絵を描きながら

aamori.exblog.jp
ブログトップ

またまたセドナ

d0193569_9484494.jpg

P8(455×333mm)
また描いてしまいました。セドナの赤い岩山。
大自然だという感じが好きです。それに西部劇の風景も。
d0193569_95312.jpg

馬で移動すれば、西部劇、でも、車での移動です。
d0193569_954496.jpg

d0193569_955557.jpg

西部劇のように酒場でビール
d0193569_9555184.jpg

d0193569_9564264.jpg

食事は、西部劇より贅沢に。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

過剰反応の心理構造
認知的複雑性の欠如が生む過剰反応


認知的複雑性とは、物事を単純化せずに多面的に見ることができることをさす。
認知的複雑性が低い人は、物事を単純化する癖があるのだが、
それは一面的にしか見ていないからである。

例えば、認知的複雑性が低いタイプは、人に対する評価を極端から極端に変える傾向がある。
それまで、「いい人」とか「気の合う人だ」と言って傾倒していた人物に対して
「あんな人とは思わなかった。見そこなった。」
などと酷評するようになったりする。

なぜそんなことになるかと言えば、人間というものを多面的に見て、
複合的に評価することが苦手だからだ。
人間誰にでも長所もあれば、短所もある。
こちらと合う面もあれば、合わない面もある。
どんなに気の合う相手でも、感受性や考えの違う点や価値観の合わない点などがあるものだ。

だが、認知的複雑性が低いタイプは、
そういった相違点も含めて相手を受け入れるということができない。

したがって、人に対する評価が一面的になりがちである。
「よい人なのか、嫌な人なのか」「味方なのか、敵なのか」
というように一面的に判断しようとする。

単純に評価、単純に考える方が楽ちんです。
楽だから、、単純なキャッチフレーズに、、、弱い。
でもだめですよ。

ヒトにも、出来事にも、国際関係にも、、、、
賢いということって、認知的複雑性を高く保つことかな。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-04-21 10:18 | | Comments(4)

シャクナゲ

シャクナゲ (石楠花、石南花) は、ツツジ科ツツジ属 (Rhododendron) 無鱗片シャクナゲ亜属、無鱗片シャクナゲ節の総称である。
主に低木だが、高木になるものもある。(ウィキペディア)

先日、友達と歩いていたら、シャクナゲ がしっかり咲いていて、
ニューヨーク州でのシャクナゲの話をしたら、ぜひブログでって
ということで、、、
季節は5月末、
d0193569_9385043.jpg

ピンクが多いのかな?
d0193569_9392988.jpg

d0193569_9401839.jpg

シャクナゲの咲く中を散歩
d0193569_101926.jpg

d0193569_1019223.jpg

d0193569_9411160.jpg

d0193569_9414075.jpg

白い花も素敵
ニューヨーク州イサカにて

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

身近にもいる過剰反応な人々


独りよがりの正義感を振りかざす人
児童公園は、砂場や滑り台で遊んでいるヨチヨチ歩きの幼児にボールがぶつかると危ないので、
たいてい球技禁止になっている。
空き地が少なくなっている都会で、
小学生たちが、もう幼児もいなくなった夕暮れに、
児童公園にやってきてサッカーボールで遊びはじめた。
それを見かけた近所のおじさんが、飛んできて、怒鳴り声をあげて子供たちに注意した。
幼い子がだれもいないようなとき、そこまで目くじらを立てなくても、
規則とはいっても、状況に応じてもう少し柔軟に対処してもよいように思ったことがある。


同じような状況、うちのそばの空き地でも、、、
マンションのロビーで子供が遊ぶな、、(走り回らず、静かなら別にいいのに)
犬の糞尿禁止の立て札とか、、(持ち帰ればいい)
寛容さがないと思うのです。


ある学校で、夏休みは授業がなく、職員室にいる一部の先生たちのためだけにエアコンを使うのはエネルギーの無駄遣いだと、近所の住民からクレームがついたことがあった。
先生が暑いなか出勤してきて、必要な仕事をしている。エアコン使用禁止の権利が、
なぜ近所の住民にあるのか、それこそ独りよがりの正義感を振りかざす横暴な行動ではないか。

東京ガスの、就活がなかなかうまくいかなくて落ち込む場面のあるCMがクレームで中止に。
就活生を傷つけるからと、、、
逆に自分だけでないと元気づけられた就活生もいるかもしれない。

このようなクレームを正論と認めたら、
暖かな家族を描いたCMは暖かい家族を持たない人を傷つける恐れがあるし、
恋人をテーマとしたCMは恋人のいない人を傷つける可能性がある。
そんなことを言っていたら、あらゆるテーマを放送禁止にせざる得なくなる。

そもそも自分の挫折を思い出させるCMに傷つくような感受性で、
この世の中を生き抜いていけるだろうか、どんな辛いことがあっても、
そこから目を背けずなんとか乗り越えていかねばならないわけで、
いちいちCMの中のフィクションに落ち込んだり傷ついたりしないようなタフな心を持つべきだろう。


一見正義、正論に見えることを、言ってくる人たち、、、
いますよねぇ、、、独りよがり、、、
そんなクレームに従わなければならないのは、もっと嫌だな。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ







by aamori | 2017-04-20 10:22 | 植物 | Comments(4)

セドナの赤い山々

d0193569_912898.jpg

P6(410×273mm)
こういった西部劇の舞台になりそうな土地、風景大好きです。
町並みを何枚か描くと、また荒野の風景に、、
セドナの山は赤くて、グレーの岩山より元気に描くことができます。
最近セドナはパワースポットと言われてますが、、特にパワーは感じなかったです。
d0193569_858057.jpg

レンタカーで移動。
d0193569_8584761.jpg

ここも、Vortex、パワースポットらしいです。
d0193569_945214.jpg

また、行ってもいいと思う場所です。
でも、アメリカ、なんとなく居心地が悪くなっているような、、、
Welcomeという感じが薄れているかのような、、、

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

教師の体罰への過剰反応による隠蔽体質。

前回の続きです。
「体罰とされ糾弾されている教員の行為」を一連の流れの中に位置づけてみないことには、
事の真相はわからない。
ことなかれ主義に徹することのできない教員、生徒指導に熱心な教員は、
いざというときに身を守ることのできない危険な立場に身を置かざるおえない。
一方では、マスメディアやネット上で騒がれるような事態を恐れて、
教育現場では何かにつけ表沙汰にならないようしようという動きが強まる。
結局、教育現場にはびこる隠蔽体質も、
何かと煽り立て、市民の間に過剰反応を引き起こそうとするマスメディアが
助長していると言ってよい。

過剰反応をあおっているという意味において、マスメディアの責任は重い。
物事を冷静に、多角的に見るための情報を与えるという使命を
忘れているかのような報道も少なくない。



Kindleは、読者がよいと思った文章にハイライトがあって、太字の部分はハイライトになってます。

マスメディアに対して、みんな、信頼を置いていないようです。
その点を気が付いているのかなと、マスメディアは、、、
責任とか、、、感じているのか?
人格としてどうも???みたいな人っているようで。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-04-13 09:33 | | Comments(6)

ルッカ

d0193569_92326.jpg

うちのルッカです。
ペットボトルのお水を入れてある棚が空になったらさっそく入り込んでました。
d0193569_94896.jpg

猫って、面白い。

ルッカ、イタリアの小さな町ですが、今G7が開催されています。
世界情勢はなんだか怪しくて、能天気なことをいっていても、、、なんて思いますが。
私にはどうすることもできません。
d0193569_972378.jpg

ルッカには、以前、行ったことがあります。鉄道を使っていきました。
d0193569_982854.jpg

丸く囲まれた広場。
d0193569_99163.jpg

小さくて、歩き回るのによい感じの町です。
d0193569_912711.jpg

今日のニュース、岸田外務大臣、此処を歩いていました。
d0193569_9164873.jpg

広場を囲む建物の外側、
へぇ、こんなところで、G7、、、という感想ですが。
行っておいてよかったなぁなんて思います。基本ミーハー。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

教師の体罰への過剰反応による隠蔽体質。


これもなんだかひどい話です。生徒側がひどい。

例えば、教員が注意しても生徒が言うことをきかないため、強く注意すると、
教員の顔に唾を吐きかけてきたり、胸ぐらをつかんできたリ、
ひどい時は殴りつけてくる。
それに対して、教員が身を守るために、生徒の腕をつかんだり、腕をねじ上げようとすると、
生徒は周囲の者たちに対して、
「いてて、おい、みんな、見たか、体罰だぞ!」とアピールする。
「教育委員会に訴えてやるからな」などと脅す生徒もいる。


これに近い状況は、警官も、認知症の介護職員も、精神障害者の施設も、、
起こりやすいことだと思います。

確かに、報道されるのは、部活などのひどい体罰、警官のあってはならない暴力、
介護施設での暴力などなどですが、、、

そうした事件の影響で、逆に現場は神経質にならざる負えません。

この件は続けます。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-04-11 09:34 | | Comments(8)

マルタ島の港

d0193569_9354815.jpg

P6(410×273mm)
マルタには、シチリアからフェリーで。大分前の旅です。
d0193569_9374058.jpg

大きなフェリーでした。
d0193569_9381772.jpg

船内も快適。
d0193569_9385781.jpg

世界遺産バレッタ旧市街、本来なら、此処を描くところかな。
d0193569_9402116.jpg

d0193569_9404810.jpg

大型クルーズ船のわきを通って、
d0193569_9422479.jpg

この時の私のカメラは調子悪くって、こんな風に撮れてます。
d0193569_9441471.jpg

猫の島、海辺の猫。この子は用心深い。

「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版
榎本 博明 (著)

以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、

気になったことや自分の意見がうまく言えないので、本の力をお借りします。

個人情報保護への過剰反応で身動き取れない



よくあるのが、学校や幼稚園などで生徒や園児の連絡網が取れず、
緊急時の連絡に手間取ったり、連絡ができなかったりする問題。
大学でも、ゼミなどの名簿や連絡網を作らないようにという通知が出て、不便を感じたことがある。

よその家庭に自分の連絡先を知られたくないという家庭が多く、緊急連絡網を作成できない。
「子供が遊びに行ったまま帰らない」「子供のトラブルで一言謝りたい」などという時に、保護者間で連絡しあう手段がなく、そうした対応は、学校が仲介できる勤務時間内に限られ不便。

これに対して、個人情報保護条例では、
緊急連絡網の作成や配布を直接禁止していた限定はなく、
本人の同意があれば、作成・配布できるとの見解を示している。
クラス全員から同意が得られない場合でも、
同意が得られた人のみを掲載した名簿を配布することができるという。

そうすると、個人情報保護のため名簿や連絡網を一切作成できないという学校側の判断にも、
個人情報だから自宅の連絡策は誰にも知られないようにしたいという生徒の・保護者の要望にも、
過剰反応の部分が大きいと言わざるを得ない。



なんだか、おおらかさがなくなったような、、、
コミュニケーションが、スムーズにいかなくなりそうで。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-04-06 10:07 | | Comments(6)

Castillo de Calatrava la Nueva

タイトルはスペイン語、ウィキペディアで調べたのですが、スペイン語しか見当たらず。
d0193569_955117.jpg

P3(273×190mm)
小さい絵で、すぐに描いてしまいました。
カラトラバ騎士団というのがいて、これは日本語のウィキペディアがありました。

カラトラバ騎士団 (Orden de Calatrava)は、スペインで初めて設立された戦闘騎士団(しかし認可を教皇庁から受けたのは2番目)。1164年9月26日、ローマ教皇アレクサンデル3世より認可された。
12世紀にカスティーリャでシトー会の傘下騎士団として設立。カラトラバ・ラ・ヌエバに本拠の城をかまえた。
騎士団は、歴代の王たちとともにレコンキスタを戦い、勇猛をとどろかせた。
カラトラバ騎士団 のお城だったようです。
d0193569_1031098.jpg

ラ・マンチャのお城。
私には、遠い物語の世界です。
d0193569_101223.jpg

d0193569_1013548.jpg

d0193569_1015794.jpg

ちゃんと上まで上がったのですが、朝早くて、開いてなく城の中へは入れず。
d0193569_1052175.jpg


教育幻想 クールティーチャー宣言 (ちくまプリマー新書) 新書 菅野 仁 (著)


学校で一番大切なのは「欲望の統御の作法」を身につけること


学校のみならず、親が子に対して何を伝えなければならないかという時のキーワードとして、
私が基本だと考えているのは「欲望の統御の作法」を身につけさせること。

かつての管理教育の場合は、欲望そのものをいかに封じ込めるか、極端に言えば、欲望の否定、完全封鎖みたいなところまでもっていこうとしました。
一方で、子供中心主義を標榜するいわゆる自由主義教育の場合はというと、
「欲望の全面的肯定または開放」です。
「子供が、”ああしたい、こうしたい”ということを、極力保証しましょう。」というような方向。

どちらも問題です。


ピンクの文章も著者の文章そのまんまではありません。

自分の体験として、どちらの方向にも出会ったような、、、私らの世代は
極端な管理教育的なものから、リベラルな発想へ、移ったことを、感じてきたような、、、

極端な管理教育に対する反動もあったようですが、

私らの世代(?)ちょっと上?
リベラル志向の強い方、リベラルな発想の方が多いと思います。
たぶん反動です。

そうなると、例えば、スポーツでも基本の型からはいったり、
スキーだってボーゲンをせずには、、、できないよ~~
音楽も基本から、楽器はどうしても必要だと思うのですが、、

絵だって、基本的なものがあったりするのですが、、、

なぜか反発を覚える方もいるようです。
基本の習得って、それほど楽しくなく、我慢が必要なのですが、
たぶん、体験してきた極端な管理教育に対する反動なのかな?と思います。

賢い方がリベラルに、、、そんなイメージを持ってます。
そこの間のバランスは難しいことです。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-03-24 10:29 | | Comments(6)

しなの鉄道の車窓から

d0193569_8264766.jpg

しなの鉄道、妙高高原駅、
小さな駅ですが、あちこちのスキーリゾートのホテルシャトルバスが来ています。
d0193569_846361.jpg

外国人観光客に、、、
地図や観光案内のパンフレットも、英語のものが置いてありました。
斑尾はあんまり外国人は目立たなかったです。
d0193569_8281164.jpg

車体は汚れていますが、、、仕方ないです。そういうところを走ります。
d0193569_943142.jpg

d0193569_8293660.jpg

妙高山、なんとかカメラに映りました。
d0193569_8324178.jpg

d0193569_8331697.jpg

隣の駅、黒姫
d0193569_8341113.jpg

観光案内
d0193569_8344716.jpg

黒姫山、妙高と比べるとすっきりした形、描くなら妙高かな、、、
d0193569_8362232.jpg

鉄道に沿って流れる川、けっこう流れが速い、、ということはこの鉄道も結構な勾配を、
d0193569_914972.jpg

猛禽類、かっこいい、なんだろう?
スキー場でも、上空を猛禽類が飛んでいました。
d0193569_840189.jpg

行きと比べて、帰りは雪がない、、解けたんだ。
d0193569_8405264.jpg

さすが、長野県、リンゴ畑、、

長野駅、新幹線切符売り場は、長い列、、、
東京までの指定席は、、、夜8時頃まで、売り切れてない、、、
あさまなら長野始発だから、、自由席でも座れるかもということで、、、
ホームで並んで、
余裕で座れてラッキー

東京駅、新幹線を降りたら、、すごい人人人、、、すごすぎだ~~!!
やっとのことで山手線にたどり着いて、、

新幹線はすごい、、あれだけの人を運んでいる。。
3連休の最終日だったのですが、、、






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-03-22 08:49 | | Comments(6)

さらに雪は、、、

昨夜帰宅しています。
日曜日の夜、斑尾は雨だったようで、朝は良い天気。
d0193569_9483572.jpg

くしゃみも出るし目もかゆいと思ったら、ここでも、花粉の素が、、、
d0193569_9494590.jpg

d0193569_9502754.jpg

上に上がると妙高山がきれいに見えます。
妙高山の山の形はなかなか面白いです。
d0193569_952714.jpg

野尻湖が見えます。
d0193569_9525964.jpg

船はワカサギ釣りかなぁ?
d0193569_9535779.jpg

ちびっこは、恐れを知らない。
夜の雨で、雪はカチカチで、硬くなって、スケートリンクのよう、
場所によっては怖いんだけど、、、
ちびに負けてはいられません。
d0193569_9575756.jpg


それでも、この悪条件、疲れます。
d0193569_9584861.jpg

休憩
d0193569_9591811.jpg

コーラフロート
d0193569_9595966.jpg

さらに、白玉ぜんざいとお蕎麦

やっぱり、家に帰って乗った体重計、増えていました。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-03-21 10:01 | | Comments(4)

春の雪

d0193569_7251135.jpg

お部屋の前で、キツツキだと思われます。
d0193569_6482125.jpg

宿からゲレンデまで、連絡リフト、
お宿は、なんと12畳の和室、お布団も自分で、
昔の合宿を思い出しました。学生時代のスキー合宿。(スキー部ではないです。)
温泉は気持ちよく、なんだか客も地味、静かで、、、ちゃらちゃら度が低い。

d0193569_6522435.jpg

教会があるけど、結婚式用だね、きっと。
d0193569_6533581.jpg

ガラスに映る山
d0193569_6542693.jpg

ちびっこのスキースクール、
雫石のスクールは地元の子供たちが塾代わりにって感じでしたが、
ここは都会の子供たちが来ているような。ファミリー多し、
子供のボーゲンは強い、大の字の格好で上から突っ込んでくる、すぐにうまくなりそう。
d0193569_6562470.jpg

d0193569_65747.jpg

斑尾山の上、あの文部省唱歌ふるさとにうたわれている「うさぎおいしかのやま」の山です。
子供のころは、ずっとうさぎが美味しいと思っていたのですが、、、
d0193569_712467.jpg

え~~~、ココ滑るの怖そう~~と思ったけど、やれました。
d0193569_725547.jpg

なんたって、食べるのが楽しみなスキーライフ。

山の上の方の雪はまだよかったのですが、
何といっても春の雪、下の方はとけてきたかき氷みたい、

宿に戻る直前、大した斜面でないのに、
何かに引っかかって、顔からころんで1回転、
こわかった~~!足首いためたかなぁ、、大丈夫そう、、

春の雪の重さ、しっかり滑らないと危ないねぇ。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-03-20 07:08 | | Comments(10)

雪国へ

d0193569_833427.jpg

北陸新幹線初乗り
d0193569_8344289.jpg

高崎を越えて、トンネルを抜けると浅間山。煙が見えますか?
長野で降りて、しなの鉄道に、
d0193569_8383085.jpg

走り出してすぐに、雪国、(長野駅には雪がなかった)
この鉄道、駅で、自動でドアは開きません、自分であけます。
d0193569_8403347.jpg

川に沿って登ってます。
d0193569_8415749.jpg

線路と線路の間に積み上げられた雪
d0193569_843983.jpg

雪の山、、スキー場には雪はたっぷりありそうです。

東京は、春めいていますが、こちらはまだ春は遠い。
日本も広いです。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-03-19 08:45 | | Comments(10)

趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。


by ATSUKO