趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
by ATSUKO
以前の記事
最新の記事
雪と犬
at 2018-01-23 09:27
壁に
at 2018-01-22 10:04
陳家私菜
at 2018-01-21 09:29
ベトナムレストラン
at 2018-01-20 10:10
at 2018-01-19 10:16
最新のコメント
本当に雪が積もりましたね..
by liebekatzen at 16:19
久しぶりの大雪! 銀世..
by remon at 10:49
東京の 非日常はこちらの..
by pikorin77jp at 10:27
> showsun120..
by aamori at 08:17
> sacromonst..
by aamori at 08:16
> liebekatze..
by aamori at 08:12
こんばんわ~ 断捨..
by showsun1203 at 22:18
断捨離ほど難しい事はあり..
by sacromonster at 17:26
断捨離は永遠のテーマです..
by liebekatzen at 16:16
> showsun120..
by aamori at 08:13
> liebekatze..
by aamori at 08:10
> ejichan555..
by aamori at 08:08
こんばんわ~ 辛い..
by showsun1203 at 17:32
わぉ、今日は中華ですか?..
by liebekatzen at 15:13
おはよう。 3枚目と4..
by ejichan555 at 10:35
タグ
(522)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 07月 25日

箱入り娘

d0193569_09451210.jpg
最近箱に入らなくなったなと思っていましたが、このビールの箱は気に入ったようで、
d0193569_09441882.jpg
d0193569_09472304.jpg
箱入り娘となりました。
d0193569_09481037.jpg
ルッカだけでは、不公平、バクも

言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか (祥伝社黄金文庫) Kindle版 井沢元彦 (著)
日本人の言動を支配するのは、宗教でも道徳でもない。“言霊(コトダマ)”というものが日本人を縛り、それゆえ日本人は独特なのだ。果たしてその正体は? 稀有な日本人論として貴重な一冊。

1995年刊行されたものを電子書籍化。
たぶん、以前に読んでいます。日本を考えるときに、こういう見方もあるということで。

いろいろな意見はあるでしょうが、、だからちょっとアップしにくいですが、、
やはりこういうのって、、問題だと思うので。

差別語追放が次々にエスカレートしていけば、
行きつく先は戦前のあの愚かしい敵性言語の世界である。
英語は敵の言葉だ、だから敵に勝つために英語を使用禁止にする。
差別という敵を退治するために差別語を追放する。
根底は同じだ。では戦前の軍部は、そうすることによって敵に勝ったかどうか、
このあたりをよく考えてほしいのだ。
コトダマがいまだに猛威を奮っているのは、いわゆる先進国では日本だけだ。
たとえば英語では、「めくら」「盲人」『目の不自由な人」これが全部blindの一言ですむ。
もちろんズバリ使っても「差別だ」などとだれも言わないし、派生語もたくさんある。
窓の日よけはそのものずばりブラインド。blind alleyは袋小路。
blind coalは無煙炭、煙が見えないから、blind stitchは隠し縫い。

差別は言葉の問題ではないと認識されている。(少数の侮蔑語は禁止されています。)

日本だと言葉のイメージが、、大事というか、、、
和歌山で、以前駅前のホテルが「ターミナルホテル」という名前でした。
ターミナルケアとかいう言葉が使われだしたら、ホテルは名前を変えました。
ホテルグランヴィア和歌山にかな??
ターミナルステーションは終着駅、、人生の終焉を想像してしまうから、、、
これもコトダマの猛威ですか?

文字の大きさが思うようになりませんが。。。なぜ?
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-07-25 10:33 | ペット | Comments(10)
2017年 07月 24日

テニスのグリップテープ

昨日、テニスラケットのオーバーグリップを買いました。
私のはブルーです。あんまり考えずに色だけで選んだら、なんと穴あき+凸凹タイプ。
こんなの使ったことないですが、鈍感な私なのでたぶん抵抗感なくいけるでしょう。
昨日は雨で中止、しばらく試せません。

テープを巻いたのは夫、不器用でこういうの自信ないです。
d0193569_08492380.jpg
自信があるのは、はい、料理。
昨夜はレモンリゾットを作りました。レモンリゾットはナポリで初めて食べて、その味が忘れられず、
でも、日本のイタリアンレストランのメニューで見たことなくて、仕方なく夏には自分で作ります。
バターとレモンの組み合わせが好きです。

言霊
――なぜ、日本に本当の自由がないのか
(祥伝社黄金文庫) Kindle版 井沢元彦 (著)
日本人の言動を支配するのは、宗教でも道徳でもない。“言霊(コトダマ)”というものが日本人を縛り、それゆえ日本人は独特なのだ。果たしてその正体は? 稀有な日本人論として貴重な一冊。

1995年刊行されたものを電子書籍化。
たぶん、以前に読んでいます。日本を考えるときに、こういう見方もあるということで。

いろいろな意見はあるでしょうが、、だからちょっとアップしにくいですが、、
やはりこういうのって、、問題だと思うので。


ここでは文学論をするつもりはないので、「ピノキオ」が差別文学かどうかは読者個々の判断に任せよう。
ただ社会福祉が日本よりはるかに進んでいる欧米で、
「ピノキオ」が差別文学として糾弾されたという例は、私は寡聞にして知らない。
言葉刈りはコトダマ社会特有の現象であるから、言霊のない欧米には、言葉狩りもないはずである。

「めくら」というのは、語源的には「目暗」であり、「目の前が暗い」という事実を淡々と述べた言葉にすぎなかったろう。
前近代における障碍者に対する差別意識と結びついて、差別語にされるようになったのだと思う。

しかし、それが障碍者を差別し、一段低いものとみる前近代的の意識とあいまって、
差別的に扱われたことも事実である。
であるから、この際そのような前近代意識と訣別するために、
「目の不自由な人」のように言いかえると言うなら、とりあえず賛成する。

しかし、「めくら」とはもともと差別語ではなかったのだから、それから派生した言葉
「めくらじま」とか、「めくらめっぽう」まで差別語扱いにするのは
行きすぎだと思うのだがどうだろうか。

d0193569_09132417.jpg
言葉狩りはやりすぎると、いろんな価値のあるものまで、壊してしまうと思うのですが













にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-07-24 09:20 | 日常のこと | Comments(8)
2017年 07月 23日

朝の散歩

だいたい同じ時間に犬の散歩。
d0193569_8225015.jpg

d0193569_8233289.jpg

サルスベリ
d0193569_8235161.jpg

この白いムクゲは八重

犬の散歩がない人は、用事で目的を持って歩いているので、
近所の些細なつまらないことには気が付いていない。話していて、そう思う。
犬の散歩、実用的でないけれど、それなりに役に立ってます。
d0193569_8272643.jpg

d0193569_829471.jpg

毎朝出会う、「また来たな」と上から目線の野良猫。

言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか (祥伝社黄金文庫) Kindle版 井沢元彦 (著)
日本人の言動を支配するのは、宗教でも道徳でもない。“言霊(コトダマ)”というものが日本人を縛り、それゆえ日本人は独特なのだ。果たしてその正体は? 稀有な日本人論として貴重な一冊。

1995年刊行されたものを電子書籍化。
たぶん、以前に読んでいます。日本を考えるときに、こういう見方もあるということで。

いろいろな意見はあるでしょうが、、だからちょっとアップしにくいですが、、
やはりこういうのって、、問題だと思うので。

「ピノキオ」が差別文学か?
1976年11月に実際に起こった事件。
障害者団体などから「差別文学」として糾弾され、出版社に回収が求められた。

前回の続きです。

抗議者(「障害者」差別の出版物を許さない__まずピノキオを洗う会)は
本の回収と地元図書館での「ピノキオ」閲覧貸し出しの中止を要求した。

「図書館問題研究常任委員会」の抗議文書。

第2です。
「ピノキオ」は今日では評価の定まった古典であり、その中に、
「めくら」と「びっこ」という言葉があることを持って”障害者に対する差別を拡大する”
という主張をすることは、作品を故意にゆがめて解釈するか、
文学作品の読み方がわからないものの主張であるとしか思えない。
第3です。
差別図書として回収に成功したとしても、差別がなくなるわけではない。
まず「ピノキオ」を洗い出して次々に回収したとしても、
それは「言葉によって何かを変えよう」というやり方であり、
好ましくない現象がなくなるような幻想に取りつかれているのに過ぎない。

まだ反論は続くが、このくらいで論点は洗い出せたと思う。
要するに「ピノキオ」が、仮りに差別文学だとしても、それを人目に触れさせないというやり方は、
図書館問題研究会の言う通り、民主主義のルール違反である。

「好ましくない現象がなくなるような幻想」、これってあるなと思うのです。
ちらっと聞いたところによると、
「てんかん」の患者や家族会から、てんかんの名前を変えたがっていると、、、
まぁ、それで、認知症になり、統合失調症なりの病名が新たにできたのですが、、、
まぁ、イイかとも思うのですけれど、、、(実際に統合失調症の方は喜んでました)
やっぱり現実は変わらないし、しばらくすればイメージは固まって、、また、、変えようなんて。

偉大なマホメットも、ドストエフスキーもてんかんでした。よいイメージにはならないか??












にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-07-23 08:49 | 日常のこと | Comments(6)
2017年 07月 22日

尾瀬

d0193569_9192739.jpg

P10(530×410mm)
覚えていないくらい昔、油絵初期、
ずっと義母のお部屋に飾ってあったのが、義母が施設入所で、戻ってきました。
少し直して、直したと言っても、夫がわからないくらいに。
もう手元に写真もないし、、、たぶん、プロの写真を見て描いたんだと思う。
d0193569_9231896.jpg

d0193569_9233780.jpg

尾瀬は何回も行っていますが、、、
昔のこと、髪型は当時はやったカーリー、
着ているのはなんと初めて自分で編んだベスト、長方形をくっつけただけです。
d0193569_9252784.jpg

夏、黄色いキスゲが、、、
秋が一番好きですが、当時カメラを持っていくのは嫌いで、
一緒に行った子もカメラなしで、、写真はないです。

聞くところによると、今尾瀬って、訪れる人の数が半端でなくて、木道は渋滞?
そんな尾瀬は嫌だ~~~!

言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか (祥伝社黄金文庫) Kindle版 井沢元彦 (著)
日本人の言動を支配するのは、宗教でも道徳でもない。“言霊(コトダマ)”というものが日本人を縛り、それゆえ日本人は独特なのだ。果たしてその正体は? 稀有な日本人論として貴重な一冊。

1995年刊行されたものを電子書籍化。


たぶん、以前に読んでいます。日本を考えるときに、こういう見方もあるということで。

いろいろな意見はあるでしょうが、、だからちょっとアップしにくいですが、、
やはりこういうのって、、問題だと思うので。

「ピノキオ」が差別文学か?
1976年11月に実際に起こった事件。
障害者団体などから「差別文学」として糾弾され、出版社に回収が求められた。

前回の続きです。

抗議者(「障害者」差別の出版物を許さない__まずピノキオを洗う会)は
本の回収と地元図書館での「ピノキオ」閲覧貸し出しの中止を要求した。

「図書館問題研究常任委員会」の抗議文書。

第一にいきなり回収と閲覧中止を求めたことに抗議する。
回収とは問題のある部分を目に触れさせないというやり方であり、
プライバシーの保護などの場合を除いて言論問題の討論の進め方として正しくない。
これは一種の検閲であり、国民はどこが問題なのか判断できなくなる。
仮に「ピノキオ」が差別的だとする意見があるとしても、
その当否は討論の中で決めていくべきだ。
主張者が自己の見解に基づいて、「差別図書」と決め付け、図書館資料を含めて回収を迫ることは、
言論に対する封殺行為である。


「図書館問題研究常任委員会」の抗議文書、第2、第3と続きますが次回に。

そうですよ、「言論に対する封殺行為」です。
めくらとかびっことか、言われるのが嫌な人がいて、だからと言って、、、

私だって、言われたらいやなことあります。
近眼も嫌だし、、、お尻が大きいも、、、
デブや禿だっていやよねぇ。ブスなんてもっと嫌、
そう書いてある作品が、ダメとなったら、芸術はなくなります。










にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-07-22 09:44 | | Comments(8)