絵を描きながら

渦巻ソーセージ

スイスのliebekatzenさんのブログ( ttp://oeppis.exblog.jp/)を見て、
こんなソーセージを食べたくなって、やっと、
日進ワールドデリカテッセン( 港区東麻布2丁目34−2)で買い求めました。
d0193569_964934.jpg

フライパンにぴったり、
d0193569_972724.jpg

おいしそうに焼けたでしょ、、実際すごくおいしくって、また買おうと思いました。
テニスの後のビールにぴったりでした。

隅田川河口。
d0193569_911220.jpg

この前から、赤潮(?)が発生、水の色がまるで赤だしみそ汁のようです。
においも、妙な潮くささ。
それでも、稚魚の群れがうじゃうじゃとたくさんいて、鵜も食事に。

d0193569_994363.jpg

この花のカラフルさが好きです。


言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか (祥伝社黄金文庫) Kindle版 井沢元彦 (著)
日本人の言動を支配するのは、宗教でも道徳でもない。“言霊(コトダマ)”というものが日本人を縛り、それゆえ日本人は独特なのだ。果たしてその正体は? 稀有な日本人論として貴重な一冊。

1995年刊行されたものを電子書籍化。


たぶん、以前に読んでいます。日本を考えるときに、こういう見方もあるということで。

日本人特有の「誠意条項」


日本人がアメリカ人の交わす契約書を見て、まず驚くのはその分厚さである。
映画や小説で「弁護士に調べさせてから、サインして送り返す」との台詞が目につくが、
あれほど分厚いなら、それもやむを得ないかなという気がしてくる。

日本の契約書はなぜ薄っぺらいのか。アメリカの契約書はなぜ分厚いのか。
それはアメリカの契約書が、トラブルまで含めてのあらゆるケースを想定して、
この場合はこう、この場合はこうと事細かに規定してあるからだ。
日本はそういうことはあまりせずに、いわゆる「誠意条項」というやつで話をすます。
つまり、何か想定しきれないトラブルがあったら、
双方が「誠意」をもって解決にあたるというやつである。
「誠意」をもってというが、トラブルが起きた場合、
相手が誠意をもって事に当たる保証がどこにあるかと外人はよく皮肉を言う。

日本も、生命保険は本来の契約に近い。


以前、ブログに困った人、人格障害やサイコパス、
わからんチンに文句を言う人なんかのことを書いたと思うのですが、、
思っているよりこういう方は多いと思うのです。
(若い時はみんないい人と教わったような、でも違う違う。)

そういう意味でも、トラブルが、お互いの誠意で解決できるのは、
ラッキーなことだと思ったほうがイイです。












にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





# by aamori | 2017-07-19 09:31 | 食べ物 | Comments(10)

かわいいのですが

d0193569_15394281.jpg

d0193569_15402288.jpg

かわいいから好きなのですが、朝も夕方も花は閉じていて、
カンカン照りの暑い時だけ開いています。

おかげさまで、閉鎖される倉庫は空にできました。
絵は、なんとか家に納まりました。(家が倉庫になってしまいましたが)
d0193569_15552049.jpg

今日は、夫に頼んで、母の施設にドライブ、、
まずかったかな??連休のせいかけっこうな渋滞、
おまけに、東名高速が、工事で上り下りとも、1車線のみ。。
ナビは、中央高速に案内したのですが、ナビの言うことをきかずに帰りは東名高速を、、

確かに首都高の車、地方のナンバーが目立っていました。、、
夫君、お疲れ様です。
  
もうは母は、私がだれだかはわからない(半年前ぐらいからです)、妙に丁寧に他人行儀、
「遠いところ忙しいところわざわざすみません」ですって、、、
食事は完食、声も元気なのでまぁ、いいか、、、

アスファルトの上、暑かったです。駐車場に降りた時の暑さ。。。すごく熱く感じました。

言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか (祥伝社黄金文庫) Kindle版 井沢元彦 (著)
日本人の言動を支配するのは、宗教でも道徳でもない。“言霊(コトダマ)”というものが日本人を縛り、それゆえ日本人は独特なのだ。果たしてその正体は? 稀有な日本人論として貴重な一冊。

1995年刊行されたものを電子書籍化。


たぶん、以前に読んでいます。日本を考えるときに、こういう見方もあるということで。

日本人特有の「誠意条項」

日本人が契約下手なことは、今や世界的定評がある。
契約条項にペナルティを記載しておかなかったために、
相手の契約違反に対して何の措置もとれず、外人の顧問弁護士にわらわれたとか___
そのような失敗談は枚挙にいとまがない。

その理由として、まず挙げられるのは日本にはキリスト教やイスラム教のような、
契約を主体とした宗教がないということがある。
日本人は、日常、契約を結ぶ機会が欧米人に比べて極端に少ない。

早い話が、この稿を描いている私ですら、出版社と出版契約を結んでいるわけではない。

実態は全部口約束である。

私はかつて新人のころ、単なる好奇心から自分の原稿料はいくらかと聞いたところ、
いつの間にか「金に細かい新人」といううわさが広まっていて、愕然としたことがある。

自分のもらう報酬の額さえ確かめられないのだから、きちんとした契約などできるはずもない。

著者の長い文章、短くしています。

契約の、話は、続けます。
わたしも、、、契約はいい加減でした。まぁ給料をもらえるし、いいか、みたいな、、、
細かいことを言い出すと、雇い主に嫌われそうで、、、

でも、それが正しかったとは思いません。。
個々に、様々な契約がされていて、、ばれると不公平みたいな部分もあったようで、、、
これって、日本ですね。

前回のブログ、アメリカでのこと、
息子の入学時の契約書類も、アパートを借りるときの契約書も、
長くて、もうあちこちにサインをさせられたのを覚えています。









にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





# by aamori | 2017-07-16 16:22 | 植物 | Comments(6)



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
ミス・サイゴン:25周年記念..
at 2017-07-26 16:18
箱入り娘
at 2017-07-25 10:33
テニスのグリップテープ
at 2017-07-24 09:20
朝の散歩
at 2017-07-23 08:49
尾瀬
at 2017-07-22 09:44
最新のコメント
liebekatzen..
by aamori at 07:53
o-rudohimeさ..
by aamori at 07:49
なんだかわかります。 ..
by liebekatzen at 19:05
今 ヨーロッパでもブラン..
by o-rudohime at 17:50
showsun1203..
by aamori at 08:10
febさん、昨日の名古屋..
by aamori at 08:06
liebekatzen..
by aamori at 07:59
o-rudohime ..
by aamori at 07:54
remonさん、ハイ、ル..
by aamori at 07:48
美味なビールの箱は格別な..
by showsun1203 at 19:36
まさに箱入り娘ですね。 ..
by feb at 18:59
黒い箱だから、ルッカちゃ..
by liebekatzen at 17:25
高級ビールの箱だからなお..
by o-rudohime at 14:15
るっかちゃん 可愛い! ..
by remon at 13:21
鍵コメさん、ありがとうご..
by aamori at 07:42
タグ
(485)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧