人気ブログランキング |

有楽町フォーラム

d0193569_08473461.jpg
中通りから、曲がって、有楽町フォーラム、
近いから、ここで好みのコンサートとかあるとありがたいのですが、、最近行っていないです。
d0193569_08474471.jpg
d0193569_08475380.jpg
自分の楽器練習に、時間を取られていて、、、
聞く方は、、あんまり、、、やっていないです。
d0193569_08480127.jpg


本の話、、

残酷すぎる成功法則

エリック・バーカー(),‎橘玲(),‎竹中てる実(翻訳)

面白いと思うので、、、役に立つかも、、

グリットの話です。
グリット」(grit)とは、「困難にあってもくじけない闘志」「気概」「気骨」などの意味を表す英語

「グリット」に足を引っ張られてしまうのはどんな人か

私たちはなぜ物事を簡単にあきらめてしまうのだろう?
そして怠け者だとか弱虫だといって自分を責める。
それも事実だろうがそれだけではない。

誰もがスーパーモデルやバスケットボールの選手になれるわけではない。
私たちが描く夢の多くは、単純に達成不可能なのだ。
達成困難な目標を断念したとき、人々はより幸福で、
ストレスから解放され、より健康になるという調査報告もある。
では、最もストレスで参ってしまうのは誰か?
それは、うまくいかないことを断念しようとしない人々だ。

グリットは諦めることなしには成り立たない。

グリットに足を引っ張られている人を山ほど知っています。
それは彼ら自身や周りの人をみじめにするだけで、
長期的な良い目標につながらない事柄に執着させるからです。
代わりに選択すべきなのは、自分が最もやりたいこと、
自分、あるいは周囲の人にも、最も喜びをもたらすこと、そして最も生産的なことです。

私たちはつねに、より多くのものが必要だと考える。
しかし、その逆が正解だったりする。
より少なく求めること。
気を散らすものをもっと少なく、目標をもっと少なく、債務をもっと少なく、
優先事項に最大限のものを振り向けるためだが、問題は何をより少なくするかだ。
最も重要なことに時間を回せるように、あなたは何を諦め、何を断ち切ればいいだろうか?


昔の、同級生、同僚で、活躍している女性が何人もいます、、
結構すごいなぁ、と思うのですが、、、頭の良い働き者、、
昔だったら、負けずに頑張らないとみたいな発想だったと思うのです。
なぜか、そのように、インプットされたような、、、(多分周りの人の思惑が)

でも、かなり根本的に違うようで、、、
真似はできません。違うのだから、、あきらめる言い訳になります。

中学の時の先生が一人だけ、「君はしゃにむに頑張るのは、向いていない」というようなことを、、、
それが正解だったかな、、、

夫が言う、快楽主義者ですから。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




Commented by showsun1203 at 2017-12-19 17:27
こんばんわ~
Christmas-weeksにいきなり
約1名がドジを。。
Potiをさせていただきました♪~♪~♪~
Commented by liebekatzen at 2017-12-19 18:32
ふふ、ご主人はよくわかっていらっしゃる!
ATSUKOさんは快楽主義者だって☆
毎日楽しそうで、いいなぁ♪
Commented by aamori at 2017-12-20 08:11
> showsun1203さん
まぁ、この時期に、、、以前にも、、、
Be careful!!
Potiありがとうございます。
Commented by aamori at 2017-12-20 08:15
> liebekatzenさん
う~~、痩せたいといっても、ストイックな運動はしないし、、、
楽しい遊びしかしないから、、、、トレーニングは避ける。
ほんとは大事な基礎練習(なんでも)をしない、、、、
あんまりよくないです。
Commented by o-rudohime at 2017-12-20 10:33
人生の半分を過ぎれば楽天主義でいいと思いますがね。
練習 お稽古事など楽しくやってこそ進歩があると思います。
若い頃 歯を食いしばって泣きながらチャレンジしたことも今さらと思ってしまいます。
Commented by aamori at 2017-12-21 07:58
> o-rudohimeさん
若いころの苦労も、今役に立っているとは思います。
ある程度、頑張らないと自分の限界もわからないし、、、
楽天的でないと頑張れないということらしいです。(アメリカ人の発想)
半分をとうに過ぎて、もう、楽しいことが一番です。
by aamori | 2017-12-19 09:24 | 日常のこと | Comments(6)