人気ブログランキング |

アムステルダムの夜

d0193569_09244657.jpg
P10(530×410mm)
ここらでアップしてみます。
例によって、いい加減で本物とはかなり異なっているので、ネタバレはしません。
d0193569_09251725.jpg
d0193569_09252661.jpg
d0193569_09245308.jpg
d0193569_09250833.jpg
大都会って、夜がきれいだと思うのです。
銀座なんかも、昼より夜のほうがきれい、、
といって夜に出歩くのは得意ではありません。

悪の製薬: 製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていること

ベン・ゴールドエイカー (), 忠平美幸 (翻訳)


医療の何かが間違っていると知っている。
だが医者を含めてほとんどの人は、何が間違っているのかを正確には知らない。
医学部を卒業してから40年間、医者は実務の中で、何が効くかの情報を、
製薬会社の営業担当者や同僚の医者や定期刊行物から、その場その場の口伝えに聞く。
しかしその同僚は製薬会社に(しばしば内緒で)雇われている可能性があるし、
定期刊行物も然り、患者グループも。
とどめは学術論文。実は企業の社員が素性を明かさず極秘裏に、企画、執筆していることがままある。
時には学術雑誌全体が、一つの製薬会社の完全な所有物になっていたりする。

製薬会社で働く人々のほとんどは、きっと心根は良いのだろうし、
薬がなければ医療は成り立たない。
世界中の製薬会社はこの50年間で最も素晴らしい新機軸のいくつかを生み出し、
並外れた規模で人の命を救ってきた。
しかしだからといって、データを隠したり、医者を誤った方向に導いたり、患者に危害を加えたりすることが許されるわけではない。

この本、507ページもあって厚い本です。一般向けに書かれてはいるのですが、、、
なかなか読むのは面倒で、、、

医療関係の本、新書とか、、
内容が浅そうな表面的な本と正しいことも言っているにしても、妙に偏った考え(?)の医師の本と混在している気がしますが、、

なんとなくこのデータの収集量の多さ、医者の立場で、ジャーナリストではない、
なぜかジャーナリストは、悪と一度みなすとすごく攻撃的、
ちょっと信用度が高そうなので、ゆっくり、、挑戦してみます。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


Commented by pikorin77jp at 2017-11-06 15:06
ATSUKOさんらしい色彩の絵。この 色彩が とてもすきだと 毎回思います。明るく陽気な イタリア人 想像しちゃいます。
Commented by liebekatzen at 2017-11-06 15:57
わぁ、いつの間に描いていたのですか?
とっても素敵です☆
旅の思い出がまた一つできましたね〜♪
Commented by showsun1203 at 2017-11-06 20:27
こちらは南仏は曇天+雨で低温「10℃」の南仏です。
体調悪くってトホホホです。

Potiをさせていただきました♪~
Commented by aamori at 2017-11-07 09:02
> pikorin77jpさん
ありがとうございます。色彩、、、、、
形がもっときちんとかけるといいと思うのですが、、、
まぁ、、いいやで、、、陽気に。
Commented by aamori at 2017-11-07 09:05
> liebekatzenさん
ありがとうございます。
ちょとずつ、描きます。長時間がんばらず、、
ちょとずつ、オーブンで焼く間とか煮込んでいる間とか、、、
そのうち、何とか、、、それらしくなります。
Commented by aamori at 2017-11-07 09:06
> showsun1203さん
10℃は寒いですねぇ、こちらは暖かいです。20度近いかな。
お大事に、
by aamori | 2017-11-06 10:00 | | Comments(6)