絵を描きながら

タグ:日々のこと ( 322 ) タグの人気記事

松屋銀座アスター

中村征夫さんの、写真展「永遠の海」の奥にレストラン街、、
アスターに入りました。
d0193569_09570967.jpg
紹興酒、
d0193569_09511364.jpg
くるみの飴だきと焼き豚
d0193569_09521005.jpg
エビのワンタン、黒酢で??プリプリ
d0193569_09513698.jpg
肉団子を揚げたもの、
d0193569_09514800.jpg
中身、
d0193569_09531713.jpg
どうしても餃子を食べたい夫、
d0193569_09523716.jpg
ビーフン、
そして、
d0193569_09522338.jpg
海鮮あんかけご飯、

多かった、目が食べたくて、頼んでしまって、苦しい。
たぶん紹興酒の影響も、、苦しいと言いながら、帰りました。
ダイエットとは口ばかりです。
アスターは、おいしいです。裏切られることはめったにないです。

バタフライ・エフェクト Kindle版

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-08-21 10:24 | Comments(4)

永遠の海

d0193569_08514474.jpg
銀座松屋、


半世紀以上にわたり海の撮影を続けている水中写真家 。「海は潜るたびに異なる表情を見せ、常に新たな発見を与え続けてくれる」と、語ります。太陽の光でかがやく青い海や見事な珊瑚礁、鮮やかでかわいい魚たち。それらの写真を通して、美しい海景と命の豊かさをいつも私たちに教えてくれます。また彼は、海をめぐる人々の営みや東京湾での環境も精力的に取材し、社会性のあるテーマにも取り組んできました。

72才、、若々しくて、素敵です。

d0193569_08530436.jpg
ははは、快く一緒に写真も、

d0193569_08532465.jpg
買った本にサインもいただきました。
絵は、サメです。何種類かあった絵で、サメを選びました。
絵を描きながら、「間抜けなサメになった」
彼曰く、「サメはそんなに人を襲わない、怖くないよ」

帰りに、松屋で夕食を、、夕食についてはまたあとで。

バタフライ・エフェクト Kindle版


続きです。

自己愛人格障害の男と結婚してしまった女性の娘。

完璧主義が高じて、心理カウンセラーに、、


「母が積極的に何かしたことなんて、一度もありませんよ。まるでスライムみたい。

形がはっきりしなくて、母が本当はどういう人なのか、私にはさっぱりわからないんです。思っていることを決して言わない、表にも出さない人を深く知ることはできません」


「母のほうは、もっと、はるかにややこしいんです。母のことを本当はどう思っているのか、自分でもよくわからなくて、父と暮らすのが生き地獄だったのは想像できます。でも、それなら、どうしてこんなに長いこと。父と暮らしてきたのでしょう?」


自己主張の強い人も、、、、余りに自己主張しない人も、、、、問題。

昔、自己主張しない控えめな女性、それが理想に思ったときもありましたが、、無理でした。

彼女だって、、、単に自分を、抑えて、、抑えて、、なようです。

自己主張しないのが、彼女の防衛。


d0193569_09202950.jpg

今朝も、朝から一生懸命、みーんみーん、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-08-20 09:21 | 日常のこと | Comments(7)

辛い、辛い、、too hot

d0193569_10310033.jpg
これは辛い、4袋もあるから、、また、使わないと、
肉、ネギ、豆腐、片栗粉は用意します。簡単ですが、、
夫は美味しいと喜んでいますが、辛くて、、それほど食べれない。
ビールも飲んだけど、舌も口唇もヒリヒリ、
食後にあんこの草餅まで食べてしまいました。それで、やっとひりひりが収まりました。

辛い四川風お好きな方にはお勧めです。4回分も入ってます。

d0193569_10314788.jpg
豊洲市場、どうなるの?なんだか都民は何か騙されているのでは、、、?
どれも、信じられないです。

d0193569_10330130.jpg

バタフライ・エフェクト Kindle版


続きです。

自己愛人格障害の男と結婚してしまった女性の娘。

完璧主義が高じて、心理カウンセラーに、、

父親のことを心理カウンセラーに


「話し合いの余地なんてありませんでしたから、父が正しくて、私が間違っていた。それだけです」

「お父さんは君を悲しませたとわかっても、謝らなかった?」とカウンセラー

「父が謝る?」その質問自体が驚きだ。

「ごめん、という言葉は、父の辞書にはありません。謝るということは父にとって、自分の存在そのものが初めから間違っていた、とみとめるようなものなんです」


ふと、迷う。言葉はもう口から出かかっているのに、何かが邪魔をする。心の中で思うだけなら簡単だ。

何度もそうしてきたし、友達にさんざん愚痴っていた時期もある。

それでもやっぱり、私の父は自分勝手なろくでもない人間だ、とはっきり言ってしまうのは、

どうやらもっと難しいようだ。事実なのに。

自分勝手なろくでもない人間。

自分の望みを、常に、何よりも優先する。

「父は自分のことしか考えてない人ですから、人が何か話をすると、1秒後にはもう、父は自分のことに話をすり替えます。昔からそうだから、もううんざり」


自己愛人格障害の人の特徴です。

次回、娘から見た、お母さん。

こういう人の妻をやっている人、、興味あったので、、、不思議な存在に思えて。

ちょっとわかりかけました。


d0193569_10322692.jpg

レインボーブリッジ 、、ドライブ、隙間から写真、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2017-08-19 11:08 | 食べ物 | Comments(11)

スブラキ

近所のシーフードレストラン、此処は洋風も和風お刺身も、、
地中海料理、季節限定?でやっていて、迷ったのですが、つい珍しいものを選んでしまいます。
お刺身の丼が食べたかった。
d0193569_10085795.jpg
スブラキ、ギリシャ料理です。下にあるのはクスクス。
ソースはヨーグルト風味?かな
トルコのシシケバブに似ています。トルコとギリシャは仲が悪いけれど、食べ物文化は似ています。

d0193569_10084756.jpg
ヒラメをレモンバターソースで、、
レモンとバターの組み合わせが大好きなもんで、、
サラダなんかも頼んだのですが、がっついて食べて、写真撮らず。

久しぶりにこのお店に来ました。以前此処で、千葉真一さんが食事をしていました。
あの方、元気で、ものすごくしゃべります。元気で若い。
野際さんが亡くなるずいぶん前で、、、(野際さんはここにはいなかった、大分前に離婚)
野際さんは、かっこよく知的な方で、憧れの女性の一人でした。

バタフライ・エフェクト Kindle版

d0193569_10090769.jpg


by aamori | 2017-08-17 10:35 | 食べ物 | Comments(4)

ハイビスカスと東京観光

d0193569_09571456.jpg
F3(273×220mm)
パネルタイプで、描いてあった絵の裏に描きました。両面でお得?
d0193569_09573261.jpg
東京、時々出会うのですが、ヤット写真が撮れました。勝鬨橋の上。
d0193569_09574181.jpg
d0193569_09575963.jpg
外国人の東京観光、いろんな衣装、マリオだったり悟空だったり、
今回は暑いせいか、衣装はあんまり目立たず。残念。
また、機会があったら、撮影したいです。危ないという意見もあるけど、楽しそうです。
邪魔と言えば、邪魔だけど、、駐車違反の車のほうが邪魔です。
まぁ、私はやりたくはないですが。

バタフライ・エフェクト Kindle版

もう私なら、辞める。(そもそも、こういう男には好かれないと思う)
でも彼女は、

彼の暗い憂いや気まぐれな性格が私を刺激した。私の愛情がやがて彼を変えるに違いないと思っていた。
私が、彼に信用してもらえる人間になれたら、彼もきっと心の壁を取り去って、
本来の姿になってくれるにちがいない、と。

こんな感じで、自己愛人格障害の男と、、、彼女が気の毒ですが、、
やめようとおもえば、、、、彼を早いうちに捨てられたのに。



by aamori | 2017-08-16 10:32 | | Comments(7)

上野の森美術館

第30回日本の自然を描く展です。
d0193569_10275425.jpg
私のは、この絵です。見てきて図録ももらってきました。
この美術展、楽しいのです。ジャンルも、描き方もイロイロ。
いているテーマがなんといっても、楽しい。
人それぞれです。

日本の自然がテーマだけど、自由部門というのがあって、、
この絵も、日本の自然ではないです。

うれしかったのは、小学校高学年か中学生?ぐらいの女の子が一人、
スマホで、私の絵を撮影していて、、、
たぶん、犬好きなのが理由とは思うのですが、、
後ろで、ニタニタと喜んでました。
賞とかもらえたら、とってもうれしいけれど、、
女の子に、こんな感じで選んでもらえたのがとっても嬉しい。

d0193569_10295916.jpg
外にこんな車が、、これはこの場所では初めて見ました、
こういうの食べたいと思うのですが、他に行くところもあって、急ぎました。


バタフライ・エフェクト Kindle版

彼が、私には特別なものがあると思ってくれた。
それは、私の誠実さかもしれない、慰める力かもしれない。
選ばれたと感じたのを覚えている。光栄だと思った。
彼が信頼してくれる相手になれたということが。

この人はなんてひどい目にあわされたのだろう。自分の中で意志が目覚めるのを感じる。
この人の傷をいやすためなら何でもしてあげたい。

危険だと、もうここで思いました。「傷ついた」という触れ込みだって、よくあることで、大げさ。
彼は、自分がやってもらうことを望んでいて、彼女には言葉だけうまいこと使って、
特に何かしてあげることなんてない。
でも、でも、、こうやってからめとられていくんだと。

「君を失うのが怖いんだ」のセリフで、彼女の学生生活、
彼女の興味を持っている研究も仕事も奪っていく。彼女の自由を奪う。

「約束してくれ、絶対に俺から離れないって!」
「約束する!約束する!絶対にはなれない!」
私が最初にした約束、年月とともに、約束は増えていった。


身近でも、こんな感じにはまっていった子を知っています。よくあるパターン。
この危ない関係をを伝えたい、、選ばれたという感覚は危ない。
選ぶ方になったほうがイイ、、、けれど、、
DV,アル中、、、とんでもない夫の妻、、、こんな風に、、、始まったのでは
夫と妻が入れ替わったパターンあるかとは思いますが、、
成り行きを次回に、、ストーリーのネタバレは避けようと思っています。
心理面だけ。



by aamori | 2017-08-15 11:07 | | Comments(8)

セミ

蝉の声がにぎやかです。
d0193569_07591743.jpg
アブラゼミです。

夫に言わせると、子供の蝉取りの世界では一番価値がなかったセミだそうです。

楽しいと思ったのは、絵手紙グッドタイミングの o-rudohime さんの絵手紙。

蝉の絵、「老後は明るい」

なるほど、セミの老後は、陽の光を浴びて、ミュージック三昧ですね。それまでは暗い地中で。


d0193569_07590794.jpg

私も、虫は苦手な生き物です。
虫が嫌いな方ごめん。

d0193569_08034939.jpg
ということでお花

バタフライ・エフェクト Kindle版
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-08-13 08:21 | 日常のこと | Comments(4)

掃除

家事はいろいろあるけれど、掃除は嫌いです。
まだ単に片付けるのは、いいけれど、掃除機、拭き掃除、、嫌いです。
やってもやっても、汚れる。でも、やらないと大変なことになるので、、、

でも、世の中には掃除が好きな方も、いて、、そう割にいて、、尊敬するのですが、、
どうして?「気持ちよい」とのことですが、、、
そりゃぁきれいなほうがいいけれど、、、

どうしても、一番嫌い。食器を洗う方がまだ好き。
d0193569_11051101.jpg
d0193569_10455845.jpg
この本は今日でおしまいに、、
今日もジョークではないです。「笑い」について

各民族の言語を調べていくと、泣き方を表すときはみな違う。
日本語の「オイオイ」とか「シクシク」とは言わずに、
たとえば英語、「ソップソップ」
犬の泣き方、英語は「バウバウ」牛は「ムー」、
ニワトリは「コッカドゥードゥルドゥー」猫は「ミュー」、
足音は「クロンプクロンプ」、水道から水滴が「ポタポタ落ちるのではなく、「タップタップ」。

しかし私が知っている限りの言語を考えてみるとき、ただ一つ共通なのは、笑い声である。
「ハッハッハッ」という。だから、笑いは世界を結ぶ唯一の共通語なのかもしれない。

大笑いは「ハッハッハッ」

楽しいことはいいことだと思います。
生真面目が多い日本人、パスポートも免許証の写真も歯を見せた笑顔はダメですよね、
真面目が好きなようで、、、

アトランタで知り合った日本人、コメディ映画にお金を払う気がしないと言ってました。
笑うのって、ばかばかしくて、ためにならないという発想かな?
確かにひどくばかばかしかったけれど、映画館で、大笑いできました。
それに、コメディはアメリカでも、俳優も作品自体も、アカデミー賞はもらえていないかも、、、

d0193569_11264407.jpg
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-08-12 11:29 | Comments(6)

パエリヤ

ご飯ものが好きです。炭水化物が一番太りそうですが、、、好きだから仕方ない。
パエリヤ鍋を買いました。作ろうと思うのですが、、
その前にレストランで、
d0193569_10073767.jpg
イカ墨のパエリヤ。おいしい。こんな味にしたい。

d0193569_10080031.jpg
マッシュルームのアヒージョ

パエリヤ鍋を使うのはいつになることやら、、、、(汗)

d0193569_10455845.jpg

ジョーク以外で、書いてあること。(今回はジョークではありません。)

ガリレオ・ガリレイが地動説を唱えたとき、
ローマ法王庁は、地球が釘でどこかに止まっていて天だけが動いていると思っていた。
そこで、ローマ法王庁にとっては、ガリレイの地動説はあまりにも趣味の悪いジョークであった。

芸術を見てみよう。全体主義国家では、前衛絵画は悪いジョークとなっていた。
二キタ・フルシチョフは前衛絵画のことを「ロバのしっぽでかかれたものだ」といった。
とにかく、セザンヌやマチスまでが、ロバに化けてしまうのだ。

カトリック教会の教義から、生真面目な共産主義国の社会主義リアリズムまで、
一方からの見方だけを強制してしまうと、自由ともう一つのもの____笑いがなくなる。
笑いは公式化された世界には生きることはできない。


自由と笑いが、なくなるのは嫌だ。。
思い込みの強い主義主張の強い方は、なんとなく苦手です。
うっかり、ジョークでからかえないもの。


d0193569_10082053.jpg
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-08-11 10:31 | 食べ物 | Comments(6)

時計の上で

朝の犬の散歩の時間は、このくらいかな
d0193569_09584338.jpg
カラス、何かくわえてます、黒い色は暑いのじゃないかと、、子供のカラス?、警戒心が少し薄いような。
d0193569_10010514.jpg
桜の木は、木陰を作ってくれます。虫が食べた跡が、、いいなと思います。(模様になっていて)

d0193569_10455845.jpg
今日のジョーク、、
何でも笑う、敵のことも笑う。

ヒトラーが星占い師の判断を借りて、政治や作戦の決定を動かしたことは有名である。
ある日、ヒトラーが星占いにたずねた。
「わたしはいつ死ぬだろうか?」
「総統、あなたはユダヤ人の祭りの日に死ぬことになります。」と星占い師は答えた。
ヒトラーは、すぐに大きな机の上にのっているベルを押した。
親衛隊の将校服を着た秘書が転げ込んできて、かかとをあわせ、
「ハイル・ヒトラー」と叫んで、右手を上げた。
「すぐにユダヤの祭日の表を持ってこい」とヒトラーは叫んだ。
親衛隊の将校は足が床に水平になるように交互に挙げて歩きながら、執務室を出ていった。
暫くすると表を持ってきた。
「わが総統よ、これがユダヤの祭日です」
ヒトラーは眼鏡をかけてしばらく眺めてから、ホット息をついた。祭日はこんなに少ないのか。
「この日は護衛を百倍にしろ」彼は安堵した。
「総統」と星占い師は、たしなめた。
「ご安心なさってはいけません。いつお亡くなりになっても、その日がユダヤの祭日になります。」


某国の独裁者に使ってみたいジョークです。あの国ではジョークなんてとんでもないことのように思えます。
変なこと言うと、殺されそう。
もう一方の、T大統領は、ジョークが好きそうで、、、そのジョークがちょっと怖い。

NHKBSのワールドニュース、イギリスBBCは丁寧に、北朝鮮のことを扱っていました。
何故か地上波のNHKよりも、、、わかりやすく。

NHKはどう考えている?学園物のほうが大事?


d0193569_10243490.jpg
この花よく見るのですが名前を知りませんというか、きいても忘れます。
咲き始めました。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-08-10 10:26 | 日常のこと | Comments(6)



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
松屋銀座アスター
at 2017-08-21 10:24
永遠の海
at 2017-08-20 09:21
辛い、辛い、、too hot
at 2017-08-19 11:08
猫の目
at 2017-08-18 09:43
スブラキ
at 2017-08-17 10:35
最新のコメント
銀座アスター♪~♪~♪~..
by showsun1203 at 21:15
わぁ~い、晩ごはんはコレ..
by liebekatzen at 18:30
アスターは最近行ってない..
by feb at 17:44
油絵とはまた違う雰囲気の..
by o-rudohime at 17:29
辛いもの大好き ただ山椒..
by o-rudohime at 17:21
アスターの料理に目が釘付..
by o-rudohime at 17:14
私もこの写真展見に行きま..
by nekoyama1002 at 16:06
showsun1203..
by aamori at 09:36
rui-asami さ..
by aamori at 09:34
liebekatzen ..
by aamori at 09:28
こんばんわ~今日はさきほ..
by showsun1203 at 21:07
昔、何かの本で、 強い..
by rui-asami at 18:14
青の世界…美しいでしょう..
by liebekatzen at 15:21
showsun1203..
by aamori at 07:09
remon さん、新米で..
by aamori at 07:08
タグ
(495)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧