絵を描きながら

aamori.exblog.jp
ブログトップ

またまたセドナ

d0193569_9484494.jpg

P8(455×333mm)
また描いてしまいました。セドナの赤い岩山。
大自然だという感じが好きです。それに西部劇の風景も。
d0193569_95312.jpg

馬で移動すれば、西部劇、でも、車での移動です。
d0193569_954496.jpg

d0193569_955557.jpg

西部劇のように酒場でビール
d0193569_9555184.jpg

d0193569_9564264.jpg

食事は、西部劇より贅沢に。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応の心理構造
認知的複雑性の欠如が生む過剰反応


認知的複雑性とは、物事を単純化せずに多面的に見ることができることをさす。
認知的複雑性が低い人は、物事を単純化する癖があるのだが、
それは一面的にしか見ていないからである。

例えば、認知的複雑性が低いタイプは、人に対する評価を極端から極端に変える傾向がある。
それまで、「いい人」とか「気の合う人だ」と言って傾倒していた人物に対して
「あんな人とは思わなかった。見そこなった。」
などと酷評するようになったりする。

なぜそんなことになるかと言えば、人間というものを多面的に見て、
複合的に評価することが苦手だからだ。
人間誰にでも長所もあれば、短所もある。
こちらと合う面もあれば、合わない面もある。
どんなに気の合う相手でも、感受性や考えの違う点や価値観の合わない点などがあるものだ。

だが、認知的複雑性が低いタイプは、
そういった相違点も含めて相手を受け入れるということができない。

したがって、人に対する評価が一面的になりがちである。
「よい人なのか、嫌な人なのか」「味方なのか、敵なのか」
というように一面的に判断しようとする。

単純に評価、単純に考える方が楽ちんです。
楽だから、、単純なキャッチフレーズに、、、弱い。
でもだめですよ。

ヒトにも、出来事にも、国際関係にも、、、、
賢いということって、認知的複雑性を高く保つことかな。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





# by aamori | 2017-04-21 10:18 | | Comments(4)

シャクナゲ

シャクナゲ (石楠花、石南花) は、ツツジ科ツツジ属 (Rhododendron) 無鱗片シャクナゲ亜属、無鱗片シャクナゲ節の総称である。
主に低木だが、高木になるものもある。(ウィキペディア)

先日、友達と歩いていたら、シャクナゲ がしっかり咲いていて、
ニューヨーク州でのシャクナゲの話をしたら、ぜひブログでって
ということで、、、
季節は5月末、
d0193569_9385043.jpg

ピンクが多いのかな?
d0193569_9392988.jpg

d0193569_9401839.jpg

シャクナゲの咲く中を散歩
d0193569_101926.jpg

d0193569_1019223.jpg

d0193569_9411160.jpg

d0193569_9414075.jpg

白い花も素敵
ニューヨーク州イサカにて

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

身近にもいる過剰反応な人々


独りよがりの正義感を振りかざす人
児童公園は、砂場や滑り台で遊んでいるヨチヨチ歩きの幼児にボールがぶつかると危ないので、
たいてい球技禁止になっている。
空き地が少なくなっている都会で、
小学生たちが、もう幼児もいなくなった夕暮れに、
児童公園にやってきてサッカーボールで遊びはじめた。
それを見かけた近所のおじさんが、飛んできて、怒鳴り声をあげて子供たちに注意した。
幼い子がだれもいないようなとき、そこまで目くじらを立てなくても、
規則とはいっても、状況に応じてもう少し柔軟に対処してもよいように思ったことがある。


同じような状況、うちのそばの空き地でも、、、
マンションのロビーで子供が遊ぶな、、(走り回らず、静かなら別にいいのに)
犬の糞尿禁止の立て札とか、、(持ち帰ればいい)
寛容さがないと思うのです。


ある学校で、夏休みは授業がなく、職員室にいる一部の先生たちのためだけにエアコンを使うのはエネルギーの無駄遣いだと、近所の住民からクレームがついたことがあった。
先生が暑いなか出勤してきて、必要な仕事をしている。エアコン使用禁止の権利が、
なぜ近所の住民にあるのか、それこそ独りよがりの正義感を振りかざす横暴な行動ではないか。

東京ガスの、就活がなかなかうまくいかなくて落ち込む場面のあるCMがクレームで中止に。
就活生を傷つけるからと、、、
逆に自分だけでないと元気づけられた就活生もいるかもしれない。

このようなクレームを正論と認めたら、
暖かな家族を描いたCMは暖かい家族を持たない人を傷つける恐れがあるし、
恋人をテーマとしたCMは恋人のいない人を傷つける可能性がある。
そんなことを言っていたら、あらゆるテーマを放送禁止にせざる得なくなる。

そもそも自分の挫折を思い出させるCMに傷つくような感受性で、
この世の中を生き抜いていけるだろうか、どんな辛いことがあっても、
そこから目を背けずなんとか乗り越えていかねばならないわけで、
いちいちCMの中のフィクションに落ち込んだり傷ついたりしないようなタフな心を持つべきだろう。


一見正義、正論に見えることを、言ってくる人たち、、、
いますよねぇ、、、独りよがり、、、
そんなクレームに従わなければならないのは、もっと嫌だな。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ







# by aamori | 2017-04-20 10:22 | 植物 | Comments(4)

趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。


by ATSUKO