マルタ・猫・猫

  今回の旅で、マルタ島に立ち寄った理由の一つには、
 塩野七生さんの小説を読んだから、
 オスマントルコとキリスト教世界との攻防戦の3部作。
 そして、新美敬子さんのマルタの猫の写真集を見たことも。

 昼間の旧市街の中にはそれほど猫は目立たなかった。
d0193569_10175528.jpg

 この子は人なつこい。
d0193569_1018555.jpg

 城壁の外にでると、いたいた。しかしこの子は警戒心が強い。こそこそ逃げる。
d0193569_10204449.jpg

 海辺の猫。なにやら猫の排泄物の匂いが。
うちにも猫がいるからすぐわかる。階段もすみに糞があるのわかる?
d0193569_917669.jpg

 城壁の外は馬車も走っているから、馬糞も道に。
おまけに、海岸沿いの気持ちの良い道で犬の散歩道。犬の糞も。
いろいろ匂う道だった。こういうのっていやな人にはすごくいやだろうね。
 でも、このおおらかさがほほえましく思う。いいじゃーん。
最近の日本はやたらに、清潔好きでは?抗菌グッズがたくさんある。
あんまりきれいにすると、抵抗力が弱くならないかなあ?
うんときたないのはこまるけど、あまりにきれいなのも窮屈だと感じちゃう。
生物(人間も生物)が生きているんだから。寛容に。
といっても、必然的にハエも多いから、いやだと思うかな。
d0193569_10312389.jpg

 そして、夕方。猫の餌の袋をもったおじさんがやってきた。
工事(城壁の修復かな)の塀の向こうから猫たちが出てきてお食事。
黒い猫たちの家族。街は猫を大事にしているようだ。
d0193569_10343541.jpg

おちついて相手をしてくれた猫さんで今日のブログを閉じる。。
by aamori | 2011-10-23 10:53 | 動物 | Comments(0)