人気ブログランキング |

ナポリのニュース

 数日前の、BS NHKでのWorld News,フランスだったかな。
ヨーロッパの経済危機の話からナポリの様子。

 失業率が高くて、大変そう。
そして、街で働いているのが、賃金の安い少年少女のパートタイマー。

 14歳ぐらいの子供が、荷物運びとか、
女の子は美容院で下働き。よく見ると街のあちこち。

 パートタイマーだけど、学校には行かず、毎日働いている。
収入は週に1万円ぐらい。本人も、学校より働いている方がいいって
d0193569_7341227.jpg
d0193569_71323100.jpg

d0193569_7135848.jpg

 昔行った時のナポリの街角。ニュースでも、こんなところで子供のピザ宅配が映っていた。

 おもしろいなあと思ったのは、こどもが学校へ行かない状態も、
大人が苦にしていないと。(教育関係者は学校へ行くように説得していたが)

 
d0193569_716377.jpg


 年配のおじさんさん出てきて、一言。
「おれも、6才からこうやって働いてきて、学校に行っていない。こうやって学んできた人生に満足。」

 太めのおばあちゃんが出てきて、
「今、家の家計はあの子がいないとやっていけない。働いてくれるから助かるのよ。」
d0193569_7201860.jpg

 昔描いたナポリの街角。(2007年だったかな)

 大人たちの、こんなセリフに悲壮感はなくて、人生こんなもの。
美味しいものを食べるのが大事。みたいな。
学歴はどうでもよい。

 「ナポリ人は運命論者」というのを読んだことあるけど、なるほどね

ナポリの町に、魅かれたのって、
単に、食べ物がおいしいだけじゃなくて、
清濁併せ呑むというか、単におきれいごとを言わないというか、

そして、大らかで、明るく、淡々としている人たち。

ちょっと日本人から遠い気質かしら?
 そんな空気が好きだった。(多少身の危険は感じたよ)。
「スリやひったくりに用心しろ」て言われてたし。

 最後にもう1枚。丘の上に登ると、ナポリの高級住宅地。
d0193569_7385443.jpg


 最近絵の写真撮りしてなくて、みんな昔の絵。
Commented by kumykokona at 2012-04-30 11:03
この一年(これかも)私の胃袋と舌がひたすらブレイクしている”ナポリマニア”ってレストラン(正確にはもっと簡単なイタリア語があるはずなのに思い出せない)バールかしら・・・で、そこの美味しさを思い出しながら貴女のページを楽しみました。
前回の子供教育と照らし合わせ何が必要か悩む今日この頃ですね。
東洋人は教育が好きなんですよ。隣の韓国も中国もそしてこの日本も。
ナポリマニアはラヴさんも金沢からはるばる食べに来ました。大絶賛。安くて旨い。ホームページをご覧ください。
Commented by His_mercies at 2012-04-30 11:44
ナポリというと美しいとかロマンを感じますが、そこに住んでいる人達も日々の生活がありますよね、でも性格が明るくて、ほんとうに大らか。 6才から働いているおじさんの言葉はどっしりとした真実味があります! 

私の娘たちは働かなければお小遣いはなしでした。だから学校が終わるとお小遣い稼ぎに14才半から近くの小さなお店で高校を卒業するまで働き尽くめ、勉強より楽しんで働いていましたよ。
お金が入って来るから止められなかったようです。その代わり学業では身につけられない生活能力が培われたことは確かです。

絵は細かい所まで良く描かれていますね!ナポリのストリートは動きがあって生活感が溢れていますね。私はこまごましていると、あ〜、描けないわ、と諦めてしまう。
Commented by flowersincozyroom at 2012-04-30 21:36
ナポリ、深いところなのですね。
絵にはaamoriさんの気持ちが入っているから、とっても生き生きとして素敵です。
Commented by aamori at 2012-05-01 06:25
kumykokona さんのブログで、ナポリマニアのところ見ました。
検索したのですが、表参道のですか?美味しそう。
どちらがkumykokonaさんで、どちらがラブさんかしら?
とお写真見ちゃいました。
教育問題は正解がないので、難しいけれど、
日本のかかえる問題のなかで、とても大きな問題だと思います。
「何かが変」は、感覚的に思います。
Commented by aamori at 2012-05-01 07:05
His_merciesさん 、ナポリ人はつらつとしていて、明るい。
貧乏も苦にしてないようで。うわべだけ見ると、ずいぶんひどい所へ
きたものだとおもうかもとNational Geographicに書いてありました。
日本人的な真面目さと違うし、アメリカ人とも違う。北のイタリア人とも違うらしい。
お嬢さんたちも働いていたのですね。がんばりやさんのようですね
うちの息子はベビーシッターをアトランタで。
レストランにいくとよく働いている彼の同級生に会いました。
Commented by aamori at 2012-05-01 07:09
ラブさん、場所を描くときって、なんだかその場所に思いがないと、
逆に描けなくて、、、、、自分では気が付いていない想いがあるみたい。
そうじゃないと、描くのが楽しくないかな。
あらためて、そんなこと発見。
Commented by aichanmama at 2012-05-01 15:04
そう、最近のヨーロッパ、イタリアもスペインもポルトガルもギリシャもみんな財政困難で不景気だとニュースでいっていますね。
イタリアではなんと中小企業の経営者の自殺が増えている!なんてことが新聞にも載っていましたよ。
え~、陽気なイタリア人が自殺!?と思ってビックリしましたが、経済危機は深刻なようですね。
旅人で行くにはイタリアは食事も美味しいし、楽しい国だけど、実際の生活は大変なのかも知れませんね。
私もナポリの生活観溢れる路地裏は哀愁があって好きな景色です。
この絵もそんな猥雑さと陽気さと生活感が漂っていてとても味のある枝と思います!
Commented by aamori at 2012-05-01 16:51
aichanmama さん、カトリックの国でも、自殺が増えているって、
いやだわ。経済危機は深刻ね。
ホント、旅行でいくと楽しい国です。
昨年シチリアに行ったけど、貧乏そうでした。
そうそう、うまいこと言ってくださった。
南イタリアの魅力って、哀愁かな。ナポリ民謡とか、哀愁たっぷり。
もともと北より南が貧しい?と思っているけど。
絵、味があるといわれるのが、何よりです。ありがとうございます。
by aamori | 2012-04-30 07:51 | 思うこと | Comments(8)