絵を描きながら

タグ:旅 ( 417 ) タグの人気記事

尾瀬

d0193569_9192739.jpg

P10(530×410mm)
覚えていないくらい昔、油絵初期、
ずっと義母のお部屋に飾ってあったのが、義母が施設入所で、戻ってきました。
少し直して、直したと言っても、夫がわからないくらいに。
もう手元に写真もないし、、、たぶん、プロの写真を見て描いたんだと思う。
d0193569_9231896.jpg

d0193569_9233780.jpg

尾瀬は何回も行っていますが、、、
昔のこと、髪型は当時はやったカーリー、
着ているのはなんと初めて自分で編んだベスト、長方形をくっつけただけです。
d0193569_9252784.jpg

夏、黄色いキスゲが、、、
秋が一番好きですが、当時カメラを持っていくのは嫌いで、
一緒に行った子もカメラなしで、、写真はないです。

聞くところによると、今尾瀬って、訪れる人の数が半端でなくて、木道は渋滞?
そんな尾瀬は嫌だ~~~!

言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか (祥伝社黄金文庫) Kindle版 井沢元彦 (著)
日本人の言動を支配するのは、宗教でも道徳でもない。“言霊(コトダマ)”というものが日本人を縛り、それゆえ日本人は独特なのだ。果たしてその正体は? 稀有な日本人論として貴重な一冊。

1995年刊行されたものを電子書籍化。


たぶん、以前に読んでいます。日本を考えるときに、こういう見方もあるということで。

いろいろな意見はあるでしょうが、、だからちょっとアップしにくいですが、、
やはりこういうのって、、問題だと思うので。

「ピノキオ」が差別文学か?
1976年11月に実際に起こった事件。
障害者団体などから「差別文学」として糾弾され、出版社に回収が求められた。

前回の続きです。

抗議者(「障害者」差別の出版物を許さない__まずピノキオを洗う会)は
本の回収と地元図書館での「ピノキオ」閲覧貸し出しの中止を要求した。

「図書館問題研究常任委員会」の抗議文書。

第一にいきなり回収と閲覧中止を求めたことに抗議する。
回収とは問題のある部分を目に触れさせないというやり方であり、
プライバシーの保護などの場合を除いて言論問題の討論の進め方として正しくない。
これは一種の検閲であり、国民はどこが問題なのか判断できなくなる。
仮に「ピノキオ」が差別的だとする意見があるとしても、
その当否は討論の中で決めていくべきだ。
主張者が自己の見解に基づいて、「差別図書」と決め付け、図書館資料を含めて回収を迫ることは、
言論に対する封殺行為である。


「図書館問題研究常任委員会」の抗議文書、第2、第3と続きますが次回に。

そうですよ、「言論に対する封殺行為」です。
めくらとかびっことか、言われるのが嫌な人がいて、だからと言って、、、

私だって、言われたらいやなことあります。
近眼も嫌だし、、、お尻が大きいも、、、
デブや禿だっていやよねぇ。ブスなんてもっと嫌、
そう書いてある作品が、ダメとなったら、芸術はなくなります。










にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-07-22 09:44 | | Comments(8)

額に入れて、、

古いクラシックな感じの額縁が、出てきたので、、入れてみてます。
d0193569_9325373.jpg

F4(333×242mm)
大学のキャンパス、、(USA)
あの頃は、建物苦手意識で、少しずつ練習していました。(だいぶ前の絵、2005年ころ?)
額に入れるとまぁまぁ、、かななんて、、、

d0193569_9381424.jpg

夫の富山出張で、、私は留守番、
路面電車と城、、、中井精也さんを意識して、、、と言っても遠い。
d0193569_9403885.jpg

地味、ですがお城があるのです。
d0193569_9411515.jpg


私、色々出かけているようですが、日本のあちこちはよく知りません。
ますずし、ぶりずしがお土産でした。

富山行くとき、雨で新幹線がしばらく止まっていましたが、
それどころでなくって、今の日本、大雨で大変なことになってます。
自然の猛威は恐ろしいです。雨がやみますように、、、

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition
by 為末 大 (Author)



今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

自分にとっての幸福とは何か


どうにかなることをどうにかする
「仕方がない」
僕は、この言葉に対して、もう少しポジティブになってもいいような気がする。
「仕方がない」でおわるのでなく、「仕方がある」ことに自分の気持ちを向けるために、
あえて「仕方がない」ことを直視するのだ。
人生には、どれだけ頑張っても、「仕方がない」ことがある。
でも、「仕方がある」こともいくらでも残っている。
努力でどうにもならないことは確実にあって、しかしどうにもならないことがあると気づくことで、
「仕方がある」ことも存在すると気づくが財産になると思う。
そしてこの世界のすべてが「仕方がある」ことばかりで成り立っていないということは、
私たち、人間にとっての救いでもあると思う。

僕は人生において「ベストの選択」なんて言うものはなくて、「ベターな選択」だけだと思う。

何が自分に合うか合わないかを理解するには、一定の経験が必要だ。
若いうちは願望が先行するのはやむを得ない。
自分は鹿に生まれたのに、
犬のほうが人気があるからと言って犬になりたいと懸命に頑張ったりする。
でも、いくら努力しても鹿が犬になることはできない。

「夢はかなう」「可能性は無限だ」
こういう考え方を完全に否定するつもりはないけれど、
ダメなものはダメ、というのも一つのやさしさである。
自分は、どこまで行っても自分にしかなれないのである。
それに気づくとやがて自分に合うものが見えてくる。



この本に関してはこれでおしまいにします。
スポーツは、こういうこと比較的わかりやすいです。

他の分野でも、ある程度こういう考え方が当てはまると思っています。










にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-07-06 10:10 | | Comments(6)

最初のころは

d0193569_9361964.jpg

今は昔、、、
最初のころは、絵が描けると、、そりゃぁ自画自賛、うれしくて、
すぐに額に入れて遊んだりして、、
あまりにきちんと額に入っていて取り出すのが困難に封印されてました。
サイズも不明、まぁ8号ぐらい??
ナイフを使って描いたんだね、この絵。以後あんまり使わないけれど、、、
d0193569_9394957.jpg

2015年に2度目に訪れた、イエローストーンのこの場所です。
かなり気に入ってる風景です。
d0193569_9412087.jpg

昔は木の背が低かったのに、今は背が高くて絵を描くのには邪魔です。

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition
by 為末 大 (Author)


今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

自分にとっての幸福とは何か


世の中は平等でないから活力が生まれる
過去は変えられない。未来のこともわからない。
「不平等じゃないか」と叫ぶ前に、まずは現実を直視することだ。
組織が悪い、社会が悪いと責めるのはいいけれど、その間も生きていかなければならない。

もちろん、不平等は解決するべきだと思う。
しかし、社会やシステムが変わるのには膨大な時間がかかるし、
その変化が新たな不平等を生み出すことも覚悟すべきである。
政治的に誰かの取り分を増やすには、誰かの取り分を減らすしかないのだ。

人々を”平等原理主義”に駆り立てるのは何だろうか。
僕は「かわいそう」と「羨ましい」の感覚だと思っている。
自分を基準にして「自分より不幸でかわいそう」な人たちを救うべきだと考える一方で、
「自分たちよりいい思いをして羨ましい」人たちからはもっと取るべきだと考えるのだ。

ここでいう「かわいそう」は他者を引き上げる圧力
「羨ましい」は他者を引き下げる圧力だ。
こうした圧力によっていろいろなものを平均化していくことで、
社会はある程度安定していくとは思う。


話はまだ続きます。次回に。

昔読んだ本、誰の著書かも題名をも忘れたのですが、、、
「自由と平等は相反する。平等を重んじれば自由はなくなり、自由を重んじると不平等に」
とかいうもので、、、「自由と平等」とか同列に並べられる、正義の言葉だったので、、
私としては、、そうか!!と目からうろこ。。

知り合いにそのことをちょっと言ったけど「なぜ?」とあんまり分かってもらえなかったので、
そのことを言うのはもうやめていました。だからここで、、、

そして、私は、わがまま、仕切られるのを嫌います。
団体行動もなるべく避けます。
だから、平等よりは自由を重んじてしまうのです。自由が好き。









にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-07-03 10:24 | | Comments(10)

気疲れのせいではなかった

d0193569_951178.jpg

ソウルでの仕事、体調を崩して、お腹も壊した夫。
帰国後もまだ症状があったのですが、、、
朝鮮半島情勢による気疲れではなかった。なぜって、私もうつったから、、、
感染症。何らかのウィルス。幼児がかかりやすいというロタウィルスかな?
感染力は強いらしい。

昨日の昼過ぎに、頭痛がひどく、ちょっと寒気、、
タイレノールを飲んだのに、一時期38度以上に。

インフルエンザみたいに、ちょっとしんどかった。

今朝になって、症状がお腹に、
それはそれで、嫌ですが、全身の症状は楽になりました。
お腹に来れば、体からウィルスが抜けるかな?

本日、網戸のリフォームやさんが来るのですが、、
まぁ、私が網戸を治すわけではないので、のんびり構えて、なるべく体を治したい。

今回、夫が体重減少、、、
私は、、、太ってやばいと思ったけど、、、ダイエットになりそうです。
ありがたくはないですが、、、

あんまり気疲れするタイプではないと思っていた夫、(図々しい)
やっぱりです。ソウルみやげはちょっとひどいお土産でした。。。。

まだキムチが食べれません。

まぁ、こういうことがあるから元気でいることのありがたさがわかるのですが。

d0193569_9161550.jpg

飛行機から富士山が見えると、写真を撮りたくなるようです。









にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-06-30 09:20 | 日常のこと | Comments(8)

Castle Mountain

d0193569_9364587.jpg

P8(455×333mm)
この山一目でお気に入りに、、セザンヌじゃァないけど、、今後もテーマにしたいなと。

キャッスル・マウンテンは、バンフ国立公園内にあるカナディアン・ロッキーの山である。 「キャッスル・マウンテン」の名称は、西洋の城に似ていることから1858年にジェームス・ヘクターによって名づけられた.

地図上で、Castle Mountain と書いてあったので、山の名前は知っていましたが、、、
スペイン・ラマンチャの旅で、この城へ行って、了解しました。
d0193569_10305799.jpg

山の上。
d0193569_10315796.jpg

d0193569_10321653.jpg

d0193569_10323489.jpg

なるほど、似ています。
お城というと、西洋の城はシンデレラの三角屋根のお城のイメージでした。


諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition

by 為末 大 (Author)


今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

人は万能ではなく、世の中は平等ではない


「あなたのためを思って」に要注意
「なんで向こうはあんなに裕福に生まれてきたのに、こっちは貧乏なんだ」
「同じ努力をしているのに、なんであいつにはできて、なんで俺はできないんだ」
「こっちはあきらめろと言われてきたのに、どうして諦めろと言われないやつがいるんだ」

この感覚を西洋では「ルサンチマン」という。
ルサンチマンは、支配されるものの支配者に対する恨み、
下の階級の人たちの上流階級に対する敵意と訳されるが、
つまりは嫉妬や執着と似た感覚だ。嫉妬や執着は万国共通である。

東洋では、そうした感情を鎮めるための一つの考え方として、
諸行無常に行きついたのだろう。

「この世のすべてのものは絶えず移り変わり消滅するもので、
一刻の間も同じ状態を保つことがない。」仏教の基本的考え方の一つ。

人はもともと不平等に生まれついていて、
善い行いをしていても早く死ぬかもしれないし、悪事を重ねても長生きをするかもしれない。
自分が成功してもその成功が長続きするわけではなく、
自分が失敗しても失敗したまま終わるわけでもないのだ。


はい、仏教の教えがなかなかいいように思うのです。
お寺、もう少し頑張ると、救われる人がいると思うのですが、、、

欧米社会で暮らすと、教会が人々に対して、役割というか影響が多い仕事をしています。

しょっちゅう人身事故で、ダイヤが乱れています。
自殺の多い日本です。
お坊さん頑張れば、、、と時々思います。

私は、神も仏も、なかなか信じられませんが、、「諸行無常」だとは思っています。








にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-06-27 10:27 | | Comments(2)

朝鮮王朝宮殿

ソウル、旅と言っても私が行ったわけでないので、、
観光しようと思ったようですが、行こうとした板門店ツアーは、もういっぱいで間に合わず、
あいていたツアーに午後から行ったようです。

宮殿と言っても、予習もしてなくて、、どこ?何?という感じで、、
d0193569_8541850.jpg

こんな感じ、アジアの他の国でも見たなぁと、、
アジアの文化はつながっています。でも、日本とは違う。似ていても違います。
でもヨーロッパとは完全に違う。アジアです。
d0193569_855487.jpg

天井、
d0193569_8562416.jpg

台湾でこんな感じ見たっけ。
d0193569_857128.jpg

こんな装いの人も、ちらほら、、
京都で着もののような気分かしら?
d0193569_858141.jpg

彼女かわいい、
ソウル得意な方、教えてほしいです。いろいろ。
d0193569_8585967.jpg

アメ横のような所にも、連れていかれたって。
d0193569_8593963.jpg

蒸しパン?その向こうには豚足が並んでいたとのこと。

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition

by 為末 大 (Author)


今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

人は万能ではなく、世の中は平等ではない


「あなたのためを思って」に要注意
本当は欲しかったものがあって、一生懸命頑張ったけど手に入らなかった。
挫折からうまく立ち直れなかった人が嫉妬に染まる。
自分が持っていないものを他人が持っているだけで恨めしい。
とにかく幸せそうな他人が羨ましい。
でも羨ましいと素直に言えるほど本心をさらけ出す勇気がないものだから、
攻撃することで人を引きずり落そうとする。

こうした人の根幹には「人と自分は同じである」「同じでないといけない」
という平等願望があるのだと思う。
犠牲と成果はバランスするという世界観から抜け出られていない。
世の中というものが不平等で、不条理だということが受け入れられない。


嫉妬の処理は、生きていく上での課題です。
為末さん、嫉妬する立場にも立っていたでしょうし、、
充分嫉妬されたでしょうねぇ。

不平等不条理、海老蔵さんの奥様、真央さんの若い死、、、
そういうことなんですねぇ、、
なんで彼女が、、、?理由はないんです。

次回もこの話続けます。怖いし、向き合うのは避けたくても、、、
ちゃんと、考えないとうまく年を取れない気がします。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-06-26 09:18 | | Comments(2)

ベニス猫歩き

d0193569_9223827.jpg

F8(455×380mm)
2003年に描いたと裏に、
猫とドアとか大きさが変だけど、、私としては気に入ってます。
2003年の旅で帰ってすぐ描いたようで、のりがよかったみたい。

前回のブログのスロベニアから高速船に乗って、ベニスへ。
d0193569_9344681.jpg

船から下りて入国審査の場所に行かされます。
d0193569_935813.jpg

ベニスは船で入るのが楽しいと塩野七生さんが書いていたような、、、(??)

やっぱり私は猫の写真を撮っていました。
d0193569_9292669.jpg

d0193569_9294160.jpg

d0193569_929564.jpg


そして、出来の良くないと思った絵を治して、猫も描き込んで、、
d0193569_9304419.jpg

F6(410×318mm)
夫に見せたら、、「まぁいいんじゃないの、、、入選はしないと思うけど」
私も、そう思います。
最初入選しないような絵はダメかと思ったけど、
まぁ、それはそれで、、、別の見方もあるだろうと、、、
結構楽しく描いたんだよ、、色とりどりのカクテルが並んでいて、、、

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition

by 為末 大 (Author)


今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

人は万能ではなく、世の中は平等ではない


「オンリーワン」の落とし穴
「あなたはオンリーワンだからそのままでいい」という考えの落とし穴は、
社会に存在する物差しで自分を測ることを諦めなさい、というところである。
どんなに恵まれている人でも、
自他ともにオンリーワンと言い切れるほど特徴がある人間なんてほとんどいないから、
「あなたはあなたのままでいい」という言葉を疑いなく受け入れられるほどの自己肯定感は、
「社会側から自分は一切認められなくてもいい」という諦めと一体なのだ。

あなたがオンリーワンかどうかは他人が決めている。
「誰もが特別なオンリーワンなのだから自信を持とう」というロジックは、
「悲しみも脳の勘違いに過ぎないのだから気にするな」というのに似ている。
そういわれても悲しみがなくならないように、
いくらオンリーワンと太鼓判を押されても、自信が持てるわけではない。

為末さんの醒めたところが気に入っています。
聞こえの良い言葉に、騙されないぞ~~!という感じが、、

聞こえの良い言葉は、危ないです。
マスコミも、政治家も、聞こえの良い言葉を使いこなします。









にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-06-21 09:50 | | Comments(12)

スロベニア猫歩き

d0193569_107519.jpg

F3(273×220mm)
倉庫の中から出てきた昔の絵。
旅先で猫の写真を撮るのが好きでした。
岩合さんの猫歩きの番組より前、、岩合さんはよく猫の写真集は出していました。
まだルッカもうちに来ていない頃、
今は忙しいけど、老後は猫を飼おうと思っていました。

絵も、スロベニアの子猫。
d0193569_10104356.jpg

d0193569_1011030.jpg

d0193569_10111727.jpg

スロベニアで出会ったネコさんたちは、警戒心がなくて、触らせてくれました。
d0193569_1012638.jpg

d0193569_10121889.jpg

このころはかなり太っていて、スロベニアの山の上のお城に上るのに息切れがして、、、
今はもう少しましです。

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition

by 為末 大 (Author)


今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

人は万能ではなく、世の中は平等ではない


「オンリーワン」の落とし穴
競争に背を向けるのも個人の自由である。
でも社会はある基準で測った「優秀な人」をもてはやす。
人は他者にある程度評価されなければ、自分の価値を感じられない生き物である。

競争から解き放たれた人と、競争から逃げた人は違う。
自分なりの幸せに気づいた人と、負けるのが嫌で競争を否定している人も違う。
優劣はないと心底信じるためには、自分自身を徹底的に肯定できないと難しい。
僕の感覚では、その自己肯定に至る作業はどんな競争よりも厳しいものだ。


まだまだ徹底的に肯定なんてできないけれど、、、

他人が決めたランキングで競争することは殆どしなくなったと思います。
だって、、負けるもん。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-06-20 10:29 | | Comments(6)

イエローストーン

イエローストーンへは2回行きました。
初めて行ったのは30年近く前、初めてのツアーでない海外個人旅行、、
夫の仕事がワシントンで、そのあと移動。
なんだかとっても冒険した気分でした。
d0193569_9573593.jpg

M12(606×410mm)
昔の絵、倉庫が使えなくなるので引っ張り出してきました。
まだ、公募展とか個展なんて考えもしなかった頃、
複雑な形は手に負えないので、このくらい何もない景色ならと、、
描いていました。今思うと、何もないのって難しい。
たぶん、旅行パンフレットを見ながら描いたような。
今、もう一度見て、
あまりに何もないから、何かたそうかなと思ったけど、これはこれでいいかと。
邪険に扱ったので、絵に傷がついてました。
2015年2度目のイエローストーン
d0193569_1012934.jpg

同じ場所だけど、木が伸びてしまって、同じ風景には出会えず。
d0193569_1034124.jpg

d0193569_1041733.jpg

バイソンでも描き込もうかとも思ったけど、とりあえずやめておこう。

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition

by 為末 大 (Author)


今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

人が決めたランキングに惑わされない

積む努力、選ぶ努力


強靭な身体、強い精神力を持った選手が、脆弱な思考力しか持ち合わせいないことも多い。
そういう選手は何をやればいいかが決まっているものに関しては
人並み以上に耐えられるけれども、
何をやればいいのかを考えることに関しては、耐えきれない。
だから他者に答えを求める。

言い換えれば、努力には「どれだけ」がんばるか以外に、
「何を」頑張るか、「どう」頑張るかという方向があるということだ。
日本では指導者が、何を頑張るか、どう頑張るかまで決めてくれることが多い。
そうなると選手の担当はひたすらにそれを積み重ねることになる。

積み重ねと違って、「何を頑張るか」という選ぶ努力には、
冷静に自分を見てダメなものはダメと切り捨てる作業がいる。
これは精神的にかなりつらい。

積み重ねる方にだけ必死になっていて、選ぶ努力を怠った結果、空回りしている人も多い。
結局「選ぶ」ことを人に任せてしまうと、自分にツケが回ってくる。


どの世界でも、ある程度、先を考えると、自分で考え選ばなければならなくなります。
そう、確かに精神的につらいというのもわかる。
頼りたくなる。ほんと、これさえやれば大丈夫と誰かが言ってくれたら、楽だと思う。

昔、受験問題集に、「これだけやれば合格」なんて帯がついていたけど、、
そんなことはなかったもんね。

努力って積み重ねのような印象だけど、、、どうしようと考えるのも努力のうち、、、
逆にこれこそ、努力かも。そこのところ、わかっていない人が多いと思います。
[脆弱な思考力] 厳しい言葉です。

この川の絵に何を足そうか、辞めておこうか、誰か権威のある人に頼れたら楽だと思うのですが。








にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-06-14 10:36 | | Comments(10)

マレーシア

絵、これももっと筆を入れました。
d0193569_9441643.jpg

F6(410×318mm)
マラッカの公園。木の色を、変化させて、、、
狙った雰囲気に近づけたいのですが、、、
d0193569_9462980.jpg

オオトカゲ、虫は得意ではないですが、爬虫類は結構好きかも、、、
見れば、興奮、うれしい。
d0193569_9475928.jpg

クアラルンプールのホテル、、
南国の背の高い木が、いいなぁと思います。
うまくいかなくても、大きな木の絵は時々挑戦したいと思います。
好きと思うものを描くのは、たのしいです。
クアラルンプールは最近あの、殺人事件が、、、
そのまんまうやむやというかはっきりさせられない事情とか、、、やだな。
誰もが犯人は察しているでしょうけれど。

一向に進まない断捨離、
d0193569_95241100.jpg

一時期、窮屈だったので、、捨てようかと思っていたけど、
テニスをしたらこのスカートはいるようになって、
麻、ブラウスとセットでスーツ、真面目そうに見えそうで、、便利。(しわくちゃですみません)
結局減らない服。絵も、、、、

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition

by 為末 大 (Author)


今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

他人が決めたランキングに惑わされない


選ばれるのを待つ人生か、自分で選ぶ人生か。

日本人は、金メダルやノーベル賞といった既存のランキングを非常に好む。
これは他者評価を重んじる、日本人の気質をよく表していると思う。

人から選ばれようとすることは、
誰かが設定したランキングからずっと抜け出せないことを意味する。
他者評価を求めすぎることは、権威のあるランキングに振り回されることになる。
自分なりのランキングを持つということは、
他者評価自体を客観的に見ることに他ならない。

誰もが知っている「いい会社」から内定をもらえずに意気消沈している学生には、
こんな言葉をかけたいと思う。

「あなたが就職した先に描いている大きな目的は何だろう。それはランキング上位の会社に入らないと実現できないことなのか」

デモ、ランキング上位に属すると、身近な人(親戚、近所)に聞こえがイイよね、、
それだけのことなんだけど。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-06-12 10:11 | | Comments(8)



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
ミス・サイゴン:25周年記念..
at 2017-07-26 16:18
箱入り娘
at 2017-07-25 10:33
テニスのグリップテープ
at 2017-07-24 09:20
朝の散歩
at 2017-07-23 08:49
尾瀬
at 2017-07-22 09:44
最新のコメント
liebekatzen..
by aamori at 07:53
o-rudohimeさ..
by aamori at 07:49
なんだかわかります。 ..
by liebekatzen at 19:05
今 ヨーロッパでもブラン..
by o-rudohime at 17:50
showsun1203..
by aamori at 08:10
febさん、昨日の名古屋..
by aamori at 08:06
liebekatzen..
by aamori at 07:59
o-rudohime ..
by aamori at 07:54
remonさん、ハイ、ル..
by aamori at 07:48
美味なビールの箱は格別な..
by showsun1203 at 19:36
まさに箱入り娘ですね。 ..
by feb at 18:59
黒い箱だから、ルッカちゃ..
by liebekatzen at 17:25
高級ビールの箱だからなお..
by o-rudohime at 14:15
るっかちゃん 可愛い! ..
by remon at 13:21
鍵コメさん、ありがとうご..
by aamori at 07:42
タグ
(485)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧