人気ブログランキング |

世間話が難しい

d0193569_12062131.jpg
本の続き
なぜアーティストは生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方 Kindle

手島 将彦 (), 本田秀夫 (), 高橋 将貴(イラスト)

元バンドマンでマネージメントの経験もある専門学校の新人開発室室長と、現役精神科医師が、そのような観点から“ 個性的すぎる才能を活かす術を考えていく。アーティストとその周りの人間(家族やスタッフ、バンドメンバー)がお互いを分かり合えば、せっかくの才能を潰すことなく、末長くアーティスト生活を送れるはずなのだ!


ゲイリー・ニューマンもスーザン・ボイルも世間話は苦手なようです。ASDなのですが、、
あらかじめ決まっている質問には答えられるので、そういうインタビューの場合は大丈夫でも、
見知らぬ人と世間話をするのは無理。

世間話、何をしゃべってもよい時間、すると逆に難しい。
微妙に場に合わない話題もあるし、普段あんまり会わない人だと、どんな話をすれば相手が喜ぶのかがわからない。
そういう時に、だれでも共通でこの話題なら乗るだろうっていう話をします。
例えば、日本人なら天気の話、

ASD(自閉症スペクトラム)の人はそういう話題を無意味だと思うんです。
明らかに晴れているのに「今日は良いお天気ですね」なんて言うのは、おかしいだろうと思ってしまう。
内容の伝達でなくて、時間をともに過ごしてなんとなく親密感を得るためだけの、
対人関係を保つために会話をするのが世間話なんですけど、そういうことに対して、あまり価値を見出さないのです。
価値を見出さないまま成長しているので、そういうのが大事だよといわれても、困ってしまう。

話は変わって意外に思いましたが、、

空気を読むのが下手だったり、他人の考えを憶測するのが下手だったりするので、相手との生のやり取りが大事な、舞台俳優は、、
同じことを何度でも繰り返せるということは、けいこを際限なく繰り返し、
舞台で毎日、毎講演、同じセリフと同じ動きを正確に繰り返す俳優はまさに適職。
そして膨大な経験の引き出しがあれば、とっさのアドリブにも対応できる。

名優といわれる人が、役を離れると意外に地味だったり、「人見知りが激しい」といったりするのは、
謙遜ではなく、人間付き合いが苦手なのかもしれない。

ASDの人は研究職や事務職に向いているというイメージを持っていましたが、
実際にはかなりクリエイティブな領域やパフォーマンスの世界もあるのです。

スペクトラムですから、山のすそ野のほうの、そんな傾向も含めて、、
どこまでが、、ASDかっていうのはわかりにくいんですが
山の頂上の、明らかな自閉症ではなく、、その傾向、、
いろんな人がいるということです。いろんな人がいるから、世の中、面白いということで、、時々対応に困ったとしても。

こういう人がいるということをわかっていれば、対応もしようがあるし、楽にできそうです。

d0193569_12062547.jpg
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画




by aamori | 2018-06-15 12:40 |