人気ブログランキング |

ホップオンホップオフその6

トロリーはリトルイタリーへ
d0193569_10031228.jpg
バスストップのところ
d0193569_10034069.jpg
d0193569_10033281.jpg
d0193569_10034814.jpg
d0193569_10040196.jpg
おいしそうな店が、、いろいろ。
旅先、色々食べてみたくなって、胃袋2つ、食事は日に6回ぐらい、、、だったらいいなぁ、、
食べに来たかったけれど、、ホテルから遠いし、、また機会があれば??難しいですね。
d0193569_10042832.jpg
この周辺、前回ブログの家と比べると、金持ちではなさそう。
リトルイタリー、以前ニューヨークのに行ってみましたが、どうしても「God Father」を思い浮かべてしまいます。

トロリーはオールドタウンに。もう少し続けます。


「正義」と「憎しみ」の構造―オサマ・ビンラディンは十六歳の少年だった!? 加藤 諦三著
軍艦をいっぱい見たせいかな?などと思ってこの本で、
テロリストは何を考えているのか??
世界情勢、政治とかからでなく、心理面から書かれた本です。

第5章へ、2価値判断しかできない人のパーソナリティ
テロリストは2価値判断しかしない人たちですが、、、
さて、多くの人も、、、

一人の人間を描写するのにいろいろの描写の仕方がある。
女性である。男性である。劣等感が強い。友人である。
他人に対しては批判的。働き者。詩人。不幸な人。学生、困難を避けたがる。
いくらでもある。
人はそれぞれ人生や世界の解釈の仕方が違う。

解釈の基準は一般的に年をとると増えるといわれる。
人は成長するにしたがって、一般的に視野が広がる。他人をいろいろな視点から見ることができるようになり、
その結果、他人との関係がうまくいくようになる。
そして自分もいろいろな視点から見ることができるようになり、自分に自信がつく。
つまり、人をこうだと「決め込む」ことがなくなる。

自分の周囲にいる人を解釈するときに細かい点まで目が行く人とそうでない人がいる。
「あいつはくだらない」と決め込む人がいる。「お前は幸せだ」と決め込む人がいる。
「あいつは小物だ」と決め込む人がいる。「あなたは先生に向いている」と決め込む人がいる。
そのように決め込む人は、その人のそれ以外の面は見ていない。
自分に自信がない人は。自分の価値が脅かされないように他人を解釈して、
それをその人のすべてと決め込む。

おせっかいというか、、決めつけて、アドバイスをする方がいますよね。悪意はないと思うのですが、、
価値基準の解釈が狭い方なのかなと、、、
あんまり、人に、アドバイスするのはやめておこうと思うのです。自分の価値観が正しいわけではないもの。

d0193569_10362734.jpg
この木、アフリカから持ってきた(?)違うかも(英語のきき間違い)、、、形が面白いです。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


Commented by o-rudohime at 2017-10-19 16:58
見るからに前回の街並みとはイメージが違いますね。
治安はそれほど悪くなさそうですね。
描いて見たいと思った場所が沢山あったのではないですか?
Commented by aamori at 2017-10-20 07:19
> o-rudohimeさん
治安は、まったく気にしませんでした。悪いという話も聞きませんでしたよ。
絵にかきやすそうな町です。明るいし。
by aamori | 2017-10-19 10:39 | Comments(2)