タグ:食べ物 ( 127 ) タグの人気記事

24時間営業メキシカンレストラン

d0193569_23442210.jpg
サンアントニオ、メキシカンレストラン、「ミ ティエラ」
地元人気で、なんと24時間営業。
d0193569_23435804.jpg
店内、いきなりこの装飾、かなり広い店です。
d0193569_23431642.jpg
案内された席は、このみのすみっこ
d0193569_23445076.jpg
私は、マルガリータ、ここのは塩味が効いていて。。
おかわりもしました。
後ろはビール、グラスが大きくて、面白い。
d0193569_23470501.jpg
もりだくさん、シェアしましたよ。とってもおいしくて。お値段も高くない。
d0193569_23452012.jpg
トルティリアが柔らかくておいしくて、なぜかつつみやすい
d0193569_23463249.jpg
マリアッチも、じょうずです。さすがに、演奏はすばらしい、こういうところでも。
真ん中のおじさん、無表情で。ちょっとすごみがあるのか、
よちよち歩きのベビーのテーブルに、近づいたら、ベビーが怖がって泣き出して、、、
なんだかおかしかった。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-11-16 00:08 | | Comments(8)

モンブラン

remonさんのコメント、小布施のモンブランやら、
訪れたブログの手作りモンブランやら、、、
もう我慢できません、昨日食べに行きました。
d0193569_08413149.jpg
d0193569_08412569.jpg
写真、ちょっと汚くなってすみません。
ランチの食事にセットでデザートコーヒーをつけて、、、
お店のお客さん、皆さんモンブランを食べているように見えました。
メレンゲがサクサクとしていておいしい。
モンブランを食べて、秋の一仕事をしたような、、、

d0193569_08413728.jpg
あれ、珍しく猫がピアノの上に、、
トホホ、楽譜は「キャッツ・アイ」、、、ジャズバージョン、、まだまだしあがらず。
時間がかかります、、やっと、、リズムを理解??かな、、やっとジャズっぽい??
楽器は、結局時間をかけていると、、、何とかなるかなと、、、ちょっと楽観的??
時間時間です。かなり弾き込まないとだめってことです。

青崎 有吾の体育館殺人と水族館の殺人を読みました。
よく読む、北欧ミステリーのような暗さはなく、イギリスのような人間関係のどろどろもなくて、
名探偵コナンを見るようなノリでさっと読んでしまいました。

登場人物も高校生だし、、高校は神奈川県立風が丘高校、、
もしかして希望が丘がモデル、、

なんとなく私の高校レベルぐらいの進学校のような、、、
私、実は高校時代、青春を楽しんだという気分はないです。

親、親戚の持っている文化的価値観(それがすべて正しいと植え付けられて)、
学校で押し付けられてきた価値観、
そんなものが、違うのじゃぁないと、、疑いが、かなり半分ぐらい確信になったころで、、
もやもやした感じが、、でも、その価値観と戦うことは困難。
進学校独特の、価値観も、、、大学の難易度とかに詳しい子もいて、、

小説の子たちは、、、日常をそれなりに個性的に、、、ちょっとうらやましい。
漫画の世界に近いなと思うも、さっと楽しめたので、、時にはこういう本もいいなと、、
d0193569_08414615.jpg
明日から、夫の仕事の旅についていきます。
テキサス州サンアントニオ、、
気温が20度を超えていそうで、、さすが南部
慌ててしまった半そでを出しました。まぁ短期で、、、帰国、
すぐ帰るから、犬猫も、悪いけど、お留守番頼むね。

ドラムの練習、宿題できてないから、ドラムスティック、サンアントニオに持っていこうかな、、、

なぜか、、楽器にせかされています。大変なのです。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-11-13 09:10 | 食べ物 | Comments(16)

食は広州にあり

広州、中国第3の都市です。
d0193569_08302248.jpg
d0193569_08311552.jpg
d0193569_08300722.jpg
d0193569_08310096.jpg
d0193569_08303801.jpg
d0193569_08312134.jpg
夫の、広州ホテル缶詰め状態の仕事での食事
d0193569_08312911.jpg
美人さんが酒をすすめて、

びっくりしたのは朝ごはんのビュッフェだったようです。
d0193569_08313693.jpg
d0193569_08314404.jpg
種類の豊富さが、、麺類も5,6種類、おかゆ3,4種類、
饅頭のようなものも数種類

ほかにアメリカンブレックファーストもたくさん。何日いても食事には飽きない。

d0193569_08315321.jpg
写真は麺、、

医療ビジネスの闇

崎谷 博征 (著)


暗殺リストに載る医師たち
2005年12月、エリック・トポール氏が医科大学の主任教授の役職を追われました。
メルク社製造の「ヴァイオテックス」の副作用にまつわる訴訟に証言した2日後のこと。
エリック・トポール氏は2001年から、メルク社の消炎鎮痛剤「ヴァイオテックス」が、
心臓や脳の血管を詰まらせて心筋梗塞や脳卒中を引き起こす確率を
2倍に引き上げるという危険性を公的に発表し続けていましたが、、
「ヴァイオテックス」を市場から引き揚げたのは4年後の2005年になってからでした。

2009年メルボルンで開かれた「ヴァイオテックス」の訴訟裁判では、
メルクの社員がこの薬に異議を唱える医師や研究者に対して
資金供給をやめることをほのめかしたり、
現在の役職から降格、あるいは解雇されると脅していたことを認めました。
少なくとも8人の臨床研究者に対して脅迫行為を行っていたとメルク社の社員が一人認めています。

さらに驚くことが証言されています。彼らは医師や研究者の「暗殺リスト」を作成し、
常時監視していたというのです。
このリストは社員の間で電子メールで共有されていました。
「都合の悪いことをする医師や研究者を探し出し、住んでいる場所に行き、叩きのめす必要があるかもしれない」
というやり取りがあったようです。

これじゃぁ、まるでマフィア、、ミステリー映画が、できそうです。マフィアも顔負け。

医師や研究者たちは、ビッグファーマーに逆らうと、研究資金が干上がって失職し、
挙句の果てに自分や家族の身に危険が迫ることを知っていました。

ほかの著者の本にも、ほかの製薬会社で似たようなことがあるので、、
事実と異なることとは言い切れないと思います。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-11-05 09:13 | 食べ物 | Comments(8)

ゲルでの食事

d0193569_08042779.jpg
ゲルでの食事です。
d0193569_08043680.jpg
d0193569_08044700.jpg
d0193569_08045433.jpg
お肉はというと、、、、
夫たちのために、羊を1匹殺して、、
そこのところの写真は、、日本人にはなじみがないので、、、ショッキング。
子供も見ていましたが、殺すところは女には見せず、儀式にのっとって、、
d0193569_08052732.jpg
ストーブで料理、
d0193569_08053984.jpg
d0193569_08051072.jpg
小さく切り分けてくれて、、

ちょっと前まで生きていた羊を食べるということ、、、やっぱり感謝の念がわくと、、
d0193569_08054930.jpg
牛乳を煮て一晩おいておくと、クリーム状のバターが取れる。

d0193569_08061812.jpg
d0193569_08062514.jpg
d0193569_08063417.jpg
市場です。日本は野菜が、細かくビニール袋に入って並んでいますが、、(なぜかな?)
たいてい海外では、、こんな風ですねぇ。


こういう本は全部はうのみにするのは、、、ちょっと考えてしまいますが、、

そうだなとおもぅところをつまみ食いしてみます。

医療ビジネスの闇―“病気産生”による経済支配の実態

単行本 – 2012/3

崎谷 博征 (著)


病気は作られている
2009年11月以来、アメリカではゴルフ界のスーパースター、タイガー・ウッズの
「セックス・スキャンダル」がメディアの注目を集めました。
「セックス中毒」の治療を受けていることが判明、医学界をも巻き込んだ論争へ発展。

Xファイルのモルダー役の俳優も、、セックス依存症で離婚とかの話が、、、
(ミーハーなのでこういうネタ知っています。)

1983年、パトリック・カーンズは、
過剰な性活動は薬剤、アルコール中毒と同じく、中毒=病気としてとらえるべきだと提唱。
2013年の、アメリカ精神医学会が発行するマニュアル(DSM-V)の草稿には、
まだ「セックス中毒」が正式な診断名として記載されていなかったのが、問題とされ、

新たな診断名「過剰セックス障害」として、治療の必要性が正式に認知されることになりました。

2010年7月のロイターの記事「正常とされる人はいるのか?」
マニュアル(DSM-V)に新たに追加される病態として、
「軽度不安うつ病」「精神病リスク症候群」「気分調節不全障害」など、
今までなら完全に健康とされたと人たちも、
今後は病気として分類される可能性が高くなることに警告が発せられています。


病気としてしまえば、治療、日本では投薬の可能性も、、、ビジネスに。
私は、製薬会社が裏に、、、ぐらい考えしまいます。

(字の大きさが思うようになりません、、、何故?)

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-10-31 08:57 | 食べ物 | Comments(4)

ウランバートルでの食事

夫の旅です。彼は間違いなく食いしん坊です。ウランバートルでの食事。
d0193569_09271995.jpg
地元のビール、名前は読めません
d0193569_09280759.jpg
餃子風
d0193569_09273419.jpg
これも餃子風
d0193569_09272733.jpg
中身はお肉だけ
d0193569_09280186.jpg
餃子の皮に包んで揚げたもの?
d0193569_09275416.jpg
d0193569_09281489.jpg
シチュー
d0193569_09274121.jpg
ストロガノフ風
d0193569_09274832.jpg
ボルシチ、、料理はどことなくロシアっぽい
d0193569_09352902.jpg
盛りだくさん

こんなに食べて、、帰国して恐る恐る体重計に乗っていました。

肉は豊富、野菜は中国から輸入?

モンゴル人は、日本人より体格がいい、がっちり、、
遠くを見ているから近視がいない?といわれているけど、メガネの方もいたようです。


多動力 (NewsPicks Book) Kindle版


何かと言動が物議を呼び、twitterでは炎上。
ホリエモンの本です。

別に、本を読んで全部賛同する必要はないし、、、
まぁ、こういう考えもあるなと読むことはいいと思うので、、
いろんな人の本を読んでみます。


僕は今まで数々世間を騒がせてきた。しかしその度に思うことがある。
「人間の記憶というものは都合よく塗り替えられる」
もう少ししたら、僕が逮捕されたということはほとんどの人が忘れてしまっているだろう。
人間なんて本当にそんなものだ。
だったらくだらない羞恥心なんて捨てて、「あいつは馬鹿だな」と
後ろ指さされようが、最初から馬鹿をやってしまった方がいい。
一歩踏み出したせいでみっともない失敗をしたとしても、
そんなことは3日もたてば誰も覚えてはいない。

恥をかく勇気、失敗する勇気さえ持てば、どんどん免疫ができてリスクを取ることを恐れなくなる。
この勇気を持つことが何より重要なのだ。

ホリエモンが逮捕されたころ、、流行っていたわけではないですが、「うつ病」を患った大物が何人かいて、、、
ホリエモンはあの状況でまったく「うつ」にならず、たいしたもんだと思っていました。
これが彼の強さの所以かも、、、でも、彼はかなり特殊な方です。

出所後も、住み心地よく便利だったので六本木ヒルズに住もうとしたら
前科者はお断りといわれたそうで、今、彼はホテル住まい。

「他人にどうみられるだろう?」という感情が最大のハードル。
はっきり言おう、誰もあなたに興味がない。
好きなように生きて、思いっきり恥をかこう。

むずかしい~~。親は、世間の目を気にして生きてきたと思う。大事なのは世間体。
確かに、それで、自分を見失っていたけど、見失っていること自体気が付いていなかったような、、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-10-30 10:01 | 食べ物 | Comments(8)

サンディエゴ最後の夜

夫も仕事が終了、ほっとしたようでした。
d0193569_09143881.jpg
d0193569_09162654.jpg
ゆっくり夕食を、どの店?選びが難しいです。狙ったところはパーティで貸し切りだったりして、、、
d0193569_09144916.jpg
このお店で、外を眺めながら、、
d0193569_09151854.jpg
d0193569_09151078.jpg
カラマリフライ、いかが好きです。
d0193569_09153546.jpg
夫は、バックスペアリブ
d0193569_09152702.jpg
私は、レモン風味のお魚
d0193569_09160565.jpg
目の前を、犬の散歩、
d0193569_09163782.jpg
おなかいっぱいで、ホテルへ、
「正義」と「憎しみ」の構造―オサマ・ビンラディンは十六歳の少年だった!? 加藤 諦三著
軍艦をいっぱい見たせいかな?などと思ってこの本で、
テロリストは何を考えているのか??
世界情勢、政治とかからでなく、心理面から書かれた本です。

第7章  社会的逸脱者が聖戦士となるとき

意識的に好ましくないもの、恐怖、不安、憎しみ、道ならぬ性欲、表沙汰になったら罪悪感を伴う過去の行跡、強欲や残虐行為の衝動、
幼児めいた依頼心、露骨なる利己心、そういった好ましからざるものを一切合財、外国や異教徒に投影し、
そういった不潔なものを非難攻撃することによって自己の内なる安定感を取り戻すことができる。

異教徒や他国に対してそのようなレッテルを貼ることによって、自分自身はそのようなもろもろの悪から逃れることができる。

それによって、内面の苦しい葛藤を経験しなくて済む。
「悪のアメリカ」「堕落した異教徒」を非難することによって、
自分は悪でもなければ堕落もしていないと思うことができる。

そしてそうした外国や異教徒を非難して戦うならば、自動的に自分は善人になれるし、
健全な精神の持ち主になれるし、誠実な人間になることができる。

いろいろあるけど、前にも取り上げた、すべてを善と悪に割り切らねばいられない偏見がかった人が、かなり問題だと思うのです。
2価値判断しかできない人が、、
今回の選挙の、色々を見ていても、、
善と悪に割り切るから、いわゆる政敵を、めちゃくちゃに悪く言える。自分を棚に上げてよく言えるなんて思うのですが、、、

ここでこの本の話は終わりにします。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2017-10-24 10:08 | | Comments(4)

ZOOその3

サンディエゴ動物園、動物は見つけにくいところにいます。
トラは、隅のほうの高いところに、、悠然とくつろいでいて、、かっこいいです。
d0193569_07395371.jpg
d0193569_07372726.jpg
かっこいい
d0193569_07390156.jpg

顔を洗っています。仕草はうちの猫と同じ。
d0193569_07370491.jpg

舌が長い、
d0193569_07373980.jpg

大あくび
d0193569_07462725.jpg

Big cat 大好きです。

d0193569_07472538.jpg

d0193569_07473427.jpg

たぶん、ユキヒョウです。
d0193569_07484375.jpg

この子はヒョウ、高いところで、昼寝。

d0193569_08102826.jpg
くろひょう、、お~かっこいいなぁ。

大きくても、恐ろしくても、猫は猫です。くつろぎ方は、うちの猫と同じ、、

見つけにくいところにいるので、写真は難しいですが、、、わかっていただけたかしら?



にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-10-08 07:52 | | Comments(6)

ティファナでタコス

今日は、もう一つアップします。
アメリカ、メキシコの
国境を超えるのには時間がかかりました。乗り物も、国境を超えるのに、
乗り物は別に、機械を通して、検査、、どうやるかはわかりませんが、
洗車機のようなものが、、、検査していました。
日本では、こういう国境がないから、それはそれで非日常的体験で、面白い。
d0193569_09431989.jpg
サングラスのお兄さんがガイド、アメリカ人年配夫婦と、イギリスから来たインド人、
そして私たち夫婦。もう一組いたはずが結局来なくてこの人数。
d0193569_09440685.jpg
ごめんなさい気味が悪いですか?
テキーラの試飲、アップル、ストロベリー、アーモンド、ココナツ、コーヒー、
いろいろな甘いフレーバーのテキーラ、、、
最後に虫の入ったもの、誰も飲みませんでした。
テキーラの後は、タコス、
d0193569_09443175.jpg
このお店、
d0193569_09451049.jpg
マルガリータを頼んだら、大きい、
d0193569_09454390.jpg
このメンバーで食事、つまみのタコスのサルサ、一つものすごい辛いのが、、
インド人は、「インド人だから平気」と食べていました。
わたしは1口で、、もうひりひりして、、口の中が痛い。
d0193569_09461370.jpg
これはおいしかったですよ。お肉もおいしい。

メキシコで食べる、タコスはやはりおいしいようで、、、
マルガリータも手伝って、幸せ気分。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-10-03 10:04 | | Comments(4)

異邦人

d0193569_08205704.jpg

アムステルダムのレストランで、なんとなく

「子供たちが、空に向かい、両手をあ~げて♬」

久保田早紀の異邦人、イントロの部分から初めて、歌も、頭の中に回り始めてしまいました。

カラオケで歌うと、イスタンブールの風景がバックに流れます。(最近カラオケには行っていません)

d0193569_08211181.jpg

ここで食べたのはグリーンピースのリゾット。味はいまいち。


d0193569_08213546.jpg

ランチで食べたもの。
ゴートチーズのサラダ
前日、隣の席の方が食べていたのがおいしそうで、
日本ではゴートチーズは高いことも考えて、
チーズの上に薄く切ったリンゴが乗っていて、リンゴとチーズの組み合わせが、おいしい。


デタラメ健康科学---代替療法・製薬産業・メディアのウソ

2011/5/19



「医療化」を極端におしすすめると「病気を売る」ことにつながる。
巨大製薬会社のやっていることです。
医学研究の楽なターゲットはもう獲り尽くされてしまったため、全く新しい医療化合物はみるみる減ってきている。

そこでどうしたか、
今ある病気に「新しい治療薬」を見つけることができないので、
すでにある治療薬で対処できる「新しい病気」を作りだした。
「社会不安障害」「夜食症候群」
これらは選択的セロトニン取り込み阻害薬(抗うつ剤として売り出した)の新しい用途
「女性性機能障害」これはバイアグラの新しい用途

本人にとっては大きな悩みだとしても、薬で解決しなければならないことだろうか。

はっきり言って、
知能、性欲の減退、人前での緊張、疲労感などを薬で解決する問題に仕立てることは、
人の弱みに付け込んだえげつない金儲け主義。
私たちが自分で解決しようとする力を奪うものといえる。

その通りだと思います。
選択的セロトニン取り込み阻害薬もバイアグラも、副作用もかなりあるようです。

実際に、緊張して発表会(踊り)であがるからと薬をもらう人、
あいさつのときも、緊張してあがるからと
薬をもらうPTA会長が、、、

えげつない金儲け主義の餌食になってしまいますよ。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-09-18 09:25 | | Comments(6)

市場でランチ

昨日の続きです。

o -rudohimeさんより名前を教わったアムステルダムの日用品市場です。アルパートカイブマーケット!

o -rudohimeさんブログです。



d0193569_10091313.jpg

ナッツの店、

d0193569_10092420.jpg

フライの店

d0193569_10093253.jpg

パンにお菓子

d0193569_10094096.jpg

魚屋、

角のカフェでランチに、

d0193569_10094991.jpg

お花はちゃんと生花、隣は花屋さんだしねぇ、

ランチをしながら、人を見ているだけで楽しいです。

d0193569_10100086.jpg

自転車の前についた箱(?)の中で、待っているわんこ。


食べたものはサンドイッチですが、

手でつまんで食べるのは困難、ナイフとフォークでパンごと切って食べるのが正解かなと、

d0193569_10101187.jpg

スパイシーチキン。

d0193569_10102421.jpg

夫のは、、、名前は忘れました。

おいしかったです。日本だとあんまり飲まないダイエットコーラで、完食。

隣のテーブル、ラテン系観光客、やはり、メニューを見てどんなかわからず、

ウェイトレスのお姉さん、私たちのテーブルのサンドイッチを示しながら説明。


時差もだいぶ改善、久しぶりに本のことにも、、


デタラメ健康科学---代替療法・製薬産業・メディアのウソ

2011/5/19

以前の本の続きです。
第6章 栄養評論家の作り話
栄養評論家の過ち その二
観察データーから勝手に因果関係を見つける
長くなりそうなので要約します。

イギリスにおける栄養学の一人者といわれる人の説。
「オリーブオイルには、野菜、果物、豆類と合わせると肌にしわを作りにくくする効果があると。」
「バターの代わりにパンにつけたりして、もっとオリーブオイルを摂りましょう」

もっともらしく正しそうですが、しわとオリーブオイル摂取量の関係は、
ほかにもいろいろな影響する因子があるのに、その因子などは無視している。
別の影響しそうな因子、貧富の程度、、屋外での仕事量とか、
ストレスの量、化粧品の使用パターンなど。
わかりやすい筋書きがほしいばっかりに、ほかの因子は見落とす。

こういった因子を見落とすのは、栄養評論家だけでなく、知識の足りないジャーナリストなどが、ほかに影響する因子だらけな研究を拡大解釈して広めてしまう。

こういったことは、そんな簡単に、結論が出るわけないです。
まぁ、信じ込むのはやめたほうがいいと思います。
オリーブオイルもいいけど、私バターが大好き。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-09-12 10:43 | | Comments(6)