっとうまく撮れたかな?
d0193569_17465036.jpg

 1丁目の花屋さん、安いので気に入っています。
日曜日はやってないけど、昨日は休日でも火曜日で開いてました。

 デパ地下はすご~い混雑でした。

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-12-24 17:49 | | Comments(4)
 もうすぐクリスマス、その前にアップしたほうがよいような絵なので、
たくさんの名画のあとなんですけど、
そして、もう少し巨匠の絵をアップもするつもりですが、、、

d0193569_8541227.jpg

F10(530×455mm)
雨上がりでした。巨大な樅ノ木とネルソン提督の像。
d0193569_924364.jpg



 20年ぐらい前は、海外のイルミネーションに感激しました。

今は、日本のクリスマスイルミネーションすごいです。

トラファルガーの樅ノ木のイルミが地味に見えました。

 今年の銀座ミキモト、
暗くなると、色がどんどん変わっていきます。数秒で変わって、
あんまりに、いろいろなので、写真は撮りませんでした。
人々が、スマホで撮ってます。おお~っと思うほどきれいです。

 お店の中なので、外から覗くだけですが、ティファニーのツリーがきれいだと思います。
上品に水色系で。
写真はなくてごめん。買わないので、(買えないので)店には入りませんので。

 クリスマスが終わったら、見られなくなるのは寂しい。
d0193569_97023.jpg


d0193569_973321.jpg




d0193569_9181149.jpg

写真は六本木ミッドタウン。昼間ですが、夜はもっときれいに見えるのかな?
d0193569_9201659.jpg


ロンドンヒースロー空港のそばのホテル。プレゼントの箱がなんだかいいな。

 キリスト教は信者ではないけど、ツリーとプレゼントは好き。

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-12-22 09:20 | | Comments(6)

ターナーいっぱい

 ロンドン旅行が決まった時、どうしよう、そうだターナーをみよう!
ファンなんです。いっぱいありましたよ。

 日本でも、最近ターナーの展覧会があって、
あれは、去年の今頃の上野でした。お金を払って並んで。

今回はどこも無料。並ばずに、写真もOK。触れるほどのところに展示されていて。
d0193569_945034.jpg

テートブリテンのターナーコレクションのお部屋。窓の外はテムズ川。

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(Joseph Mallord William Turner)、
(1775年4月23日 - 1851年12月19日)18世紀末から19世紀のイギリスのロマン主義の画家。

ちなみに印象派のクロード・モネ(Claude Monet, 1840年11月14日 - 1926年12月5日)
そのだいぶ後の人。

 ターナーは印象派の前に印象派的なことやっちゃてます。絵具の違いとかはあったと思いますが、
d0193569_9303739.jpg

d0193569_93123.jpg

古典的な作品、嵐の海が好きだったのね。
d0193569_9322450.jpg

映画「ロード・オブ・ザリング」最後のシーンが浮かびます。、これのまねしたのでは、、、
d0193569_9345361.jpg

画面の隅々まで見てしまいます。ターナーは旅行好き。コンスタブルとの大きな違い。
d0193569_9361217.jpg

風景画。ひろびろ
d0193569_9371396.jpg

ターナーのベニス、。

まだまだ、きちんとした絵を描いてます。きちんとというと??だけれど、、、

 空、水、空気、のちに大胆に突っ走るターナー作品の兆しも見れます。

今日はこの辺で、

 イギリスはどんなにかターナーを誇りに思っているかよ~くわかりました。
そして、ただで見せてくれています。

 短いロンドン滞在も、行った甲斐がありましたよ。

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-12-20 09:52 | | Comments(2)
 ナショナルギャラリー、目立った絵
d0193569_15484323.jpg

 馬は絵になりますね。スタッブスという人の絵。
d0193569_15503618.jpg

「空気ポンプと鳥の実験」ダービー
このような人間の絵、すごいなと思います。

 そして人間の絵、怖くって写真も撮りませんでした。臆病で怖がりなんです。
でもしばらく目が離せなくなる。
「ジェーン・グレイの処刑」の絵。ポール・デラロシュの作品。
この絵のように、これから斬首されるジェーン・グレイが明るく光に当たっていて、
嘆く乳母と首切り役人が両端に暗く描かれ、。
ジェーングレイはまだ17歳(?)、きゃしゃで白いドレス。
目隠しをして、頭を載せる台を探していて、血を吸うためのわらが敷いてあって
雑誌や本でこの絵はみたことあるけど、本物は初めて、恐ろしい絵です。
これから起こることを思うと怖いです。
映画のシーンみたいです。
 恐ろしい絵を描く画家の心境は?
日本の歴史も、怖いけど、このように絵に描かれると、イギリスの歴史はほんと、怖い。

d0193569_1603621.jpg

d0193569_1623844.jpg

 Gainsborough 地味な感じの風景画。
d0193569_165249.jpg

 Constable やっぱり地味な感じ。牧歌的な雰囲気は好きです。
d0193569_1663218.jpg

 Richrd Wilson
このころの風景画、絵具の色がこんなものだったのかしら?

ヨーロッパの古い部屋には似合いますが、現代のモダンな感じの部屋にはちょっと。

それでも、広々とした風景。上手な絵。結構好き。

d0193569_1614753.jpg

アングルの、アンドロメダのお話の絵。
子供のころ読んだギリシャ神話のアンドロメダは裸ではなかったし、
こんなに色気もなかったような。子供心にも、このシーンの挿し絵は劇的だったな。
小さな絵です。


次回はターナーの絵をアップしたいと思います。


ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-12-17 16:21 | | Comments(2)
 ロンドンナショナルギャラリー、無料だし、写真撮影もできます。

日本の美術館、なぜあんなに撮影にピリピリしているのかしら?
フラッシュは絵によくなさそうですが、フラッシュ禁止にすればいいし。
昔の人の絵なら、著作権の問題もないのでは。

 今回はべ二スの絵。
d0193569_9354477.jpg

 Canalettoという人の絵です。
 
ベニスって、昔の絵でも、今と船と人の服が違うだけで、、、同じような風景。
船だって、今も同じようなゴンドラが、
そこにいつも、魅力を感じます。

d0193569_9383825.jpg

パラッツォ・ドゥカーレ、今もそれほどの違いはないかな?

当時って写真もないのに、こんなにちゃんと描くって、画家はすごい。

d0193569_9423453.jpg

静かな絵、好きです。
Canaletto、名前からイタリアの画家かしらね?

 ベニスって描きたくなる魅力的な街です。
イギリス人にとっても魅力的な街だったと思います。それで、集めた。

絵って、何を描くかが、一番考えるところ。
ベニスは考えなくったて描きたくなります。きっと昔も今も。

d0193569_9471042.jpg

まがって撮影してしまいました。たぶん正面に人がいたからかしら。
モネのベニス。

 疲れていたし、ただで入ったと思うと、貧乏根性で、
あまり欲張らずに、さっと見て回ったロンドンナショナルギャラリー
料金を払ったら、もとを取ろうと思って、もっとあちこち見たかも。

d0193569_9503645.jpg
 
天井。
d0193569_9505850.jpg

クリスマスツリーも飾られて、
d0193569_9513299.jpg


美術館のツリー飾りの色合いは、こんな感じ。好きな色合いです。

また、すこしづつ、美術館の絵をアップするつもりですが、

名画ばっかりアップしていると、
自分の絵のアップが気後れしそうな気がしてきました。

まずいかな!!!


ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-12-16 10:00 | | Comments(0)

ロンドン最終日午後

旅の最終日。昨日見れなかったウェストミンスター寺院の中を見ようと思って、
もう一度。

d0193569_8441148.jpg

でも、まただめ。セレモニーに参加、というか真面目な信者はいいけど、観光はダメ。
みそこなって、ロンドンにも宿題を残してしまいました。

隣の国会議事堂。天気が良いと、写真ははえます。
d0193569_8113033.jpg
 
夕日を浴びた国会議事堂。壁面の細かさがすごい。
d0193569_8121914.jpg

入口(?)のアーチの部分もすごい。レリーフが細かい。
建物がすごいと国会は大事な機関だと思えます。
今日、日本は衆議院選挙だけど、果たして投票率は?
国会議員にどのくらい期待できるか?・・建物のせいだけではないけれどね。

 そして、歩いて、美術館テートブリテンに。
d0193569_8174659.jpg

 橋の向こう側に、ロンドン・アイ。大きな観覧車。
d0193569_8194685.jpg

 イギリスの警察の絡んだドラマが好きで、よく見ます。この色のはテレビで見たことない。

d0193569_8244643.jpg

テムズ川沿いに歩いて、これが歌にあるロンドン橋?落ちた橋?

d0193569_8254880.jpg


ターナーコレクションを誇るテートブリテン。
ここの美術館も無料。・

見た絵については改めて。

d0193569_828772.jpg

お世話になった地下鉄。路線の違いの目印は、車内のの手すりの色みたい。
d0193569_8313274.jpg

お世話になったホテルのロビー。

 ロンドンのファッション。地味目。カラフルではない。
冬だったせいもあるけど、黒を基調とした女性が年齢に関係なく多かった。
ブランドバッグも目立たず、オシャレに頑張っているイメージはない。

時々、頑張る人はレディガガに近い。

ちょっとした感想です。


ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-12-14 08:40 | | Comments(4)
大聖堂(カテドラル)見るのって好きです。
人が頑張って作った建物、たいてい厳かな気持ちになるようにうまく作られています。

まずはセント・ポール大聖堂

d0193569_9301554.jpg

こっれって、ミュージカル映画、「メリー・ポピンズ(1964)」挿入歌♪"2ペンスを鳩に"のところにでてきた大聖堂。
Early each day to the steps of Saint Paul'sで始まる歌です。
d0193569_9362885.jpg

 なんだか周囲の雰囲気は映画で思っていたのとちがったけど、建物は映画の大聖堂。
鳩もいたけど、映画で飛んでいたほどには多くない。

メリー・ポピンズは映画より前に、子供のころに児童書で読んでいて、
あの絵本の挿し絵が好きでした。
映画のジュリー・アンドリュースのメリー・ポピンズは
ソフトでやさしすぎる気が子供ながらにもしました。
メリー・ポピンズって魔女?
本では、そう、ちょっとこわいし、結構自分勝手なような。子供のころの記憶ですが、、、


ランチは大聖堂前のお店。場所がイイから混んでいました。
d0193569_9423961.jpg

食べ過ぎ気味の夫はヤギのチーズのサラダ。
d0193569_9433980.jpg

私は、スモークトラウトのオープンサンドウィッチ。
この赤い円錐形の実(?)、なんですか?どなたかご存じだったら教えてください。
味は良かったですよ。

 場所を移って、ウェストミンスター大聖堂
これは、有名なWestminster Abbey.(ウェストミンスター寺院)とは違う建物です。
d0193569_9483543.jpg

塔は高くて写真に納まらず。大聖堂は立派だから好きです。
d0193569_9491878.jpg

東京駅風の煉瓦、東京駅風の建物は、町を歩いていると普通によく見かけました。

d0193569_940464.jpg

内部です。比較的地味目で、やっぱり厳かな気持ちに。


d0193569_9543810.jpg

ちなみにピンボケですが東京駅。あれっ!!結構違いますねぇ。


ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2014-12-13 10:07 | | Comments(0)

趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。


by ATSUKO