人気ブログランキング |

サンディエゴ そしてヴェロニカ・マーズ

 サンディエゴは昔、スペイン領、メキシコ領だった。
d0193569_17255858.jpg


d0193569_172714100.jpg

d0193569_17483618.jpg

よって街並みがエキゾチック。「ゾロ」の映画を連想。あの映画は好き。

d0193569_17314100.jpg


 海外テレビドラマが好きな私は、
一時期ヴェロニカ・マーズにもはまっていた。
勝手に思い込んでいるのだけど、物語の舞台はこのあたりの町だと。

 女子高校生が、放課後探偵になる。
親友が殺されてから、探偵になるのだけど、次から次に殺人事件が。

 「こんなの日本の高校でありえない。」と私。
「アメリカのハイスクールだってありえないよ。」と息子。
彼はアメリカのハイスクールを卒業。

 とにかく、ヴェロニカは打たれ強い。
家庭環境も絵にかいたような幸福とは遠い。
いじめにあっても、窮地に陥っても、孤独でも強い。
ちょっと肩をすくめて、"I am ok"
それなりに運命は受け入れ、
頑張れば切り開ける所には、とっ込んでいく。

 人間関係はかなりどろどろなのに、じめじめしていないのは
カリフォルニアの気候のせい?


全部みたわけではないので、抜けたところが気になる。

 アメリカは大学入試のシステムが違うから、高校生活も違ってくる。
いわゆる記憶優先の、テストで点をとるための勉強ができるだけでは、
合格とはならない。受験勉強自体が違う。
SATという共通テストで点は良いほうがもちろん有利。
でもそれだけではないので。

いろんなことのできる人間、あるいは何か特別な能力があると有利。
探偵も、優秀なら、合格のため有利になるかもしれない。

 かなり根本のところが違う教育システム。

高校は誰でも行ける。
公立は授業料、教科書、スクールバス、みんな無料だったよ。
ランチだけ、たしか1ドル35セント。
ジョージア州でのことだったけど。


 
Commented by at 2011-06-09 08:14 x
おはようございます~♪
サンディエゴはもちろん行った事は無いんですけど(笑)
とっても明るい所というイメージがありましたが
お写真からもそれが感じられて嬉しいです♪

受験勉強って、今考えてもイヤなもんです (>_<)
私は高校の時受験に必要だったので仕方なく(?)
理数科コースを選択してましたけど、苦痛でしたねぇ~(笑)
もっと頭が良ければ苦労しなくて済んでのですが (^^ゞ
P☆
Commented by aamori at 2011-06-09 08:35
恵さん、私も受験勉強は苦痛でした。
文化系の社会科の暗記がいやで、理系を選んだのですが、
理系が好きだったわけでなくて苦痛でした。
受験勉強よりももっと人生で大切な何かを
考える余裕がなかったです。
自分の頭脳より無理はしていたのですが。
「無理が当たり前」みたいな環境でした。
Commented by *cranberry* at 2011-06-09 10:18 x
カナダの教育制度もアメリカに似ています!
公立高校は授業料無料だし
教科書は学校から貸し出して
日本に比べると、お金かからないんですが・・・
何しろ、税金が異常に高いのです~(涙)
サンディエゴ、過ごしやすい気候ですよね!
Commented by aamori at 2011-06-09 10:36
cranberryさん、カナダも似ていますか。
そうでした。教科書は貸出でした。
だから書き込まないようにといわれていました。
ものすごく大きな厚い教科書で驚きました。
楽しそうな教科書にみえましたが。
宿題や小さなテストはしょっちゅうありましたね。

by aamori | 2011-06-08 18:17 | 思うこと | Comments(4)