人気ブログランキング |

ゲットー

 前回の自慢の写真、よーく見たら、ベニスのゲットーへの橋。
写っている男性は、ユダヤの帽子を載せていた。(もう1枚写真があった)
ゲットーは、中世ヨーロッパで法律によってユダヤ人が居住を強制された市街地区。

 ユダヤ、日本人である私には最もわかりにくい。
アメリカにはたくさん住んでいるし、イスラエルは今も紛争。

d0193569_9183689.jpg

ゲットーの中の広場。
d0193569_9203411.jpg

シナゴグ。今は、ミュージアムでガイド付きで中を観光。
外からは一見わからない、建物の中を迷路にして、隠れ家だ。
d0193569_9232576.jpg

d0193569_9193081.jpg

d0193569_924212.jpg

ダビデの星をモチーフにしたアクセサリー。素敵だけど、身に付けたら問題が???
d0193569_9264242.jpg

ゲットーの中のカフェで。
隣のおばあさま、よくいわれている鉤鼻のユダヤ人風。
この年齢のユダヤ人、怖い歴史を人生で体験しているのかと想像を。

 しかし、どうしても、つかみきれないユダヤ。日本人だからだろうね。
アメリカのドラマにはよく登場。映画の世界ではユダヤ人の活躍が目立つ。
 「Glee」のレイチェルもユダヤ人の設定。でも、とらえられない。わかりにくい。

差別にあっても、ひどい目にあっても、昔からユダヤでいる。すごいことだ。

写真は、今回のと昔(2003年)のと混ざってます。状況はあまり変わってません。
Commented by Hismercies at 2012-06-18 15:28
aamoriさん、
もう寝る時間なのですが、訪問しました〜。
イタリアとユダヤ人は2000年以上のおつきあいの歴史があるのにね〜。
人種問題って難しいですね、特にユダヤ人は宗教が関わっているので。間違った概念と聖書の理解で、キリストを十字架刑にしたのはユダヤ人たちだ、と長い間西洋人はそう思っていましたから。私も最初はそう思いました。旧約聖書でけを信じるのがユダヤ教。旧約と新約を信じるのがクリスチャンなんですよ。
ユダヤ人は神に選ばれたイスラエル人なので(だからといって異邦人に勝っているという意味ではないのですが)、イスラエルの歴史と今の現状を通して神の働きを私たちに教えてくれます。
ですから、これからも絶対にユダヤ人は変わらないですよ。私たちはイスラエルの情勢を見て終末を予期しています。
聖書にユダヤ人を助けるものたちに神の祝福も注がれると書いてあるので(歴史からもその事実が分かります)クリスチャンは最後の最後までユダヤ人の味方です。
aamoriさんは突っ込んで考えれくれるので、こんなことごちゃごちゃ書いちゃいました(笑)。
Commented by aichanmama at 2012-06-18 17:34
ユダヤ人、イスラム教、イスラエルのことって、あまりにも深く、複雑で簡単にいえないから、遠慮してしまうけど、ユダヤ人ってどこの国にいっても服装からもすぐわかるのよね。
それってユダヤ人ってことにすごく誇りをもっているんでしょうね!
きっと他の民族とは違うんだ!
ということを誇張しているように思える。
やっぱり簡単にはユダヤ人のことは言えないな。
Commented by aamori at 2012-06-18 21:05
Hismercies さん、お休み前にコメントありがとうございます。
アメリカでは、よくユダヤの方を見ていたので、
アメリカ社会のユダヤ感に興味を持ちました。
ユダヤ人は大学の教授とかにもたくさんいたし、
お金持ちも多いから、政治的に経済面からイスラエルよりかと
思っていましたが、精神的にそうなのですね。
「これからも絶対にユダヤ人は変わらないですよ」の言葉、
そうなんでしょうね。ちょっとわかったような、ありがとうございます。
Commented by aamori at 2012-06-18 21:09
aichanmamaさん、私も同じで、 やっぱり簡単にはユダヤ人のことは言えない。なんだかひいてしまいます。
長~い歴史も重い。測り知れない。
西欧社会を旅すると、ユダヤ人地区がどこにでもあって、
不思議な感じを覚えて、ちょっとブログにアップ。
Commented by 洋書Bookworm at 2012-06-20 01:26 x
aamoriさん。
こんにちは。私は、こちらのお写真で、ゲットーの様子を実際に見たのが初めてなので、えっ、とか、ショックというか、びっくりしたというか。第二次世界大戦中など、こわかったのでしょうね。イタリアの洞窟のような所で、ユダヤ人の方が隠れていた場所も、観光地になっているとか、聞いたことがあります。日本人だと、ヨーロッパやアメリカなど西欧での、反ユダヤ感情というのが、ぴんときませんよね。私は、アメリカで、ユダヤ系アメリカ人の方とお付き合いしていただく機会があったりなのですが、アメリカでの、反ユダヤ感情に、びっくりすることもあります。ゴルフクラブの会員になれないとか、未だにあるみたいです。全然ちがうかもしれませんけど、私自身、20年前くらい前に留学生だった時、韓国人留学生が、日本人とか絶対口をききたくないとか、それほど露骨ではないけれど、台湾人とかタイ人の留学生に、反日感情があって、えっ?とか、経験したこともあるのですよ。
Commented by aamori at 2012-06-20 08:26
洋書Bookwormさん、私も、アメリカにいたときに、 反ユダヤ感情に
驚きました。アメリカにいたヨーロッパ人からもきいて、日本にいると
「ホロコーストの被害者」という意識しかなかったので。
反日感情にはあまりあたらなかったのですが、鈍感だっただけかしら?
ユダヤ人は、礼拝の日(?)は乗り物に乗らないから、シナゴグのそばに住んでいて、そうするとその地区は他の人は住むのを避けていると聞きました。住み分けですね。
アメリカ暮らしで「お互いの違いを認め合って、やっていく」そんなことを学んだような。
日本にいるとお互いの違いは些細なことだけですから。
Commented by flowersincozyroom at 2012-06-20 11:49
日本独特の宗教観(お正月は神社、お葬式、法事は仏教、結婚式は教会)もわかりにくいでしょうね。
宗教、教えはいいとおもうのですが、信じるあまりに他の宗教を受け入れられず、戦争したり、いがみあったり、そんな中で悲劇が起きる。
悲しいですね。日本人のように、この宗教わからない…ある意味無関心っていいのかも?って感じています。
あと、ユダヤの方はとても商売がお上手で、経済的に支配されるのを恐れる感情も生まれると聞いたことがあります。
あの貿易センタービルもユダヤ系大企業がたくさん入っていて狙われたという説もあるそうですから。
Commented by art-4290 at 2012-06-20 12:17
ベニスにゲットーってまだあったんだ。知りませんでした。
His_merciesさん、のコメントもとても勉強になりました。
差別 という人間の行動ともつながりますね。
私もアメリカで差別的な経験があります。
Commented by art-4290 at 2012-06-20 12:18
追伸 長い滞在羨ましい。
Commented by aamori at 2012-06-20 17:49
ラブさん、宗教で戦争、人間の歴史は長いことやってます。
なんだか、理解しにくいのだけど、欧米を旅するとそこに
あたりますね。宗教は本来幸せをもたらすものだと思うのですが。
そう、シェークスピアのベニスの商人もユダヤ人。
貿易センタービルもユダヤ系大企業?お金持ちが多い。
厳格になると宗教でも、なんでも、難しことになっちゃいますね。
適当に、まァまァに、いい加減にがいいのかな。
Commented by aamori at 2012-06-20 17:57
art-4290 さん、9日間の日程でした。
「私もアメリカで差別的な経験があります」
そうですか!?結局、住み分けしていた印象があります。
アジア系のアメリカ人が昔言っていたノですが、
「差別をする人は教養のない人」そのように教育はされていますが、根っこのところは???です。日本人も差別意識強いです。
差別していることに、気がついてもいないけど。
Commented by kumykokona at 2012-06-21 17:57
うぅ~~ん、神さまに認められた民族なので世界中に散っているのでしょう。神に認められるってすごいことなので誇りが隅から隅まで行き渡って何時の時代の反心にも耐えられるし守られてる強さが勝っているのです。きっと。
Commented by aamori at 2012-06-21 21:17
kumykokonaさん、「誇りが隅から隅まで行き渡って 」
ふうむ、なるほど。そう思えているのは、幸せですね。
強くいられますもの。ちょっと、うらやましい。
by aamori | 2012-06-18 09:39 | | Comments(13)