人気ブログランキング |

水陸両用

サンディエゴ、旅の話を続けます。
d0193569_08390086.jpg
水陸両用のバスに乗りました。乗ると見晴らしがいいです。
d0193569_08392945.jpg
アメリカ人おばさまの10人を超すグループと一緒でした。どこの国もおばさまたちはかなりにぎやかでおしゃべり。私はひとりぼっちでした。
この乗り物、もともとはベトナム戦争の時の軍用の乗り物、運転手(キャプテン)は元沿岸警備隊。
陸の上は、普通のスピード、水に入ると、かなり他の船と比べて遅いです。時速5マイル?
d0193569_08511848.jpg
たまたま通った軍艦、
サンディエゴは軍港の街です。
d0193569_08415761.jpg
陸の上、サンディエゴ市役所、たぶんです。英語の聞き取りが100%というわけではないので、、、
かなり陸の上をいきます。
d0193569_08432288.jpg
空港を越えて、
d0193569_08401741.jpg
このゲートを開けて、この先から海に入ります。
ちょっと、ワクワク、ちょっとスリル。
d0193569_08555727.jpg
ビーチにヨット、
d0193569_08403227.jpg

でも、ここは軍港、沿海域戦闘艦、補給中?ごっつい軍艦です。
ガイドの説明は、"beautiful ship"との案内でした。

この乗り物での旅、続きはまた、、

「正義」と「憎しみ」の構造―オサマ・ビンラディンは十六歳の少年だった!? 加藤 諦三著
軍艦をいっぱい見たせいかな?などと思ってこの本で、
テロリストは何を考えているのか??
世界情勢、政治とかからでなく、心理面から書かれた本です。


心理学者なので、フロイト理論とか登場するのですが、
どうもフロイト理論は、苦手というか、信じられず、
わかりやすい部分から、、

第5章、2価値判断しかできない人のパーソナリティ

すべてを善と悪とに割り切らねばならない性格の人間とはどういう人間だろうか。
「明確さの要求」を持つ人間はやはり偏見がかった人間である。
つまり相手国がよいか悪いかわからないというような状況に耐えられない人間というのは、偏見がかった人間に多い。あいまいさへの寛容(トレランス)がない人間は偏見がかった人間である。
イスラム原理主義にしろなんにしろ、過激派というのはこの寛容(トレランス)のない人々である。
かつての日本の過激派の若者についていえば、その考え方のなんと単純なことだったか、
彼らが価値として使うのは「体制」と「反体制」の2語。

単純な考え方は危険です。単純に善悪をくくれば、正義を振りかざせます。
でも、楽ですよねぇ、あいまいに、しておくより精神的に、、、、そこが危険です。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



Commented by liebekatzen at 2017-10-10 14:58
水陸両用車は横浜にもありますよ!
まだ乗ったことがないけれど、今日のブログを見る限り
とても楽しそう♪
チャンスがあったら、乗ってみようっと☆
Commented by remon at 2017-10-10 17:39 x
水陸両用バス 乗ったんですね!
いいなー!

最近 日本でもあちこちで乗れるようになったようです。
まだ乗るチャンスがなく
いずれは乗りたいと思っています。

軍艦 かっこいい!
私もギリシャに行った時
見ました。
船のスケールが違いますね。
Commented by feb at 2017-10-10 19:31 x
水陸車は運転させてもらえるのですか?
昔、ボストンで、水陸車のったら、
運転させてもらえました。
楽しかったです。
Commented by aamori at 2017-10-11 08:53
> liebekatzenさん
水陸両用車は、東京にもあるようです。
乗り換えずに両方楽しめるのは、なかなかいいです。
そのうち自家用なんて、どうだろうか、、、
Commented by aamori at 2017-10-11 08:56
> remonさん
ギリシャの港で見たのですか?
ガンダムの、(初期のガンダム)の船を連想したり、
スターウォーズを思い浮かべたり、、、
最近の情勢を見ていると頼りたくなります。
Commented by aamori at 2017-10-11 08:57
> febさん
え~~~!すごいなぁ、、、運転だなんて、、、
いろんなことしていますねぇ、、、
今度の予定は?
by aamori | 2017-10-10 09:25 | | Comments(6)