絵を描きながら

<   2017年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

朝の犬の散歩、6時頃で結構早い(犬が行きたがる)のですが、朝の気持ちよさを味わえます。
d0193569_8421265.jpg

このバラがきれいに咲いて、形も色も好きです。バラらしい形。
d0193569_8432837.jpg

さつき、さつきはこの色のものが強いのかな、、
d0193569_8444796.jpg

どくだみ、祖母に、子供のころドクダミを煎じたものをよく飲まされました。
水疱瘡には、つけられて、祖母は効くと信じていました。
効いたのかどうかは不明。
d0193569_8464953.jpg

アガパンサスのつぼみが出てきました。もうすぐ咲き出すと、梅雨かな。
d0193569_848077.jpg

地域ネコ、顔なじみになって、あんまり警戒はしなくなりました。

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition

by 為末 大 (Author)


今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

本のあちこちに散らばっている彼の言葉を、、、

「勝ちやすいところを見極める」
こうした考えを表明することは、今の日本ではリスクが大きい。
「私がこの種目を選んだのは、勝ちやすいからです」
そんなことを言おうものなら、世間の人は言うだろう。
「動機が不純だ」
特にスポーツ界においては「動機の純粋さ」というものが尊ばれる。
日本人は特に、どんな不利な条件に置かれても、不断の努力によってそれを克服し、
頂点に上り詰めた成功者のストーリーを好む傾向がある。


初め100メートルをやっていて、400,400ハードルに変えていくときに、
それなりに悩んだようです。世間の空気も気になったよう。

世の中には、自分の努力次第で手の届く範囲がある。
その一方で、どんなに努力しても及ばない、手の届かない範囲がある。
努力することで進める方向というのは、その能力に見合った方向なのだ。

なかなか良い言葉だと思ったのは次、

人生は可能性を減らしていく道程でもある。
年齢を重ねるごとに、なれるものやできることが絞り込まれていく。
可能性がなくなっていくと聞くと抵抗感を示す人もいるけれど、
何かに秀でるには能力の絞り込みが必須で、
どんな可能性もあるという状態は、何にも特化できていない状態でもあるのだ。
できないことの数が増えるだけ、できることがより深くなる。


一見否定的、ネガティブに見える言葉、、かもしれないですが、
私は、こういう感覚が好きです。
世界と戦って、世界を見てきた人だから言える言葉かと、、、







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-31 09:29 | 植物 | Comments(13)

小さい花

大きな豪華な花も好きですが、小さな花も好き。
d0193569_1185536.jpg

ミニバラがたくさん花をつけました。
d0193569_1195060.jpg

ミニバラの隣にあった、小さい花、、かわいらしいなと思います。
名前なんだろう?


諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition

by 為末 大 (Author)


今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

本のあちこちに散らばっている彼の言葉を、、、

「やればできる」「夢はかなう」「君には才能がある」
これまで多くの人が誰かに言われてきた言葉だろう。
この言葉に励まされたからこそ成功を手にした人がいることは否定しない。
こうした言葉を伝えることが優しさという時期もある。

日本人は、この「やればできる」という言葉を好んで使う。
しかし、言葉の意味を考えると、おかしなことに気づく。
少しひねくれた意地悪な物言いかもしれないが、あえて言う。

「それじゃあ、できていない人はみんな。やっていないということなんですね?」

論理的に突っ込んでいくと、成功と努力の相関関係はどんどん曖昧になる。
僕は、競技人生を続けているとき、この問題とずっと向き合ってきた。



夫がよく言うのですが日本は「努力神話」があって、努力努力で何事も成すみたいな。
平等を重んじると、才能の差でなく努力の差に行くのかなと、、、
才能の差をみとめない、、、。そんな面が日本にはある気がします。特に、勉強の面で。
為末 大さんは、十分天才です。とんでもないアスリートです。

そう、努力で何事も成すと思うのも傲慢な気がします。

d0193569_11315234.jpg

才能も努力も何のその、関係ないうちのルッカにゃん。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-30 11:37 | 植物 | Comments(8)

残す絵、バラ

断捨離中ですが、苦手だと思う花の絵、
これは残すことに、、、判断基準は自分の審美眼(?)
これがどうも自信がありません。
d0193569_954317.jpg

F3(273×220mm)

最近、近所の犬友達のワンコが、亡くなることが続いて、、、
これって寂しいです、、散歩で、毎日のようにあっていて、
飼い主さんの気持ちは如何ばかりかと、、、などなど、、、もの悲しい気分です。
うちの犬、13歳は、今のところ元気ですけど。。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応を生み出す社会
過剰反応を防ぐために


難しいことだと思います。簡単に世の中、変わらない。
昨日の続き、

日本的組織の会議では、みんな周囲の目を気にするのか、なかなか意見が出ない。
特に、提案があり、それに対して賛成意見が出ると、肯定的な空気が醸し出されるため、
敢えて質問したり反対意見を言ったりしにくくなる。
その結果、多くのメンバーが疑問に思っていた提案が
すんなり通ってしまうということも起こってくる。それは非常に危険なことである。
企業の不祥事も、そうしたメカニズムの上に成り立っている面がある。

日本の組織では、このような同調圧力に屈せずに疑問や反論を突き付けてくる人物が出てくることは期待しにくい。



ほんと、そうだなと思います、職場でも、
そうそう、問題の、PTA.
PTA、ずっとこうやってきました(前例)みたいな連絡事項の後、、シーン。静まり返る。
出しゃばった人(?)強い人(?)の意見に押されて、、、シーンとみんな下を向いてでした。
今もかなぁ?菊池桃子さんが勇気ある意見を出したらしいですが。

でもでも、アメリカで、PTAの会議に参加。
意見はありますか?の議長の声に、
多くの人が、挙手、びっくり。
まだまだ、英語の聞き取りがダメなころで、どんな意見かは正確にはわかりませんでしたが、
この空気の違い、、、なんでしょうかね。
ふつうの地域の公立の学校です。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-29 10:21 | | Comments(6)

ヨセミテ

捨てずに筆を入れています。
d0193569_10363894.jpg

なんだか、、気に入らなくて。色を変え、、
d0193569_10372121.jpg

F8(455×380mm)
立派な岩山ですから、捨てたら悪いなと。飛行機雲も飛ばして。
少し、さわやかになったような。
d0193569_10393724.jpg

深い谷、曇った日は描きにくいです。うまくいったことがないような、、
夫曰く、だからゴッホはアルルに引っ越したんだよって。
カルフォルニアの青い空です。
d0193569_10414469.jpg

犬を連れた人が、、
d0193569_10422695.jpg

d0193569_10425181.jpg

大型犬が多いです。
「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応を生み出す社会
過剰反応を防ぐために


難しいことだと思います。簡単に世の中、変わらない。
昨日の続き、


過剰反応社会と言いたくなるほど過剰反応が目立つということは、
物事を多面的に見ようとせず単純明快な意見に引きずられる人が多いことを意味する。
ゆえに、メディアも教育機関も、
多面的な情報提示をしていく必要があるし、
多面的に物事を見る習慣を広めていく必要がある。

売れている本も「こうすればうまくいく」と単純明快にアドバイスするものや、
非常に極端な視点からの意見を強烈に提示するバランスを欠いたものが多い。

多くの人が単純明快なハウツーを求め、単純明快な極論を喜ぶということの表れである。

そうした風潮を変えていくことが、過剰反応社会を脱することにつながる。


これって、とっても難しいですよ。
考えるのってしんどいから、楽な方に流れます。
キャッチいな言葉弱いもの。

メディアが一番危険です。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-28 11:02 | | Comments(2)

キャッツ♥アイ

キャッツ♥アイ
北条司による日本の漫画作品。メディアミックス展開を行っており、ラジオドラマ、テレビアニメ、実写映画などが存在する。
オープニングテーマ「CAT'S EYE」
(第1期)歌 - 杏里 / 作詞 - 三浦徳子 / 作曲 - 小田裕一郎 / 編曲 - 大谷和夫
ピアノの話です。
これのジャズアレンジした曲の練習にはいりました。
譜面は簡単そうで、難しいです。
4分音符、140の速さ、スウィング・ジャズということで、、、
スウィング感というのが曲者です。
最初はゆっくりなんて思ったら、譜読みが済んだら最低でも、130の速さでやるようにと、
そうじゃないと、スウィング感が出ないからって、
結局、先生に弾いてもらった音源のまねっこです。
それもなかなかできないのですが、、、
昨日よりは今日のほうがましみたいな感覚です。ゆっくりでも進歩してると思って。
d0193569_9152290.jpg

東京タワー、キャッツ♥アイに似合うと思って、、、

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応を生み出す社会
過剰反応を防ぐために


難しいことだと思います。簡単に世の中、変わらない。

ネット社会になって、価値観の多様化が進み、
個人個人が独自な価値観で生きることができるようになったかというと、
逆にみんなが同じ方向を向いてしまうようになっている。

情報は多様化しているはずなのだが、あふれる情報を前にして、
何を信じたらよいかわからないということもあるだろう。
誰もが自分の判断に自信が持てないために、
「みんなはどうなんだろう?」「みんなはどう思うんだろう?」
と「みんな」の動向を過剰に気にする。

流行現象がそうであるように、商品の売れ行きも価値観も一極集中の傾向がみられる。
「売れてる」という理由で、人々がその商品に群がる。
本の売れ行きを見ても、ベストセラーという言葉に多くの人が反応し、
「売れてる」ということのためにますます売れ、
それ以外のものはますます売れなくなる。
情報に踊らされ、自分の頭で考え、自分で判断するということがない。
判断基準は、「みんなが買っている」ということ。
価値観にも似たような傾向がみられる。
「みんながそう言う」から「そう思う」ようになる。


難しいところに話が行きましたねぇ。ここがなかなか、、、なところです。
みんなと同じでいる方が安心な感じがあるものね。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-27 10:08 | 音楽 | Comments(6)

ゴージャスでなくても、

上野東照宮ぼたん苑にはボタン以外の花も。
d0193569_833154.jpg

立派な牡丹の花もいいけれど、こんなお花畑にちょっと安らぎを覚えます。
d0193569_8344072.jpg

d0193569_8351591.jpg

オダマキ
d0193569_836107.jpg

忘れな草
d0193569_8383695.jpg

ランタナ??

子供のころです。きっかけは忘れたのですが、花の缶詰め、
種が入っていて水をやってればいいのを屋台(?)で買ってきたのです。
マリーゴールドでした。
父の一言、「マリーゴールドはつまらない花だよ」
いろいろ父のセリフ、父が死んだ後に思い出すのですが、
けっこう私の買ったもの、作った作品、簡単にけなしていたと思います。
父の価値観の押し付けというか、父の性格なんでしょう。
(ほめるときもありましたが、、、一貫性はないような)
マリーゴールドは虫除けにもいいし、価値があります。
「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応を生み出す社会
過剰反応を防ぐために


難しいことだと思います。簡単に世の中、変わらない。

常識を再構築する


近所のスーパー、入り口を入ってすぐの休憩コーナーで、お茶を飲んでいるとき、
壁に張り紙があるのに気付いた。
多くのお客に気持ちよく利用してもらうために、以下の行為は遠慮してくださいということで、
「飲酒や喫煙」「当店以外で購入したものの飲食」と並んで
「長時間(1時間以上)のご利用や席の独占」と記されていた。

常識があれば、自分が長時間席を使っていて、他にも使いそうな人がいるときは、
自分から席を譲るものだろう。
わざわざこんなことを書かなければならないのは、、、、
「長時間(1時間以上)」と具体的な時間まで、、、

常識の崩壊によって、わざわざ注意をしなければならないことが無数に増えてきて、とても対応しきれない状況になってきている。

青い文章も著者の文そのまんまではありません。

一人で、長時間をやる人はいないでしょうが、
集団になると、ただでゆっくり、おしゃべりも。
などやる人は出てきそうな気がします。

昔バブルのころのスキー場のランチタイム。
フードコートになっていて、食べ物を買ってから席に着くシステム。
ものすごく混んでいた。若者のグループ、
何人かで、この中で、トランプゲームで席の長時間独占、食事ではない、、、
誰も、注意はできなかったようですが、、、注意すると、逆切れが怖いですから。

あの常識外れの若者たち、、、昔もいたんだよね。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-26 09:05 | 植物 | Comments(4)

薔薇の季節

d0193569_836342.jpg

d0193569_8373476.jpg

数日前は、てっぺんのバラだけ咲いて、
d0193569_835524.jpg

昨日は、てっぺんの周囲のバラも咲いてました。
d0193569_841077.jpg

このバラは、小さいのですが、いわゆる薔薇の形、
d0193569_8394963.jpg

ミニバラもかわいいです。
この場所のバラはみんなピンク、、、かわいいです。
マンションのバラです、いつも手入れされている方、ありがとうございます。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応を生み出す社会
過剰反応を防ぐために


難しいことだと思います。簡単に世の中、変わらない。

常識を再構築する


昨日の続きです。

旅先のデパートで、レジの傍にレーズンサンドのようなものが積んであり、
おいしそうなので買ってみた。その個装袋の裏面を見ると、
「レーズンのヘタ・茎等の除去には細心の注意を払っておりますが、
まれに残っていることがございますのでご注意ください」と書いてある。
クレームがあったのか、クレームを想定してのことなのか。
万一付着していたとしても、
そのくらいのことでクレームをつけたり大騒ぎしたりする方がおかしい。
そういった感覚を改めて共有できる方向に社会を持っていくべきなのではないだろうか。


私はがさつだから、そんなの気にならないけど、
繊細で、細かい日本人としては、、気にする人いるんだろうなぁ。。
たぶん、アメリカ(がさつだと思う)では、誰も気にしない。
気にする人を病的に神経質だとみるかも、、、

テロがマンチェスター、ジャカルタと。
嫌です。ISは人が幸福で楽しそうなのが、嫌いなようですが、、、

人間というのは、どうしても、テロリストのような、人が、、出てきてしまう。
テロリストは集団になるけど、個人でも、それに近い人は出てきてしまう。

「みんないい人、そして、いい人をやっていれば攻撃されない」なんてことはない。
間違った考えだと、思います。平和はかなりの努力が必要です。

25人に一人はサイコパス。病的な自己中のナルシシストはもっといますから。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-25 09:08 | 植物 | Comments(6)

水辺

隅田川河口近く、、
潮の満ち干も、水の状態も、生き物も、毎日変わるので、
見ているのは結構楽しいです。
d0193569_912490.jpg

早朝、出勤していくタグボート。
d0193569_921240.jpg

羽を乾かしている鵜、
稚魚がたくさん孵化していて、鵜は簡単にお腹いっぱいになりそう。
クラゲもいっぱい浮いています。弱肉強食の過酷な世界、稚魚はみんなの食事に。
d0193569_94888.jpg

d0193569_944786.jpg

キョウジョシギ(京女鷸)、旅鳥として春と秋の渡りの時に多数飛来
にぎやかに群れていましたが、もうどこかへ行ってしまいました。
数十羽の群れを形成する。水辺の小石や海藻、木片などをくちばしでひっくり返しながら餌を探す習性があり、短くて丈夫なくちばしはこの時に役立つ。小さな昆虫やゴカイ、甲殻類などを捕食するが、動物の死骸や生ゴミも食べる。
(ウィキペディア)
この子たちは、
陸のほうにはきません、いつも水際。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応を生み出す社会
過剰反応を防ぐために


難しいことだと思います。簡単に世の中、変わらない。

常識を再構築する

ティッシュペーパーの箱が空になり、箱をつぶして捨てようとしたら、
箱の底に、「使い終わった箱のたたみ方」が、わざわざ図解付きで説明してあった。
さらには、「捨てるときは、お住まいの自治体の定める方法により、分別してください」
と書いてある。

著者も、余計なお節介だと感じたようです。
どのように捨てるかなんて、消費者の問題で、メーカーの関与することでもない。
たたみ方も捨て方も、消費者の常識に任せていい。と著者。

うちのティッシュペーパー、分別の際には、ビニールをはがすように書いてあった。
初めて箱の底を見たけど、いろいろ書いてあるね。

せこい私は、箱にそのような印刷があることで、ティッシュペーパーにかかるコストが増えて、
ちょっとお値段も高くなっていると思うけど。

クレームを恐れているのか、、、消費者を馬鹿だと思っているのか、、、

この手の話、もう少しあります。(本に)






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-24 09:29 | 日常のこと | Comments(0)

もっと筆を入れて

d0193569_944216.jpg

F3(273×220mm)
5月21日のブログの絵、もっと筆を入れてみました。
描いた絵を整理しようと、、、捨てるのは思い切ってと、、、でもなおしてます。
d0193569_983337.jpg

ヨセミテには滝がたくさん、あの山の上に、水がたくさんある。ちょっと不思議。
d0193569_910145.jpg

このホテルに泊まりたかったのですが、取れませんでした。
d0193569_911318.jpg

d0193569_9113940.jpg

ホテルのロビーも素敵。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応を生み出す社会
過剰反応を防ぐために


難しいことだと思います。簡単に世の中、変わらない。

企業も学校も軸を持つ


教育現場では、生徒・学生やその保護者による理不尽なクレームに振り回され、
本来の教育機能をうまく発揮できなくなってきている。
保護者対応に疲弊する先生たちの心の病理も深刻化している。

昔の学校側に文句は言えなかった、先生たちがえらすぎたころの反動で、
逆の方向に振れてしまった気がします。
バランスが、、、ちょうどよくは難しいようです。

ここで考えなければならないのは、
ネット上でクレームを投稿する人や、他の人が投稿したクレームに感情反応を示して
攻撃的な書き込みをする人は、圧倒的な少数派だということだ。

ネット上では、極端な意見が世論であるかのように盛り上がっていても、
それはけっして現実世界の世論ではないのだ。
声は聞こえず姿は見えないけれども常識的判断ができる人
もたくさん居るということを忘れるべきではない。

有名人が、ネットでたたかれたこと、、内容はは忘れましたが、
ほんの数人(5人以下)が、何回も書き込んでいたらしいです。

理不尽なクレームに屈すると、かえって良識ある人の信用を無くすと著者は、言ってます。
正当な主張は、頑張ってしましょう。

学校現場、教師などは、クレーム処理が得意とは思えないので、
得意そうな法律関係の人とかに、相談できるシステムとか、、考えてもいいと思います。
病院とかは、お抱え弁護士がいるようです。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-23 09:36 | | Comments(4)

TEPPANYAKI 10 GINZA

そろそろ空いて来たかなと、平日の夕刻。GSIXへ行ってみました。
TEPPANYAKI 10 GINZAです。
外食は好きです。だって、後片付けがいらないもの。
d0193569_8351414.jpg

飾りはフライ返し。
d0193569_836894.jpg

d0193569_8363041.jpg

光で色が変わります。
d0193569_837146.jpg

コースです。ズワイガニのサラダ
d0193569_837333.jpg

これが食べたかった、やきうに。
d0193569_8383013.jpg

アワビ、タケノコ付き、バターが香ばしい。
d0193569_8393554.jpg

カジキマグロ、、、厚い、この厚みの魚、、、、ちょっと簡単にスーパーでは見ない。
d0193569_8414513.jpg

牛ステーキ、ほおずきトマトがついて、このトマト甘いね。
もっと数品あったのですが、写真撮り忘れました。
d0193569_8425077.jpg

d0193569_843889.jpg

デザート2皿、、、ゴルゴンゾーラのチーズケーキがおいしかったです。
たくさん食べて、飲んで、
お腹が苦しくて、余り店も見ずに、帰りました。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応を生み出す社会
過剰反応を防ぐために


難しいことだと思います。簡単に世の中、変わらない。

企業も学校も軸を持つ


日本はもともとすぐに謝る文化的伝統を持っている。
自分に非はないと思う時でも、場の雰囲気を良好に保つため、気まずくなるのを避けるため、
何かにつけて、「すみません」「申し訳ありません」と口にする。

こちらが誤れば向こうも譲る。こちらが譲歩すれば、向こうも譲歩する。
それが日本式だった。だが、今やそうした相互のバランスが崩れつつある。

譲歩をして謝ると、態度を軟化させるどころか、
さらに強硬な要求をしてきたリ、それに味をしめたかのように別のクレームをつけてくる。
これでは商売も教育もまともにできない。


う~~、なかなか大変ですが、、、頑張らないと、勇気をもって、、、
モンスターなクレーマーに負けるな。
大げさですけど、日本社会の危機。
この話は続けます。・







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-22 09:01 | Comments(4)



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
> remonさん 絵..
by aamori at 07:41
> liebekatze..
by aamori at 07:38
> showsun120..
by aamori at 07:36
> pikorin77j..
by aamori at 07:33
水の中の景色! 構図が..
by remon at 16:22
えっ、もうご自宅に戻られ..
by liebekatzen at 15:55
素敵な絵ですね好きな感覚..
by showsun1203 at 13:13
久々のルッカちゃんだ! ..
by pikorin77jp at 09:18
> o-rudohime..
by aamori at 07:19
見るからに前回の街並みと..
by o-rudohime at 16:58
> febさん ネット..
by aamori at 08:30
> remonさん こ..
by aamori at 08:21
サンディエゴの思い出は、..
by feb at 20:46
ほんと まさにスペイン!..
by remon at 17:18
> o-rudohime..
by aamori at 16:47
タグ
(504)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧