人気ブログランキング |

万能タイプも、、悩みが

d0193569_08352983.jpg
本の続きです。
なぜアーティストは生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方 Kindle

手島 将彦 (), 本田秀夫 (), 高橋 将貴(イラスト)

元バンドマンでマネージメントの経験もある専門学校の新人開発室室長と、現役精神科医師が、そのような観点から“ 個性的すぎる才能を活かす術を考えていく。アーティストとその周りの人間(家族やスタッフ、バンドメンバー)がお互いを分かり合えば、せっかくの才能を潰すことなく、末長くアーティスト生活を送れるはずなのだ!


万能タイプとうつ病予備軍

なんでもそつなくこなし、融通が利き、顔が広い、
多くの日本人が目指したくなるのは、このタイプですね。
このタイプの縮小版か、拡大版に

確かに、子供のころから、学校も親も、このタイプをほめて、
だから、このタイプにならなくてはいけないんじゃないかとずっと思ってました。
今思うと、教師も親もこのタイプじゃぁないのに、、
このタイプであるかのようにふるまっていたように思います。
こういうタイプって、理想だと思うのですが、、ところがです、

万能タイプの個性が活きると、
組織の中でもリーダーシップをとるような役割を果たしていったりする。

ただこれは、逆にアイデンティティ危機と表裏一体なんです。
つまりなんでもそつなくこなす代わりに、これといった得意分野がみつからないとか。
あとはどんな意見にも対応できる代わりに、自分の意見が持てないとか。
結果的に優柔不断に見えてしまう。
あと、常にアンテナを張っている分、目標があいまいになってしまう。

勘違いしがちなことですが、こういう個性の人、(万能型という個性)
だから目指すべきパーソナリティというわけではない。
こういう個性の人がいるということと、これを目指してやるというのは全く違う。

万能タイプの個性が活きると、交渉上手、調整役、リーダーシップ。

すべての利点は欠点でもある。
陽気は深刻味にかける。まじめは面白みに欠ける。
何でもこなすは得意なものがない。

うつ病予備軍タイプ
社交的、面倒見がよい、仕事熱心、几帳面、責任感が強い、良心的、

万能タイプの良い人ですね、

子供のころは、
できなかったけど、無理してでも、万能タイプになるべきと思っていた。
そんな必要はなかった、
d0193569_08352218.jpg
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-06-12 08:56 | | Comments(0)