人気ブログランキング |

ベトナム食事

夫の旅、ホーチミン(仕事でした)
ニッコーサイゴン、朝食ビュッフェ、盛沢山だったようです。
d0193569_08414554.jpg
d0193569_08415366.jpg
d0193569_08413669.jpg
ベトナムヌードルの薬味、、、いいなぁ、、、
彼はベトナムで体重を増やしました。
d0193569_08420283.jpg
これはどこで食べた?忘れたようですが、、
d0193569_08420753.jpg
蓮の葉に包まれたご飯。

d0193569_09325428.jpg
『医薬情報担当者』
続きです。

医薬情報担当者が医者をいくつかのタイプに分類していて、しかもそれは学術論文にさえ記載されている。

変人で科学的根拠に基づく医療オタクだと思う相手には、ゆるぎないエビデンスがあるときだけ接触する。
わざわざ根拠の乏しい薬を売り込みに行ったりしないのだ。
かくして、頭でっかちの疑り深い根拠オタクは、
その医薬情報担当者をゆるぎないエビデンスの信頼できる証言者として胸に刻むことになる。
医療情報担当者が学者と書いた論文、医者ならぜひ読むべきである。
様々な状況における実際の訓練と方法が記されている。

この論文、いろいろな営業の人に役に立ちそうです。

相手をさっさと部屋から追い出したいがためになんでもハイハイとしたがう医者にはどう対処するか?
高級レストランで高額な食事をしたい金目当ての医者にはどうやって境界を定めるか?
友達が欲しい孤独な一般開業医をどうするか?

この種の社交的戦術の情報は、あなたについて記録している地元の医薬情報担当者のメモに、たぶん書かれている。
「情報主体者のアクセス要求」を利用すれば、どんな非公式の医者集団も、この情報を収集し、公開して、
ちょっとしたいたずらを楽しむことができるだろう。

面白いなぁと、、、日本では???
医薬情報担当者の社員教育、、興味がわきました。きっと、この論文に基づいた、、、教育を。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


Commented by showsun1203 at 2018-02-18 22:09
こんばんわ~
スパイスを日本人向けにアレンジしない限り
痩せるなんて~~ビールを飲みまくたのかな♪~

ぽちPotiをさせていただきました。。
Commented by aamori at 2018-02-19 07:37
> showsun1203さん
ベトナムは太った人がほとんどいないような、、、
仕事だったので、歩き回らず、食べ物はたくさん、、、やっぱり太る。
ベトナムビールもたくさんン、飲んだようです。
by aamori | 2018-02-18 09:10 | 食べ物 | Comments(2)