人気ブログランキング |

藤城清治さん

 ちょっと前のことだけど、銀座のヤマハで藤城清治の影絵の展覧会を見た。

昔、暮らしの手帳とか、結婚したてのころみていたから、絵にはなじみがあって。

 1924年生まれ、今も、現役で、細かい作業のアートに取り組んでいるとか。

えっ!!親の世代じゃないの。悪いけど、つい比べてしまう。
 
 父はこの前亡くなったし、母は認知症だからと、仕方ないと思っても、比べる。
生き方が違うじゃん。

 今日の最終回の「カーネーション」をみても、コシノさん高齢まで、意欲的に制作活動。
なんて、かっこいいの!!

昔、思春期にちょっと年上の、かっこいい人にあこがれたように、
いま、高齢のこういう感じの方が、人生のモデル。

 親は反面教師。愚痴っぽい。戦争や、姑の世話のせいにしてしまう。言い訳が多い。
年金は多いのに、金は使わない。楽しむのは「よくない」ことだったようで。

 まぁ、そういうことで、もらってきたパンフレットの写真です。
d0193569_10174543.jpg

d0193569_1018187.jpg


綺麗で、楽しいよね。
Commented by 洋書Bookworm at 2012-03-31 11:28 x
こんにちは。
とっても、素敵な絵ですね!!紹介して下さって、とっても嬉しいです。影絵というのは、どういう絵なのですか?上の絵を観た時に、切り絵なのかな?と、思いました。今でも、細かい絵に取り組まれていらっしゃるとのこと、すごいですね。私も、年齢がいかれても、まだまだ、楽しいことがいっぱいで、というような方に、惹かれます。
Commented by aichanmama at 2012-03-31 11:30
藤城清治さん、知っています!
「暮らしの手帳」の表紙、覚えています。
懐かしい!
今でも現役で活動なさっているなんて素晴らしいですね!
確かに高齢の方が現役で頑張っている姿には元気をもらえますね。
先日も「徹子の部屋」で吉沢久子さんが94歳で今でも現役で各地で公演されたり、文章をかかれたりされているとお話されて、その若々しさや一人暮らしでもきちんと生活されている姿に驚きました。
そして話すスピードも若い人に負けない、反応のよさなのです。
徹子さんも凄いと思うけど、こういう人の生き方には共感できますね!
Commented by aamori at 2012-03-31 12:57
洋書Bookworm さん、藤城清治さんの絵を気に入っていただけたようで。切った絵を、後ろから光を当てているのかしら?
技術の説明もあったのですが、けっこうめんどくさそうな細かい仕事でしたよ。まず私には無理。大きな大作もあって、展覧会場で、みなさん感激していたようでした。藤城清治さんのホームページとかも見つけました。ご活躍されてます。
Commented by aamori at 2012-03-31 13:03
aichanmama さんも、「暮らしの手帳」覚えてましたか。
そういえば、吉沢久子さんも御活躍してますね。94歳とはすごいです。やはり、頭を使って、楽しく暮らす努力をされているのでしょうね。そういう方を、リストアップしてお手本にしたいです。
愛ちゃんママさんも、私のお手本です。
ほんのちょっと、先輩として。ふふふ。
Commented by His_mercies at 2012-03-31 13:20
aamoriさん、
藤城清治さん、薄らと覚えています。デレビでデモンストレーションしていて、彼の手さばきに見入ってしまいました。影絵は幻想的で夢が膨らみ、その中に入って行きたくなる。1924年うまれですか〜、今も現役で活躍なんて、私も夢が湧いて来た。
素敵な先輩は私も大好きですよ。といいながら自分自身もそう思われるようなお手本になっているかな? いつかHeavenの絵を描くのがゴールです。この方はノアの箱船はエデンの園のアダムとイブの作品もあるのですね。したの絵、猫ちゃんのフェドロが可愛いです。
Commented by aamori at 2012-03-31 14:17
His_mercies さん、思い出しました。藤城清治さんは音楽好きで、だからその縁もあってヤマハで展覧会。楽器の絵が多かったし、猫もたくさん描かれてました。きっと猫好きなんですね。猫の音楽隊のクリスマスっぽいマグカップを夫へのおみやげに買って帰りました。猫ちゃんのフェドロ、かわいいですよね。好きだわ。
Heavenの絵は、まだまだ、ゴールは先ですよ。(笑)
ゴールしたらつまらないもん。
Commented by mamiko at 2012-04-01 08:57 x
「暮らしの手帳」、私もこの絵を観て思い出しました。
ご高齢の方がこんなにも楽しくて夢の膨らむ絵を描かれてるって、すばらしいですね。
観る人が楽しい気分になる絵を描けると本当にいいと思います。
紹介してくださってありがとう!
Commented by aamori at 2012-04-01 15:56
mamiko さん、藤城清治さんのお年を知って、びっくり。
大作ですし、手の込んだ作業ですし、本当にすごいです。
新たな絵の構想もあるとか。
そういえば、私が「暮らしの手帳」を家に置いていたのって、もうすごく昔ですもの。30年ぐらい?
展覧会場は実際に光を使っているから、とても綺麗でしたよ。
by aamori | 2012-03-31 10:29 | 思うこと | Comments(8)