人気ブログランキング |

スキーに連れてって

d0193569_11212437.jpg

スキーって、大変でつらい体験も多かったはずなのに、、、
また、行きたいと思うのです。スキー靴をはくのも大変なのに。
d0193569_11224337.jpg

d0193569_11231160.jpg

風景が、私には非日常的です。
d0193569_11241640.jpg

手袋だけ新しく買ってあるもん。そうだ帽子も、、、新しいのがある。

満たされない自己愛 ――現代人の心理と対人葛藤 (ちくま新書) Kindle本
大渕憲一


自己愛性パーソナリティ障害(Narcissistic personality disorder ; NPD)を知るには要素から。
誰にでもある要素なのに、なぜか困った人になってしまう人がいて、、、

自己愛のもう一つのタイプ

自己愛心理が表面には現れず、行動の背後に隠されているタイプ。

自己愛潜伏タイプの人は、おとなしく控えめで、自己顕示的でもない。
むしろ、傷つきやすく、人づきあいを避ける傾向がある。
一見自己愛的ではないが、しかし、彼らと深く付き合ってみると、自己愛の強さに気づくことがある。強固な自尊心が秘められている。

彼らの特徴は、自意識が強いこと、自己にとらわれていること。
つまり、強い自己関心にある。彼らが、内面的で引っ込み思案に見えるのは、プライドが傷つけられるのを恐れるからで、傷つくのを恐れて人との深い交わりを避けようとするのである。

自己防衛的で傷つきやすい理由は、彼らは人の言動に敏感だから、、
自意識が強く、人の言動を何でも自分に関連付けてしまう。

自己顕示的な自己愛の人も、周りの人をうんざりさせて、辟易させる。

しかし、子供っぽいけれど、潜伏タイプの自己愛の人より扱いやすい。

潜伏タイプは、過敏で傷つきやすく、周りの人はその扱いに気を使う。
どんなことが彼らのプライドを傷つけるか予測がつかないから、思いもかけないことで恨まれてしまったりする。


最近、知り合いたちも、人の上に立つ立場に、、、

こういった人が、彼らを悩ましている話を耳にします。

企業でも、大学の先生でも。
パワハラの濡れ衣もついてしまう。怖いです。

最近の子は、叱られることに免疫がないから、なぁんて思っていたけど、
もう少し根の深いことでしたね。








にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-01-24 11:51 | | Comments(0)