絵を描きながら

aamori.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

些細な自己陶酔

 イスタンブールが、ひどいことに、
好きな街だし、絵もだいぶ描きました。

 テロリスト、自爆するって、とんでもない自己陶酔にはまってます。嫌いだ~~!!

d0193569_992035.jpg
 

 でも、些細な自己陶酔だって、嫌いです。
今日は書いてみたくなりました。

身近な人のセリフです。
80代女性、「私は悪いことは一度もしたことない。お人よしです。」

 そういいきってしまうって、自己陶酔。法律や倫理の問題ではないです。
自分では気が付かないところで、
自分の言葉や行動で人を傷つけたこともあるだろうなんて、思わないのかしら?

 そのぐらいのレベルの自己陶酔なら、いっぱいありませんか?

自分は善人でよい人だと信じ切っている人。自分の考えは正しいと思いこんでいる人。

 もしかすると深いところでは、そう思ってはいなくて善人のふりをしているのかも、、、

 でも、意外とこの些細な自己陶酔、恐ろしいのです。
d0193569_9144187.jpg


 政治家はまぁ、そういう人たちということであきらめてますけれど、
そうでないとやれないですから、、、賢ければ、ましです。
賢さは絶対に必要。たぶん、賢ければ、自己陶酔しないで冷めた目で自分を見れてます。

 教育関係、医療関係、
自分はよい教育者と信じている。自分はよい医療をしていると信じている。

 医療は、医者もナースも福祉関係者、ケースワーカーもです。

 自分がよい人と信じている人って怖いです。価値観を押し付けてくることも多い。

 怖いのは、自分はよい親だと信じている親たち。子供は、、、嫌よね。

みんなこういう人たちは一生懸命他人のためにやっているといいます。

 ちょっと恩着せがましい、反論もしにくいです。

d0193569_9194632.jpg


 こういう人って、自分が一番大変な目にあっていると思うようです。
チョットした苦労を大げさに言うタイプが多いような。

 意外とほかの人のことは見ていません。ほかの人の苦労は見えていない。

 
些細な自己陶酔ってバカにできません。

 でも、自己陶酔している人には勝てない私です。

あとで、「ちっ!」”Shitt!"

などと言って、終わりなんですが、、、ちょい悔しい。

 そして、自分も何より、正しいとかえらいとか思わないように、、、
自分に言い聞かせつつ


そうそう、自分は立派な親だなんて、思ってませんよ。これだけは、、、言える。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-06-30 09:29 | 思うこと | Comments(2)

まねしたいなぁ、、、


 イギリス、どうなるのでしょうか?
私個人はそれほど影響されないようなので、
歴史の流れを楽しむみたいなところがあって、、、、

 もともとイギリスのお金はユーロではないから、離脱も簡単に思えたのでしょうね。

 遊び半分の私、
最近20ポンド札が、好きな画家のターナーに。
20ポンド札がほしいので、イギリスに行きたいなどと思うのです。

d0193569_11471679.jpg

このお顔がお札かしら?

 次に、どれを描こうか?と考えている時間が長いのです。
描き始めたら、もう自分のやり方しかなくって、どんどん行くみたいで。

 まねしたいなぁと思う画家って数人なのですが、
まねしたいと思うのは、ちょっと自分に近いところがあるから、、、
などと、傲慢な考えがあるわけで、

 めちゃくちゃうまい巨匠のターナー、なんぞを

うちにある水彩画の本、フランス語なので読めないのですが、、

d0193569_11513976.jpg

これは細かいです。
d0193569_11522428.jpg

このくらいぼんやりなら描けそう。

印象派以前、油絵具のチューブがないころ、

もちろんカメラもないから彼にとっては、メモした程度の絵だったのかも、
d0193569_11551097.jpg


とってもいいなぁと思うのです。

d0193569_1156379.jpg

そして私の写真。
d0193569_11565225.jpg

帆船がいるとターナーのころみたい。
d0193569_11573963.jpg

船は今の船、でもターナーのころと同じ建物。

まねって、よくないのかもしれないですが、
参考に、考えてみたい景色です。さて、どうしようか?

 この本の絵、時々アップしたいと思います。大好きです。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-06-29 12:06 | 思うこと | Comments(0)

ビールを飲みながら

梅雨時ですが、なぜか日曜日は晴れです。
午後はテニスをしました。私はテニスで遊んだけれど、夫は仕事。

 テニスをした後はとても、夕食など作る元気は残っていないので、
午前中に、夕食はすぐに食べられるように準備。

 ビールに合うようなものです。

テニスののち、何とか犬の散歩をこなし、入浴後、

さぁ、お楽しみ。夫はまだ帰ってこないけれど、もうのどはカラカラ。

d0193569_8364822.jpg

ビールというと、どうもドイツのイメージでジャガイモ。
レモンとオリーブ油、ハーブソルト。冷やしておきました。
ツナも散らしました。

d0193569_8391699.jpg

冷やしゃぶサラダ、これも冷やしておいて、食べる直前ににトマトを足して、
おいしいと思ったのは、パクチー。大目に使いました。

パクチーは苦手との声もよく聞きますが、
この季節、このタイミングで、とってもおいしかったです。

 ビールを飲みながら、サラダをつまんで、
「人生はなかなかいいもんだ。」と思いつつ、
(これは今読んでいる、アメリカ女性探偵のセリフ。彼女は朝のジョギングの後に、
シャワーとコーヒーで、このセリフ)

 ビールで半分よい気分のころ夫が帰宅。

ビールのアルコールの作用もあるかもしれませんが、
身体のほどよい(結構ひどい)疲れは幸福感が出る気がします。
ぼんや~り.

 ストイックなスポーツは嫌で、つらいのも嫌いですが、
(ランニングや登山はやらない。)
スポーツはなかなか良いのではと思いました。この疲労感が。

 フォアもバックもストロークがちょっと本来の私(?)のあたりも出始めて、
テニスもやっぱり経験値。
6月はちょっとやりました。

学生のころは、試合とかで、スポーツは義務、ストレスの克服的な
修行に鍛錬といったところがおおかったけれど、、、

 大人になってからは、別の面も。 などなど、思いながらビール350を2本。

d0193569_851218.jpg


そろそろ紫陽花も終わり?

 陸上競技、テレビで見ていましたが、一流アスリートはかっこいいですねぇ。
努力も、楽しんでいたと、、、思うのです。負けても勝っても。

 陸上なんて、シンプルだから、才能だけがものを言いそうですけれど、、、
違うのでしょうね、、、才能プラス練習、頭も使っていろいろ考えるようです。

d0193569_858818.jpg

 
 アスリートとしての才能を授かった人は、才能を生かして頑張るべきなどと思いました。

無理はよくないのですが、才能は生かすべき。

美貌も才能のうちですから、
美貌を授かった人はそれなりに美貌を生かす仕事をすべきだなんて思うのです。

ビールを飲みながら、いろいろと、

そして「真田丸」
見だしたとたんに、居眠りして覚えていません。



テニス、若い人のあんまりいない集まりで、(若い人で40代)
60代が多いのかな?
最高齢のオジサマは80代のようです。
80代のおオジサマ、テクニックが上手、昨日はナイスラン、ナイスキャッチでポイント。
素晴らしいですよ。拍手!!






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-06-27 09:13 | 日常のこと | Comments(6)

ベニス、日が暮れて

d0193569_9211866.jpg

P10(530×410mm)
日暮れ時はきれいだなと。
やっぱりきちんと描いてない。
きちんとどこかを描いたら、やっぱりどこもかしこもきちんと描かないといけなくなるので、、、
このへんで、、、まぁ、いいかと

 今、あちこち痛い。
左の腰、お尻の筋肉の付け根が、、、
寝ていて起きるとき、座って立つとき、、、
これはテニスのサーブが原因かと見た。
最後に左足に体重を乗せて伸び上るから、、、
だいぶ前にやったのにまだ痛い。

 今度は左足の甲も痛い、原因は?
たぶんこれだ!!

 いぜん、ピアノでのリズムとりで空いているのは左足だけと書いたけれど、、
左足でのリズム、最初は、大腿部の筋肉が痛かったのですが、
だいぶ慣れてきて、足首から先でリズムが取れるようになったら、、、

 今度は足の甲、、、、

リズム練習の課題がボサノバ。(曲は別でスウィングジャズ、それも難しい)
なんで、ボサノバってこんなにいろんなところに八分休止符が、、
まったく、リズムが厄介です。

 そして、和音のコードが、
7ならまだしも、9,11、13、それに♯やら♭が、、、

 おまけに私にはテンポが早い、、、苦労します。
 
まぁ、やっていると、一晩寝ると、昨日できなかったことができたりするので、、、
(これは不思議なんですが。)
そのうちに何とかなるとは思っているのですけれど、、、

筋肉痛もだんだん楽になるでしょうけれど、、、なんだか情けないです。イタっつ!!
塗り薬を頻繁に塗ってます。
 
d0193569_9371774.jpg

アガパンサスが咲きだす季節です。

梅雨時にさわやかな色合いで、、じょうぶそうで、いい花ですね。





にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-06-24 09:47 | | Comments(6)

CSI

d0193569_835349.jpg

昨夜の月、満月の1日後です。
満潮時。河口付近の川、稚魚がうじゃうじゃ見えます。
鵜も食事を。結構長く潜っています。

 夫の仕事、ラスベガスでというのが入りました。

昔、ラスベガスに行ったとき、子供が子供だったので、
町の探索はほとんどせず、泊まっただけでした。

 アメリカ西部なら、行けるかな、、それほど遠くない。

というわけで、ラスベガスで盛り上がっていたら、

 影響されやすい私は、明け方に見た夢が、
CSI


自分でも笑えます。
CSIのテレビシリーズ、
『CSI:科学捜査班』( CSI: Crime Scene Investigation)は、アメリカ合衆国のテレビドラマ(海外ドラマ)シリーズ。
作総指揮はジェリー・ブラッカイマー。主題歌はザ・フーの「Who Are You」。

そもそも米国の警察組織では、科学捜査を行う鑑識のチームが実在しているのは他の多くの国と同様である。しかし、このドラマの舞台となるCSI(Crime Scene Investigation = 邦題 科学捜査班)なる名称のセクションはこのドラマ以前には現実には存在していなかった。完全にTVドラマ用のフィクションであった。また、警察内部でもこのような地味ともいえる職種を志望する人員は極めて少数であり、常に人手不足という問題を抱えていたと言われる。ところが本作の大ヒットにより、多くの人がCSIは警察に実在する組織と誤認、ここに就職したいとの志望者が殺到した。そこで各警察署でも科学捜査を行うセクションを独立させ、CSIと命名した、とのことである。そして、このドラマの世界的ヒットにより、各国の警察も米国と同様に組織改編を行ったと言われている。TVドラマの影響力が現実の科学捜査の進展に大いに寄与しており、フィクションであるドラマが現実を動かした好例の一つと言える。
ウィキペディアより



最初のラスベガスの後に、マイアミ、ニューヨークのシリーズがあるけれど、
私は最初のラスベガスが好きです。

マイアミのホレイショ・ケイン は気取りが、、、好きな人はホレイショ・ケイン 好きみたい。

最初の、ラスベガスの捜査班主任ギル・グリッソムが好きです。
警察官というより、科学者といった雰囲気で、

そう、夢に出てきたのは、彼です。

病院と思える場所の廊下を歩いて奥の方に入っていったら、
CSIのラボが、、、
真っ白な壁で、きれい(テレビとは違う)

トイレに行きたかったので、トイレも発見。

ギル・グリッソムが出てきて、「犯人の水虫の菌は君のものと一致」
などというのです。

 そこらで目が覚めたのですが、、、
夢はいつも不思議です。何だろうね、、、

キャサリンも好きでしたが夢には出てこなくて、
彼女を見ると、胸の空いたTシャツにピッタリジーンズがかっこよく思えます。
まねしたいけど、、、ああはならない。無理。

部屋の奥に、ギル・グリッソムの部下がいて、スマイルを送ってくれてました。

その後、ギル・グリッソムの後の主任のシリーズはほとんど見なくなりました。

私の中で、ラスベガスは、CSIとしっかり結びついていたということですね。
  
CSI、映像がリアルで気味の悪い映像を思い出した方がいたら悪いので、

d0193569_942867.jpg

銀座の紫陽花です。





にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-06-22 09:06 | 日常のこと | Comments(8)
d0193569_9104540.jpg

2010年ころ描いたような。
d0193569_9125629.jpg

「上野の森日本の自然を描く展」です。たぶん2011年。

なかなか飛んでいるデザインの建物だと思います。

 昨日の日曜日、東京ビッグサイト(国際展示場)に行ってきました。
伊藤忠商事ファミリーフェアーの招待状をいただいたので、
行ってきました。こういうのは初めてです。
東京ビッグサイト(国際展示場)での、出かけたイベントは今までもっと地味でした。

まず駅を降りると、人がたくさん。
 
何???

二通りの人の群れが、2種類のムード。

何?

若い女性がキャリーケースをガラガラと、車輪の音もにぎやか。
ファッションが、フワフワと、フリル系、、

コミックシティ でした。
コミックシティ(Comic City)は赤ブーブー通信社(有限会社ケイ・コーポレーション)が主催する同人誌即売会。女性向けコミック。



なるほど、、、コミックは長年お世話になりました。
コミックポイ絵はちょっと描けそう、というか子供のころは、描いて遊んでいました。
親は、白い目で、、、

でも、ストーリーは全く浮かばないから、その才能はないです。
ストーリーも大事ですが、やっぱり絵のきれいさで漫画の好き嫌いがあったと思います。
絵がうまい方が好きです。

さて、伊藤忠商事のフェアーで。
広い、いろいろお買い得のものもたくさんあったようですが、

服などは、たくさんありすぎ、サイズもよくわからない。
店員さんと相談しつつ買い物をしている年配の女性(コミックシティとは違うという意味)が目立っていました。

まずは食料品、ゼリー類10個で500円を10個選ぶ。
ジャム、鯖寿司、点心。魚の西京漬け詰め合わせ。もう重い。

その他、マグカップ、1000円。ちょっと気に入ったので。

アフタヌーン・ティーのところで、
エプロン前掛けで長いもの。(絵を描くので必需品)

そこらで疲れて引き揚げてきました。福袋を買うようなノリで楽しみました。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-06-20 09:45 | | Comments(2)

白い家の坂道

d0193569_13475117.jpg

p3(273×190mm)
小さい絵、夏らしい絵では?
アルバイシン(スペイン語:Albaicín)、スペイン・グラナダにある丘陵の地区。

日差しの強い時のスペインの町を描くのは好きです。光と影が強烈。
いつものように、やっぱり曲がってますね。あとで直します。(笑)

d0193569_13585167.jpg

d0193569_14114683.jpg
 
今朝のルッカ、犬は動いて、寝ているとき以外は写真が撮りにくい。

夫に、何が食べたい?「ステーキ」とのこと。

和牛の霜降りでなく赤身肉。薄いのでなく厚い肉。
ということで、見つけたのがこのお店。

d0193569_13581912.jpg


銀座5丁目、晴海通り沿い。シンガポールで人気の店らしいです。

飲み物はシンガポール・スリング(Singapore Sling)を頼みました。
ジンベースのカクテル。甘くて苦い。
綺麗な色です。写真は忘れました。

d0193569_146840.jpg

手前の茶色いのがパン、シュー生地で焼いたパン。肉汁をつけて食べる。
そのまんまでもおいしい。

d0193569_1475999.jpg


上に乗っているのはガーリックのロースト。

量があったのですが、さっぱりしていて、あっという間にお肉を平らげました。
次回はもっと大きいお肉を。

 やっぱりうちは肉食系です。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-06-17 14:17 | | Comments(4)

伸びしろ、楽しみ。

 テレビでフジコ・ヘミングさんのことを見たのですが、
彼女の言っていたこと、
「この次はもっとうまく弾けるように、前回はうまくいかなかったことも」
それで、またコンサートを。
私からみれば、もうこの領域の人は上手すぎて、
彼女の思う完成度もよくわからないのですが、、、ミスタッチ?わかりません。
かなりの高齢、でも力強いピアノ、
調べてみました。1932年12月5日 生まれ、83才。

 ともかく、彼女は自分の伸びしろを希望と努力で楽しんでいます。
もっとうまくなりたいと、闘っています。
それって、幸福です。

d0193569_9435163.jpg
 

自分の伸びしろを楽しむことが、楽しい人生の秘訣かなと思いました。

 うちの両親、子供の時の記憶ですが、
人に優劣をつけて、評価していたと思います。
たぶん、うちの両親だけには限らないことかも、
ほかの人より、優位であることが何よりも大事だと思っている。
(みんなそう?)
評価することは、ほめるにしろけなすにしろ、
自分のほうが上という感じ、今で言う上から目線。
自分はさておいていたのか?自分は優秀だと思っていたのか???

書いていて思い出しました。父方の祖母も、人の評価をしてました。

近所の人、私の友達、親戚も。評価してました。
結構自分の子供はけなしていました。
なんたって、一番の優等生でなかったもの。一番の美人でもないし。
今思うと、とても間違った姿勢、

けなされていた私は、けっこう小さい時は劣等感が。
優越感を持ちたいなと思ってました。

思春期は親が私をうぬぼれの強い子にさせないための教育だと思っていました。

 優劣ばっかり意識するのは、面白くないです。
上には上がいてキリないし、不毛な考えです。

d0193569_9533323.jpg
 

 たぶん、そういう考えの人生観のためか、両親は年を取ってから、元気がなく、
うつ状態、不眠、で、、、原因不明の体調不良の訴えが多く。
精神安定剤を服用。

 母はまだ生きていますが、認知症というだけでなく、人生を楽しめていないと思いました。
今も、抗うつ剤を飲んでいます。

 自分の伸びしろを楽しむべきで、
子供の伸びしろ(?)子供の成功を、親の目的にしてはいけないと思います。

d0193569_9575648.jpg


父は、母よりは趣味があったので、
それなりに自分の趣味の世界の伸びしろを楽しんでいた時もあったのですが、
自分も人の評価をしてきただけに、
悪い評価に傷つきやすく、打たれることに弱かったようです。

伸びしろは自分の中で、楽しめればいいです。

フジコ・ヘミングさんのこと、
彼女が前回よりうまく弾けたかなんて、
私には、わからない(わかる人にはわかることでしょうけれど)

でも、本人がそれで、うれしかったりすれば、
とっても、人生を楽しめていると思いました。

 私??
伸びしろはたっぷりあると自分では思うのですよ。

思うのが自分だけでも、OKです。

ピアノのはなしでなく、いろんなこと全部よ。家事から趣味から、、仕事からなんでも。
美貌は難しい。落ちていくんだろうなぁ。伸びしろは?
「年の割にはよい」という伸びしろがあるか、、、





にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-06-15 10:19 | 思うこと | Comments(6)

怖いベニス

d0193569_143158100.jpg

P10(530×410mm)
市場への積荷です。
観光客が住民より多そうですが、市場では、日々の生活が、、、
面倒くさくって、きちんと描けない。
ありがたいことに、ベニスの建物はきちんとそろっていません。
それでも、ゆがんでいたりまがっていたり、ちょっと後で直します。

パリはそろってます。ユトリロ、線はきちんとが多いです。
(そうでないユトリロもあって、好きですけれど)

ベニスは怖いのですよ。怖いミステリーを空想してしまいます。

d0193569_14382510.jpg

人々がこんなのかぶって歩いている夜。怖い。
d0193569_1439196.jpg

怖いですよ。殺人事件にぴったり。
d0193569_14403830.jpg

ホテルの中、夜一人だと怖い。
d0193569_14411891.jpg

自分で色を塗って、このマスク?メドゥーサの頭、、怖い怖い!!
d0193569_14442217.jpg

この店、不気味。

d0193569_14451562.jpg

この細い道も通り。
d0193569_14461360.jpg

細い道の入り口。
拉致されるミステリーを空想。
d0193569_14472158.jpg

運河沿いだって、いろいろ危険な空想。
d0193569_14482066.jpg

かもめの目つきも鋭い。
d0193569_1449071.jpg

吸い殻の捨てられた歩道。今もかな?
怖さがあるところが魅力。テーマパークとは違います。

d0193569_14501632.jpg

そしてかわいい、ベネチアングラスのキャンディ。
怖くない。





にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-06-13 14:55 | | Comments(6)

レモンリゾット

影響されやすいです。
ベニスの絵を描き始めて、写真もいろいろ眺めて、

 そう、イタリアン。レモンリゾットを食べようっと。

意外に簡単です。いろいろあるのでしょうが、私のは、
玉ねぎとお米をバターでいため、コンソメスープを少しずつたしながら煮る。
出来上がるころに、レモンを絞ったものをかけます。アルデンテ!!
鉢植えのイタリアンパセリをちぎって足して、パルメザンをたっぷりかけて終わり。

 今の時期にとってもおいしいです。おすすめです。

これだけというわけにはいかないから、盛りだくさんのサラダとあわせて、、
昨日の晩御飯です。

d0193569_13484447.jpg

ベネチアングラス、皆様お好きなようで。きれいですもの。
d0193569_13492716.jpg

tattoのおにいさん(おじさん?)がガラス職人。
d0193569_13512750.jpg

器用に作ります。

昔、大学での理科の実験(理系)でガラスを作ることがあったのですが、
私は全くうまくできなくて。
これがうまくいっていたら、もしかしてベネチアングラスをならっていたかも、、、
カラフルなガラス。楽しそうです。
d0193569_13543289.jpg

絵の具を使うように、
d0193569_13553357.jpg



d0193569_13561728.jpg

これはミロの絵のイメージ。

d0193569_1357294.jpg

カラフルで、キラキラ

d0193569_13584769.jpg

上の方も
d0193569_1401972.jpg

フリーマーケットにも
d0193569_1411390.jpg


d0193569_1415823.jpg

一緒に行った中国人の若い女性、彼女がかわいい写真を撮っていて、
お借りしましたよ。
d0193569_1433153.jpg

d0193569_1452657.jpg

旅のホテルで、眠りにつく前に、色がキラキラ頭の中をめぐっていたのを思い出しました。

d0193569_147424.jpg

色で、アクセサリーのコーディネート。
イタリア人はおしゃれだねぇ。





にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-06-11 14:16 | 食べ物 | Comments(9)

趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。


by ATSUKO