人気ブログランキング |

水上の生活

 マレーシア、コタキナバル。水上で生活している。マングローブのそばで。
この一角は電気もない。貧しい。でも風景はきれい。
のんびりしていて楽しそうにみえた。
d0193569_9294199.jpg

 貧富の差の問題は難しい。
 マレーシアもホテルなんかものすごく豪華。高級リゾート。

 ところで、お金をたくさん持っているのに妙に質素倹約をしている人間いませんか?
 個人的な話になりますが、うちの親の世代なんかそうです。
 年金を結構もらっているようなのに、(もちろんお金持ちではありませんが)
 便利なものを買うようにみんなですすめているのに、買わず。
 新しいものをなかなか使いません。服も古いのばかり着ます。
 そのうえ、いらないものも捨てません。
 医療費にはかなりお金を使ってますが。
 親の世代には質素倹約は身に着いた美徳だから仕方ないのかも。
 おれおれ詐欺がそこに付け込んでる。

 たぶん大金持ちでもいるんですよ。
 金持ちそうにすると世間の嫉妬が怖いのかなあと思うくらいに質素倹約。
 お金は停滞したらいけないと思うし、流れてこそ価値があるのですが。
 もちろん無駄に使うのはよくないとは思いますが。

 「質素倹約」と持っているお金の量とのバランスが悪い人って多いのでは?

 塩野七生さんの本でみつけた言葉が良いなあと思います。
「人間の価値は持っているお金の量ではなくてお金の使い方で決まる。」
 こんな意味だったと思います。
 
 世のお金持ちさんがじょうずにお金を使ってくれたらいいなあ。
 貧しいところに流れるように。

 
Commented by toizawa at 2011-02-26 11:21
水上生活・・・ちょっと憧れ^^
長閑さが伝わってくるような絵画だと思いました。
日本国民全体の預貯金は結構あるみたいですね。
私は、2年半前に独立したときに、はじめの1.5年くらいは
仕事が少なく、貯金のほとんどを吐き出してしまいました(笑
昨年後半から少し状況が改善してきましたが、まだまだ・・・
がんばらないと!と思っています^^;^^;
Commented by aamori at 2011-02-26 13:11
toizawaさんも水上生活憧れます?私も。
反対側の水辺は電気がくると聞きました。
子供たちが家から水に飛び込んだり、
魚やカニをとったりしていて、楽しそうでした。
Commented by at 2011-02-26 16:17 x
我が家は母がおととしの暮れに自営を辞めたんですが
やっぱり収入はだいぶ変わってきました (^^ゞ
特別贅沢をしていた訳ではなかったのでまだ良かったですが
贅沢三昧の生活をしてたらきっと欲求不満になってたかも(笑)
それにしても80過ぎの母はやっぱり捨てるという事をしなくて
変な話し、母が生きてる限り物を捨てる事は難しいです (^^ゞ
水上生活って揺れないんでしょうかね!?
船に弱い私はそちらの方が心配で、生活の事が考えられません(苦笑)
P☆
Commented by aamori at 2011-02-26 17:31
恵さんのお母様もですか。80過ぎの世代は戦争体験から仕方ないでしょうね。70代の母の妹にも「捨てなさいよ」といわれて怒っています。でも捨てません。
水上生活。私が行った時は、水面が静かで、船で行ったのですが乗り物に弱い友達も平気でした。嵐のときとかはどうなんでしょうね。現地のガイドさんはこんなとこ住みたくないって言ってました。「がんばって働かない人たちだ。」みたいな言い方をしてました。
Commented by aamori at 2011-02-27 17:45
恵さん、この水上生活は浮いて暮らしているわけではなくて、
杭をたててそのうえに家を建ててます。
(絵がうまくなくてすみません)
それほどゆれは心配ないかも。
Commented by art-4290 at 2011-02-27 22:30
>「質素倹約」と持っているお金の量とのバランスが悪い
そこですよね。私もそのバランスの悪さを、変だなあと思います。私の周りの年寄に対して。
この記事笑ってしまいました。
楽しくお金を使えないってかわいそう。
楽しいと感じる事がないのかもしれませんね。
私は残高 0円で死にたい。
絵のコメントも。(≧д≦)この水の色いいですね。
ATSUKOさんは、寒色が綺麗な気がします。
Commented by aamori at 2011-02-28 07:53
Etsuさん、そこらじゅうによくある話みたいですね。私の周りだけではなさそう。「残高0で」って、Etsuさんの絵からもわかるような。(うふふ)

寒色系、ほめていただきありがとうございます。
そういえば、青い服が多いかな。
絵具も青いのが種類多く持っています。
Commented by His_mercies at 2012-03-26 12:58
aamoriさん、
私はその反対(気前よく上げたり、欲しいものは買ってしまう)でバランスが取れないのです。これも良くないですね。アメリカに住んでいる日本の方でも、お金を使わないとか、ちびちび倹約が美徳のように感じている人が多いのは日本の文化を引きずっているからかな〜、とおもうのですが? 性格もありますね。
またここで聖書の話でごめんなさい、聖書では、自分がなくなっても、必要な人に施しなさいとか、惜しみなく与えなさい。信仰だから心が試されてもいるのですが、そうすれば十倍、百倍で祝福して上げる、と言っています。こちらでもthrifty、frugal,stingyとか言う言葉がありますが、全員がthriftストアーで買い物したら経済がバンクラップしますよね。
アッ、絵は何となくゆらゆら揺れているような感じ、後ろの山も霞んでいていいですね。
Commented by aamori at 2012-03-26 14:12
His_mercies さん、素晴らしいタイミングでこのコメント。感謝。
父が他界して、認知症の母がホームに。
実家の整理をしているのですが!!!なんなんだ!!!です。
他の人からもらったプレゼントも使わずに、しまいこんでいて、ふだんは汚いものを使っていて、ホントにバカみたい。
art-4290さんのコメントの正しさがよーく分かります。
綺麗なレース、ハンカチ、香水もパックされたまんまの箱の中。
自分が使わないになら、誰かにあげても良いし、
プレゼントした人にも悪い。
ちなみに私のあげたものも、使わずにしまいこんでいて。
食器も鍋も、新しのが押入れの奥に。
この聖書の言葉、朝のNHKのドラマ、「カーネーション」でもつかわれてましたよ。でも、呆ける前から、母の価値観は変えられませんでした。
けっこう、みんな言っていましたが、、、、なぜかしら?
by aamori | 2011-02-26 10:05 | | Comments(9)