人気ブログランキング |

並行して何冊か

d0193569_1342596.jpg


言霊II――なぜ日本人は、事実を見たがらないのか (祥伝社黄金文庫) Kindle版
井沢元彦 (著)


言霊IIのほうからです。

ジャーナリストと言霊の呪縛
悪い予想をもとに記事を書くことに抵抗感があるために、ついつい楽観的見通しを書いてしまう。
冷静な論理的予測と、希望的観測を混同してしまう。


オリンピックのメダルの予想とか、、、(最近は少しましかな)
オリンピックならまだ罪は軽いけれど、、、国際情勢とかは??
戦前のジャーナリズムを思い起こしていただければ、、、
著者は繰り返し書いているようですが、、、ジャーナリズムが戦争へと国民をあおったようです。


論敵を攻撃するのに、日本人がまずやること
まずレッテルはり。「右翼」「軍国主愚者」「保守反動」
あるいは、「共産主義者」「過激派」、
「宗教の信者」などなど

レッテルはりをすれば、それで議論に勝ったと思っている。

相手の人格を否定すれば、議論に勝ったと思い込む癖。
相手の人格さえ否定すれば、
あるいは相手が人格的に劣等な人間であるということさえ証明すれば、
その議論に勝ったと思い込む。

日本では往々にして、
自分に対して反対の意見を持っているいわゆる論敵に対して何をするかというと、
相手の主張の中身の欠陥の指摘ではなく、人格攻撃になる。
例えば右翼、例えば軍国主義者、
あるいはその逆の立場から言えば、左翼、過激派といったような悪口である。

問題はその人間がどんな思想をもっているかでなくて、
とりあえずは、その主張している中身が正しいか正しくないかということが重要なのである。



そうそう、ネットを見ても、国会も、、
中身でなく人格攻撃、、
「この人感じ悪い」と思ったら、その人の意見や主張はおいといて、人格攻撃していますねぇ。。
どっちの立場も、、あっちもこっちも、、、

子供にいじめはよくないなんていえるか~~!

もう一冊、

ミルク殺人と憂鬱な夏 中年警部クルフティンガー (ハヤカワ・ミステリ文庫) Kindle版
フォルカー クルプフル (著), ミハイル コブル (著), 岡本 朋子 (翻訳)

一度に並行して何冊か読んでます。
一度声をあげて笑いました。
ドイツのミステリーですが、以前読んだのは東西ドイツが一つのドイツになった直後のもの。
重苦しい暗い話。(本のタイトルは忘れてます)
シュタージ(ドイツ民主共和国(東ドイツ)の秘密警察・諜報機関である国家保安省)がからんで、、
今のドイツは、大分居心地よくなったんだろうなと、、、思う明るい話でした。
(殺人事件でしたが、、、、)
それに、思ったよりもドイツの料理もおいしそうに書かれていました。
警部は、保守的に自国の料理が好きみたい。
洒落たフレンチやイタリアンは、、、ちょっと嫌がってます。
イギリスの警官だったら、フィッシュエンドチップス好きがよく話に出てきます。

d0193569_1337375.jpg










にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





Commented by sacromonster at 2017-07-20 15:47
ハイビスカスの赤い色、綺麗です。
好きな種類の赤でハッとしました。
日本人の
特徴が良く書かれていますね。納得。
Commented by o-rudohime at 2017-07-20 16:47
良くイギリス料理はワースト10に入ると聞きます。
間もなくそのイギリスの田舎巡りをしますがダイエットに成功成るか?
本場のフイッシュ&チップスをきっと一度は食べるのではと思います。
アガサクリスティーの「ポワロ」がイギリス人かと聞かれ食通のポアロがベルギー人だとむきになって言うのが面白かったです。
Commented by liebekatzen at 2017-07-20 17:06
凄~い!
一度に並行して本を読まれるなんて!!
私だったら、本の内容がごちゃごちゃにミックスされてしまいそうです(笑)
溜まっている本を私もそろそろ読み始めなくちゃ☆
Commented by showsun1203 at 2017-07-20 20:15
こんばんわ~
コチラ体調だけではなくPCの調子が安定しません。。

コメントを残せないときはお許しください
~POTIをさせていただきました♪~♪~♪~
Commented by rui-asami at 2017-07-21 00:21
相手の人格を認めると、自分がへこんでたちあがれなくなりそうになって、それでも我慢して様子を見ていたら、
体調が崩れました(めまい、吐き気、動悸)
こういうことってあるんだなと初めて気が付きました。
精神的なことの体に及ぼす影響って凄い。
余りにおかしいので大病院で調べたけどなにも異常なし。
「ストレスではないですか?」と若い医者に言われ、
気がつきました。嫌だと思うことを考えないと全くおかしな症状は出ません。本当に不思議です。
まだまだ人間がなっとらんです(泣
Commented by aamori at 2017-07-21 08:42
sacromonster さん、
ハイビスカスもいろんな色がありますが、
この赤がイイなぁと思います。本物の赤かと。
日本人の行動って、それなりに比べると特徴があるようです。
褒められない特徴も。
Commented by aamori at 2017-07-21 08:45
o-rudohime さん、イギリスは美味しくないので有名です。
フイッシュ&チップス、、驚くほどおいしいわけではないですが、まずくはなかったですよ。
お店で違いがありそうですが。
ポアロって、子供ポイ所があって愉快ですよねぇ。
クリスティのミステリーはやっぱり大好きです。
彼女の本の中では、食べ物もおいしそう。
(お茶の時間は)
Commented by aamori at 2017-07-21 08:49
liebekatzen さん、
ちゃんと構えて本を読むわけではないので、、
例えば、電車の中で、物語はダメ、、面白いとつい乗り越して大慌てが数回。電車の中では、エッセイみたいのに。
寝る前も、一寸堅苦しく眠くなるようなものに、
時々、面白い物語がもうすぐ終わるころって、
読んで寝不足になります。、、
Commented by aamori at 2017-07-21 08:50
showsun1203 さん、体の不調も嫌ですが、
PCの不調はイライラしますねぇ。
お大事に。
Commented by aamori at 2017-07-21 08:55
rui-asami さん、変な人格の人って、
当事者、つまり実際にかかわって被害にあった人にしか、
わかりずらいことだと思います。
遠くから見ている人にはわかりにくい。
だから余計に、当事者は混乱します。
説明もしにくいし、、、厄介です。
体は正直です。
「人間がなっとらん」のでなくて、体験しないとわからないです。嫌な人間はいるのですよ。
Commented by rui-asami at 2017-07-21 10:26
ほんとうですね、嫌な人間がいるーーー
私は今まで、おかしいと思ったことは自分の中で
決着をつけていましたが、間に人が入り、三角、四角関係になり、切り捨てることが出来ず、
憂鬱な事態に落ち込みました。
こういうことになったのは未だかってはじめてのことです。

20日に誕生日を迎えて一つ年をとりましたが、
悩まない人生を送ろうと、改めて思う。
Commented by aamori at 2017-07-21 11:16
rui-asami さん、お誕生日おめでとうございます。
嫌な人、周囲の人をうまいこといろいろ言って、分断状態にしてしまうような人もいます。
一生のうちで、どこかでそんな目に合います。
よほど、孤独な生活していない限りは、、
今までが恵まれすぎかなと、、、
嫌な人間のこと、教えてなさ過ぎです。
社会も学校も。
by aamori | 2017-07-20 13:51 | | Comments(12)