ブログトップ

絵を描きながら

枝垂れ桜

今日は、ひんやり、、寒い曇り空、

昨日は、ぽかぽか、

d0193569_08291315.jpg
このあたり、枝垂桜は、早く咲き始めます。
d0193569_08291864.jpg
台風で塩害にあったので、心配でしたが、、無事に花を付けました。

d0193569_08292558.jpg
木の下でピクニックをしている方も、、

d0193569_08293084.jpg
かわいいオオイヌノフグリ、、私のカメラだとこの程度、

d0193569_08293592.jpg
ハイ、いわゆる新芽時、
天気の変化が大きくて、、、疲れやすい時期かも、、、


プレッシャーに負けない方法  水島広子著

水島広子さんの本は、わかりやすいので、、時々読みます。
残念ながらunlimitedではないです。Kindleですが、有料で買いました。

「批判的な環境」は、不安やプレッシャーを生む。

常に身近に批判的な人がいたという場合、「マイナスの完璧主義」を身に着けやすいものです。

何かするたびに批判的なことを言われたり、「それだからお前は」などと人格否定的なことを言われたりすると、
そのつど衝撃を受けていきます。
衝撃は小さくても、積み重なると、ほとんど「信念」ともいえるものを作ります。

「完璧でなければ批判される」「完璧でいなければ認められない」「完璧でいなければ愛されない」

「マイナスの完璧主義」に縛られている人は振り返ってみればそのような人が身近にいたのではないでしょうか。


小学校高学年の頃でした。
高学年になると、、低学年の教室のお掃除をやらされました。
2年生のお教室。
いつも100点満点の女の子のテストが、教室の後ろに貼ってあって、、
みんな注目していました。
色白のおさげのかわいい女の子で、、確か教師のお嬢さんだったとかいううわさ、

その後どうしたかなと??
いくら賢くても、かなりの完璧主義でないと100点を続けられないですよ、、
昔だと、漢字の書き取りなんて、はねていないとか、そんなことでも減点でしたから、、

そしてその教室の担任、女性S先生、、
掃除が終わったという報告をせねばならず、報告すると、やってきて、指で窓枠をなぞって、、
まだ駄目と拭き掃除をもっとやらされたものです。
生徒はみんなS先生が嫌いで、Sのばばぁなんて言っていました。

子供のころに、こういう方が身近にいたら、、やっぱり大変です。
おさげのかわいい女の子も、、、なんだか心配になってきました。

私は、Sのばばぁと思っていたような悪い子でしたから、、たぶん言っていた。
ほんと、憎らしかったです。掃除を終わらせて、早く遊びたかった。







# by aamori | 2019-03-23 08:51 | 植物 | Comments(0)

暖かくなると、、、

隅田川、河口です。
寒い時は、水中に、生き物の気配がないのですが、、

この前、鵜が盛んに潜っていて、水クラゲも川に入り込んでいるのを発見、

そんな昨日、
d0193569_07295384.jpg
水面がざわざわ、、
写真がわかりにくくて、、すみませんが、、

d0193569_07295853.jpg
ボラの大きな群れが入り込んで、、ジャンプ、、

上からカモメが狙っていましたが、、そう簡単には捕まえられないようです。
時々ざわーと、、下から、スズキのような魚に追われているような、、、

鵜は、たくさん食べたかな?

いよいよ、、季節が変わったなと思いました。

d0193569_07301088.jpg
雪柳、、きれいに咲いています。

d0193569_07301402.jpg
旅プラスさんのブログで知った、カンヒザクラ、

側に、年配女性2人、
「桜みたいだけどねぇ、、何のお花かしら?」と話していて、、
早速「カンヒザクラです」と、教えちゃいました。

d0193569_07301989.jpg

d0193569_08370980.jpg
昨日の南風、、だいぶ散った、カンヒザクラです。

d0193569_07302761.jpg
大島桜?

d0193569_07303142.jpg
かなり、、咲き始めました。

今日は、暖かく、、しかし、夜から冷えて、、
明日は、寒そうです。

プレッシャーに負けない方法  水島広子著

水島広子さんの本は、わかりやすいので、、時々読みます。
残念ながらunlimitedではないです。Kindleですが、有料で買いました。

なんでも完璧にやろうとしてプレッシャーで消耗する。
「完璧主義」が、、プレッシャーに弱いということなのですが、、

どうも見ていて、、血筋、親戚の中に、完璧主義が、、、、
だいたい、母がそうなので、、、
これってなんで?

最初にそうか、、、と思ったのは、
「批判的な環境」は、不安やプレッシャーを生む。

変な話ですが、最近までずっと「お蕎麦」をゆでることを避けていました。
親戚に、お蕎麦の茹で方にうるさい人がいて、、
ちょっと間違うと、そばはまずくなると、、
しょっちゅう親戚が集まるときに、話していた記憶が、、
子供の私に、、刷り込まれていて、、

どちらかというと、几帳面な職人気質の親戚で、、
完璧でないと批判される、というのは、、
子供だった私に、、のしかかっていた気がします。

そして、どちらかというガサツな私は、「ダメだ」という批判にさらされていたような、、

最近、ダイエットにいいかと、お昼ご飯にお蕎麦を、、、ゆでています。
大丈夫、、ちゃんとおいしいお蕎麦ができています。
そんなうるさいこと、難しいことを言わなくたって、、
蕎麦屋さんなら、問題でも、家族で食べるのですから、、

自分の体験も含めて、「完璧主義」をこの本から、、研究しようと思います。


# by aamori | 2019-03-22 08:24 | 生き物 | Comments(10)