人気ブログランキング |

テキサスステーキ、高級編

サンアントニオ、星の付いているレストラン
d0193569_08411698.jpg

d0193569_08412994.jpg
店内は暗いです。バー
d0193569_08413788.jpg
天井の照明、
d0193569_08415679.jpg
エレベーターの、、装飾
d0193569_08421266.jpg
窓際の席です。
d0193569_08420463.jpg
外の通り
d0193569_08421959.jpg
ステーキ、、、見本が示されます。神戸牛もあります。
この厚み、、大きさは選べます。
夫とその仲間は、かなり大きいのを注文、
私は、ニューヨークカット、それでも300グラム以上、食べてしまいました。

有名ステーキ店、、めったに行きませんが絶対においしいです。多少多くても、食べやすい。
その前のサラダも、パンもおいしくて、、、食べすぎ。

店が暗いので、料理がおいしそうには映っていないので、写真は載せませんでした。


そろそろ本の話に、


残酷すぎる成功法則

エリック・バーカー(),‎橘玲(),‎竹中てる実(翻訳)


まだ読んでいる途中ですが、売りは、エビデンスに基づいているということで、、、
面白いと思うので、、、

なぜ高校の首席は億万長者になれないか
主席たちの多くは仕事で順調に業績を重ねるが、
彼らの圧倒的多数は、それぞれの職業分野を第一線で率いる方ではない。
学校で優秀な成績を収める資質そのものが、一般社会でホームランヒッターになる資質と相反する。

学校とは、言われたことをきちんとする能力に報いる場所。
学力と知的能力との相関は必ずしも高くない。
学校での成績は、むしろ自己規律、まじめさ、従順さを示すのに最適な指標。

主席たち(調査の被験者がいます)の多くも、
自分はクラスで一番勤勉だっただけで、一番賢い子はほかにいたと認めている。
また、良い成績を取るには、深く理解することより、教師が求めている答えを出す方が大事だというものもいた。
主席たちの多くは、学ぶことではなく、良い点を取ることを自分の仕事と考える
「出世第一主義者」に分類される。

日本でなくても、同じようなことが、、、
わかりやすいなと、、、今まで、、成績優秀者のことを時々考えたのですが、、、
彼ら今頃どうしている?
あんなに模擬テストでは、名前を見ていたのに、その後あんまり、、その名を見ないです。

でも世の中には、絶対に必要な勤勉な人たちです。

ちょっと私は、、ここからずれています。自己規律、まじめさ、従順さに欠けていた。
そのようにしようと思ったけど、、できなかった。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





Commented by liebekatzen at 2017-11-25 15:44
えぇぇ、ステーキ300グラム完食できましたか???
それほどいいお肉で美味しかった証拠ですね!
お写真見たかったなぁ…残念(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-11-25 17:08
こんにちは
サンアントニオにも星付きレストランが、できたんですね。
それは行かなければ。
お肉を、事前に選べるというのはいいですね。
左端はT-ボーンですか。私はあれを是非(^。^)
でも300gは絶対に無理です。せいぜい150g!!
サラダも、パンも、300gも食べれる、ATSUKOをさんを尊敬します(^。^)
Commented by aamori at 2017-11-26 07:14
> liebekatzenさん
苦しかったけど、食べました。さすが星🎵
肉も焼き方もよいので、しつこいという感じがないので。
お店が暗く、お肉は焼いた網目が黒くて、見た目はおいしそうにみえなかったので。
Commented by aamori at 2017-11-26 07:21
> tabi-to-ryokouさん
尊敬ありがたく、お受けしますけど。ちょっと❓
Tーboneの150グラムはなかったと思います。私のは実は12oz。
300は余裕で越えてます。
美味しいから食べれたのだと思います。
全米の有名ステーキレストランは3件目ですが、さすがにどこも素晴らしかったですよ。アトランタとパームスプリングで。
たまにはいいなと🎵300行けますよ❗
by aamori | 2017-11-25 09:12 | 食べ物 | Comments(4)