タグ:旅 ( 392 ) タグの人気記事

Castillo de Calatrava la Nueva

タイトルはスペイン語、ウィキペディアで調べたのですが、スペイン語しか見当たらず。
d0193569_955117.jpg

P3(273×190mm)
小さい絵で、すぐに描いてしまいました。
カラトラバ騎士団というのがいて、これは日本語のウィキペディアがありました。

カラトラバ騎士団 (Orden de Calatrava)は、スペインで初めて設立された戦闘騎士団(しかし認可を教皇庁から受けたのは2番目)。1164年9月26日、ローマ教皇アレクサンデル3世より認可された。
12世紀にカスティーリャでシトー会の傘下騎士団として設立。カラトラバ・ラ・ヌエバに本拠の城をかまえた。
騎士団は、歴代の王たちとともにレコンキスタを戦い、勇猛をとどろかせた。
カラトラバ騎士団 のお城だったようです。
d0193569_1031098.jpg

ラ・マンチャのお城。
私には、遠い物語の世界です。
d0193569_101223.jpg

d0193569_1013548.jpg

d0193569_1015794.jpg

ちゃんと上まで上がったのですが、朝早くて、開いてなく城の中へは入れず。
d0193569_1052175.jpg


教育幻想 クールティーチャー宣言 (ちくまプリマー新書) 新書 菅野 仁 (著)


学校で一番大切なのは「欲望の統御の作法」を身につけること


学校のみならず、親が子に対して何を伝えなければならないかという時のキーワードとして、
私が基本だと考えているのは「欲望の統御の作法」を身につけさせること。

かつての管理教育の場合は、欲望そのものをいかに封じ込めるか、極端に言えば、欲望の否定、完全封鎖みたいなところまでもっていこうとしました。
一方で、子供中心主義を標榜するいわゆる自由主義教育の場合はというと、
「欲望の全面的肯定または開放」です。
「子供が、”ああしたい、こうしたい”ということを、極力保証しましょう。」というような方向。

どちらも問題です。


ピンクの文章も著者の文章そのまんまではありません。

自分の体験として、どちらの方向にも出会ったような、、、私らの世代は
極端な管理教育的なものから、リベラルな発想へ、移ったことを、感じてきたような、、、

極端な管理教育に対する反動もあったようですが、

私らの世代(?)ちょっと上?
リベラル志向の強い方、リベラルな発想の方が多いと思います。
たぶん反動です。

そうなると、例えば、スポーツでも基本の型からはいったり、
スキーだってボーゲンをせずには、、、できないよ~~
音楽も基本から、楽器はどうしても必要だと思うのですが、、

絵だって、基本的なものがあったりするのですが、、、

なぜか反発を覚える方もいるようです。
基本の習得って、それほど楽しくなく、我慢が必要なのですが、
たぶん、体験してきた極端な管理教育に対する反動なのかな?と思います。

賢い方がリベラルに、、、そんなイメージを持ってます。
そこの間のバランスは難しいことです。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-03-24 10:29 | | Comments(6)

しなの鉄道の車窓から

d0193569_8264766.jpg

しなの鉄道、妙高高原駅、
小さな駅ですが、あちこちのスキーリゾートのホテルシャトルバスが来ています。
d0193569_846361.jpg

外国人観光客に、、、
地図や観光案内のパンフレットも、英語のものが置いてありました。
斑尾はあんまり外国人は目立たなかったです。
d0193569_8281164.jpg

車体は汚れていますが、、、仕方ないです。そういうところを走ります。
d0193569_943142.jpg

d0193569_8293660.jpg

妙高山、なんとかカメラに映りました。
d0193569_8324178.jpg

d0193569_8331697.jpg

隣の駅、黒姫
d0193569_8341113.jpg

観光案内
d0193569_8344716.jpg

黒姫山、妙高と比べるとすっきりした形、描くなら妙高かな、、、
d0193569_8362232.jpg

鉄道に沿って流れる川、けっこう流れが速い、、ということはこの鉄道も結構な勾配を、
d0193569_914972.jpg

猛禽類、かっこいい、なんだろう?
スキー場でも、上空を猛禽類が飛んでいました。
d0193569_840189.jpg

行きと比べて、帰りは雪がない、、解けたんだ。
d0193569_8405264.jpg

さすが、長野県、リンゴ畑、、

長野駅、新幹線切符売り場は、長い列、、、
東京までの指定席は、、、夜8時頃まで、売り切れてない、、、
あさまなら長野始発だから、、自由席でも座れるかもということで、、、
ホームで並んで、
余裕で座れてラッキー

東京駅、新幹線を降りたら、、すごい人人人、、、すごすぎだ~~!!
やっとのことで山手線にたどり着いて、、

新幹線はすごい、、あれだけの人を運んでいる。。
3連休の最終日だったのですが、、、






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-03-22 08:49 | | Comments(6)

さらに雪は、、、

昨夜帰宅しています。
日曜日の夜、斑尾は雨だったようで、朝は良い天気。
d0193569_9483572.jpg

くしゃみも出るし目もかゆいと思ったら、ここでも、花粉の素が、、、
d0193569_9494590.jpg

d0193569_9502754.jpg

上に上がると妙高山がきれいに見えます。
妙高山の山の形はなかなか面白いです。
d0193569_952714.jpg

野尻湖が見えます。
d0193569_9525964.jpg

船はワカサギ釣りかなぁ?
d0193569_9535779.jpg

ちびっこは、恐れを知らない。
夜の雨で、雪はカチカチで、硬くなって、スケートリンクのよう、
場所によっては怖いんだけど、、、
ちびに負けてはいられません。
d0193569_9575756.jpg


それでも、この悪条件、疲れます。
d0193569_9584861.jpg

休憩
d0193569_9591811.jpg

コーラフロート
d0193569_9595966.jpg

さらに、白玉ぜんざいとお蕎麦

やっぱり、家に帰って乗った体重計、増えていました。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-03-21 10:01 | | Comments(4)

春の雪

d0193569_7251135.jpg

お部屋の前で、キツツキだと思われます。
d0193569_6482125.jpg

宿からゲレンデまで、連絡リフト、
お宿は、なんと12畳の和室、お布団も自分で、
昔の合宿を思い出しました。学生時代のスキー合宿。(スキー部ではないです。)
温泉は気持ちよく、なんだか客も地味、静かで、、、ちゃらちゃら度が低い。

d0193569_6522435.jpg

教会があるけど、結婚式用だね、きっと。
d0193569_6533581.jpg

ガラスに映る山
d0193569_6542693.jpg

ちびっこのスキースクール、
雫石のスクールは地元の子供たちが塾代わりにって感じでしたが、
ここは都会の子供たちが来ているような。ファミリー多し、
子供のボーゲンは強い、大の字の格好で上から突っ込んでくる、すぐにうまくなりそう。
d0193569_6562470.jpg

d0193569_65747.jpg

斑尾山の上、あの文部省唱歌ふるさとにうたわれている「うさぎおいしかのやま」の山です。
子供のころは、ずっとうさぎが美味しいと思っていたのですが、、、
d0193569_712467.jpg

え~~~、ココ滑るの怖そう~~と思ったけど、やれました。
d0193569_725547.jpg

なんたって、食べるのが楽しみなスキーライフ。

山の上の方の雪はまだよかったのですが、
何といっても春の雪、下の方はとけてきたかき氷みたい、

宿に戻る直前、大した斜面でないのに、
何かに引っかかって、顔からころんで1回転、
こわかった~~!足首いためたかなぁ、、大丈夫そう、、

春の雪の重さ、しっかり滑らないと危ないねぇ。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-03-20 07:08 | | Comments(10)

雪国へ

d0193569_833427.jpg

北陸新幹線初乗り
d0193569_8344289.jpg

高崎を越えて、トンネルを抜けると浅間山。煙が見えますか?
長野で降りて、しなの鉄道に、
d0193569_8383085.jpg

走り出してすぐに、雪国、(長野駅には雪がなかった)
この鉄道、駅で、自動でドアは開きません、自分であけます。
d0193569_8403347.jpg

川に沿って登ってます。
d0193569_8415749.jpg

線路と線路の間に積み上げられた雪
d0193569_843983.jpg

雪の山、、スキー場には雪はたっぷりありそうです。

東京は、春めいていますが、こちらはまだ春は遠い。
日本も広いです。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-03-19 08:45 | | Comments(10)

アビラのライオン

ライオンの石像です。
d0193569_9384341.jpg

p3(273×190mm)
描き込んで気が付いたけど、遅い、
デッサンが、やっぱり駄目です。つぶれ気味のライオンになってます。
たまには、こういうデッサン力の必要なものを描いた方がいいようで。
石像だから許してもらって、ほんもののライオンさんだと、、、ちょっとまずい、
そのうちまた気が向いたら、プロポーションの良いライオンさんを描いてもいいかと、。
d0193569_9415690.jpg

アビラ(Ávila)は、スペインの都市。首都マドリードからは直線距離で西北西に約87kmの位置にある。「城壁と聖人の町」の別称で知られる。
d0193569_9431349.jpg

紀元前6世紀から紀元前5世紀にかけてはベトン族が居住し、彼らの手による石像が残る。
ベトン族というのがよくわからないのですが、この石像、かわいらしくて、
d0193569_9451653.jpg

お尻がなんともかわいいのです。

教育幻想 クールティーチャー宣言 (ちくまプリマー新書) 新書 菅野 仁 (著)


いじめや何かしらの問題が起こった時に、
「この子は心から反省しています。子供に書かせた作文を見ればわかります。」
「子供に事情を聞いたときに、まっすぐに私の目を見つめて誠実に答えてくれました。だからこの子はもう大丈夫です。」
そんなロマン主義的な感覚だけでは、多くの場合、あんまりきちんとした問題解決にはならないと思います。
人間は、たとえ大人でも子供でも、その時その時の状況に合わせた心境に簡単に共鳴するものです。
その瞬間は、「心から反省したつもり」になっていても、違った状況になればペロッと舌を出しているかもしれません。
何も特別に小ずるい子供だけがそういう振る舞いをするわけではないと思っていた方がよいのです。


反省文だって、ある程度知恵があれば、先生に気に入られるように書けます。
(子供時代の私だって、たぶん書けた)読書感想文の宿題と同じ。
でも、どうしていじめに至ったかの、暗い部分の本音は書かないだろうし、
いじめたくなったことへの内省なんてしないだろうし、、、

ロマン主義的な感覚
そやぁ甘いよ。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-03-14 10:04 | | Comments(6)

中庭(アルマグロのパラドール)

d0193569_814501.jpg

F6(410×318mm)
パラドールはスペイン語で休息所の意味があり、
古城などを改装したり、景勝地に新しく建てた半官半民の宿泊施設
アルマグロのは修道院の後。

絵の中の猫さんは、 showsun1203 さんのブログにあった猫ちゃんを借りてしまいました。
d0193569_8254036.jpg

パラドールの入り口です。
d0193569_8284844.jpg

壁の絵
d0193569_8291653.jpg

調度品

本の話を続けます。
友だち幻想―人と人の“つながり”を考える (ちくまプリマー新書) 新書 –
菅野 仁 (著)


著者の菅野 仁 さん、社会学の学者で、教育大の先生。
だった。
こんな先生が、将来学校の先生になる方を教育しているのなら、
日本の教育に希望があるなぁなんて思っていたら、2016年に亡くなっていて、
まだ若かったのです。とっても残念です。

まず、学校、それも小学校の先生にぜひ読んでもらいたいと思うのです。

目上の人との距離感

大学の先生の話です。
距離感を近くしてフレンドリーにすると、寄ってくる。
ノックもしないで「先生!」と言って入ってくるようになる。
そんな時に「ノックぐらいしなさい」とか「今少し忙しいから」というようなことを言うと、
とたんに距離を感じて、来なくなったり話さなくなったり。

福祉系の専門学校で
「高校時代は先生にもため口だったけど、今は敬語に変わった」

先生のほうも、人気取り(?)というか、友達化している先生が多いのか、、

「目上の人に対する話し方や振る舞い方を少し学びました。」という学生が結構います。
高校時代までは、ほとんど何か野放図にほうっておかれるようで、
社会に出たときに必要な作法を、家でも学校でもきちんと伝えていないのかなぁと、
子供たちにやや同情したい気持ちになりました。


ふうん、そうなの??
時々職場に、そういう子が出現して戸惑ったことはありますが、、、

うちは、中学2年生から、アメリカのハイスクールだったので、
そこのところがわかっていませんけど。

フレンドリーなアメリカでも、先生には、敬意を払って、距離はとっていたと思います。
友達とは違う。

ピンクの文章も著者の文章そのまんまではありません。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ






by aamori | 2017-03-05 08:47 | | Comments(2)

いろいろな鳥のブログを拝見していると、写真が素晴らしくって、
先日、日比谷公園の池、三脚、立派なカメラのおじさんが数人。
何?カワセミがいたのです。池にダイビング。
私のカメラでは無理。小さいし素早い。
昨日のNHK,「ダーウィンが来た」で、チョット映っていたけど、たぶんあのカワセミ?

私のカメラでの鳥は、
d0193569_9233967.jpg

そばでも逃げない鳩、
d0193569_9241642.jpg

雀もやってきて、、、
南フランス、ニース、、、あのテロの前です。
d0193569_9252733.jpg

スペイン、トレドの雀、隣の椅子に。
海外の雀や鳩のほうが、人の近くに寄ってきます。
日本の子たちは逃げる。どうしてかしら?
とって食べていた歴史?フランス人は食べるよね。

本の話を続けます。
友だち幻想―人と人の“つながり”を考える (ちくまプリマー新書) 新書 –
菅野 仁 (著)


著者の菅野 仁 さん、社会学の学者で、教育大の先生。
だった。
こんな先生が、将来学校の先生になる方を教育しているのなら、
日本の教育に希望があるなぁなんて思っていたら、2016年に亡くなっていて、
まだ若かったのです。とっても残念です。

まず、学校、それも小学校の先生にぜひ読んでもらいたいと思うのです。

個性教育よりまずやるべきこと


学校というのは、あえて単純化していえば個性的な子供を育てる場ではありません。
普通の社会人になるための基礎力を育てる場です。
個性的な人間、とりわけのちに「天才」などと言われるような傑出能力を発揮するような人は、
意識的に個性的にあろうとしてそうなっているわけではありません。
一生懸命普通にしようとしているんだけど、そこからどうしても力量があふれだしてしまうから個性的な人間なのです。

仮に個性的な、天才性を持った子供がいたとして、
「この子には特殊な才能があるな」ということを見抜く力量は先生には必要でしょう。
でも、天才を見つけて天才を育てようというのとはちょっと違うと思います。

むしろ必要なことは、個性的な天才がいたとして、
そういう人が最低限の社会生活を送れるようにケアするのが先生の仕事なのです。
天才というのは、往々にして普通の人とは変わっているため、
その個性が社会的に受け入れられないことがあります。
その人が潜在的に持つ能力が損なわれないように、
社会生活を営むための最低限のルールを教えたり、
やるべきことを支えたりするのが先生の仕事です。

基本的に、先生は生徒の内面までいじろうとする必要はないと思います。
先生の仕事は、生徒のすべてに触れなくていいし、触れてはならない部分もあるのです。


私は、大賛成ですが、中には、反論したい先生も多いのじゃないかなと、、、
天才を育てるのでなく、守るのが仕事。

著者は先生のスタンドプレイが嫌い、というかそれはいけないことと伝えています。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-02-27 09:49 | Comments(9)

ジョシュア・ツリー

ジョシュア・ツリー国立公園(Joshua Tree National Park)は、カリフォルニア州南東部に位置するアメリカ合衆国の国立公園である。ロサンゼルスの東220キロメートルに位置する。
d0193569_934476.jpg

より高度があり、比較的に湿度が高く、やや涼しいモハーヴェ砂漠は、ジョシュア・ツリー(Yucca brevifolia)の特別な生息地であり、公園の名はここから採られた。ジョシュア・ツリーの植生に加え、この公園を特徴づけているものは残丘となっている様々な形をした巨岩群である。
d0193569_934689.jpg


まだ、PCが復活しないので、古いPCで。
古い旅の写真が入っていて、

こういう荒涼とした風景が好きです。
ここ、映画などのロケによく使われています。たとえば、ターミネーター。

本の話を続けます。
友だち幻想―人と人の“つながり”を考える (ちくまプリマー新書) 新書 –
菅野 仁 (著)



著者の菅野 仁 さん、社会学の学者で、教育大の先生。
だった。
こんな先生が、将来学校の先生になる方を教育しているのなら、
日本の教育に希望があるなぁなんて思っていたら、2016年に亡くなっていて、
まだ若かったのです。とっても残念です。

まず、学校、それも小学校の先生にぜひ読んでもらいたいと思うのです。

熱心さゆえの教育幻想


学生の中には、「素晴らしい恩師に出会ったことがきっかけで教師の道を志しました。」
という人が結構います。
確かに忘れられない素晴らしい恩師に出会えた人は幸せです。
でも、よくよく学生たちの話を聞くと、忘れられないとんでもなくヒドイ先生に出会ってしまった人のほうが、数としては多い気がします。残念ながら。

先生というのは基本的には生徒の記憶に残ることを求めすぎると、過剰な精神的関与や自分の信念の押しつけに走ってしまう恐れがあります。
生徒たちに通り過ぎられる存在であるくらいがちょうどいいと思うのです。

文部省以下世間の父兄も、すべての教師に、
人格の高い高邁な資質を求めているようで、それは困るのです。

それこそ金八先生みたいなタイプこそあるべき先生だというのは、ちょっと違うんじゃないかと。
学園ドラマの先生のようなことをやろうとすると、生徒の内面を無理やりいじることになるから、
それはとても危険なことなのです。
「ああいう先生にはなりたくない」と言われないようにすることが本質的で大事。


私は、もう、拍手拍手拍手!!!
やたらに、熱い先生の存在で、しんどかったこともあります。

でもこのセンス、わかってくれない方が結構いそうな気がします。
一方で、最初からこのセンスでやっている方もいると思うのです。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-02-24 09:58 | | Comments(2)

風車の丘へ

d0193569_1115861.jpg

F4(333×242mm)
小さい絵なのに、とても細い筆,持っていなくて、、、風車の羽が、、、、
細い線が描ける筆は必要かしらね?
まぁ、イイや、、、

コンスエグラ(Consuegra)は、スペイン・カスティーリャ=ラ・マンチャ州
下の町から、風車まで登って、けっこう疲れました。
d0193569_1162268.jpg

風車の隣のブリキのドン・キホーテ、
私と比べて、非常に痩せてます。
d0193569_11862.jpg

丘の上からコンスエグラの町。
d0193569_1184348.jpg

丘から、町の方向以外は、、、何もないような、、、

本の話を続けます。
友だち幻想―人と人の“つながり”を考える (ちくまプリマー新書) 新書 –
菅野 仁 (著)


著者の菅野 仁 さん、社会学の学者で、教育大の先生。
だった。
こんな先生が、将来学校の先生になる方を教育しているのなら、
日本の教育に希望があるなぁなんて思っていたら、2016年に亡くなっていて、
まだ若かったのです。とっても残念です。

まず、学校、それも小学校の先生にぜひ読んでもらいたいと思うのです。

「気に入らない人とも併存する作法」が大切


そもそも、クラス全員が仲良くできる、全員気の合う仲間同士であるということは
現実的に不可能に近い。
人間、どうしてもお互い馬が合わない人、理屈抜きに気に障る人というのはいます。


大人同士だって、以前の本でですが、サイコパス、自己愛人格障害、
かなりの確率で存在していると紹介しました。

そんな時に、ムカつくからと言って攻撃すれば、
ますますストレス過剰な環境を作り、自分のリスクを大きくすることになるのです。
チョットむかつくなと思ったら、お互いの存在を見ないようにするとか、同じ空間にいてもなるべくお互い距離を置くしかないと思います。

ただし、露骨に”シカト”の態度を誇示するのも攻撃と同じことに。
最低限の挨拶だけは欠かさないようにして、
あくまでも自然に”敬遠”するというつもりで。

要は「親しさか、敵対か」の二者択一ではなく、
態度保留という真ん中の道を選ぶ。


と言っても、難しいと思います。どうしても、嫌なことをされて許せないやつは出てくるけど、
そういった人は、改めさせようとか、態度を変えさせようとかしても、
無駄なことが多いと思います。サイコパス、自己愛人格障害
距離をとって、放っておくデス。

例えばサバンナの泉のほとりに、たくさんの種類の動物が、お互い無関心な様子で同じ空間を平和に共有している姿を、
フラミンゴやシマウマが、「われ関せず」という感じで、一緒に水を飲む。
あんな光景をおもいうかべると「並存性」がイメージしやすいかと。


そうね、違う種類の生き物と思って、、、

(ピンクの文章も著者の文そのまんまではありません)








にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-02-22 11:34 | | Comments(2)


趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。


by ATSUKO

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

地底世界 サブテラニアン 
at 2017-03-26 08:44
天ぷら (海老づくし)
at 2017-03-25 09:25
Castillo de Ca..
at 2017-03-24 10:29
犬と猫
at 2017-03-23 09:33
しなの鉄道の車窓から
at 2017-03-22 08:49

最新のコメント

showsun1203..
by aamori at 07:25
こんばんわ~こちら南仏S..
by showsun1203 at 18:16
ejichan555 ..
by aamori at 17:49
旅行するなら、地底よりも..
by ejichan555 at 09:38
feb さん、グレイズア..
by aamori at 07:53
showsun1203..
by aamori at 07:44
pikorin77jp..
by aamori at 07:41
ギル・グリッソムいいです..
by feb at 22:01
こんばんわ~ こちら朝..
by showsun1203 at 19:29
銀座で天ぷら、、、私のイ..
by pikorin77jp at 15:03
showsun1203 ..
by aamori at 20:03
今朝は少し体調が悪く。。..
by showsun1203 at 19:53
remonさん、素早いで..
by aamori at 18:35
febさん、夫はホレイシ..
by aamori at 18:27
映画 [ラ、ラ、ラ、ラン..
by remon at 16:22

タグ

(451)

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル