絵を描きながら

タグ:美術館 ( 14 ) タグの人気記事

ダイエットは口だけ

d0193569_953223.jpg

昨日はこれを見てきました。それほど混んでいなくてちょうどよい感じ。
好みの絵なのでゆっくりアップしていきたいと思います。
d0193569_971919.jpg

d0193569_975089.jpg

美術館の前に、有楽町フォーラムの中で
バジルソースにアボガドとエビ
美樹館の後は、
d0193569_991570.jpg

銀座鹿の子で渋皮栗のみつ豆。この渋皮の付いたクリが大好き。
アイスとあんこをつけなかったのがダイエット。
ここのは、しっかりカロリーあると思います。甘さがしっかり。

秋葉原にもよったし、それなりに歩いたとは思うのですが、食べました。
夕食は湯豆腐で気持ちダイエット。


友だち幻想―人と人の“つながり”を考える (ちくまプリマー新書) 新書 –
菅野 仁 (著)


今度はこの本、著者の菅野 仁 さん、社会学の学者で、教育大の先生。
だった。
こんな先生が、将来学校の先生になる方を教育しているのなら、
日本の教育に希望があるなぁなんて思っていたら、2016年に亡くなっていて、
まだ若かったのです。とっても残念です。

前回の続きです。同調圧力について。

今私たちが目のあたりにしている同調圧力は、
現代における新たな共同性への圧力ではないかと考えています。
日本社会はハード的部分(物的環境や法的な制度)では十分近代化したのかもしれませんが、
ソフト的部分(精神面や価値観)ではまだまだムラ的な同質性の関係性を
引きずっているような気がします。

かつてのムラ的な伝統的共同性の根拠は、生命維持の相互性でした。
貧しい生産力を基盤とした昔の庶民の生活においては、お互いに支えあって共同的なあり方をしていなければ生活が成り立たなかったのです。


日本は稲を作る農耕民族で、これが遊牧民だと話は別ですね。

ですから伝統的なムラ社会的共同性は「出る杭はうたれる」「長い物には巻かれろ」
といったことわざが示すような同調圧力が強い反面、
お互い生活を支えあい助け合うという相互扶助の側面も大きかったのです。

しかし、現代における共同性の根拠にあるのは「不安」の相互性です。
お互い自分自身の思考、価値観を立てることはできず、不安が増大している。
その結果、とにかく「群れる」ことで何とかそうした不安から逃れよう、
といった無意識な行動が新たな同調圧力を生んでいるのではないかと考えられるのです。


わかりやすい考え方だと思うのですが、
自分の考えに自信がないと、何か規範となるモデルがほしいけれど、それもうまく見つからない。
と自分の、ある年齢までの行動を見てそう思います。些細なファッション一つもどうしようか?と

けっこうわがままですから、同調圧力は嫌いで、耐えられなくって。でした。









にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-02-06 09:35 | 食べ物 | Comments(4)

三菱1号館

d0193569_15401489.jpg

秋の気持ちの良い天気。
d0193569_1541399.jpg

三菱1号館、この展覧会、空いていて、よかったです。

梅原龍三郎って、若いころ、今風のイケメンじゃないですか、、、知らなかった。
絵から連想していたのと違う。絵のタッチやあの書いた字と違う、、
もっとソフトな優男です。

ルノアール風に描いていたのが、だんだん梅原龍三郎に、
ほかの画家の絵もあったのですが、
ルオーの絵が、色彩がなんともきれいで、、、見とれて、
このルオーの絵も初めて見たような、厚塗りもいいもんだと。

梅原龍三郎の元気のよい絵が好きです。細い筆を使わないのかしら?

d0193569_15481520.jpg

d0193569_15483582.jpg

d0193569_1549712.jpg

d0193569_16205388.jpg

お庭のバラ
d0193569_15493458.jpg

この雰囲気は、アメリカの大学みたいだと。
d0193569_15511942.jpg

ワンコもお散歩に。ダックスのお座り、かわいいです。立っているのと差があまりなくて。

良心をもたない人たち Kindle版
マーサ・スタウト (著), 木村 博江 (翻訳)


またまた科学的に、

体内に放射性同位元素を投与して、その分布状態を調べると、
サイコパスの被験者は、感情的な言葉をもとにした意思決定テストを与えられたとき、ほかの被験者と比べて、側頭葉への血流量が増加した。

人はかなり難しい問題を解くときに、集中するために側頭葉への血流量が増える。
サイコパスは、普通の人が反射的に説くような、感情的な言葉に基づく問題を与えられると、数学の問題を解くときと同じような生理反応を示す。


 サイコパスは、感情音痴、脳が情緒的なものをはなっから理解しないようです。

良心が欠如しているだけでも悲劇なのに、
愛ややさしさといった感情的体験を受け止めることができない。


これって、まったくうらやましくないですね。

 冷静に良心の呵責なく何でもできる、、、愛情音痴。

うらをかえせば、ちっともうらやましいことではないです。
うまいこと権力や金を手に入れることができるとしても、








にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2016-11-03 16:05 | 美術展 | Comments(4)

東京都美術館

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




 













d0193569_17461237.jpg

ぽかぽか良いお天気、上野、東京都美術館へ。
知り合いが「全日本水墨画展」に入選。というわけで、出かけました。
水墨画の展覧会は初めてです。
墨で描くのは難しいのでは、失敗が許されないようで、
好みは雪景色、もともと白黒の世界、美しいです。

d0193569_17495646.jpg

ついでというか、これをやってました。
d0193569_1751697.jpg

ボッティチェリ様と並んで、
(カーゴパンツ、しわしわだわ、こういうのがだめなのよおしゃれには)
実は、彼の絵は好きで、昔の人の絵の中では、好きです。
ボッティチェリの絵の話は、またあとでゆっくりというか、もう少し深く、、、
d0193569_1755403.jpg

こんなのを食べました。アイスクリームにエスプレッソをかけて、
ベリーの酸味とエスプレッソで甘味がほどよくて、おいしい。
d0193569_188296.jpg

フィレンチェに行きたくなりました、スウィーツがおいしそうです。
たしか、エスプレッソがおいしいはず。
d0193569_17581834.jpg

美術館を出て、
d0193569_17584932.jpg

散歩、上野のここは初めてです。
d0193569_1802878.jpg

上野公園も散歩にはなかなかいい場所です。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




 













by aamori | 2016-02-28 18:05 | 美術展 | Comments(2)

第25回 全日本アートサロン絵画大賞展

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




 












六本木の国立新美術館に行ってきました。
d0193569_10193283.jpg

第25回 全日本アートサロン絵画大賞展を見にです。
雲一つない、晴天です。でも、風が冷たい。
d0193569_10203648.jpg

2点入選、荷物ががいっぱいなのがダサいですね。
d0193569_1022825.jpg

d0193569_1023157.jpg


全日本アートサロン絵画大賞展、それこそいろんな絵があって、びっくり。
題名もおもしろいのがあったり、構想のアイディアが面白かったリ、
みなさま、頭を使っているようで感心。

私は、頭を使っていないよう、使っている??不明です。
でも、このスタイルでしばらく行くしかないと思うのです。無理はできないもの。

技術的にすごい絵もあるし、、技術でないところで頑張っている絵も、、
いろいろな個性で、刺激になりますねぇ、、、

この展覧会、いつも寒い時期。

大御所の立派な展覧会は、例えば日展とかは、
よい季節に開催されてます。

でもね、がんばって100号のような大きな絵をかくのは、嫌です。
場所も気力もないです、この季節でOK.(負け惜しみ??)
サイズもここまで。

帰りはミッドタウンのスーパーで鍋の材料を買って帰りました。
さすが、ミッドタウンのスーパー、豚肉の質がよかった。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




 












by aamori | 2016-02-08 10:39 | 美術展 | Comments(10)

渋谷文化村

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



 








d0193569_13173477.jpg

日曜日、渋谷文化村へ
d0193569_13194534.jpg

ヒエロニムス・ボスの絵は面白いです。
d0193569_13223514.jpg

こんなオブジェ。私、ボスのような想像力はないです。

風景画、初めは聖書の話の中の人物がいるところの風景。
それが丹念に描かれていて、遠景がきれい。
カレンダーのための村の様子の絵なども、面白い。
かいこのまゆも登場。死んだ蚕はアヒルなどの餌。
絵をみていても、ヨーロッパの田舎、肉食人種です。
季節を表すために空に星座のシンボルがあるのなど、面白い。
数字より星座のほうがわかりやすかったのでしょうか?
今度、星座のシンボルをつけてみようか、、、

だんだん風景が中心の絵になって、
ブリューゲル風の絵ってブリューゲル以外にもあって(知らなかった)
人が風景の中に、風物詩という感じで。結構好き。聖書の絵よりなじめます。
文化村の展覧会
混んでいなくてよかったです。図録は重いから買いません。

文化村から渋谷駅、この道は、地元だったのです。通学も、友達と遊ぶのも。
地形はそのままだけど、当時の店、ほとんどない。「くじらや」は昔もあった。
西村のフルーツパーラーとウナギ屋と三千里の薬屋さん、
このくらいかなぁ、昔からあったのは。。。

文化村だって東急本店も含めて、
渋谷区立大向小学校だったのだから、、小学校の跡地。
いったいつのこと、大昔に思えます。

東京、変化がすごくって、ふるさとなんていう感覚はないです。
渋谷駅から文化村への道だって、こんなに人はいませんでした。

なぜか、みょうにちゃらちゃらして落ち着きのない、情緒のない街になったように感じるのは、
年を取ったから、、、???若者の街だから??
おみせも、ありきたり、、よくある店。渋谷でないとという個性がないような。
裏に入ると違うのかしら??昔は、家族でやっているようなお店もあったような気がする。

東急本店の1階、ここは妙に高級ブランドがならんで、人は少なくて、
東急本店の洋服は地味な、(上品かもしれませんが)感じでマネキンが着ていました。
もっと派手なほうが楽しい、買うかどうかはさておいても。
東急本店をこえて、坂をあがると、高級住宅地です。ひっそりです。

昔、なじみのなわばりだった場所だけど、
それほど行きたいとは思わないのはどうして??

次回も、昔のなじみの場所、神宮外苑、のお話を。

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



 







by aamori | 2015-11-16 14:02 | 美術展 | Comments(0)

プラド美術館展、東京中央郵便局

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



 






三菱一号館のプラド美術展に行ってきました。
d0193569_1123276.jpg

d0193569_1125592.jpg


作品の数はありましたが、大きい絵はあまりないので、人が混むとちょっと見にくい。
年代で順路も進みます。初期の宗教画って、いつも思うのですが聖人たちは痛そうです。

さすがスペインと思ったのは、額縁の装飾がゴージャスなものが多くて、、
額縁のゴージャスに絵は負けていません。

何を見てきた?なんて言われそうですが、楽しかったです。
連れが言っていたのですが、
たぶんプラド美術館に行ったら、
もっと大物の絵に目を奪われてあんまり見ないと思う小さな作品たち、
小さくても、とっても丁寧に描かれていました。

d0193569_11145911.jpg

d0193569_11151750.jpg

三菱一号館はお庭もいい感じなのが魅力です。
d0193569_11161984.jpg

この丸いテーブルでピザを食べました。
以前に来たときは風が強くて、葉っぱが飛んでしまうので食べられなかった、
ルッコラののったピザ。大きいので、二人で1枚がちょうどよい。

丸の内で働いている人はお弁当を持ってこのお庭でお昼休み。なかなかいいね。

ちょっと歩いて、東京中央郵便局
d0193569_11235657.jpg

中にお店がいろいろ
連れ曰く、最初の3件は面白がってみたけど、それ以上は飽きたって。
洒落た雑貨屋さんが多いのだけど、確かに似たようで、
特に買ったものもなし。
d0193569_11263732.jpg

d0193569_11271161.jpg

d0193569_11274521.jpg

屋上ガーデンから東京駅。(Etsuさんの絵!!)
ここの工事はいつ終わる?以前、ブラタモリでやっていたっけ。

天気にめぐまれれば、丸の内あたり、気分良い散歩ができます。

銀杏の木が黄色くなったころに、また風情があるのでは。
小さな楽しみに。

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



 





by aamori | 2015-10-29 11:32 | 美術展 | Comments(6)

銀行って

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



 




d0193569_1322117.jpg


上野のこの展覧会、ダブルで行ってきました。
モネは混むと思ったので、ネットでチケットを買っておいて
友達と早めの9時15分に上野駅改札で待ち合わせ。
なのに、電車が遅れて遅刻。

案の定、開館前より行列。
でも、解説の文章などを飛ばしたら、
渋滞の前に出られて、思ったよりゆっくり見られました。
晩年のとか好きです。絵ってこれでいいの?なんて思ったけど。
モネの絵を見ると、「さぁ、絵を描こう」という気分になれます。なぜだ??
モネって楽しそうに描いてますよね。そしてたくさん描いてます。

ブルガリは、ギリシャ系イタリア人のソティリオ・ブルガリが1884年にイタリアのローマに創業した高級宝飾品ブランド。もともとはギリシャ人だったのね。
ジュエリーの美しさも見とれたのですが、映像で映し出される女優さんたちに見とれました。
エリザベス・テーラー、ジーナ・ロロブリジーダから、いまどきの方まで。
やっぱりきれいな人って好きです。きれいな人にきれいなジュエリー。
いいないいな、、、ジュエリーに負けないもの。

ところで、ちょっと愚痴。

母は認知症で、後見制度を使って、銀行口座などを管理しています。
ごみもためたけど、お金もためた人です。
いつからか、お金に凄く執着するように。
施設入所の資金などで困らないので、ありがたいのですが。

 母の通帳記載、支店に来てくださいとATM画面に。
彼女の銀行は私にとっては不便な場所です。 

 足を延ばして行ってきました。そうしたらですよ、
郵送したものが届かないので、住所の変更とか、、、などといわれ、
行った支店は母の口座の支店とはちがうので、最初の窓口では、
遠い支店に行かされそうな気配。
そこはごねたら、いろいろ調べてくれて、
まぁ、銀行の方は謝ってましたが、
 
最初、頭のなかをめぐったのって、こっちのミス。まずいことしたかな??
でも、しばらく待たされている間に考えたのは、
法律も、経済も素人ですが、理屈から言ってへんよ。
成年後見制度を銀行にも申告しているのに、なぜ母のところに書類を送るの?
金銭管理ができないから後見人がいるのに。
「書類を送る住所の手続きの書類を書いてないから」
銀行は後見人の住所を知っているのに。
え~何々?バカげています。都〇銀行です。

 なんだか、腹も立って、エネルギーが消耗しました。

まぁ、これってなんとなく母への腹立ちですけど。
銀行などって認知症かどうかわからないのでしょうけど、
おだてて高齢者に金融商品買わせてました。
お金の使い方知らなくて、持っていることに価値がある世代か。

オレオレサギなどでだまされる老人、
高額のお金もっていますねぇ。驚きます。
あのお金、詐欺師にいくのなら、世の中に流通させてほしい。
以前、母に、その理屈を説いたけど、まったく無駄。
必要なものに、お金を使うのも嫌がる。寄付なんてとんでもない。
本人は貯蓄は美徳だと思っているけど、お金への執着が強いのは品がないと思うのです。
お金で人間関係を構築しようとしているように見えます。
お金をもっていたがるので渡すと、施設でほかの人にあげて問題になったり。
お金をもっているのが権威と思ったのか。
そんな意味合いも考えてなくて、趣味でお金をためたのか??

 私は、ためずに使うつもりです。残念ですがブルガリは買えません。

こういう日は食べ物に、高島屋の地下で、華正樓の肉まんとフォションのパンを。
肉まんは冷凍。朝ごはんは肉まん。



ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



 




by aamori | 2015-10-09 14:11 | 日常のこと | Comments(2)

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ボナール

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

 三菱1号館美術館、ワシントン・ナショナル・ギャラリー展、
今回はピエール・ボナールの絵について。

 色彩画家と言われている人たちの絵って好きです。
そのなかでも、なんだか妙に親近感を感じます。どうしてかなぁ??

d0193569_9512011.jpg

初期のころ、1892年の絵、なんだかマネの静物画みたいなタッチ。
ボナールらしく、色の対比がきれいです。
d0193569_985161.jpg

1895年、構図が工夫されている?
d0193569_1003346.jpg
 
1894年、彼は犬好き。私も犬好き。
d0193569_911090.jpg
 
1890年、洒落た絵だなと思うのです。
d0193569_9534537.jpg

1900年、なぜだか、こういう絵好きです。生活とかを感じるからかしら?
d0193569_9541996.jpg

今回の展示のボナール作品のなかで、一番のお気に入りです。
周辺の色合いとかも含めて、じっと見ていたい感じ。1908年の絵。
d0193569_9582941.jpg

この絵はきれいです。1926年の作品。
三菱1号館美術館も、ポスター、レプリカ、はがきなどの
この絵のグッズが、ミュージアムショップで売られていました。
この絵が今回のボナールの目玉みたいね。
d0193569_9584983.jpg


1942年の作品。1947年に彼は亡くなっているから、晩年に近い。
見えている木は、ちょうど今の季節に咲いているミモザかな?
 
彼の作品もいろいろ変わってきているけど、
晩年に近い作品は、とってもきれいです。

でも、70%ぐらいの人は、「へたくそ」って思うんじゃないかと思うのです。心配な気分。

ちがうかなぁ??

 絵を描き始めたころは、「へた」って思われたくないし、
なるべく「上手」と思われたいと思ってました。(今だって)

 彼の作品をみると、絵の価値って、うまい下手とは別物と思うのです。

ごめんなさい、ボナールはきっと上手なのでしょう。

 トップ5に選ばれる巨匠でもなさそうだけど、
私には、親しみもあって、とっても好き。
私の中では、トップ5に入ってます。
by aamori | 2015-03-27 09:59 | 美術展 | Comments(6)

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ブーダン

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

 三菱1号館美術館で開催中。ワシントン・ナショナル・ギャラリー展。

 本日はウジェーヌ・ブーダンの絵を数点ご紹介。
1858年、この方に若いモネが出会って、戸外制作の道を示されたとのこと。
印象派の先駆けですね。
d0193569_1212090.jpg

1858年の絵です。よく見ると、水鳥と一緒に人も泳いでいて、そこが楽しいな。
d0193569_12134643.jpg

1865年の絵。この絵はって知っていました。
どこで見たのだろう。印象に残っていたのだと思います。
日差し、風、香り、そんなものが伝わってくる絵です。
犬も馬もいます。こんな絵描きたい。
d0193569_12175976.jpg

1872年ころの絵。その場の空気を感じます。空気の温度も湿度も絵からわかります。
d0193569_1219843.jpg

1881年、浜辺の天気がわかります。
d0193569_12203385.jpg

1895年。同じ帆船だけど、1858年のと比べるともっと明るく。いいなぁ。

こんど、港を描こうかな。海が描きたくなりました。
 
というわけで、この画家好きになりました。天気が描けるって素敵です。

こんな画家がいて、影響を与えて、その後の絵に続いていくのだと思うのです。
若いモネもこの方の絵を好きだったろうと。
 
たぶん、絵画にほとんど興味のない人でも、モネ、ゴッホ、ルノアールの絵を見れば、
誰の絵かはわかると思います。。ブーダンはそんなに有名ではない。

 たぶん、絵って現実や効率的なことを重んじる方には、たいして興味ないのではと、、、、
どうなんでしょ???

 だれもが知っている画家さん以外でも、
感動的な絵を描いてますねぇ。。そこを知るのって、とっても面白いのですが。

ところで、 
この前友達から聞いた話、彼女が仕事がらみでつきあう女性。
「小説なんて、嘘で作り物だから、読むのは時間の無駄」と決め付けられたそうです。

 う~ん、こんなにも、効率的で現実的に生きている方って。
しっかり者で几帳面な女性。あんまり損得で考えるのも、、、私にはできないです。

でも結構、存在しているのでしょうか?

 わたしなんて、無駄な時間ばかり。
昔、「本を読むように」なんて言っていた親が、態度を変えて、
受験生の私に、小説を読んでいたら、説教していたっけ。「勉強しろ!」
現実には、小説より問題集がだいじなころでしたが、、、

 どうも、現実的、効率的、になれません。
時々、現実的なしっかり者をうらやましく思う時もありました。

 人間には
 アート親和性のある人とそうでない人に分かれる気がするのですが、、、、
 アートを一種の教養と思っている人もいるのかもしれない、、、なんて思ったり。

とりとめのない話になりました。
次回は大好きなボナールの絵を載せたいと思います。


ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2015-03-23 12:57 | 美術展 | Comments(2)

新印象派展、リュス それに特捜部Q 

ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


 新印象派展、この画家さんの絵が気に入りました。マクシミリアン・リュス
 実は初めて知った方です。ウィキペディアも見つけられませんでした。

 前にブログアップした明るい絵のシニャックは裕福な家庭に生まれたらしいのに比べて、
リュスは労働者階級の多く住む地域に生まれました。 
絵にも、そんな風景が。

 
d0193569_12555716.jpg


 サントロペの港、セレブのヨットというより、港の労働者がいます。

d0193569_12585596.jpg


 モンマルトルから見たパリの眺め
彼は、労働者階級の多く住む、モンマルトルで生まれたとか

 
d0193569_131476.jpg

シャルルロワの高炉
 暗い部分がきれいだと思いました。煙もきれい。

d0193569_136155.jpg

 工場の煙突
こんな風景を描くこと、ちょっと好きです。

 
d0193569_1381751.jpg

この影絵のような暗い部分と明るさの対比が好きです。

 
d0193569_13103345.jpg

ちょっと点描画ちかちかするようにも思いますが、色彩がきれいです。

 濃い紫、濃いブルー、暗い部分をきれいに描いていて、
暗いのが好きだなぁと思いました。

 ということで、暗さについて。

特捜部Qシリーズの第1作『特捜部Q―檻の中の女―』(原題:Kvinden i buret )は2007年に、第2作『特捜部Q―キジ殺し―』(原題:Fasandræberne )は2008年に出版され、
このデンマークを舞台としたシリーズはベストセラーに。
この本をシリーズ2まで読みました。

ユッシ・エーズラ・オールスン原作のミステリー小説です。

 友達の勧めもあって読んでいたのですが、
シリーズ2の特捜部Q―キジ殺し―

 えっ!ちょうどこの物語みたいな暴力、あの中学生の殺人事件のニュースが入って、
話が重なるように思えました。

 小説の場合は、昔の殺人事件の再調査から初めて、

暴力を繰り返すグループ、大人になり金も権力もあるセレブの地位になっている暴力グループ。
人でなしのような人間を警察が何とかしようとする話。

 子供のころの寄宿学校のグループ。

とってもバイオレンスな話ですが、ユーモアと哀愁もあってそこが好きです。

 そう、人間の心の闇、
小説のなかだけでなく、現実にあることで、

 表面的に、きれいごとで覆って、
「二度とあってはならない」を機械的にくりかえしているようで、ちょっとイラつきます。
落ち度捜しで、だれかをせめるのも、、、なんだか、、、。
「命の大切さ」とか、繰り返している学校の態度も???疑問です。それって何??
表面的な言葉だけと思えます。

 ときどきは、闇も見る勇気が必要だと思うのですよ。
人間の歴史は闇だらけです。性善説では疑問だらけになります。

 そうだ、この新印象派展、点描で描かれた肖像画も何点かありました。上手です。

 昔から、申し訳ないのですが、

あんまり肖像画に関心が行かないのです。
練習で、人も描いて、それなりに描くのは楽しかったのですが、、、

美術館とかで、それほど関心がないのです。
 もしかして基本的には、私人間嫌いかも!!

 そう、ロダンの彫刻も、モナリザも、仏像も、ビーナスも
すごいとはおもうのですが、、、

 風景画のほうにひかれます。そう人間嫌いかもねぇ。。と時々思います。
 

まぁ、風景の中に、人工的なものや人をちょこっとは好きですが。
人の営みの絵、それは好きかも。矛盾だらけの私。


 
ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by aamori | 2015-03-06 13:48 | | Comments(2)



趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。
以前の記事
最新の記事
クリーム色のバラ
at 2017-08-24 10:29
バクとルッカ
at 2017-08-23 09:11
子犬はかわいいね
at 2017-08-22 10:35
松屋銀座アスター
at 2017-08-21 10:24
永遠の海
at 2017-08-20 09:21
最新のコメント
趣味のお部屋、いいなぁ♬..
by liebekatzen at 16:25
黄色い薔薇大好きです。 ..
by o-rudohime at 11:36
アトリエの中にピアノ、、..
by pikorin77jp at 10:42
showsun1203..
by aamori at 09:06
liebekatzen..
by aamori at 09:03
o-rudohime さ..
by aamori at 09:00
pikorin77jp..
by aamori at 08:54
こんばんわ~ ルッカc..
by showsun1203 at 20:10
こんばんわ~ ルッカc..
by showsun1203 at 20:02
ヤッター!バクちゃんとル..
by liebekatzen at 15:28
ペットの家族の位置づけは..
by o-rudohime at 10:04
ははは~~ いつもルッカ..
by pikorin77jp at 09:19
showsun1203..
by aamori at 07:49
remonさん、今日は朝..
by aamori at 07:47
こんばんわ~ 超か..
by showsun1203 at 22:15
タグ
(496)
カテゴリ
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧